【レスサスNX最新情報】コンパクトSUVの決定版を大解剖!燃費、納期、モデルチェンジからハリアーとの比較まで情報満載!

2014年7月にレクサスがはじめて市場に投入したコンパクトSUVがレクサス NXです。2,000ccガソリン車と2,500ccハイブリッド車を設定し、サイズ的にも3代目トヨタ ハリアーと浅からぬ縁を感じますが、果たしてその真相は? また2016年4月14日より発生している熊本地震の影響で、全国のトヨタの製造工場が操業停止になっています。果たしてレクサス NXの生産にも影響があるのでしょうか?

目次

レクサスNXとは?

レクサス NX300h レクサス NXとは、レクサス初のコンパクトサイズのクロスオーバーSUVです。コンパクトサイズとはいえレクサス基準でのことで、国産車ならミドルクラスのサイズになります。

レクサス NXのグレード・車両価格・燃費

レクサス車のグレード体系はシンプルです。ファブリックシートが標準のベーシックグレード、本革か合成皮革のシートが標準のI package、F譲りの専用アイテムを装着したF SPORT、最高級本革シートと電動可動部品を多く備えたversion Lです。
レクサス NXではハイブリッドの300hとターボの200tでそれぞれのグレードが選択できます。また駆動方式は全グレードで2WD(FF)とAWDが選択できます。

ハイブリッド搭載のNX300h系

レクサス NX300h “F SPORT” AWD
外装色はブラック 搭載されるハイブリッドは、直列4気筒2AR-FXE型エンジンを中心としたシステムです。グレードごとの車両価格と燃費は以下の通りです。

●NX300h
 車両本体価格
 ◎2WD 4,920,000円
 ◎AWD 5,180,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 21.0km/L
 ◎AWD 19.8km/L

●NX300h I package
 車両本体価格
 ◎2WD 5,060,000円
 ◎AWD 5,320,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 21.0km/L
 ◎AWD 19.8km/L

●NX300h F SPORT
 車両本体価格
 ◎2WD 5,560,000円
 ◎AWD 5,820,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 19.8km/L
 ◎AWD 19.8km/L

●NX300h version L
 車両本体価格
 ◎2WD 5,560,000円
 ◎AWD 5,820,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 19.8km/L
 ◎AWD 19.8km/L

ダウンサイジングターボ搭載のNX200t系

レクサス NX200t F SPORTに装着されるメッシュのスピンドルグリルがただならぬ存在感を演出します。 搭載されるターボエンジンは、直列4気筒8AR-FTS型エンジンです。1,650rpmから最大トルクを発揮し、市街地で乗りやすい特性です。グレードごとの車両価格と燃費は以下の通りです。

●NX200t
 車両本体価格
 ◎2WD 4,280,000円
 ◎AWD 4,540,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 13.0km/L
 ◎AWD 12.4km/L

●NX200t I package
 車両本体価格
 ◎2WD 4,420,000円
 ◎AWD 4,680,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 13.0km/L
 ◎AWD 12.4km/L

●NX200t F SPORT
 車両本体価格
 ◎2WD 4,920,000円
 ◎AWD 5,180,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 13.0km/L
 ◎AWD 12.4km/L

●NX200t version L
 車両本体価格
 ◎2WD 4,920,000円
 ◎AWD 5,180,000円

 燃料消費率
 ◎2WD 13.0km/L
 ◎AWD 12.4km/L

車名の由来は?

レクサス NXの車名の由来とは? レクサス NXの「N」と「X」には、それぞれ意味が込められています。その意味とは、

N…nimble(素早い、爽快な、の意味)
X…Crossoverであることを示す

Xには交差する、という意味でも使用するのでcrossとかけてのネーミングです。これはレクサス RXと共通です。

レクサス NXの外装デザイン

レクサス NXの外装デザイン まずは目を引くのがレクサスブランドのアイコンアイテムとなった大型スピンドルグリルです。グリル内には横にクロムバーが設置されており、高級車であることを示しています。F SPORTではバーは設置されずメッシュになります。メッシュのスピンドルグリルがかなりスポーティーです。
ボディデザインは全体的にエッジの効いた直線と、緩やかなカーブを描く面の隆起があいまり、存在感と高級感のあるデザインとなっています。たとえレクサス車を見たことがない人でも、NXを一目見たら高級車だとすぐに気づくことでしょう。

レクサス NXの内装デザイン

レクサス NX300h version Lの内装 レクサス NXの内装はかなり高品質との評判です。内装トリム材はソフトパッドを多用し随所にステッチを入れ、高級感とクラフトマンシップを演出しています。
銀加飾のパーツはメッキや塗装ではなく、フィルムで銀を再現しているとのことです。経年劣化がなさそうでいいですね。
シート表皮はベースグレードにファブリック、I packageにL-tex(エルテックス)、F SPORTとversion Lに本革シートを採用しています。
レクサス NX300h F SPORTの運転席とインパネ回り 結構ボタン類が多いように思えますが、運転中に必要なものはステアリング回りに集めています。また車両制御装置などのスイッチやコントロールパネルはコンソールボックス直前に集中的に配置され、左ひじをコンソールボックスに置いて捜査することも可能です。
写真はF SPORTなので、銀加飾パーツが多く配置されスポーティーな雰囲気を醸し出しています。ナビゲーション画面下に設置されたアナログ時計が良い意味でクラシカルで上質な感じを演出し、レクサス NXの車内を一層、豪華で上品、高品質なものにしてくれます。

残念なのはパワーウインドウなどのスイッチです。多くはトヨタブランド車と共用でプラスチック製です。ソフトパッドを多用したレクサス NXの室内空間は、まるで夢の国♪ いざ窓を開けようとすると、普通のクルマと同じ部品。これでは興ざめです。百年の恋も一気に醒めます。この辺りのパーツもレクサスブランドで統一し、アルミ削り出しや本木削り出しなどになれば、さらに隙のないレクサスブランドとしてブレのない快適な空間になりますね。



熊本地震発生!レクサス NXの納期に影響は?

通常の納期より2週間遅れる見込みです(2016/4/23現在)

まずは熊本地震でお亡くなりになられた方々に、お悔やみ申し上げます。また被災した方々に、お見舞い申し上げます。

熊本地震で全国のトヨタの工場が止まる理由:日経ビジネスオンライン
熊本地震の影響により、九州のみならず愛知県や東北にあるトヨタ自動車グループの完成車工場がストップする。1カ所で同系統の部品を集中生産することの弊害が出た格好だ。

business.nikkeibp.co.jp池松 由香、島津 翔
2016年4月14日より連続的に発生している熊本地震の影響により、九州にあるトヨタのサプライヤーであるアイシン精機系列の2工場が被災しました。これらの工場ではトヨタ車向けエンジンやドア部品を製造しているため、全国のトヨタ自動車の工場が操業を停止する事態に追い込まれました。
また、レクサス NXの製造はトヨタ自動車九州株式会社の宮田工場(福岡県宮若市上有木1番地)で行われています。宮田工場に直接の被災はない模様ですが、部品供給の関係により、4月15日から同月28日まで操業を停止しています。

トヨタ自動車九州株式会社/新着情報
世界最高品質を追求したプレミアムカー・レクサスと地球環境にやさしいトヨタのハイブリッドカーを主に生産するトヨタ自動車九州の公式サイト。工場見学や陸上競技部など情報満載。 通常ならレクサス NXの納期は、2ヵ月程度です。しかし今回の熊本地震によりレクサス NXを製造する宮田工場が2週間の操業停止になっています。そのため、2016年4月23日の執筆時では納期まで2週間の遅れ、とされています。

以上を踏まえて、レクサス店にレクサス NXの納期について尋ねてみました。すると、回答は

「製造工場で2週間の遅れ、その後の陸送がどうなるかわからないので3ヵ月程度は見てほしい」

とのことでした。
ただしレクサスのQ&Aには、下記のように記されています。

Q.地震で納期に影響はあるか?
A.大変申し訳ございませんが、現時点では十分な部品供給体制が整っていないため、通常よりも納車までにお時間をいただくことになります。一日でも早くお届けできるよう努めておりますので、何卒、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

出典:

toyota.jp
熊本地震が群発地震であり今後も予断を許さないこと、サプライチェーン網の再構築、陸送の状況など、現段階では不明な点が多く今後の操業停止延長もあり得ます。
2016年4月現在、希望的観測で納期は3ヵ月程度。今後の地震活動の状態によりどうなるかわからない、というのが本当のところでしょう。

【徹底比較】トヨタ ハリアーとどこが違う?

レクサス NXは2,000ccガソリンターボと2,500ccハイブリッドを搭載するコンパクトSUVです。レクサス NXとよく似ているのがトヨタ ハリアーです。2,000ccでターボなしのガソリンエンジンを搭載し、ハイブリッドシステムは同じ2,400ccエンジンをコアユニットにしています。
想定顧客層、価格帯の違いがあるとはいえ、同じ会社が製造する同じクラスのよく似た自動車です。一体、どこが違うのでしょうか?

外装デザイン

フロントビュー

レクサス NX300h フロントビュー 出典: http://toyota.jp/harrier/grade/
トヨタ ハリアー フロントビュー レクサス NXはエッジの効いたラインが個性を主張し、ボディパネル面が隆起しています。ドア下部のキャラクターラインも躍動的です。全体のデザインとしてはいかにも野性的で獰猛、ワイルドでクール、それでいてレクサス車と一目でわかるフロントフェイスで、ボディ全体の印象もいかにも高価な感じがします。

一方ハリアーは滑らかな直線とプレーンなボディパネル面でデザインされており、シンプルです。ハリアー独自の個性は控えめで、市街地で走行してもいかにも普通のクルマという印象です。

サイドビュー

レクサス NX300h サイドビュー 出典: http://toyota.jp/harrier/style/
トヨタ ハリアー サイドビュー ともに水平基調のグラスエリアデザインです。レクサス NXは前後フェンダーの盛り上りからやや上方に抜けるラインがあります。ドアの下部にも車体後半にいくに従って隆起するラインがあります。これらのラインにより水平基調デザインのボディでも、ウェッジドシェイプデザインのように見えます。

一方トヨタ ハリアーは水平です。ボディパネルが演出するキャラクターラインはみな、水平です。段違い平行棒のように平行です。これはこれで、シンプルな美しさがあります。

それにしてもグラスエリアのデザインはそっくりですね。フロントウインドウ、リヤウインドウの傾斜も同じ角度です。

リアビュー

レクサス NX200t リアビュー トヨタ ハリアー リアビュー リアコンビネーションランプのデザイン、バックドアの意匠、バックドアの開口部がバンパー上からであるレクサス NXに対し、バンパーにまで開口部が切れ込んだトヨタ ハリアーとかなり違いが見られます。ただし、リアガラスとその周囲の処理は両車とも同じに見えます。

レクサス NXとトヨタ ハリアーの三面デザインを比較して見てきました。デザインテイストに違いが見られるのはブランドの差でしょう。しかし土台となるフォルムはかなり似ていますね。

車両寸法

レクサス NX300h AWD

全長 4,630mm
全幅 1,845mm
全高 1,645mm
ホイールベース 2,660mm
トレッド 1,580mm
最低地上高 170mm
最小回転半径 5.4m

トヨタ ハリアー GRAND(ハイブリッド車)

全長 4,720mm
全幅 1,835mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,660mm
トレッド 1,570mm
最低地上高 175mm
最小回転半径 5.4m 両車とも外寸は細かく違いますが、ホイールベースと最小回転半径が同じです。これによりレクサス NXとトヨタ ハリアーが同じプラットフォームを用いて製造されていることがわかります。

室内空間

レクサス NX300h AWD

全長 2,080mm
全幅 1,520mm
全高 1,180mm

トヨタ ハリアー GRAND(ハイブリッド車)

全長 1,965mm
全幅 1,480mm
全高 1,220mm 室内寸法も完全に一致はしませんが、インテリアや内装材により変わってくる部分もあるので、ほぼ同一スペックと見てよいかと思います。

エンジンスペック

レクサス NXとトヨタ ハリアーのハイブリッドシステムの中核、2AR-FXE型エンジン

レクサス NX300h AWD

レクサス NX300h

エンジン部

型式 2AR-FXE
種類 直列4気筒DOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
内径 90.0mm
行程 98.0mm
総排気量 2.493cc
圧縮比 12.5
最高出力 152ps/5,700rpm
最大トルク 21.0kgf・m/4,400~4,800rpm
燃料タンク容量 56L

フロントモーター部

型式 2JM
種類 交流同期電動機
最高出力 143ps
最大トルク 27.5kgf・m

リヤモーター部

型式 2FM
種類 交流同期電動機
最高出力 68ps
最大トルク 14.2kgf・m

システム合計

システム最高出力 197ps
燃料消費率 19.8km / L ※JC08モードによる国土交通省審査値

トヨタ ハリアー GRAND(ハイブリッド車)

トヨタ ハリアー GRAND(ハイブリッド車)
外装色はブラッキッシュアゲハガラスフレーク

エンジン部

型式 2AR-FXE
種類 直列4気筒DOHC
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
内径 90.0mm
行程 98.0mm
総排気量 2.493cc
圧縮比 12.5
最高出力 152ps/5,700rpm
最大トルク 21.0kgf・m/4,400~4,800rpm
燃料タンク容量 56L

フロントモーター部

型式 2JM
種類 交流同期電動機
最高出力 143ps
最大トルク 27.5kgf・m

リヤモーター部

型式 2FM
種類 交流同期電動機
最高出力 68ps
最大トルク 14.2kgf・m

システム合計

システム最高出力 197ps
燃料消費率 21.8km / L ※JC08モードによる国土交通省審査値 ハイブリッドシステムについては共通ですね。レクサス NXの燃費が2.0km/L悪化しているのは、車両重量が70kg重いからだと思われます。

メカニズム・その他

レクサス NX300h AWD

車両型式 DAA-AYZ15
駆動方式 E-Four
乗車定員 5名
車両重量 1,820kg 【走行メカニズム】
変速機 電気式無段変速機
ステアリング パワーアシスト付ラック&ピニオン
サスペンション(前) マクファーソンストラット (スタビライザー付)
サスペンション(後) ダブルウイッシュボーン (スタビライザー付)
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク
タイヤサイズ 225/65R17

トヨタ ハリアー GRAND(ハイブリッド車)

車両型式 DAA-AVU65W
駆動方式 E-Four
乗車定員 5名
車両重量 1,750kg 【走行メカニズム】
変速機 電気式無段変速機
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション(前) ストラット式コイルスプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング
ブレーキ(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ(後) ディスク
タイヤサイズ 225/65R17 基本的な走行メカニズムも同一です。フロントサスペンションのストラット式はマクファーソンストラット式の別呼称なので、同じものです。

結論!レクサス NXとトヨタ ハリアー、実は…

4代目トヨタ RAV4 レクサス NXとトヨタ ハリアー。ボディデザインではグリーンハウスや屋根のデザインがほぼ同一で、ホイールベースや最小半径が同じでした。室内寸法もほぼ同じ。基本走行メカニズムも同一です。この二車には何か特別な関係でもあるのでしょうか?

実は両車とも北米で販売されている4代目トヨタ RAV4とプラットフォームを共有する兄弟車なのです。とはいえレクサス NXでは共有している部品はわずかで、ほとんどは新規開発だそうです。これでレクサス NXとトヨタ ハリアーが似ている理由が判明しました。

2代目モデルまでトヨタ ハリアーのレクサス版はRXでした。しかし大きくなりすぎたボディと決別するためレクサス RXを独立させ、北米版RAV4のプラットフォームを使用しダウンサイジングしたのが3代目トヨタ ハリアーです。その3代目ハリアーをベースにしたのが、レクサス NX。結構ややこしい関係ですね。 無骨な外内装と特に悪路走破性に秀でていたSUVジャンルに、高級セダンの乗り心地と快適さを備えた「クロスオーバーSUV」として世界ではじめて市販されたのが、トヨタ・ハリアーです。ハリアーの成功を受け、世界中の多くのメーカーが同ジャンルに参入してきました。現行型にはハイブリッドも揃え、さらに燃費も向上しました。



レクサス NXの購入費用、ガソリン代はおいくら?

では実際、レクサス NXを購入するとしたら新車購入費用や毎月のガソリン代はいくらぐらいかかるのでしょうか? またダウンサイジングターボとハイブリッド、どちらを選択したらコスパが良いのでしょう? ちょっと検証してみましょう。

レクサス NXの車両購入費用は?

レクサス NXの購入には何枚必要? 対象グレードをどちらのエンジンもF SPORT、駆動方式を2WD(FF)とします。オプション品は一切装着せず、任意保険も考慮しません。

NX300h F SPORT

車両本体価格 5,560,000円

自動車税 11,500円
自動車取得税 0円
自動車重量税 0円
自賠責保険料 40,040円
販売諸費用 115,500円
リサイクル料金 13,040円
税金・諸費用小計 180,080円

合計 5,740,080円 支払いはレクサスオーナーズローン スタンダードプランでローンを組んだとします。条件は

●税金・諸費用分を頭金とする
●支払い回数は60回

すると、支払内容は以下のようになります。

●月々支払額(59回) 102,640円
●初回支払額(1回) 103,030円
●分割払手数料 598,790円
●分割支払金合計 6,158,790円
●支払総額 6,158,790円
●実質年率 4.1%

毎月10万円のローンはきついですね。

NX200t F SPORT

車両本体価格 4,920,000円

自動車税 39,500円
自動車取得税 98,400円
自動車重量税 22,500円
自賠責保険料 40,040円
販売諸費用 115,500円
リサイクル料金 12,750円
税金・諸費用小計 328,690円

合計 5,248,690円 こちらもレクサスオーナーズローン スタンダードプランでローンを組んだとします。条件は同じで、

●税金・諸費用分を頭金とする
●支払い回数は60回

すると、支払内容は以下のようになります。

●月々支払額(59回) 90,830円
●初回支払額(1回) 90,894円
●分割払手数料 529,864円
●分割支払金合計 5,449,864円
●支払総額 5,449,864円
●実質年率 4.1 %

ターボ車でも毎月9万円の支払いです。やはりお財布には厳しいですね。

レクサス NXのガソリン代は?

レクサス NXのガソリン代は? それでは月々のガソリン代を計算してみましょう。条件は、

●年間1万キロ走行
●レギュラーガソリンの価格を100円/Lとする
●ハイオクガソリンの価格を120円/Lとする
●所有期間はローンが終わるまでの5年間

です。維持費という点では初回車検を通すので整備費、消耗部品代、各税金、自賠責保険など費用がかかりますが、ここではガソリン代だけに注目してみます。

NX300h F SPORT

燃費 19.8km/L
1万キロの走行に必要なガソリン 505L
ガソリン代 50,500円
月々のガソリン代 4,208円

NX200t F SPORT

燃費 13.0km/L
1万キロの走行に必要なガソリン 769L
ガソリン代 92,280円
月々のガソリン代 7,690円 月々のガソリン代では、ハイブリッド車の圧勝です。月に3,482円の違いは大きいですね。

結論!毎月の支払額は?コスパがいいのはどっち?

レクサス NXの毎月のローンとガソリン代の支払額は?

毎月のローンとガソリン代の合計は? 以上の計算結果から、毎月のローン代とガソリン代の合計は

●NX300h F SPORT
 初回 107,238円
 2ヵ月目以降 106,848円

●NX200t F SPORT
 初回 98,584円
 2か月目以降 98,520円

となります。ハイブリッド車のガソリン代は毎月3,482円お得ですが、車両購入費で約49万円高価です。ローンを組んだ場合、毎月の自動車に関する支出を考えるとターボ車の出費は約8,000円少なく、ハイブリッド車が必ずしもお得とはかぎりません。
ではどういうユーザーにハイブリッド車がおすすめなのでしょうか? それは車両購入費をすべて一括で支払える方。ローンがなくなるので、ガソリン代は安い方がいいですよね。こういう方には、ハイブリッド車がおすすめです。

ガソリン車より何キロ走ったらハイブリッド車がお得?

ハイブリッド車がガソリン車よりお得になる走行距離は? 車両購入費用と毎月のガソリン代の合計で、コスパを考えた場合はどうでしょう? 車両購入費差額をガソリン代の差額で埋めるには、どれくらいの走行距離が必要なのでしょうか? 計算してみます。

●車両購入費用で49万円、ハイブリッド車が高価
●ガソリン代で1万キロあたり41,780円、ハイブリッド車がお得

そこで、
490,000 ÷ 41,780 = 11.72 ≒ 11.7

ガソリン代は1万キロあたりなので、
11.7 × 10,000 = 117,000

ハイブリッド車がターボ車の購入費用とガソリン代で同額になるには、ガソリン車よりも11万7,000キロ多く走行した場合と算出できます。それ以上に走るとハイブリッド車がお得になります。

ちなみに、所有期間を5年間に設定しているので
117,000 ÷ 5 = 23,400

ハイブリッド車がガソリン車よりもお得になるには、1年間でガソリン車より2万3,400キロ多く走行する必要があります。ガソリン車が1万キロ走行した場合、ハイブリッド車は33,400キロ走行する必要があるのです。週末のドライブなど長距離運転をされる方には、お得になるかもしれませんね。

結論! レクサス NXにコスパを求めるのならターボ車がお得。ハイブリッド車を購入する方は一括で車両費を支払うと、毎月のガソリン代の安さが実感できます。ハイブリッド車にコスパを求めるのなら、長距離ドライブを多く行いましょう。地球環境に優しいクリーンでエコなパワーユニットでのドライブを楽しみましょう。

レクサス NXの中古車情報

レクサス NXは中古車市場でも大人気! レクサス NXは2014年に販売開始されたばかりの新型車です。それでも中古車にも流通しています。2016年4月現在、最もお手頃な車両で428万円、年式は2014年製から。人気カラーは黒、白、シルバー。在庫車に多いグレードはF SPORTとversion Lです。中には社外アルミホイールを装着したり、サードパーティーのフルコンプリートカーもありました。趣味に合うようなら、新車をもちこんで架装するより時間も費用も掛からずお得になる場合があります。

初代レクサス NXの中古車検索結果
-初代レクサス NXの検索結果 | 中古車情報サイトGoo-net

レクサス NXの次のフルモデルチェンジはいつ?

レクサス NX、次のマイナーチェンジは?

レクサス NXの年次改良が行われる? レクサス NXは2014年7月に発表されたばかりの新型車です。2016年7月でようやく3年目のモデルイヤーに突入します。2015年6月にはカラーバリエーションの変更を中心とした小変更を、同年12月にはNX200t系でマイナーチェンジをおこなっています。レクサスはイヤーモデル制なので、2016年7月前後には何らかの小変更が行われるものとは予想されますが、大掛かりな変更ではないようです。

次期レクサス NXへのモデルチェンジはいつ?

レクサス初のコンパクトSUV、NXの次期型予想は難しい!? 現行型レクサス NXは2014年7月より販売開始しました。2016年4月現在、2年目のモデルイヤーを過ごしています。まだまだ次期型について語るのは時期尚早です。そもそも自動車業界ではまだ、次期レクサス NXのうわさは微塵も聞こえてきません。

とはいえ、次期型へのモデルチェンジがいつごろになるのかは気になるところです。しかしレクサス NXも、2代目モデルまでとは生い立ちを異にする兄弟車のハリアーも現行型モデルは今までの歴史を持たない新規車両です。そこでベースとなった北米仕様のRAV4のデータで予想してみます。
北米でのRAV4は初代が6年、2代目が5年、3代目は8年のモデルライフでした。現行型でレクサス NXのベースとなった4代目モデルは2013年1月より販売されています。歴代RAV4の平均モデルライフはおよそ6年4ヵ月です。となると次期RAV4の登場は2019年5月と予想できます。

もしレクサス NXにも次期型が存在し、コンポーネンツを次期RAV4と共有するのなら、モデルチェンジは現行型と同様1年遅れの2020年5月ごろとなるでしょう。現在市販されているトヨタ車の多くは、2020年東京オリンピックのころのモデルチェンジが予定されています。次期レクサス NXも例にもれず、東京オリンピックの開幕前になりそうです。

レクサス NXの口コミや評価は?

レクサス NXユーザーさんの基調なご意見です。 レクサス NXは新型車でありながら大人気の1台です。その理由はコンパクトなボディサイズ、経済性の高さ、独特のデザインにあるようです。しかし、毎日ご使用になられているユーザーさんには、こんなご不満を抱いている方もいらっしゃいます。

概ね満足していますが、一部不満も…
-レクサス NXの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー NX200tを所有されていらっしゃいますが、ガソリンがハイオクであることがご不満のようです。また筆者も挙げましたが、スイッチ類などトヨタブランドと部品を共有するのはいかがなものかと…

きびきびした走りで気にいりました
-レクサス NXの評価・評判 | Goo-net 口コミ情報クルマレビュー 車両本体にご不満は感じないようですが、商売の仕方にご不満が…高額車なのですから、パッケージオプションはなるべく少なくしてほしいですよね。欲しい装備だけ購入したい、とのご不満です。 毎日レクサス NXをお使いのユーザーさんたちの厳しい目では、レクサスブランドを名乗るには少し中途半端な感じがあるようです。手に触れる部分はすべてレクサス品質にしてほしい、というのは多くのユーザーさんの偽らざる本音でしょう。トヨタブランドよりも高級ブランドであるレクサス。次期NXにユーザーさんたちの厳しい評価を活かしてほしいですね。

【まとめ】現行型レクサス NXはハイブリッドがおすすめ!

レクサス NXのおすすめは、レギュラーガソリン仕様のハイブリッド! レクサス NXのまとめ、いかがでしたでしょうか。レクサスのRVというとLX、RX、NXです。LXはランドクルーザー、RXは従来のハリアーの発展型と素性がわかっていたものですが、新型車のNXはどういうポジションなのか、筆者にも不明でしたが、まさかサイズダウンした3代目ハリアーをベースにしているとは思いませんでした。
現在世界中で人気のクロスオーバーSUVは、もともと初代レクサス RX(日本名ハリアー)が元祖でした。長年レクサスブランドのSUVとして孤軍奮闘してきたRX。その弟分であるNXもまた、ベース車がハリアーというのもなにか面白い関係ですね。

さて、あなたならどのレクサス NXを選びますか? 筆者ならNX300h version Lです。使用燃料がレギュラーガソリンというのがうれしいポイントです。さらに本革好きなのでF SPORTと迷いますが、外装色でアンバークリスタルシャインを選べるのはF SPORT以外なので、version Lに決まりです。内装はガーネットの本革シート、オーナメントパネルはブラックの縞杢で、ちょい悪オヤジを演出します。これで若い彼女をGETできるといいなぁ(笑)