オシャレは足元から!WORKのホイール!

オシャレは足元からという言葉がファッション業界にあるように、自動車のオシャレも足元からと言われています。WORKは移りゆくカスタムシーンに常に横並びで存在し、足元を彩ってきました。そんなWORKの歴史を紹介します。

WORK ホイールの魅力

車の魅力はホイールで決まる

スポーティ、エレガント、ゴージャス、ラグジュアリーと車は様々な雰囲気を感じさせてくれます。そんな雰囲気を作り出すのはホイールといっても過言ではないです。車の性格を決定的なものにする最重要アイテムです。ファッションにも「オシャレは足元から」という言葉があるように車にも同じ事が言えます。いかにドライバーが求めるホイールを提供する事ができるか、ファッション性と同時に耐久性の両者を兼ね備えたのがWORKです。

WORKといえば

深リム、2ピース、3ピースホイールと言えばWORKと連想する方も多いのではないでしょうか。現在、国内で着用されているカスタム系国産ホイールの多くがWORKです。WORKがここまで普及したのは、長年培ってきた歴史なしでは語れないです。2ピース、3ピースの組み付けホイール技術は発売当時からWORKが高い技術力の元で製造していましたし、その技術を生かし、時代の流れに合わせたデザインを変更し続けドライバーの心を鷲掴みにしてきています。スポコンが流行ればスポーティなデザインのホイールを製造し、ラグジュアリー系が流行ればWORKの技術をフル投入したラグジュアリー系ホイールを製造する。時代に柔軟な所もWORKの魅力です。

こだわるなら徹底的にこだわる!

ピアスボルトやリムカラー、オフセットなどホイールはこだわったらキリがないぐらいに細かな部品やセッティングを追い求めてしまいます。人とは違うものを履きたい、究極のセッティングを追求したい。このような願望をお持ちの方でもWORKなら心配無用です。WORKは細かなところまでオーダーメイドする事が可能です。人気のデザインのホイールに惚れてしまったけど人と被るし…と躊躇する必要がありません。とことんオーダーメイドして細かな所まで個性を出してアピールするホイールを履く事が可能です。また、オフセットで悩んでいる方も多いと思います。フェンダーを爪折加工して車高調でローダウンして、ここまですれば後はホイールでツライチを狙いたいですよね。そこで問題となるのがオフセットです。甘すぎると内側に入り込んでしまうし、攻めすぎるとはみ出してしまったり。WORKならこちらも心配無用です。莫大なデータでフェンダーとのベストマッチングを実現してくれますし、オフセットオーダーができるので究極に攻め込んだセッティングのホイールを履く事ができます!

日本だけにとどまらない世界のWORK

日本国内での知名度、着用率の高さは勿論のことですが、技術力の高さや、デザインの美しさ、細部まで設定が可能という事でWORKホイールは海外でも絶大な人気を誇っています。最近のカスタムで主流なのが、スタンス系と呼ばれるジャンルです。フェンダーを加工してローダウンして、どれだけ太いホイールをはみ出す事なく綺麗に収められるかを重要視しているスタンス系カスタム。このカスタムでホイールのオフセットをオーダーできるのはかなりの強みとなっています。WORKホイールはカラーオーダーも細かく、多彩なバリュエーションから選択する事ができますのでこの事も個性発揮を重視しているスタンス系カスタムでは選ばれる理由の一つです。実際に、海外のスタンス系サイトや雑誌などを見ているとWORKホイールの着用率に驚きます。強者はフェンダーとリムの隙間がトランプ1枚分なんて車両もありましたが、これもカスタムオーダーでしたら可能なんです。



WORKホイールのラインナップ

伝統のデザイン EQUIPシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=21&Item_id=94
EQUIPといえば、伝統の5スポークとリムの深さです。スポーティーかつハイクオリティを実現しているこのホイールは、WORKの持つ哲学の最高峰モデルといっても過言ではないです。どことなくクラシカルなデザインのEQUIPは旧車やスポコン仕様の車に多く選ばれている傾向があります。大口径にしてタイヤを引っ張って着用して…という感じではなく、1インチアップがインチは変更せずにタイヤのサイドウォールとのバランスを楽しむ方が多いです。カスタム業界でも着用率は非常に高く、JDM系のオーナーに多くセレクトされていますが、サイズラインナップは非常に豊富ですので、大口径サイズをセレクトしタイヤを引っ張り着用している方も多いです。また、こちらのEQUIPもリバースリムか段リムかのオーダーやディスクや各ボルトのカラーオーダーも可能で細部までこだわれる事も大きな魅力です。

EQUIP E05 [エクイップ イーゼロファイブ]|株式会社ワーク WORK|
WORK躍進の時。 すなわちEQUIP誕生のとき・・・ スポーツへの原点回帰 WORK創世記を支えてきた伝説を 20年という月日を経て再び・・・ LEGENDARY EQUIP EQUIPの詳細はこちらから!

ストリートで絶大な人気を誇る GNOSISシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=20&Item_id=91
スポーティーかつエレガントなその堂々としたデザインには格式の高さすら感じてしまいます。GNOSISシリーズはポリッシュシルバーが非常に人気ですし、ラメフレークの含有量などカラーリングに対してもWORKが力を入れて開発したという背景があります。多彩なオフセットとPCDも魅力で輸入車にも多く装着されています。国産高級セダンや、ミニバンなどに多く装着されている傾向があります。ラグジュアリーのカスタムを好む方からの支持率も高く、しっかりと個性を出す事ができ、ステップリムを採用しているモデルもあるので、しっかりとリム幅が取る事ができ、大きなディスクを装着する事ができる攻めれるホイールとして認知されています。

GNOSIS[グノーシス]|株式会社ワーク WORK|
  GNOSISの詳細はこちら!

ラグジュアリーを追求したSCHWERTシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=18&Item_id=126
ホイールでどこまで車を主張できるのか、車の品格を更なる確かなものへとグレードアップさせるホイールとして開発されたのがSCHWERTシリーズです。ラグジュアリーなデザインを基調としながらも、個性を発揮させる事のできるデザインも兼ね備えています。美しいスポークデザインと伝統の2ピース構造が品格のあるホイールとして認知されています。国産高級ミニバンの着用率が非常に高く、SCHWERTに合わせた車選びをしてしまう方もいるほどです。大口径ホイールを着用してラグジュアリーカスタムを楽しみたい方にオススメのホイールです。

SCHWERT SC6 [シュヴァート エスシーシックス]|株式会社ワーク WORK|
  SCHWERTシリーズの詳細はこちら!

マニアからの支持高きスタンス系ホイールSEEKERシリーズ!

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=38&Item_id=158
WORKが開発した唯一のスタンス系ホイールSEEKERシリーズ。もともとEQUIPなどがスタンス系ではセレクトされていましたが、スタンス系のみを視野に入れて開発されたのがSEEKERシリーズです。このシリーズの誕生により、スタンス系ユーザーはホイールの選択肢が大幅に広がりました。
SEEKERはサイズ展開は非常に少なく、最大で18インチまでしかラインナップしていません。完全にスタンス系のみがターゲットになっている証拠です。引っ張りタイヤではなく、ムチムチ系のタイヤサイズを装着させホイールのリム、斜めに入っていくタイヤショルダー、ギリギリのラインで収まるフェンダーライン。このバランスを追求し、堪能するのにぴったりなホイールです。

SEEKER CX [シーカー シーエックス]|株式会社ワーク WORK|
Seek for Stance スタンスの探求者  SEEKERシリーズの詳細はこちら!

新進気鋭のZEASTシリーズ!

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/brand_index2.php?Brand_id=41
今年ラインナップに入ったのがこのZEASTシリーズ。逆反りコンケイブ型のディスクが特徴的な5スポーク、6スポークが用意されているこのホイール。どことなく攻撃的なデザインですが品格があり、リムからスポークの造形美に酔いしれてしまうホイールです。FRスポーツカーにベストマッチングするようですが、ユーロ系のカスタムカーにも多く装着されています。昔から5スポークホイールなどは根強い人気がありますが、ここ最近WORKはスポークホイールを開発していませんでした。ZEASTの投入はWORKにとって原点回帰なのです。

ZEAST[ジースト]|株式会社ワーク WORK|
長く伸びた美麗な肢体を持つ プレミアムな6スポークデザイン。 硬質なシルエットを擁する3Dコンケイブが 一際輝く存在感を構築する。 ? 感性を刺激する至高のカタチ ?  ZEASTシリーズの詳細はこちら!

ラグジュアリーの完成系 LSシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/products/wheel_detail.php?id=ITEM&Brand_id=30&Item_id=139
Luxuries styles略してLS。LSシリーズはWORKが長年追い求めてきたラグジュアリー系ホイールの完成系として今年ラインナップに投入されています。デザインこそ派手ではないものの、シンプルなスタイルの中にどことなく高級感を演出してくれるメッキ加工など細部までこだわり抜かれているホイールです。ステップリム採用や24インチまでの幅広いラインナップで様々なラグジュアリーカーへの装着が可能です。車の持つ品格を更に確率したいかへオススメです。

LS JUBILEE [エルエス ジュビリー]|株式会社ワーク WORK|
KING OF LUXURY - 新たなるLSの鼓動 -  フルクロームの美しい輝きを纏った 珠玉のマスターピース。 揺ぎない重厚感と眩い煌き、 雄大さを感じさせる圧倒的存在感。 新の高級感がカタチに宿る。 『LUXURY GLITTER WHEEL』 - LS エルエス -  LSシリーズの詳細はこちら!

名作となったVARIANZAシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/productionend/#id4
すでに生産終了となっていますが、アリストやシーマ、オデッセイやエスティマといった当時のラグジュアリーカーに多く装着され、ラグジュアリーシーンに新たな風を送り込んだといっても過言ではないのがVARIANZAシリーズです。躍動的なデザインの中にどことなく感じさせるラグジュアリー感。決してスポーティーではありませんが、上質に車を演出してくれます。発売当時は多くのラグジュアリーカーに装着されており一世を風靡したホイールです。

PRODUCT ホイールインデックス|株式会社ワーク WORK|
生産終了のお知らせです。 VARIANZAの詳細はこちらでチェック!

普及の名作!Eurolineシリーズ

出典: http://www.work-wheels.co.jp/productionend/#id4
今でも中古価格市場は下がらずに、サイズによっては当時の値段よりも高くプレミア的存在になりつつあるのがEurolineシリーズです。当時のユーロ系カスタム全盛期に、深リムディッシュホイールとして登場しました。ユーロ全盛期にはこぞってユーロラインをセレクトしたものです。そして、スタンスカスタムの流行とともにやってきたユーロカスタムの再熱で再び注目を浴びています。色褪せる事のないデザインと、シンプルながらも攻めた設定がラインナップされているEurolineは日本国内だけではなく、海外からの支持も高く、再販を希望する声が多く上がっているホイールです。まさにWORKの名作とも言えます。

PRODUCT ホイールインデックス|株式会社ワーク WORK|
生産終了のお知らせです。 Eurolineシリーズの詳細はこちらでチェック!

まとめ

様々なカスタムシーンに合わせたWORK

ラグジュアリー、スポーティー、JDM、 USDM、スタンス、スラム、旧車と数えだしたらキリがないほどのカスタムジャンルがあります。このカスタムジャンルもファッションと同じで流行りがあり、時代とともに移り変わります。そんな、カスタムジャンルの流れに柔軟に対応し続けながらも、WORKの持つ技術力の高さや、デザイン力を発揮し続けて事がユーザーの支持獲得に繋がっています。
日本国内は勿論ですが、海外からの支持も熱く、デザイン性が高く壊れないホイールとして有名です。カスタム業界で愛用者が多いのは勿論ですが、サーキットやドリフト業界からもWORKの支持率は圧倒的な高さがあり、WORKホイールを装着した車両が日々世界中で活躍しています。

WORKの進化は止まらない!

毎シーズン、ラインナップに新たなモデルを投入し続けているWORKですが、技術力ともに進化が止まりません。モータースポーツ界にもWORK製のホイールを装着した車両が多く入賞していたりと実力の差を見せつけています。WORKは世界に一つだけのホイールをカスタムオーダーできる魅力は勿論なのですが、売りっぱなしではないアフターサービスが非常に充実している事でも知られています。リム付きホイールに多いのが、リムをぶつけてしまうガリ傷です。でも、WORKのホイールなら安心です。リム交換が可能なホイールが多いですし、修理対応してくれます。
どの時代のカスタムカーの足元にはWORKホイールが輝いていました。ユーロ全盛期にはユーロライン、VIP全盛期にはVARIANZA、スタンスにはEQUIPと様々なジャンルと横並びになっています。今後も新たな挑戦と止まらない進化で我々ユーザーにカスタムを提案し続け、足元のおしゃれを楽しむ事を教え続けてくれるでしょう!