【トヨタデリボーイ】かわいいスタイルが人気!ミニバン界のアイドル♪燃費や中古車情報からカスタムまで!

トヨタから生産されていた「デリボーイ」は、現代では生産終了となっているため、とってもレアで価値のあるミニバンとなっています。もともとは商用車として生産されており「ウォークスルー」なスタイルが便利と評判でした。現在では、若者がおしゃれ感覚で乗っている傾向にあります。今回は、そのかわいい「デリボーイ」の魅力に迫ります!

トヨタ デリボーイってどんな車なの?

1989年に、すでに販売されていた「クイックデリバリー」の縮小版として販売された「デリボーイ」! 当時は、商用車として人気がありました。主に移動販売車として、クレープ屋さんや焼き鳥屋さんなどで活躍していました。また、エンジンは、1500ガソリン5K-IIと、2000ディーゼル2C-IIIの2タイプがありました。残念ながら1995年に製造中止となって以降は、ボディーのかわいらしさが評判となって、おしゃれな感覚で乗る人が増えていきました。新車で購入ができないの残念ですが、今回は、魅力いっぱいの「トヨタ デリボーイ」の情報をまとめてみました。



トヨタ デリボーイの燃費はどうなっている?

「デリボーイ」の燃費についてなのですが、その年代や状態でも変化は出てきますが、平均にして8km~12km/Lと、かなりの差がありますよね。旧式になってくると、どうしても燃費は悪くなる傾向にあるようです。また、荷持つを積んでいたり、オートマかマニュアルの違いでも変化は出てきます。基本的には、マニュアルのほうが、燃費は良いそうです。メンテナンスをしっかりして、古い年代の車を乗るのも、愛好家にとってのステイタスでもありますよね。

トヨタ デリボーイ502がコアなファンにモテモテ!

「デリボーイ」のグレードで、2人乗りと5人乗りがあり、内装の張りや座席で異なっていました。2人乗りが201と202、5人乗りに501と502と区別されていました。今回ご紹介したいのは、その中でも「デリボーイ502」は今でも根強い人気で、オークションでは取引が多いとされています。主に2人乗りがメインの「デリボーイ」ですが、人を載せることを考えて、布張りのシートにこだわっていたそうです。最低限の装備なのが、また年代を感じると人気を集めています。



トヨタ デリボーイをカスタムしてみよう!

最近では、サーファーの方や荷物が載せやすいという理由で「デリボーイ」をカスタムして乗っている方が、増えてきているようなんです。塗装や内装も、個性的でおしゃれな「デリボーイ」をカスタムするのも、愛好家の中ではステイタスのようです。また、塗装でかなりイメージが変わることもあるのも魅力です。レトロな雰囲気がたまらないと、需要も伸びてきているのも素敵ですよね。

詳細ページ

トヨタ デリボーイの中古車情報!

ここでは「デリボーイ」の中古車の情報をまとめてみました。2011年には販売終了をしてしまったので、それ以降は、中古車の需要が伸びました。今ではネットでの流通があるので、とっても便利です。状態や年式をしっかり把握して、実際に実物を試乗し、検討してみたいですよね。たくさんの中古車の情報から、ピックアップしてみました。ぜひ、参考にしてみて下さい。

デリボーイ ライトブルーツートン

こちらの中古車はオートマでエアコン、パワステ付の1993年式の「デリボーイ」です。69,7万円とお手頃ですよね。状態もよく、すぐにでも乗れます。しかし、すでに23万kmも走行しているので、遠出には向いていないかもしれません。ライトブルーがとってもおしゃれで、サーファーの方にも人気のカラーです。

詳細ページ

デリボーイ 502

1995年式で11万kmと状態はよく、ツートンなのもかわいい「デリボーイ502」です。お色もとってもレアなグリーンで純正です。しかし、車検がないので取得してから走行する条件が付いて79万円なので、ちょっと割高かもしれませんよね。内装もとってもきれいで、ちょっとした遠出も安心して走行できそうです。

詳細ページ

デリボーイに似たデリバリーバンの魅力とは!

「デリバリーバン」って、その名のとおり「デリバリー(配達)」するバンとして、なんと「ヤマト運輸」から依頼を受けて開発した車なんだそうです。販売当時は「ダイナ・クイックデリバリー」「トヨエース・クイックデリバリー」(積載量2t級)「ハイエース・クイックデリバリー」(積載量1t級)と、積載量などで区別されていました。

1982年に初代が誕生し「タミヤ」でプラモデルとして商品化されたほど人気だったそうです。1985年に2代目が誕生し、1999年に3代目が発売されました。また、マイナーチェンジをくり返し、2011年に販売終了となりました。最高の「デリバリーバン」を開発しようと日々進化をし続けてきただけに、今でも根強いファンが、オークション販売で狙っているのもわかりますよね。

トヨタ デリボーイのまとめ

出典: http://autos.goo.ne.jp/used/detail/700630037830160502001.html
今回の「トヨタ デリボーイ」の情報はいかがでしたでしょうか。初代の「デリボーイ」は、なんとおもちゃの「トミタ」でミニカーとして商品化されたほど、人気があったようです。また、移動販売車として当時は活躍しており、現代でもなお現役で働く「デリボーイ」を見かけますよね。多様面で需要があり、幅広い世代で人気を集めている「デリボーイ」! 今回を期に、ぜひ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。きっと、素敵な相棒になること間違いありませんよね。