北海道・黒松内にある道の駅「くろまつない」がまちがいない!

北海道の南、寿都郡(すっつぐん)にある黒松内という町をご存知ですか? ブナ北限の地として知られ、自然豊かな美しい風景が広がる町です。実はその黒松内にある道の駅「くろまつない」に、全国のグルメが殺到しているそうなんです。わざわざドライブしてでも訪れたい、道の駅「くろまつない」の魅力をご紹介します。行って間違いなし!

ブナ北限の町!自然豊かな黒松内町

アイヌ語に由来する町名“黒松内”

黒松内という地名は、アイヌ語の「クル・マツ・ナイ=和人の女がいる沢」が由来となっています。
江戸時代、出稼ぎに出た夫を追ってきた日本女性たちを乗せた船が遭難。本州へ帰らずそのまま住み着くようになったことから、アイヌ民族に名づけられたことがきっかけだと言い伝えられています。
町の面積のうち85%が自然のブナ林で占められていて、ブナの緑が印象的な町並みとなっています。

ブナ林や清流を楽しめる美しい町並み

黒松内といえば“ブナ北限の里”としてその名を知られる町。人口わずか3,000人ほどの小さな町には大きな観光スポットがあるわけではありませんが、市街地からおよそ2kmほどの距離に国の天然記念物にも指定されている「歌才ブナ林」があり、ブナの原生林を中心にした自然を生かした町づくりで有名です。また、冬には日本海からの風の影響を受けることから雪がたくさん積もり、道南で豪雪地帯とも言われています。雪をかぶったブナ林は幻想的でとても美しいですよ。

澄んだ空気で育まれる地場産の食材が美味!

北海道後志エリアでもいちばんの酪農王国と呼ばれる黒松内。人よりも牛が多いと呼ばれるほどで、乳牛や食用牛のほか、豚、じゃがいもやもち米などの生産にも力を入れています。ブナが生い茂る緑豊かな大地とさえぎるものがない青い空、そして朱太川の清流という恵まれた環境で育てられた牛や農作物は、どれもひと味違うおいしさとの評判ですよ♪

札幌と函館の中間だから旅の休憩にぴったり

北海道外の人だったら黒松内や寿都郡と聞いても場所がわかりにくいですよね。けれど、札幌と函館の中間ポイントと聞くとなんとなくイメージが湧くのではないでしょうか。黒松内は札幌から車で2時間半、函館からは2時間で到着できる距離。札幌からドライブで北海道の南西部をめぐるとなるとニセコや長万部といった有名な町ばかりに目が行きがちですが、同じ国道5号線上にある黒松内もドライブの休憩スポットとしておすすめの立地なんです。



唯一の道の駅「くろまつない」がおいしすぎると話題!

黒松内にある唯一の道の駅が「くろまつない」です。1999年のオープン当初から提供されるメニューのクオリティの高さから近隣で話題となっていましたが、今では「ここに行くために黒松内に行く!」というファンでいつも大混雑。その魅力はなんといっても、地場産の食材を使った鮮度バツグンのおいしいグルメたち。今回はその1つ1つについてご紹介していきいます。

売り切れゴメン! 味わい深いパンが人気

道の駅「くろまつない」でまず訪れたいのがパン工房です。地元、後志産の小麦、ミネラル成分たっぷりの湧き水として知られる“水彩の森”、放し飼いで育てられた鶏の産んだ有精卵など、黒松内の材料のみを使ったこだわりのパンを50~60種類も提供。保存料や着色料といった添加物は一切使われず、すべて手づくりで焼き上げられるパンは小麦の甘さを感じられると評判のおいしさです。
冬季をのぞく、土日祝やゴールデンウィーク、お盆休み期間中のみの販売。パンは焼きあがり後すぐに売切れてしまうことが多いので、午前中の訪問をおすすめします。

■主なパンの焼き上がり時間
9:00 食パン、クロワッサン、デニッシュ、ベーグル、カレーパン、ドーナツ
10:00 菓子パン(メロンパンなど)、やきそばパン、バターロールサンド
12:00 調理パン(コロッケパンなど)、クリームパン(クリームコロネなど)、フランスパン
14:00 菓子パン

パンの焼きあがるときには必ず行列が出来るらしい。かなりの種類・数のパンが並ぶのだが、あっという間になくなってしまうほどの人気だ。

出典:

8410.at.webry.info

グルメも驚く本格的なピザを堪能

パン工房と並ぶ人気を博しているのが焼きたてピザがいただける「ピザドゥ」。こちらもパンと同じく黒松内産の食材にこだわっていて、作りたての新鮮なモッツァレラチーズやソーセージが使われています。ピザのおいしさをさらに引き立てているのが生地! 全粒粉の小麦粉を天然酵母で発酵させた生地はもちもちの食感とどっしりした食べ応えが自慢。ピザはオーダー後、1枚1枚焼きあげてくれるのでいつでもできたてのおいしさを楽しめますよ。
ピザは常時12種類がスタンバイ。サイズはS、M、Lの3種類があり、いちばんお安い「マルゲリータ ドイツ風」はSサイズで850円となっています。

これが天然酵母熟成が織りなす旨さなのかと納得してしまうほどの、中はふっくら、外はカリカリのパン生地。 そしていつまでもしつこく残らないチーズの旨さや、新鮮なトマトやバジルの美味しさに舌鼓を打つ。

出典:

pucchi.net

景色もバツグンなレストランで自然派ランチを

パン工房のパンをはじめ、道の駅「くろまつない」で販売される食材を贅沢に使ったランチで人気なのが館内のレストラン。週末には58席ある座席はすべて埋まってしまうほどの人気で、良質な素材にだけに頼らないレベルの高いオリジナルメニューが好評です。
おすすめは2011年にスタートした北海道産小麦を使った生パスタ。生パスタならではのもちもちとした食感に濃厚なソースが絡んだパスタはどれも絶品。「めんたいこ」が580円とリーズナブルな価格設定もうれしいところ。

スーパーでは買えない味、自家製ベーコン&ウインナー

おみやげとしておすすめしたいのが地場産の良質な豚肉とこだわりの塩、スパイスを使ってじっくりと熟成されたベーコンやハム。脂のうまみや肉の味わいがひと味もふた味も違っていて、普段食べているソーセージとはまったく別物に感じるはずですよ。

■主な製品の価格(すべて税込価格)
粗挽きウインナー(125g)486円
スモーク生ベーコン(100gあたり)594円
ロースハム(100gあたり)648円

大人のお楽しみ、ワインだって地場産にこだわる!

※イメージ画像 果実栽培の盛んな北海道には、その土地のユニークなワインがたくさんありますよね。ここ黒松内にもワイン専用のぶどうで仕込んだ極上のワインが存在するんです。それが道の駅「くろまつない」で販売されている「ワイン樌のささやき」。フレッシュなぶどうを使用していることから口当たりがなめらかで飲みやすいと評判のワインで、辛口と中口に2タイプの味を楽しめます。

ワイン樌のささやき 赤ぶどう(熟成辛口)、白(熟成中口)
(720ml)各1,800円、(360ml)各1,000円

フレッシュだからおいしさが違うチーズ

乳牛がたくさん暮らす黒松内ですから、乳製品も忘れちゃいけません。道の駅「くろまつない」にもたくさんの乳製品が販売されています。中でも、フレッシュな味わいが魅力のチーズ類は、チーズが苦手という人でもぺろりといただける爽やかな味わいだと評判です。こちらのカマンベールチーズはJALの機内食として採用されたそうです!

■主な製品の価格(すべて税込価格)
クリームチーズ(160g)540円
カマンベールチーズ(120g)756円

パークゴルフでリフレッシュもおすすめ

道の駅「くろまつない」には、なんと18ホールにも及ぶ本格的なパークゴルフ場が隣接! パークゴルフとは言ってもそこは自然豊かな北海道。自然の地形を生かしたゴルフ場はゴルフの手ごたえを十分に感じられる充実したもの。雄大な景色の中で体を動かせば、ドライブの疲れも吹っ飛ぶはず。

■みどりの郷パークゴルフ場 情報
設備:18ホール パー66 距離802m ロング89m
住所:〒048-0134 北海道寿都郡黒松内町白井川8-10
TEL:0136-72-3160
料金:大人300円(1日)
用具レンタル:200円
営業時間:9:00~18:00 ※4月下旬〜10月31日まで営業

道の駅だけじゃない!黒松内のおすすめスポット

先ほど、道の駅「くろまつない」を目的に来る人が多いと書きましたが、黒松内にはぜひ立ち寄りたい魅力的なスポットがたくさんあります。そこで、道の駅のほかにもおすすめしたいスポットをご紹介しておきます。

黒松内の特産品が作られるトワ・ヴェール

道の駅「くろまつない」にある特産物展示販売施設トワ・ヴェールⅡ(ドゥー)。そちらで販売される加工品が作られているのがこちらです。加工センターのため、ガラス越しに製品が作られる過程を見学することもでき、作りたての製品を購入したりレストランで食べたりすることもできます。黒松内のベーコンやチーズにハマった人は、必ずこちらにも訪れるそうですよ。

■特産物 手づくり加工センター トワ・ヴェール
住所:〒048-0125  北海道寿都郡黒松内町字目名
TEL:0136-72-4416
営業期間:10:00~18:00(4~10月)、10:00~17:00(11~3月)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)
■アクセス&駐車場情報
黒松内市街地から約4km、無料駐車場あり

トワ・ヴェール公式はこちら

旅の疲れを癒すなら黒松内温泉ぶなの森へ

ヒノキ風呂から露天風呂、フィンランドサウナまで、バラエティに富んだ設備で地元の人にも大人気の日帰り温泉施設「ぶなの森」。アルカリ泉質の温泉は入るとすべすべ美肌になれると評判で、ブナ林の森林浴とともに楽しめば、心身ともに健康的になれちゃいます。1時間1000円で利用できる家族風呂もゆったりできると人気です。

■黒松内温泉ぶなの森
住所:〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内545番地
TEL:0136-72-4566
営業時間:11:00~21:00(11~3月)、11:00~21:30(4~10月)
利用料金:大人(中学生以上)500円、子ども250円
休館日:第1水曜(祝日の場合はその翌日)
■アクセス&駐車場情報
函館本線黒松内駅から車で約5分、無料駐車場あり

ぶなの森公式はこちら

一度は見ておきたいブナ林! 歌才ブナ自生北限地帯

黒松内といえばやっぱり北限、北緯42度にあるブナの自生林です。市街地からおよそ4kmほどにある歌才川沿いのブナ林はその面積なんと92ヘクタール! 樹齢200年を超える壮大なブナの木々のなか1.2kmの遊歩道を散歩すれば、マイナスイオンで体が癒されていくのを実感するはず。お散歩中には珍しい野鳥やキュートなえぞリスに出会えるかもしれません。

■歌才ブナ自生北限地帯
住所:〒048-0114 北海道寿都郡黒松内町字歌才
TEL:0136-72-4411(ブナセンター内)
営業時間:常時開放
■アクセス&駐車場情報
函館本線黒松内駅から車で東南へ約4km、無料駐車場あり

文化遺産オンラインHPはこちら

黒松内でお泊まりするなら歌才自然の家

通りすぎるだけだったり日帰り旅行に行くだけというイメージの黒松内ですが、こぼれんばかりの星空や朝焼けなど、宿泊だからこそのすばらしい思い出を作るのもいいですよね。キャンプ場が充実している黒松内ですが、レストランとしても知られる「歌才自然の家」でのお泊まりもおすすめです。黒松内産のもち米やソーセージ、ワインなどを堪能できる食事はもちろん、シンプルながらも快適な客室など、宿泊施設として文句ナシの充実っぷり。無線LAN環境も備えているので、翌日からの旅の計画もばっちり立てられますね。

■歌才自然の家
住所:〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内584
TEL:0136-72-3010
■アクセス&駐車場情報
函館本線黒松内駅から車で約5分、無料駐車場あり

歌才自然の家公式はこちら

自分でいろいろ体験するならブナセンターへ

黒松内が誇るブナ林についてのアレコレを集めたセンター。黒松内のブナについての歴史や知識を学べるほか、木工房、陶工房、食工房を備えていてブナを通じた様々な体験ができます。体験の内容は多岐にわたっていて、ブナの小道散策からMy箸作り、ブナの実の食べ比べなど、ここじゃないと楽しめない内容ばかり!

■黒松内町ブナセンター
住所:〒048-0101 北海道寿都郡黒松内町字黒松内512-1
TEL:0136-72-4411
営業期間:9:30~17:00
利用料金:大人210円、小人100円
休館:月・火曜
■アクセス&駐車場情報
県央自動車道黒松内JCTから約15分、無料駐車場あり

ブナセンター公式はこちら



道の駅「くろまつない」 アクセス情報

■道の駅「くろまつない」
 特産物展示販売施設トワ・ヴェールⅡ(ドゥー)
住所:北海道寿都郡黒松内町字白井川8番地10
TEL:0136-71-2222
営業時間:9:00〜18:00(4~10月)、9:00~17:00(11月~3月)
休館日:11月~3月のみ第2・4火曜(祝日のときはその翌日)
※ピザドゥの営業時間は10:00~で毎週火曜休
■アクセス&駐車場情報
函館本線黒松内駅から車で約5分、無料駐車場あり

周辺MAPはこちら

道の駅「くろまつない」公式はこちら

北海道ならではの自然を味わって

いかがでしたか? 北海道には数多くの有名な観光スポットがありますが、黒松内のように広く知られてはいなくても、知る人ぞ知る人気のエリアがたくさんあります。有名な観光地ではないからこそ、自然のおいしさをお手ごろに楽しめるのも黒松内の魅力のひとつ。そんな黒松内の魅力を一度で知ることができるのが道の駅「くろまつない」! 食材のおいしさや景色のすばらしさを堪能したら、きっと黒松内のリピーターになってしまいますよ。