フィアット600 弟分に立場を取られた不遇の子

フィアット600っていう車をご存知でしょうか。みなさんご存知フィアット500の兄貴分なのですが、なんだかかわいそうな境遇の持ち主なのです。“弟分の500はFFになって現代に復刻されてるのに~”という嘆きが聞こえてきそう…。そんなフィアット600の、涙無くしては語れないかわいそうな境遇と生涯を見てみましょう。

先代はフィアット500

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB500
初代フィアット500 トポリーノ これなに~?っていう声が聞こえてきそうですが、これが初代フィアット500なんですよ。みなさんがご存知のフィアット500は実は2代目なんです。
初代フィアット500は、1936年に発表された2人乗りの超小型車です。とても人気があったロングセラーモデルで、20年以上、1955年まで製造されました。
小型車ではありますが、当時としては高度なメカニズムを多数取り入れた革新的な車で、戦前・戦後を通じて大成功を収めたのです。総計約60万台が生産されました。
この初代フィアット500は、“トポリーノ”という愛称で呼ばれていました。イタリア語で“ハツカネズミ”の意味です。小柄なボディと小さなエンジンで機敏に走り回るさまと、丸みのあるボンネット脇のやや高めの位置に配置されたヘッドライトなど、愛嬌ある外観から名付けられたニックネームです。

フィアットとしては、1932年に発表した1,000cc級の小型車“508バリッラ“の販売が好調だったのですが、当時のフィアット総帥ジョヴァンニ・アニェッリは大衆向け自動車市場のさらなる開拓を目論んで、バリッラよりも小型の乗用車を市場に送り出す計画をたてました。
こうして生まれたのが初代フィアット500トポリーノです。この愛らしいスタイルと当時としては破格の低価格がうけて、爆発的に売れました。



フィアット600はトポリーノの後継車

出典: https://pl.wikipedia.org/wiki/Fiat_600
フィアット600 トポリーノの後継車として開発されたのは“セイチェント”(600の意味)でした。開発はトポリーノと同じくジアコーサです。セイチェントはトポリーノと同等の全長ですが、リアエンジン・リアドライブ方式の採用でスペース効率を大幅改善し、完全な4人乗り乗用車として設計されました。
ジアコーサは600の開発にあたり「4人乗り車の半分の費用で2人乗り車を作ることはできない(従って4人乗り車の方がユーザーの便益が大きい)」という考えから、4人乗りにこだわったようです。この実現のためにドライブシャフトを廃した駆動方式を探り、当時前輪駆動車実現には等速ジョイントの実用性が不十分だったことから、より現実的なリアエンジン方式を採用したのです。

セイチェントはトポリーノに劣らない人気車種となりましたが、フィアットはこの成功に満足しませんでした。1950年代当時のイタリアでは、航空機メーカーや鋼管メーカーが軍需を失った戦後の代替生産としてこぞってスクーター市場に進出していました。事実、自動車を買えない大衆の足として大きな成功を収めていました。フィアットはこれらスクーターに代わる乗り物として、600よりさらに安価な乗用車を投入しようと考えたのです。

ジアコーサは、頭では理解していたものの、さらなる小型車の開発にはあまり気乗りはしていなかったようです。セイチェントこそが自身最良の回答であり、それ以下の構成では走行性能における進化が見込めないと考えていたのでした。それでも度重なるフィアット側の説得に折れる形で設計に着手したのです。
このような背景から、皆さんがよくご存知の“フィアット500(チンクチェント)”が生まれました。チンクチェントは基本的にセイチェントを一回り縮小したモデルとして設計されています。セイチェントよりも窮屈ですが、4人乗りとして成立していまいした。2人乗りだったことで競合車種に顧客を取られてしまったトポリーノ時代の反省点と、スクーターとの大きな差別化を図るという点から4人乗りは必須として実現されたのです。
セイチェントは、チンクチェントにその座を奪われてしまうのでした。

そして活路は絶たれ

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB850
フィアット850 トポリーノの後継車という立ち位置で開発されたにも関わらず、その立場を弟分のチンクチェントに奪われてしまったセイチェント。発売から約10年後には、拡大版にして上級版という扱いのフィアット850に生まれ変わるのでした。

派生モデルたち

出典: http://oldvan.exblog.jp/13432228/
“ムルティプラ”と言います。600ベースの“多目的”という名前の車です。エンジンを水平配置にすることで荷室のフロアを低く抑えています。ドアの開き方がすごいでよね。

1998年に同名の車が発売されました。時代が違って“MPV(マルチパーパスビークル)”という扱いでしたが、まさに“多目的(ムルティプラ)”です。 出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB600
アバルト850TC “サソリの毒”に侵されたアバルトバージョンです。850まで排気量が拡大され、“TC=ツーリズモコンペティツォーネ”の名前から、とんでもなくハイチューンであることが理解できますよね。



最後にまとめ

いかがでしたか。フィアット600の不遇な生涯をご理解頂けたでしょうか。短命でしたが、商用車などのバリエーションが生まれ、アバルトなどのチューニングバージョンを生んだのもフィアットとしては初めてのことでした。
今になって見ると、単にレトロというだけではない“何か”を感じずにはいられません。