【クルマの雑学】ハイビームにするちょうど良いタイミングは?

夜、車で走っていて後続車や対向車のライトがまぶしくて困ったという経験は誰もがしていると思います。暗い夜の走行にはヘッドライトが欠かせませんが、ライトが原因で他人の走行が危険になってしまっては元も子もありません。安全に快適に走るためにハイビームってどんなタイミングで使えばいいのでしょうか?

ヘッドライトの使い方は法律で規定されている

え!ハイビームが基本なの?

ヘッドライトの正式な名称は「前照灯」といいます。しかも2種類。ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」とされているんです。また、その使用方法として対向車や前走車が存在する場合には、ロービームを使用することとされています。ハイビームを常に使いなさいと明言されてはいないのですが、限定的に前行車・対向車がいる場合はロービームにという文言があることで、ハイビームが通常の走行時のライトだと考えてよいようです。ちなみに照射距離も決められていて、ロービームは前方40m、ハイビームがその倍以上の前方100m先を照らすことができるものとされていますので、この距離がライトの切り替えの目安になりそうですね。
出典: http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety_light/headlightquiz/index.html

すれ違い時や前の車がいるときは必ずロービームで

法律では、「車両等が、夜間(省略)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。」となっていますからこの状態のときはロービームじゃなきゃいけないわけです。相手の安全を妨げないような前照灯の使い方をしなさいということですね。 出典: http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/rule/06.htm

まぶしいのはハイビームだけじゃない

本題からちょっと外れますが、前方や対向車がまぶしいと感じるのは、ハイビームだけではありません。荷物や人をたくさん乗せるとクルマのバランスが変わり、光軸があがってしまって、ロービームでもまぶしい状況が起きます。このとき、それを調整するのが、レベライザーです。クルマが自動で光軸を調整するオートレベライザーがついたクルマも多くなっていますが、下のイラストのようなライトのマークとダイヤルがついた機構がついていたら、手動で調節するマニュアルレベライザーです。周りに迷惑をかけずに安全に走るためにはこまめに調整が必要ですね。 出典: http://www.jaf.or.jp/qa/mechanism/rule/07.htm
マニュアルレベライザーがついているか確認しましょう。

(車両等の灯火)
第52条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第63条の9第2項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。
【令】第18条
【令】第19条
2 車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。
【令】第20条
(罰則 第1項については第120条第1項第5号、同条第2項 第2項については第120条第1項第8号、同条第2項)

出典:

www.houko.com



クルマはすぐに止まれない!

ハイビームなら止まれたのに

市街地を走ることが多いと、街灯やらビルや看板の灯りやらで明るくてヘッドライトのことをあまり考えないで走ってませんか。その状態が慣れになると、ハイビームを使わなくてはいけない状態になっても、ハイビームにしてもっと見えるようにということに気が付かないなんていう場合もでてきます。前述したようにハイビームでは100m、ロービームでは40mと照射距離が違うので、前方の障害物を見つけられるタイミングも変わってしまいます。ハイビームだったら止まれたのにということがないように、まずは暗いなと思ったらハイビームを点灯。クルマを見かけたらロービームにというこまめな操作が安全につながりますね。 出典: http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/beam/detail1.htm
動画で見ると、よくわかります。

歩行者に見つけてもらって事故防止

安全ということではもうひとつ注意しておきたいことがあります。事故の多さは人の動きが多い夕方に集中しています。そしてこの時間帯の死亡事故の多くは高齢の方が多いのだそうです。薄暮と言われる日没後30分ぐらいの明るさで視力が落ちつつある高齢の方には完全な夜と同じぐらいにしか認識できないのかもしれません。そう考えると、クルマに乗っている自分の視界を保持するためではなく、相手に気付いてもらうための点灯も必要になってきます。この時はもちろんロービームですが。クルマの存在を早めに気づいてもらう、それもヘッドライトの重要な役目ですね。真っ暗な道ならなおさらです。遠くの歩行者にもハイビームでクルマの存在を早めに知らせましょう。 出典: http://www.omoiyari-light.com/TOPICS/LAB/000166.html

路運送車両法の保安基準では、前照灯(ヘッドライト)に自動または手動式によって光軸を調節する機構を備えなくてはならないとされています。これにより、HIDやディスチャージと称される高輝度放電式ライトには自動光軸調節機構(オートレベライザー)が、ハロゲン式ライトには手動式光軸調節機構(マニュアルレベライザー)が備わるようになりました。

自動光軸調節機構の場合、ドライバーは特に何もする必要はありませんが、手動式光軸調節機構の場合は、乗員数や荷物によって適切な高さにレベライザーで調節しなくてはなりません。

出典:

www.jaf.or.jp

まとめ

法律的には走行時はハイビームが基本ですから、他車がいないときは常にハイビームにしておきましょう。障害物の発見が早ければ事故防止につながります。対向車のヘッドライトを見つけたら速やかにロービームに変更して完全にすれ違ってからまたハイビームにするのがよいでしょう。また前行車の後部を照らし始めたらロービームに変更するのがよいですね。ハイビームの照射距離は100mというのも目安にしておきましょう。ライトがまぶしくて他のクルマのドライバーが歩行者に気が付かなかったなんてことのないようにしたいものです。