【忘れると大変】「運転免許更新」はこれを読めばバッチリ★【有効期間、手続き、申請場所、必要書類、手数料、講習内容など】

車の運転免許は、定期的に更新をしなければ失効してしまいます。更新時期が近づくと、免許証を持つ本人のもとに各都道府県の免許センターから更新の時期を通知するハガキが届きます。また免許証にも「有効期限」が記載されているので、普段から車に乗っている人ならば、スルーすることもないのでは。とはいえ、うっかり更新を忘れていた…なんてことも。さっそく、免許(普通一種免許)の更新と手続きについてご案内します。

運転免許証の有効期間と更新手続ができる期間

運転免許証の更新時期が近づくと、免許証を持つ本人のもとへ、その地域を管轄する公安委員会から「運転免許証の更新のお知らせ」いわゆる「更新ハガキ」が郵送で届けられます。運転免許の更新手続き自体は難しいものではないのですが、3年あるいは5年に1度しか行わないので、忘れてしまったことや疑問点がみつかって、つい先延ばしにしがちです。今回の更新ではそんなことにならないよう、まずは免許証の種類ごとの有効期間について、ご説明します。

運転免許証の有効期間

運転免許証はドライバーの運転年数と違反履歴によって、グリーン、ブルー、ゴールドの3つに分類され、有効期間満了日の記載部分でそれぞれを識別することができます。はじめて運転免許を取得した人に交付される免許証の有効期限記載欄の色はグリーン(緑)で、有効期間は免許の取得から2年以上3年未満です。 免許の取得から3年が経過し、次の更新を迎えると、有効期限記載欄の色がブルー(青)になります。ブルーの免許には、表面上は明確に識別できませんが「初回更新者」、「違反」、「一般」の3タイプのドライバーが含まれています。 基本的にブルー免許の有効期間は3年です。「初回更新者」と「違反」は有効満了期間が3年間になりますが、「一般」は「ゴールド免許」と同じ有効期間が5年のケースもあります。というのも平成17(2002)年の道路交通法改正に伴い、過去5年間で軽微な違反1回(3点以下)までなら、免許の有効期間が5年に延長されたからです。やっと手に入れたゴールド免許証なのに、たった一度の違反でブルー免許に逆戻り。とはいえ有効期間はゴールド免許と同じ5年間、というドライバーも多いのではないでしょうか。

運転免許証の更新可能期間

免許証の更新手続きが可能な期間は、誕生日をはさんだ2ヵ月間(誕生日の前後1ヵ月間)です。それを過ぎると免許証が失効してしまいます。更新ハガキは『更新年の誕生日の35日前』までには、住所地の公安委員会から本人の住所に届くようになっています。受け取ったらハガキに記載してある更新期間を確認し、早々に手続きをしに行く日を決めておくことをおすすめします。 もし、長期出張や海外赴任、または病気で長期入院中のために更新が難しい場合には、免許の有効期間中に【更新期間前の更新手続*1】を行う必要があります。手続きをする場所は、管轄都道府県内の運転免許センター(運転免許試験場含む)、そして優良ドライバーであれば最寄りの警察署でも可能です。
*1:「更新期間前の更新手続」を行うには、やむを得ない理由を証明するもの(出張証明書、留学証明書、診断書、母子手帳など)が必要です。
※警察署での手続きの場合、運転免許証は即日交付ではなく後日交付となります。

海外旅行その他政令で定めるやむを得ない理由のため更新期間内に適性検査を受けることが困難であると予想される者は、その者の住所地を管轄する公安委員会に当該更新期間前における免許証の更新を申請することができる。この場合においては、当該公安委員会に内閣府令で定める様式の特例更新申請書(次項の規定による質問票の交付を受けた者にあつては、当該特例更新申請書及び必要な事項を記載した当該質問票)を提出しなければならない。
【道路交通法 第百一条の二より】

出典:

law.e-gov.go.jp
【あっちゃ〜】ウッカリ「免許の更新期間」が過ぎちゃった時の対処法を教えます!|GOIN[ゴーイン]
次回の免許証の更新、いつだったか憶えていますか? 誕生日が基本ですから、忘れることは無いなんて思いがちですが、何年後の誕生日だか憶えていますか? 免許証の有効期間は違反の履歴によって変動しますので、人によって違いますし、同じ人でも3年の場合と5年の場合があります。“3年だと思っていたら5年だった”は良いですが、その反対はアウトですよ。今一度お持ちの免許証を確認してみて下さい。

goin.jp



更新時期を逃して「失効」になってしまったら?

もしも急な入院や病気の治療で、更新時期を逃して「失効」になってしまったら? 実は免許の失効後6ヵ月以内であれば、適性検査と講習を受けるだけで新しく免許を取得することができます。また入院のような『やむを得ない理由』があった場合には特例が設けられていて、ゴールド免許保持者なら、その条件はそのまま引き継がれます。 では長期入院している場合で、6ヵ月以内に手続きができなかったら? そんなときも、失効後3年以内であれば適性検査と講習のみで、新たに免許の取得ができます。ただし3年を超えてしまうと、免許の取り直し(再試験)になってしまいます。

【特例が認められる例】
・日本国外にいた
・病気または負傷していた
・法令の規定により身体の自由を拘束されていた
・社会の慣習上または業務の遂行上、やむを得ない用務が生じていた
・災害を受けていた
※特例による更新申請を行う際は、申請書とともに『やむを得ない理由』を証明する書類(病気の症状についての「質問票」など)が必要となります。 運転免許を失効後に新規で申請する場合の手数料は、各都道府県で異なります。最寄りの警察署あるいは運転免許センターでご確認ください。以下は東京都の例になります。

【失効手続き申請費用 於:運転免許試験場(府中・鮫洲・江東)】
・受験手数料:3,900円/普通免許
・講習手数料:500円/優良、800円/一般、1,350円/違反、1,350円/初回

更新ハガキがこない!そんなときは…

更新ハガキが本人のもとに届かない理由のほとんどが、住所変更を忘れたことによるものです。市役所などで住所変更手続きをしたら、自動で運転免許証の登録情報も変わっていると勘違いされる人も多いとか。引っ越しなどで住所が変わった場合は、最寄りの警察署あるいは免許センターに赴き、住所変更手続きをする必要があります。※次々項の「代理人による申請と住所変更について」をご覧ください。

更新ハガキがなくても大丈夫!

更新ハガキがなくても、免許の更新は可能です。ハガキが届かなかった、または紛失してしまったという人は、免許センターの受付窓口で「更新連絡書(ハガキ)を持っていない」ことを申し出てください。このとき、お住まいが変わったという人は現在の住所がわかる住民票や健康保険証などを持参し、免許更新と一緒に住所変更の手続きもしておきましょう。

代理人による申請と住所変更について

日本の運転免許はどのような理由があっても、必ず本人が更新手続きを行わなければならず、代理人を立てて更新手続きをすることはできません。一方、転勤や引越しなどで住所が変わったときの「免許証の住所変更」は、代理人による【代理人申請】が可能です。東京都の場合は、代理人が本人と家族であることが条件になります。本人が作成した委任状と印鑑、そして代理人の身分証明証が必要です。代理人申請の方法と条件は、各都道府県で異なることがあります。最寄りの警察署、あるいは管轄都道府県内の免許センターで確認してみてください。

警察署では土日の住所変更手続は受け付けていませんが、各都道府県の運転免許センターによっては日曜日にも住所変更の申請が可能な場合もあります。手続き可能かどうか管轄都道府県内の運転免許センターにお問い合わせをしてみましょう。

代理人申請の場合、申請者と代理人が併記された本籍・国籍の記載ある (※個人番号『マイナンバー』が記載されていない住民票を提出となります。コピーは不可『続柄の記載不要。』)(注1)と代理人の本人確認書類(注2)
注1:個人番号『マイナンバー』が記載された住民票を持参された場合、サインペン等で個人番号『マイナンバー』記載部分をマスキングしていただきます。
注2:代理人の本人確認書類は、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、運転免許証、学生・社員証などがあります。

出典:

www.keishicho.metro.tokyo.jp
【失くした!いつ来る?】「免許更新ハガキ」にまつわるお悩み解決!|GOIN[ゴーイン]
免許の「更新ハガキ」ってご存じですか。更新時期が近づくと、お住まいの地域の公安委員会から送られてきます。みなさんが免許の更新を忘れずないようにするありがたい仕組みです。これは、免許を保有しているすべての人に届きます。“そろそろ更新のはずなんだけどまだ届いていない”という人はいませんか。無くしてしまいましたか。それとも届いていないのでしょうか。無いと困る? 無くても大丈夫!? もろもろお話しします。

goin.jp



更新手続きができる場所はどこ?

運転免許の更新手続きができる場所は、管轄都道府県内の運転免許試験場と運転免許センター、そしてゴールド免許を持っている人は最寄りの警察署になります。免許証の発行と管理業務を行っている運転免許センターは、各都道府県にある公安委員会の管轄下に置かれ、業務は警視庁および各都道府県の警察本部が行っています。名称は免許センターだったり、総合交通センター、また更新センターという呼び名だったりします。

各都道府県の免許センター

ただでさえ混み合っている運転免許試験場に、更新だけで来る人もいて超混雑! そこで少しでも試験場に訪れる人を分散させる意味で、東京や大阪など人口の多い都道府県に免許センターが設けられています。東京都の場合、免許センターは平日のみの受付になりますが、試験場なら日曜日でも更新手続きが可能です。各都道府県の免許センターによって、受付日や時間が違うので、出かける前に確認をしておきましょう。

最寄りの警察署

ゴールド免許の保持者は、住所地を管轄する警察署で更新ができます。ただ警察署によって、あらかじめ講習の日時が決められていて、いきなり行っても手続きができない場合があります。さらに新しい免許についても、即日交付が可能な警察署と、後日郵送で交付するところがあるので、最寄りの警察署に問い合わせをしてみてください。 またゴールド免許で、以下の条件にあてはまる人は、公安委員会を経由して住所地以外でも更新手続きが可能です。
・眼鏡、補聴器以外に身体条件が表記されていない人
・更新時に住所変更や再交付申請をしない場合
・運転免許証の再交付申請をしない場合
・高齢運転者のうち優良運転者(過去5年間無事故・無違反)で、高齢者講習終了証明書または特定任意高齢者講習終了証明書を持っている
※事前に更新申請手数料を本人の住民票住所地を管轄する試験場、免許センター、警察署へ、手数料を収入証紙により納入して『免許証更新手数料納入済通知書』の交付を受ける必要があります。
※経由手数料がかかります。手数料は手続きを行う運転免許センターによって異なるため、お問い合わせください。

運転免許試験場、免許センター一覧
【選ばれし者のみ♡】警察署での「免許更新」は楽チ〜ン♪【ポイントはゴールド免許】|GOIN[ゴーイン]
3~5年に一度、ドライバーなら誰もが通る道といえば運転免許証の「更新手続き」。そんな免許更新を行う場所といえば、運転免許センター(試験場)が一般的ですが、条件を満たせば最寄りの警察署でもできるんです。今回は警察署での免許更新についてその実態をご紹介します。

goin.jp

更新手続きに必要な書類は?

更新のときに持参するものは、更新通知ハガキにも書かれていますが、
・運転免許証
・更新連絡ハガキ
の2点です。
これ以外に、住所変更を行う人はマイナンバー(個人番号)が記載されていない住民票(コピー不可)、あるいは新住所の健康保険証、または住所が確認できる公共料金の領収証になります。更新時に適性検査がありますので、運転条件に眼鏡、補聴器などの記載がある人は、それもご用意ください。そして年齢が70歳以上の人は、高齢者講習終了証明書が必要です。
そして更新期間中に免停などの行政処分を受けている人も、更新手続きに行ってください。この場合、免許証の代わりに『運転免許停止処分書』を持参します。

顔写真と印鑑は必要?

パスポートの申請のように、写真を持って行く必要はありませんが、以下に該当する人は申請用写真をお持ちください。
・運転免許証の再交付と同時に更新手続を行う人
・停止処分中の更新手続をする人
・持参した写真で免許証を作成したい人
更新時に撮影した写真でなく、自分の気に入った写真で免許証を作りたい人は、対応する試験場もあります(東京都の場合、府中、鮫洲、江東運転免許試験場で可能)。以下のリンク「持参写真の使用条件等」で、適正写真の例と不適正な例の一覧が確認できます。さらに試験場によっては、印鑑が必要なケースもあります。認印でよいので、一応持っていくことをおすすめします。

持参写真による更新手続案内|警視庁
失敗しない!「免許証写真」の必勝テクをレクチャー★【芸能人の免許写真・持参方法・禁止条件も紹介!】|GOIN[ゴーイン]
免許証写真の写りに満足していない人は約6割いるといわれています。そんな大勢の人に向けて今回は綺麗に写るときのポイントをまとめて紹介します。白いハンカチをレフ代わりにするなど、ちょっとした工夫でクオリティを上げることもできますので、要チェックです。後半では芸能人の写りについても紹介しています。

goin.jp

免許センターに到着してからの流れ

出典: http://yomibito.at.webry.info/201201/article_2.html
さて更新に必要な持ち物を用意して、免許センター、あるいは試験場、警察署に到着してからの流れについて説明します。まず免許センターに置いてある申請用紙に必要事項を記入し、申請書を完成させます。申請書ができあがった後の手順が1~7になります。 1.作成した『更新申請書』を受付に渡す
2.適性検査(視力)を受ける
3.収入証紙を購入
4.指定された窓口に収入証紙と『更新申請書』を提出
5.写真撮影
6.講習を受ける
7.免許証交付
※東京都の免許申請センターの場合です。都道府県によって、2~5の順序が変わる場合もあります。

4桁の暗証番号を2つ、準備します

免許証の偽造防止や個人情報保護のために、運転免許証は順次「ICチップ付き」に変更されています。本人を確認するための暗証番号を、新しく交付される免許証へ登録するため、更新手続きまでにあらかじめ4桁の暗証番号を2組、決めておいてください。2組の暗証番号は同じものでもOKです。また前回もICチップ付き免許証だった場合、古い番号を引き継ぐ必要はありません。新しい暗証番号で登録します。

更新手数料と講習手数料は?

更新手続きには以下の手数料が必要です。免許センターで収入証紙を購入(現金払いのみ)してください。手数料は2015年4月1日から改正され、ほんの気持ちだけ安くなりました。運転免許には【運転者区分・講習区分】があり、この区分によって、免許の有効期間や講習手数料、講習時間、そして更新手続きが行える場所が決まっています。
下記の【】内で運転者区分を表記しています。ご自分の区分がどこに属するかは、更新ハガキの赤枠で囲まれた「講習区分」に明記されています。 【優良運転者】2,500円/更新手数料 500円/講習手数料
合計3,000円
【一般運転者】2,500円/更新手数料 800円/講習手数料
合計3,300円
【違反運転者】2,500円/更新手数料 1,350円/講習手数料
合計3,850円
【初回更新者】2,500円/更新手数料 1,350円/講習手数料
合計3,850円
【高齢運転者】2,500円/更新手数料 ※/講習手数料
合計2,500円
※高齢者講習を受けている場合の更新時講習は免除されます。
高齢者講習の手数料は、講習受講時に5,800円(70歳以上~75歳未満)、75歳以上の方は5,350円(小型特殊免許のみをお持ちの場合は2,350円)が必要となります。 各都道府県の運転免許センターの一部では、更新と講習手数料とは別に「交通安全協会費」を次回の免許更新までの年数×400~500円程度(都道府県によって異なる)、徴収していることがあります。交通安全協会に入会すると、各都道府県によって異なりますが
・交通事故にあった際に見舞金がもらえる
・優良運転者に表彰状
・地域のお店で使える割引チケット
などのメリットが得られます。場所によっては免許センター内にいる担当者が交通安全協会への入会や、会費の支払いを強く勧めてくるようですが、支払いをするかどうかはまったくの任意です。加入しなくても運転免許に関することで不利なことはありません。逆に加入して特典が魅力的であると受け取る人にとっては400~500円/年は安いかもしれません。

一般財団法人 全日本交通安全協会
一般財団法人 全日本交通安全協会のウェブサイトです。

運転免許更新時の講習内容と時間について

運転免許の更新時に必須となっている講習制度は、免許の有効期間内に新しくなった交通法令や、道路交通をドライバーに確認させるために設けられています。日本では運転者全員に義務付けられています。では区分ごとに、その内容と講習時間をお伝えします。 【講習区分:優良】
・道路交通法の変更点と法令に関する講義
・ビデオ視聴による交通事情の解説と、交通安全に対する注意喚起
30分間の講習を終えた後に交付される運転免許証は、有効期限の表記部分が金色のゴールド免許になります。

【講習区分:一般】
・道路交通法の変更点や法令に関する講義
・ビデオ視聴による交通事情の解説と、交通安全に対する注意喚起
・安全運転の心構えと義務に関する講義
1時間の講習を終えた後に交付される運転免許証は、この時点ではブルーでしょう。誕生日から40日前を基準に、過去5年間無事故無違反の人がゴールド免許を取得できます。

【講習区分:違反】
・道路交通法の変更点や法令に関する講義
・ビデオ視聴による交通事情の解説と、交通安全に対する注意喚起
・安全運転の心構えと義務に関する講義
・交通事故の傾向についての講義
・交通事故を起こしてしまった時の対処法についての講義
・交通事故を未然に防ぐための安全確認と危険箇所の認識を高めるための講義
2時間。違反歴のあるドライバーに対しては、今後も事故を起こす可能性が高いという理由から、時間を長くとって受講する項目を多くしています。

【講習区分:初回】
・道路交通法の変更点や法令に関する講義
・ビデオ視聴による交通事情の解説と、交通安全に対する注意喚起
・安全運転の心構えと義務に関する講義
・交通事故の傾向についての講義
・交通事故を起こしてしまった時の対処法についての講義
・交通事故を未然に防ぐための安全確認と危険箇所の認識を高めるための講義
2時間。統計的にみて、初回更新者は事故率が高いという観点から、違反歴がなくても時間を長くとって受講する項目を多くしています。 免許の更新時間ってどれくらい?最短で終わらせる方法を伝授します。|GOIN[ゴーイン]
運転免許の更新って面倒ですよね。でもやらないと運転できなくなっちゃいますから仕方がないんですけどね。当日はなんだかんだで、うろうろしてると半日つぶれちゃうじゃないですか。まぁ、何も考えずに行くだけ行って、案内されるがままに來回しにされてるだけですけど。“もうちょっと効率よく出来ないのかなぁ”、なんて考えてしまって、実際に何にどれだけ時間がかかってるのかを考えてみましょう。

goin.jp

高齢者講習について

「高齢者講習」を受講した高齢者は、更新時の講習が免除されています。高齢者とは、運転免許の更新満了時点で満年齢が70歳以上のドライバーのことをいいます。高齢者ドライバーには、更新前に高齢者講習を受講することが義務づけられています。その内容は、
・約1時間の講義
・約1時間の運転適性診断、夜間視力、動体視力検査
・約1時間の実車運転と運転指導
*小型特殊免許のみをお持ちの場合は「実車運転と運転指導」はありません

受講期間:運転免許更新時の誕生日5ヵ月前~誕生日の1ヵ月後(6ヵ月間)までに受講することが必要です。 【高齢者講習手数料】
・70歳以上75歳未満:5,800円
・75歳以上:5,350円(+講習予備検査費650円)
※小型特殊免許所有者は年齢にかかわらず一律2,350円(75歳以上は講習予備検査費として+650円)
また75歳以上の高齢者には、高齢者講習前に約30分間の講習予備検査があり、別途検査費用(650円)を要します。 【まとめ】いつまでも安全運転のための「高齢者講習」【予約方法、講習の種類、所要時間、手数料…etc.】|GOIN[ゴーイン]
現在、70歳以上の高齢の方が運転免許証を更新されるにあたって、受講を義務付けられているのが高齢者講習です。この高齢者講習には4種類あり、それぞれに微妙な違いがあります。また75歳以上の方は高齢者講習に加えて講習予備検査も受けなければいけません。費用も受講する講習の種類と年齢により様々で、対象者の方は混乱されているのではないでしょうか? そこで高齢者講習についてわかりやすくまとめてみました。

goin.jp

まとめ

講習時にその年の「交通教本」を受け取り、免許証が交付されたら更新手続きは終了です。 運転免許の更新手順についてご紹介してきました。2015年は更新にかかる費用が改正になったり、また道路交通法の改正により新しい標識や新ルールが導入されたりと、3年あるいは5年の免許の有効期間中に、手数料や講習内容が微妙にアップデートされています。更新そのものは難しくないものの、次の免許の更新日が来るまでに間があるため、ついつい持参するものや更新の順序を忘れてしまいがちです。そんなときの参考にしてください。