一度は行きたい!新潟の絶景スポット4選!

新潟県はお米、温泉…といったイメージが強いですが、それだけではありません! 今回は絶景を楽しめるスポットをご紹介します!

歴史ある日本庭園 〜松雲山荘(しょううんさんそう)〜

大正15年に造られた日本庭園「松雲山荘」。たくさんの樹木の間には灯篭、石碑、太鼓橋、池など情緒たっぷり♪ 紅葉の季節には庭園入口から園内へ続くもみじのトンネルがライトアップされるイベントも行っており、夜間に行くのもおすすめです。
園内には「木村茶道美術館」もあり、実際に展示している貴重な器でお茶を楽しむ事ができます。お茶といっても作法にこだわった堅苦しい感じはいっさいありませんので、日本庭園を眺めながらゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

住所:柏崎市緑町3番地1
電話番号:0257-21-2334(柏崎市観光交流課)
営業時間:9時~17時/松雲山荘ライトアップ17時~21時(ライトアップ期間要確認)
料金:
・松雲山荘:無料
・木村茶道美術館:展示室:400円/茶席:1,000円/両室:1,400円/屋外茶席:500円
アクセス:
・北陸自動車道「米山IC」より車で15分
・北陸自動車道「柏崎IC」より国道8号を上越方面へ車で約15分
駐車場:あり(普通車:約130台(一部有料))



全国からカメラマンが集う 〜星峠の棚田〜

「にほんの里100選」にも選ばれた松之山・松代地域で松代地域にある「星峠の棚田」。その美しさは全国的にも有名で、全国から多くのカメラマンが足を運びます。特に春先(雪消えから6月頃)には田んぼに水が入ることで見られる「水鏡」は絶景です! ただし、観光地ではなく、地元の方がお米を作っている農地ですので、マナーはしっかりと守ってくださいね。
季節や時間帯によりさまざまな顔を見せる星峠の棚田は何度行っても楽しむ事ができます

住所:新潟県十日町市峠
電話番号:025-597-3000(十日町市観光協会まつだい事務所)
営業時間:通年(積雪時は除雪をしないため車の進入不可)
アクセス:
・ほくほく線「まつだい駅」より車で約20分
・関越自動車道「六日町IC」より国道253号線を車で約1時間
・北陸自動車道より「上越IC」より国道253号線を車で約1時間
駐車場:要事前問合せ



地上125mからの景色は圧巻 〜Befcoばかうけ展望室〜

日本海側随一の高さを誇る地上約125mにある「Befcoばかうけ展望室」。新潟コンベンションセンターである朱鷺メッセの31階にあります。室内はほぼ全面ガラス張りで、夜に訪れると南側には信濃川に架かる万代橋のライトアップ、東側には新潟市繁華街、北側は佐渡汽船のフェリーターミナルの夜景。夕暮れ時に訪れると、日本海に沈む夕陽、佐渡島、五頭連峰などの景色を360度の大パノラマで楽しむ事ができます。

住所:新潟市中央区万代島6番地1
電話番号:025-240-1511
営業時間:
・通常:8時~22時(最終入場 21時30分)
・金曜日:8時~17時(最終入場 16時30分)
休業日:不定休
入場料:無料
アクセス:
・日本海東北自動車道「新潟亀田IC」より車で約20分
・新新バイパス「紫竹山IC」より車で約10分
駐車場:あり
・入場から最初の60分無料、以後30分までごとに100円 (入場からの24時間の上限料金:1,500円)
・佐渡航路利用者の1日当たりの上限料金:800円 (佐渡航路利用者は、乗船窓口で「適用カード」を受領してください。 )

新潟最大級の絶景スポット 〜弥彦山 山頂公園〜

弥彦山山頂公園は弥彦山九合目にある公園で新潟県最大級の絶景スポットです。弥彦山スカイラインや弥彦山ロープウェイで簡単に行くことができますが、登山もできますので身体を動かしてみるのもいいかもしれません◎ 車(弥彦山スカイライン)で行く場合は、駐車場から弥彦山ロープウエイ山頂駅まで石段をのぼって行き、さらに階段をのぼると展望広場にたどり着きます。
また、展望広場の隣にはレストランがあり、レストランの営業時間中であれば屋上展望台にもあがる事ができます。弥彦山ロープウエイを利用する場合は、山麓駅から山頂駅まで全長1000メートル、5分ほどでたどり着きます。ロープウエイからは越後平野が一望でき、春には桜、秋には紅葉も楽しむ事ができます。

住所:新潟県弥彦村弥彦山頂3606-5
電話番号:0256-94-3154(弥彦観光協会)
営業時間:夜間(23:00〜5:00)通行止め/冬期間は通行止(要問い合わせ)
アクセス:北陸自動車道「三条燕IC」より車で40分
駐車場:あり(普通車150台)

弥彦山ロープウェイ
住所:新潟県弥彦村弥彦2898
電話番号:0256-94-4141
営業時間:
・4月~11月:8時40分~17時30分
・冬期間 12月~3月上旬:9時~16時30分
料金:
・大人:往復1,400円/片道:750円
・子ども:往復700円/片道:380円
アクセス:北陸自動車道「三条燕IC」より車で25分
駐車場:あり(普通車2000台)

まとめ

いかがでしたか? 新潟県には田舎ならではの棚田から都会的な夜景まで、たくさんの絶景スポットがあります。ぜひ、この記事を参考にドライブを楽しんでくださいね