新車保証ってメーカーでそんなに違うもの?そんな疑問を10分で解決します!

新車を買うときにディーラーの担当営業から「保証」についての説明を受けると思います。この保証というのは必ず入った方がいいんでしょうか。そして角エーカーでそんなにも異なるものなのでしょうか。わかりやすく、そして10分でわかる解説始めます。

トヨタの保証はメーカーとディーラーの2種類。

出典: http://toyota.jp/after_service/support/
まずは、日本国内最大メーカーのトヨタ自動車からです。トヨタの保証には2種類あって、メーカー保証と「保証がつくしプラン」という別の保証があります。この2つについて簡潔にわかりやすく解説します。

【メーカー保証】他メーカーとほぼ変わらない保証内容です。

トヨタのメーカー保証は次のような決まりになっています。「トヨタの新車は3年間または6万kmの一般保証付き。さらにエンジンなどは5年間または10万kmの特別保証が適用されます。」この特別保証は、「エンジン機構」「動力伝達機構」「ステアリング機構」「前後アクスル機構」「電子制御」「ブレーキ機構」「乗員保護装置」といった車の根幹に関わるところについては一般保証よりも長く保証しますよ、ということになっています。

【保証がつくしプラン】一般保証が切れてから壊れるのが心配という人向け。

トヨタのお店で新車を購入した方は、わずかな費用でメーカー保証終了後も安心をプラスする「保証がつくしプラン」に加入ができます。上で紹介したとおり、一般保証と特別保証には期間や距離数に差があります。その差を埋めるための保証が「保証がつくしプラン」です。これに入っておくと、「5年または10万km」まで保証が延長され、特別保証外の故障にも対応できるようになります。せっかくの新車なのでこれは検討したいところですね。注意点としては、保証修理1回につき、新車販売価格(車両本体価格+オプション価格+消費税)が上限となりますので、あまり購入価格を上回る修理はないかと思いますが、超えてしまうと支払いが発生しますのでご注意ください。
また、納車時に装備・装着されていたトヨタ純正部品・用品が対象となりますので、納車後に装着・架装された部品・用品(市販のナビゲーション、ETC等)は対象となりません。ご注意ください。



ホンダもメーカーとオプション保証の2種類。

出典: http://www.honda.co.jp/afterservice/guarantee/
ホンダも、トヨタ同様に「メーカー保証」と「オプション保証」の2種類が設定されています。「オプション保証」は「ホンダの延長保証マモル」という名称です。では、これらについて詳しく見ていきましょう。

メーカー保証期間は同じでも、トヨタよりも項目数がコンパクトになっています。

ホンダはトヨタ同様メーカー保証期間は、一般保証なら「3年間または6万km」で、特別保証は「5年間または10万km」となっています。ただし、特別保証の対象カテゴリーは「ステアリング機構」「ステアリング・アクスル機構」「エンジン機構」「排ガス浄化機構」「動力伝達機構」「その他機構」となっており、トヨタよりもカテゴライズがコンパクトになっていることが特徴です。ほぼ同じ部品に対して保証が入るのですが、気になる方はあらかじめどの部品なら対象になるのかの確認をとっておくのも一つですね。

【ホンダの延長保証マモル】トヨタと同様の保証。

ホンダの延長保証マモルは、1回の故障で60万円まではカバーしてくれるというありがたいものです。しかも回数の制限がないので、保証期間内での故障はディーラーに持って行くことをオススメします。そして、トヨタ同様、一般保証は3年間または6万kmという決まりがあるので、これを5年間または10万kmまで延長できます。

日産も含めて大手3社は軒並み同じ保証内容。しかし日産はちょっと違う。

出典: http://www2.nissan.co.jp/SERVICE/SHAKEN/OSUSUME/GOODPLUS/
前述2社と同様に、一般保証は3年間または6万km、特別保証は5年間または10万kmとなっています。しかし、一般保証が他2社とはちょっとだけ違うところがあるのです。その一般保証や延長保証についてご紹介します。

一般保証は他2社では強く出さない”あの保証”が付いています。

一般保証は、3年間または5万kmとなっていて他社と変わらないのですが、日産の一般保証には「ボディの錆保証」がついています。これはどういうことかといいますと、ボディの外板表面のサビや、サビが原因でできた外板に貫通した穴があくサビも保証するというものです。ぶつけてしまってそれを補修しないでさびたというものはNGとなります。実はこの保証他社でもあるのですが、なぜかきちんと打ち出していないんですね。防錆塗装がされていないパーツだと錆びてしまうので、非常に助かる保証です。

【グッドプラス保証】車検は日産でやらないと解約になってしまいます。

このグッドプラス保証は他社のオプション保証サービスと内容は同じです。条件としては、日産の販売会社で初回車検を受けなかった場合、この保証は失効してしまいます。要するに安い車検センターなどで車検をしたらこの保証は使えなくなるということです。その場合は、解約・返金はできないとのことですので注意が必要ですね。しかし、メーカー保証終了までに解約を申し出ることで、一定条件を満たしていれば解約・返金が可能とのことです。なので、たとえば車検は安く済ませたいからディーラーじゃないところを通したい、という場合は一度保証を解約して返金をしてもらうと損がないといえるのではないでしょうか。
しかし、この場合は延長した2年間分の保証が一切なくなるので、どちらがよいかを考える必要がありますね。



まとめ

※イメージ画像 国内大手3社に絞って紹介しました。どこもほぼ横並びの保証です。考え方によっては保証が各社であまりにもばらつきがあるのは困りますよね。その点は非常に選びやすいといったところでしょうか。とにもかくにも、ちょっとお金を足してでもオプションの延長保証を選ぶことをオススメします。これだけで安心感がグンと上がりますよ。