ミニ四駆はケースを使って楽々持ち運び!

なにかとちょっと小振りなミニ四駆。一般的に市販されているツールボックスなどでは少し大きく中でガチャガチャと暴れてしまいます。そこで今回はミニ四駆に最適なケースのご紹介です!

ミニ四駆を持ち運びたい!

家庭内でミニ四駆を楽しむにしても車体とパーツを同時に収納できたら便利ですよね。皆さんはどうされてますか? ミニ四駆のキットの箱に完成した車体を入れていますか? おそらくその方法は初歩的で間違ってはいませんが、これからミニ四駆の改造を本格的に行っていこうとするとどうしても容量不足になってしまいます。
さらに箱ごと持ち運ぶには少し抵抗もあると思います。そこで今回ご紹介するのはミニ四駆の収納に便利なケースをご紹介します。
ミニ四駆のサイズにピッタリな商品ばかりなのでお好みの物をお選びください。



パーツなどの小物ケース

モーターやギアなどの小物はまとめて収納しておきたいですね。特に磁石を使用しているモーターを金属部品と一緒に混ぜてしまうと引っ付いて取るのが面倒ですね。ワッシャーなどの薄い細かい部品やパーツの袋を留めているホッチキスの芯なんかが意外とミニ四駆のパーツと混ざっていることがあります。
これもモーターに引っ付くと煩わしいですね。年を取ったせいか見ずらいし取りずらいし…。そんなときは小分けにできるケースが必需品となります。100均の物でも良いのですが、やはりタミヤ製の商品の方がユーザーの気持ちを理解してくれている分使いやすいでよ!

モーターケース

グレードアップ No.208 GP.208 ミニ四モーターケース 15208
ピニオンを取り付けたモーター8個をきれいに並べて整理でき、使いたいものをすぐに選べます。※ダブルシャフトモーターには使えません。 モーターはやはり分けておきたいです。内部の磁石がネジやワッシャーを吸い寄せるので分けておかないといざ使うときに引っ付いた金属部品を外す作業が時間の無駄になってしまいます。
煩わしいったらありゃしないですね。タミヤのモーターケースならサイズ感も良い感じなので安心です。

パーツケース

グレードアップパーツシリーズ No.460 GP.460 ミニ四駆パーツケースセット 15460
ビスやナット、スペーサーなど小さな部品を整理して入れておくのに便利。1ブロックごとにフタが付いた8連ケース2個を、アウターケースに収納。ケースは中身が見える半透明タイプ。 小さいパーツが小分けできるし透明なのでどこに部品があるのかが一目瞭然ですね! 特にゴミやほこりを嫌うベアリングパーツなどは必ず小分けにして保管しておきたいところです。
改造が進むと細かい部品が増えてきますし、今どのパーツを持っているのかを把握しておかないと間違えて新品を購入することになるかもしれません。とりあえず一個は持っておきましょう。

ミニ四駆にピッタリなツールボックス

ツールボックス

爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP FIMA公式 ツールボックス
コレクターズツールボックスから「爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP」がラインナップ!!
『コレクターズツールボックス』の筐体は『コレクターズコンテナ』と同じ三甲製。 コンパクトなツールボックスは持っていると便利です。先の鋭利なドライバーやノギスなどまとめておけばマシンなどを傷付ける心配がなくなります。一般的にはなかなか見ないコンパクトサイズもミニ四駆専用品ならではですね!



ベーシックなレーサーズボックス

ミニ四駆とパーツを同時に持ち運ぶ

GP.354 ミニ四駆PRO レーサーズボックス 15354 (グレードアップパーツシリーズ No.354)
パーツをフル装備した3台のマシンが収められ、競技会への持ち運びに便利に使えます。
ふたを開けるとトレーが2段に広がり、細かいパーツや工具、電池などを整理して収納できます。 もっとも歴史の長いレーサーズボックス。これを持っている人も多いのではないでしょうか? 外に持ち運ぶならこれは必須です。ミニ四駆は三台収納できモーターやドライバー、電池など必要なものは全てこのサイズに収まります。
持ち運ばなくてもお家で保管するのにも便利ですなレーサーズボックスです。

本格派なミニ四駆レーサーにおすすめ!

レースの必需品:ポータブルピット

グレードアップパーツシリーズ No.424 GP.424 ミニ四駆 ポータブルピット 15424
ミニ四駆を4台入れて持ち運べる、2段構造のキャリングケース。上段と下段は分割可能。

ミニ四駆限定 ミニ四駆 ポータブルピット J-CUP 2015 95086
ミニ四駆を4台入れて持ち運べる2段構造の樹脂製キャリングケース、ポータブルピットの限定版。
本体はダークグレイ、ドアボックスやストッパーは鮮やかなレッド。
下段のケースにJAPAN CUP 2015のロゴを印刷。 ミニ四駆4台持ち運べ、必要なツールやパーツなどもたくさん収納できるポータブルピット。その場で修理や調整、改造など対応しなければいけないレースなどは備えておきたい部品や工具も多くなりがちです。かと言って大きなケースに入れてもガラガラとケース内で工具が暴れるのが難点ですが、これならミニ四駆のことを考えて作ってあるのでちょうどいいサイズです。
しかもケース本体の重量も軽いので、重くなる心配もありません。大きすぎず小さすぎず、ミニ四駆を楽しむにはちょうどいい大きさです。
値段もそれほど高くないので一つ持っていればかなり使えますよ!? 

まとめ

いかがでしたか? ミニ四駆をより一層楽しむためにはタミヤ製のケースを上手く活用してパーツや工具など使い分けましょう。煩わしい思いもせずに済むので気分も良いはずです。どれもお値段控えめなので簡単に入手できそうですね!
最後までご覧いただきましてありがとうございました!