浜寺公園の花火、今年は6月19日【高石シーサイドフェスティバル】大阪でいちばん早い花火大会のすべて

「高石シーサイドフェスティバル」は浜寺公園で開催される大阪でいちばん早い花火大会! 今年もすでにカウントダウンが始まっていますよ。そこで今回は、イベントの詳細や駐車場情報などを徹底的にご紹介します。

高石シーサイドフェスティバルって?

7月末から8月にかけて開催されることが多い花火大会ですが、大阪でその先陣を切るのが「高石シーサイドフェスティバル」で打ち上がる花火! 毎年6月中旬に開催されることから“大阪でいちばん早い花火大会”として知られています。このイベントは府立漕艇センターで行われる「堺・泉北港ドラゴンボート大会」に合わせて行われるもので、フリーマーケットやストリートパフォーマンスなども開催され、ラストを飾る花火に至るまで高石市はお祭り騒ぎに包まれます。



高石シーサイドフェスティバルの日程や会場は?

「高石シーサイドフェスティバル」が開催日は毎年6月中旬。今年はすでに6月19日(日)に決定しています! 場所は大阪府民の憩いの場として知られる「浜寺公園」です。5,000本を超える松林のほか、バラ園や交通遊園などを有する75ヘクタールもの広大な敷地が特徴で、フェスティバル当日は公園内の各地で様々なイベントが行われます。花火が打ち上がるのは浜寺公園に隣接する「浜寺運河」の護岸で、公園内にいればどこからでも眺めることができます。

高石シーサイドフェスティバルの基本情報

開催日時:2016年6月19日(日)10:00〜21:00 ※花火の打ち上げは20:00〜
開催場所:大阪府高石市羽衣公園丁1(浜寺公園) ※花火の打ち上げは浜寺運河護岸(北側野球場付近)
料金:入場無料
打ち上げ花火数:1,000発
駐車場:あり

高石シーサイドフェスティバル 公式



会場へのアクセス方法は?

※この画像はイメージです 「高石シーサイドフェスティバル」の会場となる「浜寺公園」へは、阪神高速と都市高速堺を経ておよそ10分。大阪市内から高速を使えば30分足らずで到着できる距離です。周辺には第2阪和道や堺泉北道路なども走っているので、東西南北ドコから訪れてもアクセス抜群ですよ。

浜寺公園 公式はこちら

高石シーサイドフェスティバルの見どころ

見るだけで気分爽快♪ドラゴンボート大会もチェック

※この画像はイメージです 「高石シーサイドフェスティバル」の開催事由となっているのが「堺・泉北港ドラゴンボート大会」。浜寺公園に隣接する浜寺水路を会場に行われるボート大会で、縦に長いドラゴンボートが勢いよく進む様子は、見ているだけで爽快感アリ! 日常ではなかなか目にすることができないドラゴンボートによる熱い戦い、ぜひ一度のぞいてみてはいかが?

■基本情報
開催日時:2016年6月19日8:00〜16:30 ※荒天時は中止になります
開催場所:高石市高砂1丁目(大阪府立漕艇センター)
出場チーム数:およそ50チーム

ドラゴンボート大会 公式はこちら

花火の他にも気になるイベントがいっぱい♪

※この画像はイメージです イベント当日は花火のほかにも浜寺公園内でイベントが目白押しです。毎年好評なのが交通遊園前の広場で開催されるフリーマーケットで、朝早くから掘り出し物を求めてたくさんの人が訪れます。また、今年は南児童遊戯場の周辺で熊本地震の復興支援を目的とした熊本物産展も開催されます。

■主なイベント情報
ステージイベント(浜寺公園南児童遊戯場特設ステージ) 14:00~
フリーマーケット(浜寺公園交通遊園前広場) 10:00~15:00
熊本物産展(浜寺公園南児童遊戯場特設ステージ) 時間未定

花火大会の前にアウトレットモールでショッピングも♪

※この画像はイメージです 浜寺公園からは片道30〜40分圏内に「三井アウトレットパーク 大阪鶴見」と「りんくうプレミアムアウトレット」と2つのアウトレットモールがあります。花火が始まるまではたっぷり時間がありますので、浜寺公園で過ごすだけじゃなく、優雅にショッピングを楽しむのもいいですね。掘り出し物が見つかれば、夜の花火はさらに盛りあがるはず!?

三井アウトレットパーク 公式

プレミアム・アウトレット 公式

周辺の駐車場は?交通規制や渋滞はある?

※この画像はイメージです 「高石シーサイドフェスティバル」では交通規制は特に行われません。道路もそれほどは毎年それほど渋滞はしないようです。会場となる浜寺公園には500台超の収容が可能な駐車場がありますし、公共の交通機関からもアクセスしやすい立地なので、「車が停められない!」となることもまずなさそうです。万が一、公園の駐車場がすべて埋まってしまっても、周辺には複数のコインパーキングがあるので安心ですよ。

■浜寺公園 駐車場
駐車料金:当初1時間は420円、以降1時間毎に100円、6時間超〜24時間は1,030円
駐車台数:509台

周辺の駐車場MAPはこちら

花火を鑑賞できる穴場スポットはある?

広大な浜寺公園ですので、打ち上げ場所の真正面以外にも花火を観られるスポットはたくさんあります。ですが、当然ながら良いロケーションには人がいっぱい集まってきて、ゆったり観るのはむずかしくなることも。そんなとき思い出してほしいのが浜寺公園の南にある「大阪府立臨海スポーツセンター」。この施設も浜寺公園と同じく浜寺水路に面しているので、遮るもののない美しい花火が楽しめます。公園の南端から徒歩10分ほどなので、さっと歩いていけるのもいいですね。

大阪府立臨海スポーツセンター 公式

まとめ

※この画像はイメージです いかがでしたか? 「高石シーサイドフェスティバル」が開催される「浜寺公園」は、花火だけじゃなく、森林浴気分が味わえる遊歩道、四季折々の花々など自然の癒しもいっぱい。都心から近いとは思えない抜群の環境でひと足お先の花火を楽しんでみてはいかが?