【上りと下りで異なる魅力!】羽生パーキングエリアを徹底解説!【鬼平江戸処&Pasar羽生】

東北自動車道でも屈指の人気をほこるPAといえば、羽生PAです。その人気の秘密はどこにあるのでしょうか? それを探るべく、上下線ともに羽生PAの魅力&グルメに迫ってみたいと思います。

羽生PAとは、どんなところ?

イメージ画像 羽生PAは埼玉県羽生市に位置し、東北自動車道のなかで最も南に位置するPAです。つまりは、上り線にとしては最後のPA、下り線としては最初のPAということになります。同様に東北自動車道において最も南に位置するSAである、蓮田SAの役割を補間する目的があり、蓮田SA同様、非常に混雑するPAとして知られています。特に羽生PAの上り線側は、2013年の12月に、TVドラマでもお馴染みの“鬼平犯科帳”の世界観を再現した「鬼平江戸処」としてリニューアル。江戸時代のテーマパークのような雰囲気と充実したサービスで、東北自動車道のなかでも屈指の人気をほこるPAとして知られています。



江戸の街並みを再現!羽生PA(上り)「鬼平江戸処」 

「鬼平江戸処」の特徴

羽生PA(上り)は、先ほども少し触れましたが鬼平犯科帳の世界観をテーマとし、江戸の街並みを徹底的にこだわって再現しており、一種のテーマパークのようです。しかしなぜ、ここ埼玉県に位置する羽生PAにおいて、“鬼平犯科帳”や江戸の世界観なのでしょうか? 
羽生PAの近くの栗橋には、江戸時代に栗橋関所があったそうです。つまりは、江戸の入り口が羽生PAのそばにあったという訳です。そこで、現代版の日光街道~奥州街道にあたる東北自動車道にある羽生PAは、現代版の江戸の入り口と見立てて、この江戸の街並みを再現することになったそうです。その際に、江戸時代を象徴する人物として、鬼平こと長谷川平蔵に着目し、鬼平犯科帳とのコラボレーションが実現しました。ちなみに、「鬼平江戸処」のリニューアルオープンした2013年は、原作者である池波正太郎の生誕90周年にあたる年でした。

関所をイメージした門と日本橋の街並みがお出迎え!

車を降りるとまず出迎えてくれるのが、立派な門と江戸を象徴する日本橋を再現した街並みがです。門構えは、江戸の入り口である関所をイメージしたもので、タイムスリップの入り口として存在感が光ります。日本橋の街並みは、鬼平犯科帳の小説内で強盗に押し入られた大店を再現。呉服問屋の「近江屋」や足袋問屋「大野屋」、醤油酢問屋「野田屋」など、全部で6つの大店が立ち並ぶ姿び、その貫禄のある看板は見どころの1つ。他にも、建物に沿って植えられた柳の木や、江戸の代名詞である“火事”対策の「水桶」や「半鐘」など、散策するだけで楽しい演出が多数見られます。
また、夕暮れや夜間のライトアップされた街並みも必見です。光に照らされ浮かび上がる江戸の街並みは、情緒ある景色から一変、風情を残しつつも幻想的な光景を我々に見せてくれ、カップルにもおすすめです。

さまざまなイベントも開催!ドライブ休憩にぴったりの「弥勒寺界隈」

羽生PAの奥に位置する広場「弥勒寺界隈」には、小説内に登場する「お熊婆の茶屋・笹や」をイメージした自販機コーナーや見世物小屋(外観のみ)などを配置しています。また、江戸情緒あふれる植栽がなされ、江戸の景色に触れながら休憩をとることができます。そばにあるたい焼き屋さんで、おいしいたい焼きを食べながら休憩すれば、ドライブの疲れも一瞬で吹き飛ぶことでしょう!
また、大道芸や夕市などのイベントも定期的に行われる場所でもあるので、運がよければ、そんなイベントに出会えるかも。ぜひ立ち寄りたい場所の1つです。

江戸の屋台を再現!心が躍るお土産処

両国広小路の賑わいを再現した「みやげ処屋台連」は、その名の通り、当時の屋台郡に迷い込んだような雰囲気で、テンションが上がること間違いなしの場所です。ここでは、老舗と言われる名店の食品やお菓子、雑貨などを取り揃えています。また、鬼平江戸処オリジナル商品も多数ラインナップ。オリジナルの湯のみやタオルなどの雑貨をはじめ、和菓子などを揃えていますので、お土産にはおすすめです。もちろん、地元のお土産やSAには欠かせないコンビニ商品も取り揃えていますので、安心です。

鬼平の世界観と名店の味を同時に堪能!

本所深川をイメージしたフードコートでは、小説内で鬼平がよく訪れたお店を再現しており、鬼平が愛した食を堪能することができます。小説の重要な舞台となった軍鶏鍋屋「五鉄」、鬼平ひいきにしていた蕎麦処「さなだや」などを筆頭に、スイーツや立ち食い処も含めるとその数は8店舗にものぼります。
どの店舗も、老舗や名店といわれる店舗が監修に携わり、鬼平の世界感と名店の味を同時に堪能できると人気です。なかには高速道路初出店の店舗も複数あり、どのお店のグルメを味わうか迷ってしまうことでしょう。そんな時は、フードコートの強みである、シェアという方法を選択するのも1つですね。

羽生PA(上り)のおすすめグルメ

鬼平ゆかりのメニュー“一本うどん”

鬼平犯科帳の物語で重要な舞台となっている軍鶏鍋屋「五鉄」の看板メニューの1つ、“一本うどん”をご紹介します。太いうどんが一本だけという見た目のインパクトがすごい料理ですが、小説内にも出てくる、鬼平ゆかりのメニューです。その見た目だけが注目されがちですが、味の方でもその人気に納得がいくはず! それもそのはず、開発には3年もの費やしたとのことです。しかもここ「五鉄」は、あの東京日本橋の老舗鶏料理店「玉ひで」が提供しているのです。玉ひでは、江戸時代中期から続く老舗中の老舗で、親子丼元祖の店としても有名です。その玉ひでが自信をもって提供する“一本うどん”は、見た目も味も楽しめる、ここのPAを代表するおすすめグルメです。

東北自動車道を代表するグルメ!“お好みたい焼き”

羽生PAの奥の広場、弥勒寺界隈に面してある「分楽焼本舗」は、人形焼とたい焼きの専門店です。そこの人気メニューはたい焼きなのですが、普通のたい焼きとは違います。それは、具材にベーコンやキャベツを使用した、たい焼きの常識を覆したものなのです。その名も“お好みたい焼き”。サクサクの外側と、ふわっとしたお好み焼きの風味がおいしい中身と相性は抜群です。軽食感覚で手軽に味わえることもウケて、PAの人気グルメの1つに数えられています。

PAで味わえる本格的なうな重

小説内に登場する辻売りのうなぎ屋「忠八」の名をとったうなぎ専門店です。高速道路のPAで本格的なうな重を食べられるのは、全国的にも珍しいことではないでしょうか。ここでうなぎを提供しているのは、地元埼玉で創業100年を越える川魚専門卸問屋の「鯉平」です。炭火ならではのパリッとした皮目と、高級うなぎならではのふっくらとした身は、うなぎ専門店で食べる味となんら遜色はありません。PAの食事として高いですが、その価値は十分にあるグルメです。

多くの著名人が愛した味“船橋屋のくず餅”

ぱっと見た瞬間、最初に紹介した“一本うどん”に見えますが、実はこれ、くず餅なのです。名物の一本うどんににちなんだもので、「船橋屋」が提供するものです。「船橋屋」は1805年創業の老舗で、くず餅の元祖のお店としても有名です。明治初頭のかわら版では、江戸甘いもの屋番付の横綱に認定された歴史をもち、その味は、過去から現代にいたるまで、さまざまな著名人をはじめ多くの人に愛されてきました。
オリジナルの一本うどん風のくず餅以外にも、昔ながらのオーソドックスなくず餅やキャラメル風のくず餅、串に刺してこし餡などをトッピングした串くず餅などを、さまざまなオリジナルくず餅を堪能できます。



充実した設備が自慢!和モダンな造りの「羽生PA(下り)」

羽生PA(下り)は、近代的で和モダンな造りが特徴で、上り側とは正反対のイメージを持つPAです。どうしても、上り側の「鬼平江戸処」と比べるとインパクトが弱いと思われがちですが、そんなことはありません! 豊富なメニューを取り揃えるフードコートを中心とした食事処やカフェなどを筆頭に、その充実した設備の数々は、上り側以上でSA並といっても過言ではありません。グルメ好きや東北への旅行や帰路には、欠かせない拠点である羽生PA(下り)の充実した設備をご案内しましょう。

羽生PA(下り)の充実した設備とは?

イメージ画像 ここ羽生PA(下り)は、車中泊にも便利な設備が自慢です。長距離のドライブの拠点には欠かせない拠点となること間違いでしょう。
その便利な設備の1つが、24時間対応のコンビニがあることです。ドライブには欠かせないものが揃うコンビニは、あると何かと便利ですね。しかも24時間対応ですので、フードコートが閉まっていたとしても、食事をとることが出来るのも強みの1つです。またもう1つの便利な設備が、ATMも備えてあることです。これで緊急事態でも安心ですね。急な出張や遠出が発生した場合には、1度ここに立ち寄ることをおすすめします。

グルメ好き必見!豊富なグルメが揃うテナントの数々

羽生PAのグルメコーナーは、数回来ただけでは堪能しきれないほどです。フードコートには、東京新橋で生まれたカレー専門店や、丼ぶり専門店、埼玉のB級グルメを集めた店舗に、ちゃんぽんや坦々麺、うどんをそれぞれ専門に扱う店舗が3つと、多種多様な6つの店舗が軒を並べます。フードコート以外にも、独自店舗を構える洋食店も人気。懐かしい洋食を豊富に揃えており、家族連れやカップルにおすすめです。また、スターバックスやベーカリーなどテイクアウトに便利な店舗や、惣菜やお弁当を扱う店舗もあるほどの充実ぶりです。羽生PAに行く際は、何を食べるか十分に吟味して行くことも重要かもしれませんね。

羽生PA(下り)に揃う豊富なグルメを堪能しよう!

TVで取り上げられ話題にもなった“ずんだシェイク”のご紹介です。このすんだシェイクは、宮城県仙台市に店舗を構える「ずんだ茶寮」の人気メニューで、あのマツコ・デラックスが絶賛したことでも有名。宮城県外で「ずんだ茶寮」の店舗があるのは3カ所しかなく、大丸東京店と羽田空港第1ターミナル内、そしてここ羽生PA(下り)のです。もちろん高速道路のSAやPAにあるのは、羽生PA(下り)のみです。普段でもなかなか味わえない人気のずんだシェイクは、ここに訪れたなら絶対に外せないグルメの1つといえます。 フードコート内での人気メニューの1つ。それが「新橋清月堂カリカル」の印度カレーです。厳選された薫り高いスパイスを店内で調合しているそうで、本格的な味わいが自慢。チキンを中心とした具材は、大きめにカットされゴロゴロと入っており、結構なボリュームです。激辛とまではいきませんが、スパイシーな味付けですので、辛いものが苦手な方や子どもにはちょっと厳しいかも。そんな方の為にも、ハヤシライスやお子様カレーなどを用意していますので安心です。 フードコートとは別にあるレストラン「Royal羽生洋食軒」は、独立した店舗を持ち、落ち着いた雰囲気で食事ができると人気です。昔懐かしい洋食をテーマとしたメニューを揃えており、値段もリーズナブル。そんな「Royal羽生洋食軒」おすすめするのが、オムライスです。洋食の定番、幅広い人に人気のオムライスは、ここでも変わらぬ人気のメニューです。懐かしい洋食をうたっている通り、デミグラスソースではなく、ケチャップを使ったしたソースもポイントです。ハンバーグやナポリタンといった定番メニューも豊富にそろっていますので、家族連れの方にはピッタリではないでしょうか。

基本情報

羽生PA(上り) 鬼平江戸処

住所 〒348-0004 埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
電話 048-565-2410
駐車場 普通車114台 大型車148台 身障者用5台(そのうち、大型車1台)
トイレ 男:大17器/小38器 女:58器 身障者用:共用2器 

鬼平江戸処

羽生PA(下り) Pasar羽生

所 〒348-0004 埼玉県羽生市弥勒字三新田824
電話 048-565-3844
駐車場 普通車170台 大型車92台 身障者用6台(そのうち、大型車1台)
トイレ 男:大16器/小38器 女:69器 身障者用:共用2器 

Pasar ( パサール ) 羽生
【Pasar(パサール)羽生】クルマの旅に、もうひとつのよろこびを。東北道 羽生PA下りにオープン!みちのくへの旅のはじまりに。

おわりに

東北自動車道で最も南に位置する羽生PAをご紹介しました。上りの「鬼平江戸処」は、PAという枠を越えて首都圏観光の名所の1つといっても過言ではありません。実際に、ここを目的として訪れる人も多いといいます。反対に下りの「Pasar羽生」は、堅実な設備が特徴で、SA並の充実したサービスを持っています。それは、東北地方への長い道のりへの拠点としての役割を持っている表れでしょう。どちらにせよ、東北自動車道を代表するPAである羽生PAは、家族旅行やドライブ、ビジネスにとさまざまなニーズに応えてくることでしょう。