ミニ四駆はベアリングにこだわれ!

もしかしてあなたのミニ四駆は標準のプラベアリングを使用していませんか? それはちょっといただけませんねぇ…。一度騙されたと思ってボールベアリングを使ってみてください。きっと驚くと思いますよ!

ミニ四駆とベアリング

ベアリングは甘く見てはいけない

ミニ四駆においてベアリングは切っても切れない関係です。軸受部分やローラー、ギアの中に入れたりと使い方はさまざまです。
ローラーやギアの中に入れるベアリングはセッティングパーツなので、状況に応じて使用しますが、ドライブシャフト部分に使用するボールベアリングは必須アイテムです。これはキット標準で付いてくるプラスチックのベアリングとは雲泥の差があります。それの違いを見ていきましょう。



プラベアリングとボールベアリングの差

実際に比べてみると一目瞭然

グレードアップ No.287 GP.287 ラジ四駆 六角穴ボールベアリング4個セット 15287
ラジ四駆の軸受け部分に使います。ボールベアリングの装着は性能アップの第1歩。
回転抵抗を減らしてパワーを無駄なく伝えるとともに、トップスピードを高め、走行時間も伸ばします。
外径6mm、厚さ2.5mm。 例えば標準のプラベアリングで作ったキットがあるとします。まず走らせない前提でスイッチを入れます。そうするとキーキーと音を立てながらタイヤが空転すると思います。しかしプラベアリングをボールベアリングに交換します。そして同じようにスイッチを入れると先ほどまでノイジーだったキーキー音が消えシャーっとスムーズな音に変わります。
さらにスイッチを切った後の空転時間も長くなるのがボールベアリングの特徴です。音を聞いてもその差は歴然ですが、同じようにプラベアリング仕様のミニ四駆とボールベアリング仕様のタイムを測定しても一回りタイムが速いのがボールベアリング仕様です。
回転ロスの軽減や電池の持ちが伸びるなど良いことばかりです。回転ロスが軽減されると加速や最高速の伸びが良くなります。
ミニ四駆をコースで楽しむのであれば必須アイテムなので、ミニ四駆キットと同時購入することをおすすめします。

ボールベアリングには丸穴と六角がある

グレードアップ No.111 GP.111 丸穴ボールベアリング4個セット 15111
軸穴直径2mm、外径6mmのボールベアリング。回転摩擦を低減し、スピードアップに。車軸にも使用可能。 ボールベアリングを購入する上で少し悩むと思いますが、六角と丸穴の二種類あることに気が付くと思います。これはいったいどういうことなのか? と疑問に思ってしまうところですが、六角はドライブシャフト、いわゆるホイールを差し込むシャフト部分に使用する専用のボールベアリングです。
そのほかに丸穴のベアリングも販売しています。これは前述で紹介した通りギア(カウンターギア)の中に入れて使用するベアリングです。

丸穴ボールベアリングと六角ボールベアリングどっちが良いの?

実は…

六角ボールベアリングはドライブシャフト軸受用に販売されていますが、実は丸穴ボールベアリングも利用できます。
実はこの話、長いミニ四駆の歴史の中で結論が出ています。
その結論と言うのは、ボールベアリングの役割はいかに回転ロスを軽減するかと言う目的です。それを考えると六角よりも丸穴の方が抵抗が少なく性能が良いと言うことが判明しています。
これは知っておいて損のない話かと思います。少しでもライバルにを付けるなら丸穴がおすすめです。



ボールベアリングにも性能がある

先ほども説明した通り、ボールベアリングには回転抵抗に差があります。それを知ったうえでボールベアリング選びをすればより一層速いマシンを組み上げることが可能です。
さらに大きさにより使用用途も違うので、それぞれ紹介します。

ドライブシャフトにおすすめ

620ベアリング 2個セット 94389
タミヤのミニ四駆競技会規則公認のベアリングローラー。 ドライブシャフト軸受にもっとも高性能なボールベアリングとなっています。値段は少し高くなっています。一つ注意したいのが、厚みがあるのでホイールが外れやすいといったリスクが生じます。
また、片軸モーターのカウンターギア内側に入れて使用することができます。

ミニ四駆PROのギア用ボールベアリング

グレードアップ No.347 GP.347 MSシャーシ用 ギヤベアリングセット 15347
メインシャーシにセットされたカウンターギヤ内のプラベアリングとギヤ用シャフトに換えて使用。ベアリングと高精度の専用シャフトに交換することで駆動ロスをさらに減らします。 ミニ四駆PROなどの両軸モーターのカウンターギアの内側に入れて使用するが可能なボールベアリングです。ギア内にボールベアリングを入れることによって回転ロスを軽減できます。

まとめ

いかがでしたか? これからミニ四駆を始めようと思っている人の中にはこんな小さなパーツがいかがな物かと重要視しない人も多いと思いますが、基本でありとても重要なアイテムとなっています。
ミニ四駆の大会上位者はみなさんこのボールベアリングを多用して性能を上げています。中にはボールベアリング内のボールの数を減らしてみたり、脱脂してみたり、潤滑に使用するオイルの種類を変えてみたりと切磋琢磨しています。それ程ミニ四駆の性能に直結するパーツなので、キット標準のプラベアリングとボールベアリングを交互に使ってその違いを体感してみてください。
まずで別物のように速さが変わるので驚くと思います。
最後までご覧いただきましてありがとうございました!