北海道・根室観光!日本最東端の味覚を味わい尽くす旅

日本の本土最東端、羽田空港から飛行機とレンタカーで3時間半ほどで着く「根室(ねむろ)」の観光スポットをご紹介します。ちょっと休みができたら、北海道の根室で、豊かな自然景観や独特の文化が生み出したご当地グルメ観光を楽しみませんか?

目次

根室ってどんなところ?

北海道最東端に位置し、人口約2万9000人90万人を超える福岡市に次いで県第二の都市です。
細長い根室半島と歯舞群島からなり、森林や牧草地、そして海岸線に沿って切り立った断崖や砂浜が連続し、変化に富んだ地形です。夏は海霧が多くかかり、気温が低く、秋は四季の中で最も好天に恵まれ、冬はシベリア高気圧によって冷たい風に乗り「流氷」が漂着します。流氷は花咲ガニやサンマ、昆布など海の生き物に豊かな栄養をもたらし、水産物が豊富に水揚げされます。また、千島列島とつながる根室は「野鳥の宝庫」として、風蓮湖や納沙布岬などでは多くの野鳥を観察することができ、バーダーにも人気のスポットです。



根室へのアクセス方法

【中標津空港から】
レンタカーで81.1km 1時間25分

【釧路たんちょう空港から】
レンタカーで147km 2時間22分

道路を渡るシカに注意!

車で巡る根室観光で気をつけたいのが、道路にいたり、草むらから飛び出してくるエゾシカ。
渡るかと思えば立ち止まる、一頭だけ見えたので通り過ぎると思ったら、後ろに何頭も続いて出てきた、エゾシカを避けようと対向車線に…道路脇に…という事故が絶えません。
エゾシカは日没後や夜明け前後によく行動します。昼間動くものや夜に光る目を見つけたら速度を落とすようにしてくださいね。(そして道路際でのエゾシカ観察は、安全な場所で路肩に止めてハザードランプを!)

根室のオススメご当地グルメ

根室っ子のソウルフード「エスカロップ」を食す。

根室市内の飲食店では当たり前のようにメニューに載っている「エスカロップ」。地元での愛称は「エスカ」。タケノコのみじん切り入りのバターライスに、薄切りのトンカツを載せ、デミグラスソースをかけたもの。「漁師が早く食べられて、ある程度ボリュームのあるメニュー」として作られたと言われています。
エスカロップの語源はいろいろありますが、フランス語の「エスカロープ」 escalope (肉や魚の薄切り)というのが一般的。
エスカロップのバリエーションは、エビフライ版「エビエスカ」、トンカツとエビの両方が楽しめる「ミックスエスカ」があります。

ライターおすすめの「エスカロップが食べられるお店」

■食事と喫茶 ニューモンブラン
エスカロップ発祥の店「モンブラン」で勤務していたシェフが創業したお店(初代「モンブラン」は1965年閉店)。ステンレスのお皿がポイント。
住所:根室市光和町1丁目1番地
電話:0153-24-3301
営業時間: 9:00-21:00
定休日:不定休
駐車場:なし(根室駅の駐車場から徒歩2分)

■食事と喫茶 どりあん
「ニューモンブラン」から独立したシェフのお店。帰省時期にはエスカロップを懐かしむ人でごった返す。
住所:根室市常盤町2丁目9番地
電話:0153-24-3403
営業時間:8:00-21:00
定休日:不定休
※火曜日が祝祭日の場合営業
駐車場:なし(隣接の大型店駐車場から徒歩1分。お店の前は一方通行なので注意)

■食事と喫茶 薔薇
トンカツが2枚乗った「特エスカロップ」、エビフライの「エビエスカ」、両方食べられる「ミックスエスカ」がある。
住所:根室市弥生町2丁目9番地
電話:0153-24-4746
営業時間:10:00-21:00
定休日:月曜日

日本一の水揚げ量、花咲ガニ!

夏に水揚げされる花咲ガニは全国でも知る人ぞ知る、根室を代表する味覚。正確には「エビ目(十脚目)ヤドカリ下目タラバガニ科」という、タラバガニ同様、ヤドカリの仲間。漁獲量が少なく貴重な花咲ガニ。その濃厚な味、茹でたての身の食感はやみつきに。
ぜひ旬の時期に茹でたてをご賞味あれ!

ライターおすすめの「花咲ガニが食べられるお店」

■大八食堂
直営のお店。茹でたて花咲ガニ(漁期のみ)やカニの鉄砲汁、カニラーメン、カニカレーなど地元ならではのカニメニューが味わえます。
住所:根室市花咲港68番地
電話:0153-25-3266
営業時間:8:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:あり

かに屋めし屋 大八オフィシャルホームページ
北海道根室市花咲港で食べる花咲カニと大八食堂名物花咲かにラーメン

サンマもすごいんです!水揚げ日本一、競ってます。

根室の花咲港ではサンマの水揚げも盛んです。宮城県気仙沼市と毎年水揚げ量日本一を競っています。
根室のサンマは「トロさんま」と呼ばれ、マグロのトロのように脂が乗っており、焼くと脂が滴り落ちてきます。刺し身で食べられるのは鮮度が良い証。刺し身、寿司、そしてサンマ丼やご当地グルメ「根室さんまロール寿司」をどうぞ。

根室の新ご当地グルメ「根室さんまロール寿司」

この根室産のトロサンマを、同じく根室産の若くて柔らかい棹前昆布で巻いたのが「根室さんまロール寿司」。根室の新・ご当地グルメとして10のルールを作り、市内の飲食店で提供しています。

♦ 根室さんまロール寿司のルール ♦

名称は「根室さんまロール寿司」とする
根室産の棹前昆布で巻く昆布ロール寿司である
昆布は、甘酢(酢1、水1、砂糖1の割合)で味付けする
シャリは、北海道産「ななつぼし」を使用する
具材は、根室産のサンマ、北海道産の大葉とネギ、白ゴマを使用する
大きさは、縦3cm×横4cm×長さ18~20cmを目安とする
シャリの量は、100g程度とし、シャリと具材のバランスは1対1とする
醤油は、「はぼまい昆布しょうゆ」を使用する
価格は、1本840円(税込)、1カン105円(税込)とする
定食やランチなどで提供する場合、内容や料金は自由とする

出典:

www.nemuro.pref.hokkaido.lg.jp

ライターおすすめの「根室さんまロール寿司を食べられるお店」

■すし善
住所:根室市梅ヶ枝町2丁目6
電話:0153-22-3938
営業時間:12:00~13:30 / 16:00~22:30
定休日:日曜日(ランチ12:00~13:30)
駐車場:あり(2台)

■和ダイニングすしもと
住所:根室市緑町2-10
電話:0153-24-1148
営業時間:17:30~24:00
定休日:不定休
駐車場:なし

独自の食文化が息づく街、根室。

ライスの上にトンカツと野菜炒め、目玉焼きまたは生卵をトッピングした料理「スタミナライス」。
1963年に喫茶「香」(今の「ニューかおり」)が販売したのが始まりで、中から出てくるトンカツ、そして中華風の味付けがポイント。

■ニューかおり
住所:根室市松ヶ枝町2丁目7(根室商工会議所1F)
電話:0153-23-3939
営業時間:9:30 – 21:00
定休日:不定休
駐車場:あり (8台) エスカロップで紹介した「どりあん」のもうひとつの人気メニュー、「オリエンタルライス」は、カレーピラフの上に牛のサガリ(ハラミ)とデミグラスソースをかけたもの。エスカロップが食べたいけれど、オリエンタルライスも食べたい、でもどちらも食べきれない…おなかと心を悩ませる名物料理です。

地元名物のコンビニグルメ「やきとり弁当」

「”やきとり弁当”って、函館のハセストじゃないの?」 という北海道通のあなた。
実はやきとり弁当を販売している根室のご当地コンビニ「タイエー」は、函館の「ハセガワストア(ハセスト)」のチェーン店なのです。ハセストの味の秘訣は「はこだてわいん」、タイエーは「ねむろの夢」ワイン(以前は十勝ワインでした)。
北海道の焼鳥は「豚肉」が定番で、味付けはタレ、塩コショウ、塩ダレから選べます。
このやきとり弁当、食べやすいように容器に工夫がされています。容器の溝に串を揃え、蓋で押さえながら串を引き抜くと、串から肉がスムーズに外れます。お試しあれ。

■タイエー西浜店
住所:根室市西浜町3丁目10
電話:0153-29-2400
営業時間:24時間
定休日:無休
駐車場:あり (20台)

甘いものが欲しくなったら「ホームラン焼き」

根室っ子のおやつ、花咲港にある「ホームラン焼き 板橋」のホームラン焼き。
「ホームラン焼き」の看板が目印。ちょっと甘めの餡が、浜の仕事で空いたおなかを満たしてくれます。地元の人にはラーメンも人気です。

■ホームラン焼き 板橋  
住所:北海道根室市花咲港83
電話:0153-25-3852
定休日:日曜日
駐車場:なし(店舗前か花咲港へ駐車可)

お土産にはコレ!「オランダせんべい」

初めて食べたのに、なぜか懐かしい味がする「オランダせんべい」。
黒砂糖と小麦粉で添加物を一切使用しないこのお菓子は、子どもから大人まで、根室っ子の愛するお菓子。かつては4店が製造していたものの、現在は2店のみに。
少し柔らかいのが特徴。地元ではこの食感を「しない」といいます(噛みきれない・タコを噛むようなイメージだそうです)。
お土産店やスーパーでも売っていますが、工場で売っている「ミミ(切れ端)」が地元では隠れた人気です。

■端谷菓子店
住所:根室市千島町2-11
電話:0153-23-3375
定休日:日曜日
駐車場:なし(店の前に停車可)

オランダせんべい 端谷菓子店 公式ホームページ
北海道根室銘菓オランダせんべい端谷菓子店

Googleマップで場所をチェック!



根室のオススメ観光スポット

根室の玄関口にある観光牧場「明郷 伊藤

牧場」

根室市の入口に位置する明郷にある牧場。
酪農体験や牧場見学、家畜と触れ合うことができる散歩道があります。
酪農レストラン「酪農喫茶GrassyHill」では、この牧場で育った牛を使用した洋食メニューやパティシエのスイーツを楽しめます。
木村拓哉さん主演のテレビドラマ「南極大陸」ロケ地になりました。

■レストランATTOKO(明郷[あけさと]伊藤

牧場内)
住所:根室市明郷101
電話:0153-26-2288
営業時間:5~9月 9:00~18:00 / 10~4月 9:30~17:00 
定休日:毎月第1、第3水曜日(GWは営業)、年末年始
駐車場:あり(15台)

酪農喫茶 -Grassy Hill- 牧場でCoffeeはいかが?|伊藤

畜産

Googleマップで場所をチェック!

風蓮湖とオホーツク海をつなぐ砂州「春国岱(しゅんくにたい)」

春国岱(しゅんくにたい)は、1,500~3,000年の時をかけて汽水湖である風蓮湖とオホーツク海の間に堆積した砂州で、長さは約8km。その中には湿原や干潟など多様な環境がある根室を代表する自然の宝庫で、
風蓮湖と春国岱は2005年ラムサール条約に登録されています。
この風蓮湖と春国岱では、野鳥約330種が確認されており、バーダーにも人気のスポットです。

※天候により木道が通行できない場合があります。以下へお問い合わせ下さい。
■春国岱原生野鳥公園 ネイチャーセンター
根室市東梅103番地
電話:0153-25-3047
施設開館時間:4月~9月 9:00~17:00、10月~3月 9:00~16:30
休館日:水曜日 祝祭日の翌日 年末年始
駐車場:あり

根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

Googleマップで場所をチェック!

北太平洋シーサイドラインを疾走する。

■北海道三大秘岬「落石岬」 ■「浜松海岸パーキングエリア」から見える風力発電群 ■《国指定天然記念物》根室車石 北海道の太平洋沿い、十勝の広尾町から根室市の納沙布岬まで321kmにわたって続く「北太平洋シーサイドライン」。なかでも厚岸から根室までのルートが有名です。
太平洋の荒波に削られた断崖絶壁に囲まれた日本三大秘岬「落石岬」)や、「浜松海岸」では根室半島を吹き抜ける強い風の力を利用した風力発電の風車、国の天然記念物である放射状節理が発達した玄武岩「車石」、砂浜に残る旧日本軍のトーチカ群など、次々と変わる異国のような景色が見る人の目を奪い、その美しさは日本100名道にも選ばれるほど。
海岸線を走り、時には車を降りて歩いてみる。春から夏にかけては海から海霧が押し寄せて視界を遮ってしまうこともありますが、その海霧が気温を抑えてくれるので、心地よい海風を感じながら過ごすことができるでしょう。

日本の本土最東端を極める「納沙布岬」

根室の最も東にある納沙布岬は、日本一早い初日の出で有名なポイント。
最も早い夏至の頃の日の出は午前3時30分と、沖縄の那覇よりも2時間以上も早いのです。元旦には、日本一早い納沙布岬での初日の出を見ようと、毎年全国各地から沢山の観光客が訪れます。
「本土最東端」の碑の前で記念撮影を!
天気が良ければ、納沙布岬から3,7km先にある北方四島のうちで最も近い貝殻島灯台(1937年に日本が建設)が見られます。
納沙布岬にある望郷の岬公園には「四島(しま)のかけ橋」というモニュメントがあり、四島返還を願って「祈りの火」を灯し続けている。

極寒の納沙布岬で、シャーベット状の流氷「テシロップ」に包まれる

厳冬期にオホーツク海を南下してくる流氷は、納沙布岬を越え、時には太平洋まで至ります。また、川の流れのゆるやかな根室では、河口のあたりから氷が生まれます。その凍りかけてシャーベット状になった海面をアイヌ語で「テシロップ」と呼びます。冬の「しばれ」がきつくなり、テシロップが見られるようになると、ロシアのアムール川河口から徐々に寄せてくる流氷の足音を感じるのです。

Googleマップで場所をチェック!

日本最東端の駅「東根室駅」に立ち寄ってみる

日本最東端の鉄道駅、「東根室駅」。1961年に終着「根室駅」の一つ手前の住宅街にできたプラットホームだけの駅。鉄道ファンだけでなく、最東端を極めたい人にはオススメスポット。

■東根室駅
根室市光洋町2丁目15番地
※昭和36年9月1日営業開始

Googleマップで場所をチェック!

行き着くのは、日本最東端の有人駅「根室駅」

東根室駅ができるまでは日本最東端だった駅、根室駅。終着駅であり、始発駅。
駅前にはバスターミナルや観光案内所があり、根室の交通の軸となっています。 ■根室駅へのアクセス

住所:根室市光和町2丁目1番地 1
電話:0153-24-3208
営業時間:5:30~17:00
駐車場:あり
※大正10年8月5日営業開始

Googleマップで場所をチェック!

まとめ

いかがでしたか?
日本の本土最東端、根室では独自の食文化にあふれ、自然をより近くに感じる場所ばかり。
北海道は移動距離を見るとびっくりしてしまいますが、市街地以外はあまり渋滞がなく、制限速度通りに移動できます。そして道路は広く、運転しやすいのが北海道ドライブのいいところ。
北海道の自然に触れながら、根室の豊富な味覚を味わい尽くしてみませんか?