甲府盆地の夜景はドライブしないと見られない名所ばかり!

「甲府盆地の夜景」は、2009年、読売新聞が平成百景の第13位に選ばれた、夜景の名所です。山梨といえば富士山! でもなく、武田信玄! でもない、美しい夜景を堪能してみましょう。

甲府周辺の山から見下ろす夜景

甲府盆地の特産品を運ぶ、フルーツラインから眺める

まず最初は、フルーツライン。でも、ここからの走りながら楽しむ夜景…もはや、助手席のあの人向けのプレゼントと割りきって、安全運転に徹してください。それでも、5kmの「農道」と呼ぶには立派すぎる道からは、ドライバーが意識しなくても甲府盆地の夜景を観ることができます。安心してください。
所在地:山梨県山梨市落合
営業時間:24時間
定休日:年中無休
料金:無料
駐車場:あり(無料)
アクセス:中央自動車道 一宮御坂ICから約10分

山梨市観光協会 紹介ページ

ガラス張りのドーム自体が夜景に見える「新日本三大夜景」

フルーツラインを抜け、突如として表れるガラス張りのドーム。それが笛吹川フルーツ公園です。圧倒的な外観の建物の前に甲府盆地の夜景が広がります。その圧巻は、新日本三大夜景に選定されたほど。車内鑑賞もできるのですが、ぜひ、明るく照らされた園内を散策してベストポジションをさがしてみてください。 所在地:山梨県山梨市江曽原1488番地
電話番号:0553-23-4101
営業時間:24時間(公園・駐車場のみ)
休園日:年中無休(公園・駐車場のみ)
料金:無料(公園・駐車場のみ)
駐車場:無料(24時間)
アクセス:中央自動車道 一宮御坂ICから約30分

公式サイト

ほったらされた快感。ほったらかし温泉からの夜景

さらに、笛吹川フルーツ公園を抜けて行くのが、今や秘湯ではなくなった「ほったらかし温泉」です。晴れた夜なら、湯船の向こうには甲府盆地の夜景、そして顔を上げれば星・星・星! 夢のような露天風呂です。そして、朝も素敵なことは書いてきましょう。運が良ければ甲府盆地が雲海の底に沈むんです。 所在地:山梨県山梨市矢坪1669-18
電話番号:0553-23-1526
営業時間:日の出1時間前~22時(最終受付21:30時)6月は朝4時オープン
定休日:年中無休
入浴料:大人 、小人(0歳~小学6年生) 
駐車場:あり(無料)
アクセス:中央自動車道 勝沼IC又は一宮御坂ICから約25分

公式サイト

名前のある、名前のない展望台

小さすぎて名前が付いていない。というより、名前のない展望台と看板がたっているので、そう名づけられたのでしょう。笛吹川フルーツ公園への道路沿いにある小さな展望台です。収容台数は…恐らく2台でギリギリ。空きスペースがあれば、夜景が幸運をもたらしてくれる。かもしれませんね。 所在地:山梨県山梨市江曽原1204
営業時間:24時間
定休日:年中無休
料金:無料
駐車場:あり(2台程度)
アクセス:中央自動車道 一宮御坂ICから約20分

MapFan Web

和田峠。狭い広場は、見晴らし広場

こちらも小さな展望台です。やはり…2台がやっとです。空いていれば、絶対にラッキーなはず。なぜなら、昼間でも空いている事がすくないのですから。ここからの夜景はフロントガラス越しに甲府盆地を一望です。 所在地:甲府市和田町
営業時間:24時間
休業日:年中無休
料金:無料
駐車場:あり(2台)
アクセス:中央自動車道甲府南ICから昇仙峡に向かって約30分

富士の国やまなし 観光ネット

標高1,100mからの夜景、太良ケ峠

甲府市・山梨市の2方向から登ることができる夜景スポットです。その標高1,100m。この高さの展望台はたくさんあっても、夜景を愛でるようなところは少ないと思うのです。そして、2方向からのアプローチですが、山梨市から進んでください。甲府市からでは…地元の人も敬遠する(?)ほど道が細くて怖いのです。夜のドライブですから、安全運転で参りましょう。
所在地:山梨県山梨市切差
駐車場:あり(2台程度)
営業時間:24時間
定休日:年中無休
料金:無料
アクセス:中央自動車道 甲府昭和ICから約45分



甲府市内から眺める夜景

甲府市の新庁舎からの夜景

こちらは屋内。市役所の最上階(10階)が、夜景展望に解放されています。日暮れ時の紅から紫へと空の色が変わる頃には南側のまどから神秘的な富士山を、そして富士山が見えなくなれば西の窓から市内の夜景を観ることができます。 所在地:甲府市丸の内1-18-1(本庁舎5階)
電話番号:055-237-5197 (甲府市役所契約管財室管財課庁舎係)
利用時間:8:30~21:30
定休日:12月31日〜1月3日
料金:無料
駐車場:あり(最初の一時間、無料)
アクセス:中央自動車道 甲府昭和ICから約15分

甲府市役所展望ロビー案内

秀吉ゆかりの舞鶴城

もとは「甲府城」とよばれたお城。これは武田信玄ではなく、豊臣秀吉の命で築城されたものですから、お間違いなく。この城址公園からは360度の夜景を満喫できます。 所在地:甲府市丸の内1丁目
電話番号:055-226-6550(甲府市観光協会)
開園時間:24時間
休業日:公園は常時解放、年中無休
料金:無料
駐車場:あり(無料)
アクセス:中央自動車道 甲府南ICから約20分

甲府市 甲府城紹介

懐中電灯必携、山梨県立科学館

愛宕山にある山梨県立科学館も夜景用の展望台があります。甲府盆地で一番整備された展望台かもしれません。その展望台からは碁盤のように整えられた街並みが一望できます。駐車場からは5〜6分の歩きになるため、懐中電灯かスマホアプリのライトが必要です。 所在地:山梨県甲府市愛宕町358-1
電話番号:055-254-8151(代)
料金:無料
駐車場利用可能時間:24時間解放(科学館開館時間は公式サイトを確認ください)
駐車場閉鎖日:年中無休(科学館休館日は公式サイトを確認ください)
駐車場:あり(無料)
アクセス:中央自動車道 甲府南ICから約40分

公式サイト

まとめ

新日本三大夜景、自動車2台しか停まれないスポット、温泉、市役所や城址公園などなど、多種多様な夜景スポットに恵まれた甲府盆地。ほとんどのところは、自動車でなければいけない場所です。夜景に見とれて事故を起こしたら台無しです。それだけに安全運転には気をつけたいものですね。安全運転すれば、あなただけの夜景スポットを見つけることができるかもしれません。楽しんでください!