【クロスバイクとロードバイク】

初心者必見

何が違うの?特徴とおすすめ機種まとめ

クロスバイクとロードバイクどっちにしよう? その前にクロスバイクとロードバイクって何が違うの? と思った事はありませんか。今回は違いから選び方まで紹介していきます。

クロスバイクとロードバイクの違い

まず最初に「クロスバイク」とは、最近出てきだした新しいジャンルの自転車です。ママチャリよりもスポーティーに乗ることができ、ロードバイクとマウンテンバイクをそれぞれ街乗り用にアレンジしたものといった感じです。ですのでクロスバイクのなかでもマウンテンバイク寄りのものやロードバイク寄りのものなど様々な種類があります。一方、「ロードバイク」は歴史も古く、舗装された道路をより早く、より遠く走ることを目的とした自転車です。一般的に言われる「クロスバイク」と「ロードバイク」の大まかな特徴、違いをまとめてみたいと思います。

【目的、用途】
クロスバイク→スポーティーな街乗り用自転車
ロードバイク→レースを意識し、より速く、遠くまで走る自転車
【速度】
クロスバイク→ママチャリよりもスピーディー
ロードバイク→脚力にもよりますが、40〜50kmものスピードがでる
【パーツ】
クロスバイク→カゴやスタンドなど標準装備されているものも多いので、街乗りメインには最適
ロードバイク→目的からも分かるようにカゴやスタンドなどの装備はほぼない
【ハンドル】
クロスバイク→フラットバーが主流で、メリットは低速での操作性に優れています。ドロップハンドルに比べると視界も広くなります。デメリットは長時間走行していると姿勢が同じままになるので疲れやすかったりもします。
ロードバイク→ドロップハンドルが主流で、メリットは握るポジションがたくさんあるので長時間走行でも疲れにくく高速走行に向いています。デメリットは低速時の取り回しがしにくく乗り馴れていない人は慣れるまで少し時間がかかります。
【ブレーキ】
クロスバイク→ Vブレーキが主流
ロードバイク→キャリパーブレーキが主流
【価格】
クロスバイク→相場は5〜10万円と比較的手頃な価格帯
ロードバイク→軽量化や高級素材を使用し、機能性を重視しているものも多く、数万円〜数十万円と幅広いが比較的高額
【走行距離】
クロスバイク→気軽な街乗りの短距離から30km未満の距離くらいのちょっとしたサイクリングくらいまでに向いています
ロードバイク→サイクリングメインで100km以上の本格的な走行も想定している方に向いています



クロスバイクとロードバイクどちらにするか決まったら

クロスバイクとロードバイクの大体の違いが分かったところで、どちらが欲しいのかは考えがまとまってきたのではないでしょうか。でもクロスバイクとロードバイクはそれぞれ各メーカーからたくさんの種類が発売されています。ではどうやって自分の1台を選べばいいのでしょうか。そこで選び方を紹介していきましょう。

クロスバイクの選び方

どんな道? どれくらいの距離? まずは自分の生活スタイルを考えてみましょう。サイクリングもしたい? 街乗りだけで十分? あなたにはどのタイプのクロスバイクがぴったりなのでしょうか。

【サイクリングメインで乗りたい】
サイクリングメインで乗りたい人向きのクロスバイクの特徴は、段差の少ない舗装路が得意でスピードは中速〜高速。車体は軽量でタイヤ幅は細めなので、長距離でも快適に乗る事ができますが、未舗装路はあまり得意ではありません。舗装された道メインで長距離走りたい方におすすめです。クロスバイクの中でもロードバイク寄りの特徴があります。

【市街地への通勤メインで乗りたい】
通勤向きクロスバイクの特徴は、舗装路全般が得意でスピードは中速。フロントサスペンションがあることにより、段差に強く、でこぼこが多い市街地を中心に走る方におすすめ。車体重量はロードバイクの中では中間で平均的。タイヤ幅は太め。マウンテンバイク寄りで安定性と走破性を兼ね備えています。

【信号が多い街での街乗りで乗りたい】
ストリート向きクロスバイクの特徴は、段差の少ない舗装路が得意でスピードは中速〜高速。信号が多い都会でのストップ&ゴーを快適に楽しめます。デザインは個性的なものが多く、デザイン重視の方にもおすすめ。1日の走行が10km程度の方には十分です。車体はやや軽量でタイヤ幅はやや細め。適度なスピード、安定性があり、上記の長距離向きロードバイクと通勤向きロードバイクの中間といったところです。

【ちょっとした買い物メインで乗りたい】
買い物向きクロスバイクの特徴は、舗装路全般が得意でスピードは低速〜中速。車体はやや重めでタイヤ幅は普通。泥よけやスタンドが標準装備されているものが多いので、スピードを出して走るというよりは、毎日の買い物や休日のちょっとしたサイクリング程度で使用される方におすすめです。ロードバイクの中ではシティサイクル寄りで、スピードよりも快適性に重点をおいて作られています。

ロードバイクの選び方

【予算で選ぶ】
ロードバイクは価格帯が幅広く、迷われる方も多いと思います。予算の違いは簡単に言えば素材やコンポネートの違いです。特にフレーム部分に関しては、ロードバイクの中でも重要な部分と言われていますし、買い替えが効かない部分ですのでこだわる方も多いパーツです。15万円くらいまではロードバイクの中では低価格帯で、フレーム素材はアルミやクロモリを使用している物が多いです。パーツグレードや重さは高いものと比べるとやや劣ってきますが、とりあえずロードバイクを始めたい方や、気軽に街乗りや通勤で使いたいという方には十分です。15万円から20万円位になってくると素材が軽量化されたりカーボンが使われているものがあったり中間の価格帯といえます。20万円から40万円位になってくると乗り心地や振動吸収性などにこだわったものなど各メーカーのこだわりがでてきます。それ以上の価格の物はまさに最高級品。本格的なレースなどを想定した作りになっていますので、用途を考えながら選ぶといいでしょう。

【素材やパーツ(コンポネート)ので選ぶ】
素材やパーツで価格が変わってくるのはお分かりいただけたと思いますが、果たしてどういう違いがでてくるのでしょうか。簡単な特徴をご紹介します。
スチール(クロモリ)→低価格で細いデザインを表現できるので、デザイン性に優れている。
アルミ→大量生産可能なので低価格で軽量。割れて壊れることも少ない。
カーボン→軽さ、振動吸収性に優れており、乗り心地もよい。長時間乗っていても疲れにくい。

主なシマノ製コンポネート(グレードが高い順)
デュラエース(11速)→アルテグラ(6800は11速/6770は10速)→105(10速)→ティアグラ(10速)→ソラ(9速)

主なカンパニョーロ製コンポネート(グレードが高い順)
RECORD(11速)→CHORUS(11速)→CENTAUR(11速)→VELOCE(10速)→XENON(9速)

用途別おすすめのクロスバイク

クロスバイクは上記の特徴でも記載した通り、ロードバイクとマウンテンバイクをそれぞれ街乗り用にアレンジしたものですので、舗装されていない道などでもガンガン走るマウンテンバイク寄り、スピード重視のロードバイク寄りと様々な種類があります。使用されているコンポネートもロードバイク用のものとマウンテンバイク用のものとに分かれます。そこで用途別におすすめ機種を紹介していきます。

サイクリングメインの長距離向き

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-BTN

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】クロモリ/クロモリ
【重量】10.65kg(460mmサイズ)
【メインコンポネート】SHlMANO SORA

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) クロスバイク BTN MATT NAVY 540mm

BIANCHI(ビアンキ)ROMA2

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【重量】10.9kg(54サイズ)
【メインコンポネート】SHlMANO SORA

ビアンキ(BIANCHI) CYCLE 2016 ROMA-2 (SORA 2x9s) クロスバイク マットチェレステ 43

市街地への通勤メイン向き

SPECIALIZED(スペシャライズド)SIRRUS SPORTS

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【メインコンポネート】SHlMANO ACERA

SPECIALIZED SPORT sirrus クロスバイク 黒 Y47 【自転車】【中古】【自社配送エリア送料無料】【防犯無料】【通販】【リサイクル】

TREK(トレック)7.4FX

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/カーボン
【重量】10.55kg
【メインコンポネート】SHlMANO ACERA+DEORE

クロスバイク クロスバイク トレック 7.4FX 2014 中古

信号が多い街での街乗りメインのストリート向き

GIOS(ジオス)MISTRAL

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/クロモリ
【重量】11kg
【メインコンポネート】SHlMANO ALTUS

GIOS(ジオス) MISTRAL(ミストラル) クロスバイク 2016モデル 430サイズ (ジオスブルー)

GIANT(ジャイアント)ESCAPE RX3

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【重量】10.3kg(465mm)
【メインコンポネート】SHlMANO ALTUS

R)Giant(ジャイアント) ESCAPE RX3(エスケープ RX3) クロスバイク 2016年 XSサイズ

ちょっとした買い物がメインの買い物向き

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-TR 1

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/サスペンション
【重量】13.34kg(420mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO ALTUS

ルイガノ(LOUIS GARNEAU) 16’LGS-TR1 アーバンバイク700C マットマロン 420mm 16LG-TR1-13

KONA(コナ)COCO

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【メインコンポネート】SHlMANO ALIVIO+ACERA

2016モデルKONA(コナ)COCO(ココ)ミキストクロスバイク【送料プランC】



価格別おすすめのロードバイク

【まずはお手頃価格で】15万円以下

SPECIALIZED(スペシャライズド)ALLEZ E5

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/カーボン
【メインコンポネート】SHlMANO CLARIS

Specialized Bicycle Components

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)LGS-CR 23

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【重量】10.54kg(460mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO CLARIS

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-CR23 2015年モデル ロードバイク シルバー/540mm 15LG-C23-08

GIANT(ジャイアント)DEFY 4

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/アルミ
【重量】9.9kg(465mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO CLARIS

K)Giant(ジャイアント) DEFY 4(デファイ 4) ロードバイク 2014年 -サイズ

【中間の価格帯】15万円〜25万円

GIANT(ジャイアント)TCR SLR1

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/カーボン
【重量】7.8kg(474mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO ULTEGRA

TREK(トレック)EMONDA ALR5

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/カーボン
【重量】8.4kg(560mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO 105

TREK EMONDA Alr 5 105 54サイズ アルミ ロード'

COLNAGO(コルナゴ)STRADA SL 105

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】アルミ/カーボン
【メインコンポネート】SHlMANO 105

【期間限定特価(3月31日10時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】 2016モデルSTRADA SL 105(ストラーダエスエル105)COLNAGO(コルナゴ)ロードバイク【送料プランC】

【各メーカーの最先端技術が詰まった】25万円〜40万円

SPECIALIZED(スペシャライズド)TARMAC SPORT

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】カーボン/カーボン
【メインコンポネート】SHlMANO 105

SPECIALIZED TARMAC SPORTS 2014年 54 黒 ターマック スポーツ ロードバイク`

MERIDA(メリダ)SCULTURA 6000

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】カーボン/カーボン
【重量】7.6kg(500mmモデル)
【メインコンポネート】SHlMANO ULTEGRA

【中古】C)メリダ (MERIDA) SCULTURA 4000 105 ロード

PINARELLO(ピナレロ)GAN

【価格】(税抜)
【素材(フレーム/フォーク)】カーボン/カーボン
【メインコンポネート】SHlMANO 105

まとめ

いかがでしたか。一言に自転車といってもいざ調べてみると種類がたくさんでどれを選べばいいのか困っている人も多いと思います。ぜひこの記事を参考に種類、価格、パーツの違いを知って、あなたにぴったりの1台を見つけてくださいね