【ホンダ次期フリード】発売時期は2016年9月?ステップワゴンのダウンサイジングターボ搭載?との噂!

ホンダの小型ミニバン「フリード」は1,500ccながら、3列シートを採用し大人気となっています。そんなフリードは2008年より生産を開始し、今年で8年目のモデルイヤーを迎えています。日本車としては異例の長寿車です。そんなフリードも、そろそろモデルチェンジを迎えるようで、次期新型車の情報が聞こえてきました。発売時期、採用エンジン、エクステリアデザインなどのうわさをまとめてみました。

ホンダ 次期フリードはどんなクルマになる?

キープコンセプトのモデルチェンジで、HVとガソリン車が設定されます。

現行型ホンダ フリードHYBRID 大人気の現行型ホンダ フリードは2008年より販売され、現在8年目のモデルイヤーを迎えた長寿車です。次期新型車の情報も聞こえてきましたので、現在うわさになっている情報をまとめてお伝えします。

まずはデザインです。現行型フリードが大人気で、モデル末期である2016年4月でもまだ値引きも渋いようです。このまま値引きを拡大せず、生産調整に入るものと思われます。そんな大人気車ですから次期型は当然のごとく、キープコンセプトのエクステリアデザインになる模様です。デザインの方向性は現行モデルの洗練で、さらに流麗な仕上げとし品質の向上を目指している模様です。

ジェイド搭載ハイブリッドを次期フリードにも採用?

出典: http://www.honda.co.jp/JADE/
ホンダ ジェイド HYBRID X ホンダ ジェイドに搭載されるハイブリッドシステムは、「SPORTS HYBRID i-DCD」です。1モーター2クラッチのパラレルタイプです。この「SPORTS HYBRID i-DCD」が、次期フリードにも搭載される見込みです。
ジェイドよりも小柄なフリードですから、同じエンジンでも燃費はジェイドよりも向上します。ジェイドの25km/L以上が見込まれます。

搭載エンジンはハイブリッドだけでなく、ガソリンエンジンも見込まれます。1,500cc直列4気筒DOHC VTECが搭載される見込みです。このエンジンはSPORTS HYBRID i-DCD仕様にも採用されているエンジンです。どちらを選べばいいか、悩みそうですね。

ステップワゴンのダウンサイジングターボの搭載は?

出典: http://www.honda.co.jp/STEPWGN/
現行型ホンダ ステップワゴン 現行型ステップワゴンに搭載されるダウンサイジングターボは、1,500ccエンジンにターボを装着しています。最大トルクを発揮する回転数が幅広く、日常用途全域が最大トルクという扱いやすいエンジンを搭載しています。
このダウンサイジングターボを次期フリードに搭載する予定はありません。またうわさの新開発1,000ccダウンサイジングターボも、搭載見送りとなった模様です。

次期フリードスパイクはどうなる?

現行型ホンダ フリード スパイク 残念ながら、次期フリードスパイクのモデルチェンジはありません。フリードスパイクは、現行モデルで消滅となります。ファンの方は、早めにご注文をされると良いでしょう。
では次期フリードではスパイクのようなエアロモデルは設定されないのか、というと設定はあるようです。ホンダミニバンのエアロモデル伝統の「スパーダ」が、フリードスパイクの穴を埋めるようです。



次期フリードのライバル車は?

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ HYBRID G(7人乗り)
外装色はエアーイエロー Bセグメントの3列シートミニバンと真っ向からライバル関係にあるのが、トヨタ シエンタです。現行モデルは2015年7月にモデルチェンジをおこなったばかりの新型車です。ハイブリッドシステムは1,500ccのアトキンソンサイクルの直噴エンジンを中心にしています。燃費は27.2km/Lです。次期フリードは、おそらくシエンタの燃費を抜いてくることでしょう。

トヨタ プリウス

現行型トヨタ プリウス クラスもコンセプトも違い、共通しているのはハイブリッド車であるという点だけですが、それでもトヨタ プリウスは有力なライバルです。現行モデルは2015年12月より日本でも販売を開始した新型車です。1,800ccでありながら、リッター40.8kmの低燃費は驚異です。価格もおそらく30万円も違わないと思われます。
ミニバンとハッチバックの違いはありますが、もし4名までの乗車が基本でしたら充分に比較検討するライバル車です。

スズキ 次期スイフト

今、インドの自動車業界が熱いのです! 安価で有名なタタ社はジャガーを買収しました。マヒンドラ&マヒンドラ社はイタリアのピニンファリーナを完全子会社化しました。年間に120万台が販売されるインド市場で、スズキは約40%のシェアを獲得し、スイフトは累計100万台を販売した大人気車です。2016年3月9日に日本でも発表されたバレーノは、インド工場で生産される輸入車で次期スイフトと浅からぬ関係のようです。 スズキ 次期スイフトもクラスが違います。フリードよりも小型です。ましてやハイブリッド車でもありません。次期スイフトには今のところ、ハイブリッド車のうわさはありません。しかし同時期にモデルチェンジを行う予定です。4名までの乗車を常とするのなら、使い勝手の点で比較検討を行うべきライバル車になります。

【まとめ】次期フリードの発売時期は2016年8~9月!

フリードスパイクも現行型で見納めの模様です。 1,500ccのガソリンエンジンとハイブリッドシステムを搭載してフルモデルチェンジを受けるホンダ 次期フリードです。キープコンセプトのモデルチェンジでエクステリア、シートアレンジ、使い勝手もさらに洗練されます。きっと現行モデルに負けないヒット作になることでしょう。

そんな大ヒットの予感をひしひしと感じる次期フリードの発売時期はというと、目下のところ8月のお盆明けから9月が有力視されています。当初はGW明けに発表の予定でしたが工場の生産能力の関係で10月に先送りされ、その後工場の稼働状態が改善され8月お盆明けに発表予定でした。そして最新情報では9月発表に向けて開発最終段階を迎えている、とのことです。

今後の開発状況と工場の稼働状態次第で、発表時期が流動的になりそうな次期フリード。発表のその日を楽しみに待ちましょう。