【富士山観光でハズさない!】富士五湖の絶景・グルメ・パワースポットを巡ってみよう!

「富士山を観に行こう」漠然と思って出かけても、充分楽しめる素敵なドライブスポットが「富士五湖」ですが、今回は少し珍しいスポットも含めてドライブのアクセントになりそうなところも選んでみました。それぞれの「スポット巡りOK!」ですし、「ドライブの途中に織り込んでも良し!」の場所揃いですから、参考にしてみてください!

目次

【絶景スポット】「山中湖 パノラマ台」から観る湖越しの富士

駐車場が狭いのが玉に瑕でも、写真撮影の人たちも多い「山中湖パノラマ台」。山中湖と三国峠の間にある展望台で、山中湖越しの富士山の展望が素晴らしい場所です。視界の良い日は、富士山だけではなく南アルプスも観られますし、夕焼けに染まった富士山も素敵です。また、秋はすすきも楽しめる四季折々の富士山も鑑賞できる富士山展望スポットです。 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村平野
駐車場(10台程度)

「山中湖パノラマ台」の詳細



【絶景スポット】「精進湖 他手合浜」から子抱富士を堪能しよう

かつて歌人、与謝野晶子が精進湖を訪れた際「秋の雨 精進の船の 上を打ち 富士ほのぼのと 浮かぶ空かな」と詠んだ場所。富士山の風景でも、ちょっとマニアな「子抱き富士」を真正面から見られるのが他手合浜(たてごうはま)です。富士山が丁度、手前にある大室山を抱いているようにみえるから「子抱き」と言われています。この角度じゃなければ、このようなイマジネーションを産む景観にはならないので、精進湖に行ったら、忘れずにチェックしてみてください! 【基本情報】
富士河口湖町精進
駐車場あり

「精進湖畔他手合浜」の詳細

【絶景スポット】「富士吉田 諏訪の森自然公園」の広々とした空間で富士を観る

山梨側からの富士山は、山や峠の上から臨む富士山や、湖や町並み越しの富士山が定番の景観ですね。でも、ここ諏訪の森公園からは、広々とした芝生の広場の向こうに樹齢400年の赤松、そして富士山と少し珍しい風景になっています。晴れた日には富士山を眺めながら、ねそべりながら。とのんびり過ごせるのも嬉しい場所です。 富士吉田市上吉田5329-2
8:30~17:00(5月15日~8月31日:8:30~19:00、9月1日~9月30日8:30~18:30)
駐車場40台

「諏訪の森自然公園」の詳細



【絶景スポット】「富士吉田 農村公園」では田んぼに映る逆さ富士

水車小屋や東屋など、日本の農村風景を残す「農村公園」。小川が流れる園内は遊歩道も整備されているので散歩には最適です。また、ここからは水田に「逆さ富士」が映りますが、この逆さ富士がなんとも素朴な美しさを醸し出しています。

また、秋には黄金色に染まった稲穂の向こうに見える富士山。これも見応えがあります。 【基本情報】
富士吉田市上吉田
駐車場30台

「富士吉田 農村公園」の詳細

【絶景スポット】「西湖 野鳥の森公園」も富士の絶好スポット

約60種類もの野鳥が生息している「西湖野鳥の森公園」。西湖、樹海に近く「富士山を眺める」というイメージが湧かないかもしれませんが、なかなかの富士山ビューポイントなのです。写真は冬の「樹氷まつり」の時のものですが、春にはチューリップと一緒の富士山なども見られます。バードウォッチャーの方々に混ざって富士山ウォッチャーになってみてはいかがですか? 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
9:00~17:00(定休日:木曜日)
駐車場:40台

「西湖野鳥の森公園」の詳細

【グルメ】富士吉田:ベテラン料理人が作る郷土のご馳走「浅間茶屋 本店」

「ほうとう」と「吉田のうどん」。山梨県を代表する2大麺料理を一つのお店でおいしく食べ比べたいときにおすすめしたいのが「浅間茶屋」です。グループの旅館の前総料理長が打つ「ほうとう」と「うどん」は、郷土料理というよりも「ご馳走」のレベルでいただけます。ちょっと着飾った地元の味を楽しんでみてください! 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村山中224
11:00〜ラストオーダー20:00
駐車場(20台) ・名称: 浅間茶屋 山中湖畔店
・住所: 山梨県南都留郡山中湖村山中224
・アクセス: 東富士五湖道路山中湖I・Cより車で約5分
・営業時間: 11:00~20:00(L、O)
・定休日: 無休
・電話番号: 0555-73-8066

「浅間茶屋」公式サイト

【グルメ】富士吉田:素朴な吉田うどんを味わうなら「渡辺うどん」

こちらの「うどん」は庶民派。「渡辺うどん」は、富士吉田という土地を感じさせる地元が育てた素朴な旨さです。でも、人気店なので混み合っているのは覚悟して行ってみてください。おいしさを他のお客さんと一緒に味わうつもりになると、一段とおいしく感じられる少し不思議な懐かしさのあるお店です。 【基本情報】
山梨県南都留郡忍野村内野514
11:00~14:00 ※うどんが無くなり次第、終了(定休日:水曜日。休日の場合は営業)
駐車場20台

「渡辺うどん」の詳細

【グルメ】山中湖の贅沢な時間を愉しむ「ハンモックカフェ」

ドライブや旅行で、一番贅沢な時間の使い方は…もしかしたら心地の良い場所で、何もしないで過ごしている時間なのかもしれません。そんな時間の過ごし方ができるのが「ハンモックカフェ」。ハンモックで吹く風に合わせてゆったりと揺れながら本を読んだり、音楽を聞いたりしていれば「ストレスフリー!」を実感できるのではないでしょうか? あ、それから昔のアメリカアニメにあったように、少し間違えるとカッコ悪く落ちてしまうのがハンモックですが、乗り方の説明もありますから安心してくださいね! 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
11:00〜17:00 ※土日祝日、夏季は10:00〜営業(火曜日定休 ※夏季繁忙期を除く)
駐車場20台 ※他に近隣に無料駐車場あり

「山中湖ハンモックカフェ」の詳細

【グルメ】山中湖が北イタリアのお伽話の世界に!「森のアルム」

富士五湖でも、一つだけ少し離れているせいなのか…山中湖は大勢の人が集まるわりには静かな場所が多いのです。そして、ちょっと歩けば自然に囲まれたところがたくさんありますね。そんなところにある「森のアルム」は、ヨーロッパの昔ばなしに出てくる妖精のすみかのような印象のおレストランです。

かわいい外観にだまされないでくださいね。中に入れば、本気のイタリアンが食べられます。イタリアンと言えば南イタリア系の料理が思い浮かびますが、ここ「森のアルム」では北イタリア系の料理が多く、スイス料理などにも多い「そば粉」を使ったパスタや揚げ物が名物であり、おいしいのです。

食べ終わる頃には、山中湖にいること…日本にいることすら忘れてしまうかもしれませんよ! 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村平野508-697
11:00~17:00(定休日:祝祭日を除く月曜日、第3火曜日)
駐車場8台

「森のアルム」の詳細

【グルメ】河口湖:溶岩温泉で味わうおいしい「溶岩ステーキ」

溶岩でできた大きなプレートの上で、お肉や魚を自分で焼くスタイルの「溶岩ステーキ」。旅館「溶岩温泉」の名物料理ですが、泊まりではなく料理だけ味わいたくてもOKなレストランとして利用ができます。

お肉は牛肉の他、イノシシや豚などコースによって選ぶことができますから、好みで選んでみてください。また、食事をしながら見られる中庭はかなり手の込んだ作りになっていて、富士の絶景とは別の味わい深い風景も楽しめます。 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町船津5219
10:00~15:00、11:00~20:00(ラストオーダー 19:30、定休日:毎週水曜日 ※7/20~8/31は無休)※詳しい営業日時は要問合せ
駐車場30台程度

「溶岩温泉」公式サイト

【パワースポット】山中湖:しあわせを呼ぶ「花の都公園」のしあわせの木

パワースポットと言えば、神社やお城が多いものですが、最初に紹介するのは公園です。この「花の都公園」、富士山の景観も素晴らしいのですが、それに合わせて見られる四季の花も鮮やかに映えていて、いつ行っても心休まる素敵な公園です。

それだけなら「公園でのんびり!」で終わりですが、紹介したい主役は園内にある欅の木「しあわせの木」。雷が落ちて空洞ができてしまったのですが、その穴に入って写真を撮ればしあわせになれると言われていて、最近では人気スポットになっています。

しあわせになれるように、欅の木にお願いしてみくださいね。 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村山中1650
8:30~17:30 ※時期により異なる(定休日:12月31日~3月15日の祝祭日を除く火曜)
駐車場220台(有料)

「花の都公園」公式サイト

【パワースポット】鳴沢:武運と恋愛成就のご利益「魔王天神社」

魔王天神社。その名前からご祭神を「魔王」としては、間違いになってしまいますね。この「魔王天神社」のご祭神は「経津主命」、香取神宮と同じご祭神です。そのご祭神が「刀」と縁が深い関係から、そして武運長久を願ってお参りした方が多かったため、奉剣がたくさん拝殿に納められています。ちなみに、この神社には本殿はなく、拝殿だけしかありません。

このように、ちょっと男らしい神社なのですが、最近は復縁、恋愛成就のパワースポットとして人気があるそうですよ! 【基本情報】
南都留郡鳴沢村7585-2
駐車場5台程度

「魔王天神社」の詳細

【パワースポット】山中湖:夕陽の中でプロポーズ!「旭日丘湖畔緑地公園」は恋愛成就のパワースポット

山中湖畔の静かな場所にある公園ですが、「日本の渚・百選」に選定されていて、名前にもあるように夕陽が美しい名所です。遊歩道が整備されていて沿道には紅葉・欅・桜(富士桜)などが植えられています。そのため、桜から若葉の春だけではなく、梅雨から夏は紫陽花、そして秋には毎年10月下旬から11月上旬に「夕焼けの渚・紅葉祭り」が開かれ、夜にはライトアップされた秋の赤色を愉しむことができます。

そんなロマンチックな場所は好きな人に自分の想いを伝える、「恋愛成就のパワースポット」だそうですから、告白やプロポーズなどにもうってつけです! 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
駐車場100台

「旭日丘緑地公園」の詳細

【パワースポット】河口湖:浄化と安産「母の白滝」は修験者の浄めの場

すぐ近くに「母の白滝神社」が鎮座する名瀑は、冬は氷結して神秘的な光景で魅せることでも有名なところです。神社のご祭神は栲幡千々姫命、天忍穂耳命の后となった神様で、富士山の木花咲耶姫命の姑神様にあたります。機織りの神様で、そこから機械関係にもご利益ありということですが、安産や子宝のご利益もあるそうです。

滝は富士山に登る修験者が平安時代からみそぎに使ったと言われていて、古来からの浄めの場。清浄な空気を胸いっぱいに吸えば、身の穢れも取り除けそうですね。 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町河口
駐車場2台

「母の白滝」の詳細

【パワースポット】富士吉田:富士登山道の起点「北口本宮冨士浅間神社」で女子力アップ

国道138号の賑やかな交通量がウソのように、狛犬の間を通る参道から静謐な空気で満ち溢れる「北口本宮冨士浅間神社」は、ご祭神が「木花開耶姫命」と、その夫神「彦火瓊瓊杵尊」、そして木花開耶姫命の父神「大山祇神」の三柱が祀られています。特に木花開耶姫命には「ムスビ(産霊)」御力があると言われていて、モノを生み出す神様とされています。このこともあって縁むすびのご利益、女神様ということで女子力アップのために参拝する方が多くいらっしゃいます! 【基本情報】
山梨県富士吉田市上吉田5558
駐車場100台(複数に分かれている)

「北口本宮冨士浅間神社」公式サイト

【富士の神秘】市川三郷町:龍神のいる「四尾連湖」で濃い〜!自然を満喫

読み方が難しい四尾連湖。ヒントは古い書き方「志比礼湖」「神秘麗湖」ですね。そう「しびれこ」です。この湖は富士五湖から少し外れた身延に近い山の上にあることもあり、とても静かな湖です。「四尾連」という名前は、この湖に住む龍神様が4本のしっぽを連ねていることから来ているそうで、その龍神様に雨乞いをしてきた湖としても知られていました。

古くは「富士八海(富士五湖に、四尾連湖と他2つ」と総称された1つでしたが、今は五湖がクローズアップされていることもあって開発もあまりされておらず、神秘的な森の景色が残されている景勝地です。 【基本情報】
西八代郡市川三郷町山家四尾連
駐車場100台(有料)

「四尾連湖」の詳細

【富士の神秘】西湖:怖くない!「樹海」散策で優しい緑に癒やされよう

西湖コウモリ穴から入れる樹海の遊歩道。ドラマなどでは恐ろしいイメージがありますが、キチンと遊歩道を歩けば、苔むした溶岩と深く茂った木々による美しい緑の世界に癒やされます。また、緑の中には腐生植物「ギョリンソウ」の群生地や、緑の中で生きる野鳥など自然とのふれあいが楽しめる富士山の手付かずの自然に少しお邪魔する事ができる素敵な散策を愉しむことができます!

歩ききれば、河口湖根羽浜の駐車場。木々に覆われて見られなかった富士山との再会も、感動的ですよ。 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
駐車場あり

「樹海トレッキング」の詳細

【富士の神秘】20年前の雪解け水を湛える「忍野八海」

富士山の雪解け水が約20年の歳月をかけて湧き出す「忍野八海」。富士山からの溶岩が天然の濾過器になって澄み渡った水を湛えた池が集まっています。

出口池(一番大きく、霊水を湛える池)、お釜池(小さいがバイカモが美しく揺れる池)、底なし池(洗い物が消えた池)、銚子池(縁むすびの池)、湧池(通り沿いにあるシンボルのような池)、濁池(濁り水の伝説からついた名前と違って澄んだ水の池)、鏡池(逆さ富士が映る池)、菖蒲池(菖蒲の花が美しい池)と8つの池が、それぞれに特徴をもっています。

雪解け水が、これほど清らかになるのも富士山のパワーですね! 【基本情報】
山梨県南都留郡忍野村忍草239-3(忍野村観光協会)
駐車場あり(有料駐車場が多数)

「忍野八海」公式サイト

【富士の神秘】山中湖:温泉につかりながらダイヤモンド富士も見られる「紅富士の湯」

露天風呂は石造りと檜造りの2種類もある本格的な入浴施設「紅富士の湯」。大浴場には、全身浴・ジェットバス・気泡湯・寝湯・源泉ぬる湯・かぶり湯があって、ガラス張りの浴室から全ての浴槽から富士山が臨めるつくりになっています。富士山も11月や1月に日没と山頂が重なる「ダイヤモンド富士」が見られるは、この「紅富士の湯」さんの自慢のポイントです。日付などは紅富士の湯さんの公式サイトでチェック、そして天気予報と照らしあわせて、タイミング良く入浴してみてください! 【基本情報】
山梨県南都留郡山中湖村山中865−776
10:00〜21:00まで(最終受付 20:30)※(12月~2月、土日祝のみ6:00〜営業)
駐車場220台

「紅富士の湯」公式サイト

【富士の神秘】天然の冷蔵庫「西湖 富岳風穴」は横穴、「鳴沢氷穴」は竪穴を歩く

富岳風穴は、夏でも涼しい年間平均気温3度の世界です。冷蔵庫が無かった昭和初期まで、生糸生産のために蚕の卵を冷蔵していたそうです。総延長は201mで、基本は横穴のためお子さんやシニア世代でも安心して歩くことができます。
壁面は玄武岩質のため、音の反響がない不思議な感覚に包まれながら、富士山の冷ややかな風を楽しんでください。

鳴沢氷穴は、竪穴式の洞窟で富岳風穴と同じく富士山の噴火によって流れでた溶岩流が形作ったものです。氷穴内にある氷の柱は洞窟内に染みだした水が凍ったもので、毎年4月に最大の大きさになります。大きな年には高さ3mにもなり壮観な自然の力を感じることができます。総延長153m、環状になっているので内部を自然に一周することができます。

この2つの洞窟を含めたガイドツアーが予約制で行われています。ベテランのガイドさんに洞窟や樹海の成り立ちを聞きながら歩けば、きっと「富士山通」になってドライブを終えることができますよ! 【基本情報】
富岳風穴:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖青木ヶ原2068-1
鳴沢氷穴:山梨県南都留郡鳴沢村8533
営業時間は季節により変動。公式サイトで確認ください
駐車場100台(風穴)、100台(氷穴)

「風穴・氷穴」公式サイト

【芸術の富士】河口湖:富士山絵画の宝庫「フジヤマミュージアム」

富士急行が創立75周年記念事業で立ち上げた「フジヤマミュージアム」、富士急とともに共同で建設した公益財団法人堀内浩庵会とが40年間でコレクションした富士山の絵画を展示している美術館です。

今では世界中の人たちを魅了している富士山は、古くから山岳信仰のなかでの作品から、多くの絵師、画家にとって最高の画題にされてきましたから、コレクションの中でも歴史の移ろいと共に変化した画法に関わらず、「富士山」という共通したモチーフを愉しむことができます。。

建物もユニークなデザインで、

2階建ての建物は、中央にはアトリウムがおかれ、それを囲む回廊がスロープになって、そこに富士山がてんじされています。また、屋上にはライブカメラが置かれていて、美術館からの「現在」の富士山を観ることもできます。富士山ファンには、是非、行って欲しい美術館です。 【基本情報】
山梨県富士吉田市新西原5-6-1
平日10:00〜17:30、土曜10:00〜20:30、日曜・夏季9:00〜20:30
駐車場180台(2時間無料)

「フジヤマミュージアム」公式サイト

【芸術の富士】西桂:吹きガラスやペーパーウェイトの製作体験あり!「あしたば硝子工房」

西桂町でガラス器やガラスのインテリアを作っている「あしたば硝子工房」は、2人の作家さんごとに風合いの違う作品を観ることもできますが、体験教室で吹きガラスやペーパーウェイトを作ることができます。

吹きガラスは、よくテレビなどでもみる鉄管の先の熱で溶かしたガラスに息を吹き込んでグラスや花瓶、お皿が作れますし、お子さんも大人と一緒なら愉しむことができるそうです。また、お子さんが自分で何かを作らせたいと考えるなら、ペーパーウェイトが良いかもしれません。いろいろな色のガラスのかけらを組み合わせて専用ボンドで貼り合わせるだけ。これでペーパーウェイトだけではなくアクセサリーも作れます。ボンドで貼りあわせた後は、工房で焼成してくれるので自分のデザインで本格的なガラス器が作れるのです。

どちらの作品も冷却時間が必要ですから、当日の持ち帰りはできませんが、楽しいドライブに最高の体験になるんではないでしょうか?(冷却が終われば、後日の引き渡しか宅配での受け取りが可能です) 【基本情報】
山梨県南都留郡西桂町下暮地3066
12:00〜19:00
駐車場あり

「あしたば硝子工房」公式サイト

【芸術の富士】河口湖:宝石加工の中心で貴重な原石を見よう!「山梨宝石博物館」

山梨は翡翠や水晶の産地としても有名で、「日本の宝飾産業の中心地」と言われています。その山梨に開かれた最初の宝石専門の博物館が「山梨宝石博物館」で、日本だけでは世界各地から集められた約500種3,000点の宝石が展示されています。

展示エリアでは、カットされたものや、また180cmの高さ、1,270kgもある国内最大の水晶など希少な原石を観ることができます。

ミュージアムショップは、美しい指輪などのアクセサリーの他、鉱物結晶など多彩な宝石が売られているのも「宝石博物館」らしいところです。カフェもありますから宝石を見た後で、のんびりお茶ができるのは嬉しい配慮です。 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6713
通常期 9:00〜17:30(最終入館 17:00)、冬期(11月~2月) 9:30〜17:00(最終入館 16:30)
駐車場40台

「山梨宝石博物館」公式サイト

【芸術の富士】ガラスにキャンドル。様々な体験ができる「河口湖クラフトパーク」

炎で炙って溶かしたガラスを丸く加工する「とんぼ玉」。ストラップやネックレスにちょうど良いガラス細工です。また、ガラスに砂を吹き付けて模様をつける「サンドブラスト」では、グラスなどに思い思いの絵や文字を刻みつけられ、小さい子どもたちにも楽しめるジェルキャンドルは、ガラスの器に色のついた砂や小さなオーナメントで飾りつけたキャンドル。他にもたくさんの製作体験ができるんのが、河口湖にある「河口湖クラフトパーク」です。予約は必要ですが、当日予約でもOKなので、ちょっと合いた時間ができた時にも楽しめるのが嬉しいですね。場所も、河口湖の北岸、いくつもの観光スポットが集中している場所でアクセスも便利ですよ! 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖河口3118
9:30〜17:00
駐車場60台

0555-20-4123

〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖河口3118

「河口湖体験工房」公式サイト

【芸術の富士】両親の子供時代?「河口湖ミューズ館・与 勇輝館」

布で作られた人形が、まるで昔の写真や映画で見た子どもたちのようの思えてくる不思議な空間「河口湖ミューズ館・与 勇輝館」。足元におもりも無いのに自立していること、そして人形とは思えない豊かな表情で「今にも動き出しそう」という表現のままにリアルでいながら動かないことが、むしろ不思議に思えてきます。そんな、人形たちに会いに行ってみては如何ですか?(公式サイトから割引券が入手できます!) 【基本情報】
山梨県南都留郡富士河口湖町小立923
9:00〜17:00(最終入館 16:30)
駐車場20台

「河口湖ミューズ館」公式サイト

まとめ

忍野八海にも特色があるように、富士五湖にもそれぞれの顔があります。しかも、その顔は季節や天候で表情が変わるのですから、いつ行っても、何度行っても飽きることがありません。そしてドライブや旅行の楽しみになるグルメスポットもたくさんありますから、「富士山を観に行く」と漠然と行っても充分に楽しめるのが富士五湖の魅力でしょう。

そんな富士五湖を楽しむ中で、今回紹介したスポットが、お楽しみのアクセントになれば嬉しいです!