フェラーリ288GTO 走れなかった幻のホモロゲーションモデル

フェラーリ288GTOという車をご存知でしょうか。本名は“フェラーリGTO”ですが、50年代に存在したGTOと区別するため先代を250GTO、こちらを288GTOと呼び分けています。世界ラリー選手権グループBへの参戦を目論んで生産されましたが、グループBカテゴリが廃止されて出走の機会を失ってしまったのでした。

フェラーリ288GTOという車

1984年、ジュネーブ・ショーで発表されました。
当時のスモールモデルである308GTBによく似たデザインですが、大きく張り出したフェンダーとグリル内に配された4灯のフォグランプ(内2灯はパッシングランプ)が308とは明確に違うことをアピールしています。
ベースこそは308GTBですが、競技参加を前提として当時の競技車両規定“グループB”のホモロゲーションに沿って製作されています。
エンジン搭載方式も、横置きの308GTBに対して縦置き配置されています。軽量化のため一部外板パーツにはカーボン樹脂製のものが使われるなど大幅な改造を受け、ほとんどのパーツが専用設計で308との互換性はありません。生産台数はホモロゲーションモデルを満たすだけの272台。
ボディデザインは308GTBと同様ピニンファリーナ。
前後のフェンダーは大きく張り出し(なんと+190mm!)、リアフェンダーは250GTOを髣髴させるダックテール形状と縦型ルーバー(GTOシリーズ共通のデザインモチーフ)が3本入った特徴的な造型です。
フロントは308GTB同様、丸型2灯式のリトラクタブルヘッドランプが基本ですが、下部に角型のフォグランプとパッシングライト(ヘッドライト格納時に使用)とグリルを装着しています。
パワーユニットは、当時のグループCレーシングカーであるランチア・LC2用(フェラーリ製)の3,000ccV8DOHCツインターボを2,855ccまでスケールダウンしたもので、308用エンジンとは全くの別物です。これをマニエッティ・マレリのインジェクションシステムにより最大出力406PS/7,000rpm、最大トルク50.6kgf·m/3,800rpmまでスープアップしています。
車名の“288”は、排気量約2,800ccの8気筒エンジンに由来しています。



参加する気は無かった??

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/haseo_stile/40489645.html
ハセオ様のブログより 排気量2,855ccはグループBの4.0L以下のクラス(最低車重1,100㎏)に収まるように計算されたもの。
ターボ車は排気量を1.4倍に換算するという決まりから、ギリギリ収まるように逆算されています。
ただ、当時のグループB車輌の主流は、3.0L以下のクラス(最低車量960㎏)もしくは2.5L以下のクラス(最低車重890㎏)の4輪駆動車でした。後輪駆動のうえ彼らよりも重い288GTOには勝ち目がないのは明らかで、本気でWRCへの参加を考えてはいなかったのでしょう。
ちなみに同じ排気量のポルシェ・959は、ル・マン24時間レースのIMSA-GTXクラスに参加していました。

結果的に参加できず

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BB288GTOEvoluzione
FERRARI 288GTO Evoluzione 288GTOは競技用ベース車両として生まれました(そのためGT-Omologationを意味する“GTO”を250GTOより引き継いだのです)。
ボディは鋼管によるスペース・フレーム構造を採用しました。ホイールベースが11cm延長されており、308GTBと比較してより長く、オーバーフェンダーによりワイド化することで、強大なパワーに対応しました。ですが、1986年の事故によりグループBが廃止となり、ラリーのみならずいかなるレースにも参戦することはありませんでした。
のちにミケロットの手により“288GTO Evoluzione”が製作され、各地のサーキットで走行テストを繰り返しながらデータを蓄積し、エンジンやメカニズムに関するノウハウは後継車“F40”の開発に役立てられました。
F40の勝利によって、288GTOに課せられた“レースで優勝する”という目的が遠回りながら達成されることになりました。
ちなみに、288GTOの日本への正規輸入車は1台のみです。



乗ってみる?

出典: http://premium-rent.com/photograph/288gto/index.php
劇用・撮影用レンタカー 世界中に272台しかない288GTO。日本への正規輸入は1台のみとのことです。並行輸入車が何台輸入されたかは定かではありませんが、およそお目に掛かるようなことはないでしょう。
かくいうは私はスーパーカー世代の端くれですが、メカニック時代も含めて一度もお目に掛かったことはありません。
そんな中、現車のありかを発見しました。
高級車のレンタカーなんて商売があるんですね。しかも、そのなかに288GTOがあるなんて。
35万円/1日~だそうです。
どうしても乗ってみたい!と言う方、いががでしょう。

劇用・撮影 プレミアム レンタカー

最後に

いかがでしたか。フェラーリ288GTOという車について、少しご理解いただけたでしょうか。実戦投入はされませんでしたが、この車による研究があったからこそF40の成功があったのですから、生まれてきた意義はあったのでしょうね。
1970年代、日本は空前のスーパーカーブームで、あちこちで展示会がありました。近所のスーパーの駐車場でさえ行われていましたから、よくカメラを抱えて出かけたものです。
288GTOは一世代後の車ですが、その登場はバブルまっただ中の日本でも話題になりました。
一度はお目に掛かってみたいと思う車のひとつです。