【木更津港まつり花火大会2016年8月15日開催予定!】「木更津港まつり」のクライマックスを飾る花火を楽しむ11選!

千葉県の木更津市で、市内最大規模の「木更津港まつり」が、2016年も開催が決定しました。今回は、その祭りの最終日の花火大会の情報をまとめてみました。駐車場や穴場スポット、事前に把握しておくと便利な情報が満載です。ぜひ、参考にしてみて下さい。当日が、とっても楽しくなること間違いありません!

「木更津港まつり花火大会」の基本情報

こちらでは、2016年の「木更津港まつり花火大会」の基本情報をまとめてみました。下記には、詳細サイトをリンクしてあるので、参考にしてみて下さい。 日程:2016年8月15日
時間:19:15~20:30
会場:中の島公園
住所:千葉県木更津市中の島
花火打上数:約8,000発
アクセス方法:館山道「木更津南IC」から酷道127号・16号経由で約10分

詳細ページ



「木更津港まつり」とは?

昭和23年から「木更津港まつり」が開催されており、大変歴史のあるお祭りとなっています。市内最大の祭りということもあり、全国から毎年たくさんの観光客で賑わいを見せています。毎年8月14日、15日に開催されており、14日には「やっさいもっさい」踊りが開催され、たくさんの出店やご当地グルメ店などが軒を並べ、楽しませてくれます。そして、最終日の15日は、木更津港内港にて花火大会が開催され最高のクライマクスを迎えます。

「有料席」のチケットをゲットしよう!

イメージ画像 こちらの「木更津港まつり花火大会」では、前日からの場所取りはすべて撤去されてしまい、観覧場所を確保するなら、当日の早い時間帯となってしまいます。そんな手間を省くために、会場では「有料席」が設置されており、事前に購入することができるようになっています。料金は、イス席、シート席が共に1名2,000円となっており、場所の確保ができます。チケットは、下記のリンクを張っておきますので、事前にチェックしてみるのもいいですよね。

【木更津市経済部観光振興課の基本情報】

住所:千葉県木更津市富士見1-2-1木更津市役所駅前庁舎
電話:0438-23-8459

詳細ページ



「木更津港まつり花火大会」の見どころ

こちらの「木更津港まつり花火大会」の見どころは、クライマックスに打ち放たれる「特大級のスターマイン」と「尺玉花火」となっています。特大級のスターマインは、爆発音がすさまじく最後まで感動を与えてくれます。音と光のコラボレーションを放つ花火は、最高のクオリティーです! そもそも、こちらの花火大会は、木更津港の開発に力を尽くした人の霊を慰めるために開催されたことから始まったそうです。今では、毎年約11万の人が訪れる有名な花火大会の一つとなりました。一度見たら、忘れられない花火をぜひ堪能してみて下さい。

「駐車場」の確保はできる?

イメージ画像 当日の花火大会では、駐車場がなんと6,500台ほど確保されているようです。こちらでは、場所の情報をまとめてみました。他県から観光に来ている方など、お車でお越しの方には、とっても便利な情報ですよね。事前に場所を把握しておけば、道に迷ってタイムロスモ防げますし、イライラも解消できます。今回ご紹介する駐車場は、ほとんどが無料で駐車できるのもうれしいですよね。ぜひ、参考にしてみて下さい。

【駐車スポット1】「木更津市役所旧千葉県企業庁用地」

「木更津市役所旧千葉県企業庁用地」は、現在では使用していない場所なので、無料で430台も利用が可能となっています。こちらは、会場から大変近くとなっているので、早めに駐車場を確保しておくことをおすすめします。すぐに満車になってしまうので、ご注意下さい。また、交通規制が入ってしまう時間帯は特に気をつけていたほうがいいかもしれません。 住所:千葉県木更津市朝日3-10-19
駐車場:430台
料金:無料

マップ

【駐車スポット2】「久津間海岸の潮干狩り駐車場」

「久津間海岸の潮干狩り駐車場」では、会場からも近く、花火はとっても良く見えるスポットです。こちらは1,000台車が駐車できるので、多少の余裕があるかもしれませんが、花火の開始4時間前には、並んで置いたほうがいいかもしれません。人気がある場所なので、すぐに満車になる可能性もあります。 住所:千葉県木更津市久津間2265-3
駐車場:1,000台
料金:無料

マップ

【駐車スポット3】「江川海岸の潮干狩り駐車場」

「江川海岸の潮干狩り駐車場」も、人気の駐車場スポットなので、早めに駐車場を確保しておくといいですよね。こちらからも、花火がきれいに見えるので、穴場です。800台も駐車が可能となっているので、とっても便利ですよね。こちらも花火開始4時間前には、場所を確保しておくといいですよね。 住所:千葉県木更津市江川
駐車場:800台
料金:無料

マップ

「交通規制」を事前に把握しておこう!

イメージ画像 当日は、17:30~21:30の間、交通規制が入ります。こちらの「木更津港まつり」は、市内最大の祭りということもあり、たくさんの人で混雑が予想されます。なので、当日の2日間は、車での来場はなるべく避けておいたほうが無難かもしれません。または、予め駐車場の確保をしっかりして、徒歩で移動をすることが一番良い方法かもしれません。交通規制マップを、事前に把握しておくと、当日はスムーズに移動ができますよね。

交通規制マップ

「穴場スポット」のご紹介!

ここでは、穴場スポットをご紹介していきます。会場からちょっと離れた場所で、混雑を回避しながら花火を、楽しむことができるスポットばかりです。迫力の音と光のコラボレーションを、味わうことができるスポットのご紹介です。ぜひ、参考にしてみて下さい。

【穴場スポット1】「袖ヶ浦海浜公園」

「袖ヶ浦海浜公園」は、千葉県袖ケ浦市の埋立地にできた、とっても珍しい公園なんです。海の上に作られた公園なので、とっても解放感があり爽快な気分を味わうことができます。こちらから見る花火は、臨場感があり、スケールが大きく感動の連続です。潮の香りと一緒に花火を楽しめる最高の場所です。こちらでは227台の駐車スペースがあるので、車の心配もありませんよね。混雑も多少は否めませんが、公園で遊ぶこともできるので、早めの時間に訪れて場所を確保しておくのも、いいかもしれませんよね。 住所:千葉県木更津市江川
駐車場:227台
料金:無料

マップ

【穴場スポット2】「太田山公園」

木更津駅からは徒歩で約20分の場所にある「太田山公園」では、ちょっと高台から花火を楽しめると、人気の穴場スポットです。やはり、多少の混雑は人気なゆえに仕方ありませんが、会場よりは幾分かマシかもしれません。また、こちらの公園には「きみさらずタワー」があり、ちょっとした観光名所になっています。こちらから眺める夜景も人気です。夜景と花火のコラボレーションは、なんとも言えない感動を与えてくれます。こちらでも、少し早めに入場して、駐車場の確保は必須かもしれませんよね。 住所:千葉県木更津市太田2-16-2
駐車場:68台
料金:無料

マップ

「周辺のホテル」でリッチな気分で花火大会を!

イメージ画像 花火大会を満喫するためには、いろいろな手段がありましたよね。ここでは、花火大会の会場に近い人気野「木更津富士屋季眺」の基本情報などをまとめてみました。

木更津富士屋季眺

素敵なお食事がいただける「木更津富士屋季眺」では、花火大会を満喫するには最高の場所となっています。木更津名物の新鮮な「浅利」を堪能できる夕食は、最高のおもてなしとされて、人気を集めています。花火を観覧してから、ゆったりお食事を楽しむこともできます。また、お食事をとらないで素泊まりですと、もうちょっと割安になります。花火の跡には、天然温泉でゆったりとお風呂に入れるのも、最高の贅沢ですよね。ちょっとリッチに、花火大会を満喫されたい方には、こちらの宿をおすすめします。 住所:千葉県木更津市富士見3-7-35
駐車場:あり
料金:16,200円~19,440円(1泊2食)/1人

詳細ページ

「持っていくと便利なもの 」をご紹介!

イメージ画像 こちらの「木更津港まつり花火大会」では、真夏の夜に開催されます。その際に、持参しておくととっても役に立つアイテムをご紹介して行きます。まず初めに、マストなアイテムは「虫除けスプレー」ですよね。夜になると、活発になる傾向にある蚊に、イライラしながら花火を見るなんて、とっても気分が悪いですよね。そんな時に、とっても重宝します! また、他にも場所取りに「レジャーシート」モあると便利です。そして、トイレやお食事の際の除菌に便利な「除菌シート」も、役に立ちますよね。ぜひ、快適に花火大会を楽しめるよう持参してみて下さい。

「ルールとマナー」をしっかり守りましょう!

イメージ画像 花火大会を快適に過ごせるようにと、会場では、たくさんのボランティアの方が活躍されています。その内容は、主に「ごみ処理」や「歩行者の誘導」などのサポート作業を行っています。当日はたくさんの方が、会場に集まるので、その分野「ごみ」が出てしまうの仕方のないことかもしれませんよね。しかし、一部のマナーを持たない方が、ごみのポイ捨てをしたり、歩きたばこをして、周りに多大な迷惑行為をしていることを見受けるときがあるようです。最低限のルールとマナーを守って、花火大会を観覧するのは、とっても大切ですよね。

また、小さいお子さんがいるご家庭の方は、しっかりとお子さんの手をもって、移動をされることが、大切ですよね。迷子のお知らせは、実際に聞こえにくく、見つかる時間が急激に遅くなってしまうことがしばしばあるそうです。小さいお子さんのトラウマにならないように、しっかりと手をつなぐようにして、楽しい花火大会をお過ごし下さい。

「木更津港まつり花火大会」のまとめ

イメージ画像 いかがでしたでしょうか。今回の「木更津港まつり花火大会」では、当日の花火大会を快適に過ごすための情報を、まとめてみました。当日の駐車場問題や、交通規制の区域などを予め把握しておくことで、当日野移動はかなりスムーズに進むことが予想されます。また、穴場スポットで、混雑を回避して過ごすのもいいですよね。

歴史あるこちらの花火大会を、120%楽しむには、事前にリサーチをしてみるのもいいですよね。会場ではたくさんの屋台も出店しているので、ご当地グルメを楽しめるのも魅力ですよね。2016年の最新情報を、ぜひご活用になってみて下さい。そして、花火大会を十分に満喫して、最高の思い出になるといいですよね。