【トヨタ】「第27回トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル」を開催

トヨタ自動車株式会社の文化施設であるトヨタ博物館では、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月29日(日)、愛・地球博記念公園で開催すると発表しました

「第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を開催

トヨタ自動車株式会社の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第27回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月29日(日)、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催する。愛・地球博記念公園をメイン会場に、1986年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを展開する。 今回、近年のクラシックカー人気の高まりに応え、一般参加車両を100台から約150台へと増やす。当イベントとしては開始以来最多の台数となる。また、昨年拡大した大芝生広場をイベント会場として使用。当広場ではClassic Car Studio(CCS)の新コンテンツ「エンジンサウンドパフォーマンス」も実施する。
あわせて、同会場において「1920~30年代 飛躍的に発展した欧米車と緒についた日本車」と題した企画展示を実施する。1920~30年代は、欧米で技術が成熟し静粛性に優れた豪華な車が走る一方、日本でようやく自動車産業が興った時代。その時代を象徴するパッカード ツインシックス(1920・米)、ホルヒ 853(1937・独)、トヨダAA型乗用車レプリカ(1936・日)等、当館収蔵のクラシックカー5台を展示し、Classic Car Circuit(CCC)では走行披露もする。なお、トヨタ博物館では“世界と日本の自動車産業がどう絡み合い進化してきたか”をより分かりやすく伝えることを目的に、今年1月、本館2階常設展をリニューアルしており、今回の企画展示はこれに関連したもの。



開催概要

日時

5月29日(日)8:45~16:00(入場無料)、雨天決行(但し、天候等諸事情によりプログラムが変更となる場合があります)

会場

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

参加車両

一般参加車両約150台、当館収蔵車両11台等

内容

クラッシックカーパレード

・出発式(8:45~9:00)愛・地球博記念公園 北駐車場にて主催者挨拶等
・スタート(9:00~9:45)一般参加車両 約150台が順次スタート
・ゴール(9:50~11:00)

車両展示はじめ走行披露、記念撮影、同乗試乗会

・車両展示(11:00~15:30)
・Classic Car Circuit(CCC)クラシックカーが会場内を走行(11:50~、13:40~)
・Classic Car Studio(CCS)特設ブースから会場の様子を実況(11:35~14:40)
・記念撮影(9:30~16:00)乗車しての撮影が可能
・同乗試乗会(12:00~、13:00~、14:00~の各回30分)
*プログラム詳細は別紙参照

各種イベント

・交通安全ゾーン:交通安全について親子で楽しく学べるイベントを実施。
・マーケットゾーン(大芝生広場、三日月休憩所の2箇所):キッチンカーや長久手市内の飲食店などが出店。
・東日本大震災被災地支援コーナー:ココロハコブプロジェクトの一環として、特製ピンバッジとメモ帳を販売し、日本赤十字社を通じ収益を寄付。
・トヨタ博物館ミュージアムショップ:「ミニカー」や人気の「トヨタ博物館カレー」などを出張販売。
・リニモ新緑ウォーキング(スタート時間:9:30~11:30、ゴール時間:14:30まで):はなみずき通駅から長久手温泉ござらっせを経由し、愛・地球博記念公園にゴール。完歩された方先着2000名様に特製ピンバッジを進呈。
・当日、イベント会場で配布されるパンフレットと入館券(当日のみ)を本館受付にてご提示いただくと先着1000名様に粗品をプレゼント。

交通案内

会場周辺の渋滞が予想されるため、リニモ利用者への特典や無料巡回バス等、利用促進施策を実施。
・リニモ利用者への特典:リニモ「愛・地球博記念公園駅」で配布(9:30~15:00)する「乗車証明書」を、愛・地球博記念公園 大芝生広場のインフォメーションか、本館受付にご提示いただくと「トヨタ博物館当日無料ご招待券」をプレゼント。
・長久手市内無料巡回バス:長久手市内3箇所のバス停を9:00~17:00の間、15分間隔で運行。
*バス停・・・愛・地球博記念公園駅、長久手温泉ござらっせ、トヨタ博物館
※お車でお越しの方へ「パークアンドライド」
当館の南側に「臨時駐車場(400台・無料)」をご用意。最寄りの芸大通駅からリニモに乗り、愛・地球博記念公園駅まで(3分)。

後援・協賛等

・後援:愛知県、長久手市、愛知県教育委員会、長久手市教育委員会、長久手市観光交流協会
・協賛:公益財団法人愛知県都市整備協会、愛知高速交通株式会社、株式会社長久手温泉ござらっせ・あぐりん村
・協力:公益財団法人豊田市文化振興財団 豊田市ジュニアマーチングバンド、長久手市商工会

詳細

トヨタ博物館
トヨタ博物館の公式ホームページです。施設の紹介、企画展・イベント情報、展示、利用案内、トヨタ博物館だよりなどをご覧いただけます。

プログラム

クラシックカーパレード

【時間】
9:00~11:00
【内容】
・パレード車両当館収蔵のトヨペット クラウンRS21型(1960・日本)が先導車として走行し、1986年以前の日米欧の一般参加車両 約150台が走行。▽コース愛・地球博記念公園 北駐車場~トヨタ博物館~杁ヶ池(いりがいけ)交差点~はなみずき広場~長久手市役所~長久手温泉ござらっせ~愛・地球博記念公園 大芝生広場の約14km。
※パレード終了後、沿道「長久手温泉ござらっせ」でトヨタ博物館グッズなどの抽選会を実施(9:00~抽選券付きパンフレットを先着500名に配布)

車両展示

【時間】
11:00~15:30
【内容】
パレードから帰ってきた一般参加車両・トヨタ博物館車両を展示

Classic Car Circuit(CCC)

【時間】
(1)11:50~12:40
(2)13:40~14:30
【内容】
会場内のコースを周回。パッカード ツインシックスをはじめとする当館収蔵車5台は①②とも走行(下記参照)。一般参加車両はテーマごとに4グループに分かれ、(1)(2)合わせて約20台が走行。

Classic Car Studio(CCS)

【時間】
11:35~14:40
【内容】
CCCやオーナーインタビュー、エンジンサウンドパフォーマンス、会場の様子を実況。

記念撮影

フォード モデルT ツーリング(1914・アメリカ)

【時間】
9:30~16:00
【内容】
約20年間のT型フォードのモデルライフの中で、最も人気のあったボディタイプ。

シトロエン 11B(1953・フランス)

【時間】
9:30~16:00
【内容】
MEGA WEB出展 世界で初めて大量生産された前輪駆動車だったことから、トラクシオン・アヴァン(フランス語で前輪駆動の意)の愛称で親しまれた。

ナッシュ メトロポリタン(1954・アメリカ)

【時間】
9:30~16:00
【内容】
アメリカのナッシュ社が企画し、英国オースチンのコンポーネントを使って英国で生産されたアメリカ初のサブコンパクトカー。

同乗試乗会

ロールスロイス コーニッシュIII(1991・イギリス)

【時間】
(1)12:00~12:30
(2)13:00~13:30
(3)14:00~14:30
【内容】
コーニッシュは、南フランスの海岸道路の名前。バカンスをリゾートで過ごすために作られたような最高級パーソナルカー。同型のものは、1993年の皇太子殿下御成婚記念パレードでも使用された。

ジープニー(1991・フィリピン)

【時間】
(1)12:00~12:30
(2)13:00~13:30
(3)14:00~14:30
【内容】
フィリピンで庶民の足として活躍している乗合バス。米軍払い下げのジープを改造したのが始まり。各種の中古部品を利用して製作。人目を引く派手な装飾も特徴。

LTI TX1(ロンドンタクシー)(2001・イギリス)

【時間】
(1)12:00~12:30
(2)13:00~13:30
(3)14:00~14:30
【内容】
1958年以来、ロンドンタクシーとして40年近く親しまれたオースチンFXの後継として1997年に誕生。狭い所まで入り込むロンドンタクシーの伝統で、回転半径3.8m。

各種イベント

【時間】
9:30~16:00
【内容】
・交通安全ゾーン
・東日本大震災被災地支援コーナー
・マーケットゾーン等

クラシックカーパレード先導車

トヨペット クラウン RS21型

【特徴】
(1960・日本) 初代クラウンの改良型で、エンジン性能の向上ほか内外デザインも細部が変更され、ボディパネルの品質も向上した。オーバードライブ付き3速オートマを国産車で初採用。



CCC企画展示車:「1920~30年代 飛躍的に発展した欧米車と緒についた日本車」

パッカード ツインシックス(1920・アメリカ)

量産車として史上初のV型12気筒エンジンを搭載。アメリカの大統領や、ロシアの皇帝を始め世界中の王室や元首にも愛用されることになった、アメリカを代表する高級車。

キャデラック 452A(1931・アメリカ)

V型16気筒エンジン搭載車を世界に先がけてデビューさせ、速さと力と美しさを備えたアメリカNo.1の高級車の名声を不動のものとすることに成功。

トヨダAA型乗用車[レプリカ](1936・日本)

昭和11年に誕生したトヨタ最初の乗用車。当時最新の、デソートエアフローの流線型デザインや、シボレーの直列6気筒エンジンを参考に開発。

ロールスロイス ファンタムIII(1937・イギリス)

V型12気筒は長い時間をかけて蓄積した航空機エンジンの豊富な知識や経験を生かしたもの。前輪独立懸架を採用して、乗り心地と操縦性が大きく向上。

ホルヒ 853(1937・ドイツ)

今では例を見ない直列8気筒をドイツで初めて搭載。長いエンジンを収めたロングノーズによる威風堂々としたスタイルが特徴。 <雨天の場合は一部車両が展示されない場合があります> ※この記事はプレスリリースです