【TheMomentumbyPorsche】ポルシェを眺めながら食事ができる至福のピット

東京汐留の一角にあるThe Momentum by Porscheは、ポルシェセンター銀座と隣接しており、ポルシェを眺めながらお茶や食事ができる店です。美味しい食事で元気をチャージしたい方や癒しの一杯で休憩したい方など、ピットのように立ち寄れる空間です。

「クルマを体感するお店」第二弾はポルシェ!

「車を体感するお店」特集の第二段はスポーツカーの代名詞とも言えるポルシェ。最近だとカイエンやマカンなどSUVも絶好調で、日本市場の伸びも凄いと聞くが、そのポルシェが提案するライフスタイル、ひいてはモノづくりの文脈を探るべく、ポルシェのフレンチ「The Momentum by Porsche」へ取材を行った。

今回のモデルはなんと現役アイドル! SUPER



GiRLSの志村理佳さんだ。りかたその愛称で知られる可愛らしい彼女とスパルタンなスポーツカーのイメージがあるポルシェ、あまり関係がなさそうにも思えるが、それをつなぐのがこの「The Momentum by Porsche」なのだ。ポルシェ乗りもポルシェ乗りじゃなくても、車をあまり知らなくても色んなシーンで利用出来る、そんなこのお店について、紹介していこう。

The Momentum by Porscheとは

店舗コンセプトは「Pit stop for Porsche lovers」

The Momentum by Porsche(ザ モメンタム バイ ポルシェ)は、ポルシェのブランドカラーである、白と黒を基調とした、モダンスタイリッシュな店舗。店内にはレースの写真をはじめ、ポルシェに関する書籍、ヘルメットなどのアイテムを ディスプレイしてある。ポルシェラバーな方には至福の場所とも言えるレストランだ。しかもポルシェAG(ポルシェドイツ本社)公認のポルシェビストロで、都内最大のポルシェディーラーグループ「エクセレンスインターナショナル/ブライトインターナショナル」が運営する世界第1号店。ポルシェミュージアムにもレストランはあるが、ここまでしっかりしたコンセプトレストランはまだまだこれからの展開だそうだ。

コンセプトは「Pit stop for Porsche lovers」、ピットに立ち寄って明日への活力をチャージしたり、メンテナンスを兼ねてゆっくりと休憩する時間に利用してほしいとの願いがこめられている。

ちなみにエクセレンスインターナショナルはSUPER GT GT300クラスに#33 Excellence Porsche Team KTRとして参戦。そのためSUPER GTの応援メニューなどがある場合もあり、SUPER GTファンは是非SUPER GTのピットへ入るのをイメージして入店していただきたい。

店内の小物や飾りについて

エントランス入ってすぐ目に入るのは、ポルシェの歴代名車のミニカーが展示。その横の大きな壁には、ポルシェAG(ポルシェドイツ本社)の役員が来店した時に残していったサインも。店内ホールに入るとミニカーが取り付けられた照明をはじめ、テーブルクロスやヘルメット展示に至るまでポルシェラバーには興奮の空間だ。



こだわりの料理

素材へのこだわり

有機野菜など四季折々の食材を使った料理は、盛り付けされたデザインから、料理を口にした瞬間の刺激を楽しめるメニューを取り揃えている。料理に合うオリジナルカクテルには、オリジナルノンアルコールカクテル「マカン(Macan)」やエナジードリンクとアルコールを組み合わせた「マカン ターボ(Macan Turbo)」など嬉しいこだわりが随所に感じられる。

名前と見た目の遊び心で、ポルシェの世界観を演出

名物とも言える911バーガーは、ボリューム満点のハンバーガーとサスペンションをイメージしたフライドポテトがインパクト大で、食べ応えも十分。911の文字はカイエンペッパーで書かれ、ここでもポルシェの世界観を味わうことができる。 ポルシェを知らない女性にポルシェのウンチクを語るのは難しいが、このお店であれば料理の説明とともに自然とできるのでエンスーな方々のデートにもばっちり。また、奥さんがなかなかポルシェ購入にOKを出さない方、ここでならスムーズに説明できてOKが出るかも? 理佳さんもポルシェセンターの方の説明を興味深く聞き入っていた。 女性におすすめなのはデザートプレートで、ケイマンやカイエンの車体をかたどったホワイトチョコが添えてあり、誕生日などの記念日にはメッセージをオーダーすることもできる。今回はまもなく誕生日を迎える理佳さんがモデルということもあり、お店のご好意でHappy Birthdayのメッセージ入りプレートを出してもらった。

日本ではここでしか飲めない!ポルシェAG認定の赤ワイン

ポルシェAG認定の赤ワイン「プレンタ エステート」は、南米アルゼンチンのワイナリーで、なかなか使用許可のでないポルシェのクレストが入ったエチケット(ラベル)が目印だ。写真中央の「マカン」は、もちろんポルシェのSUV「マカン」からとっており、エチケットにも形が描かれている。日本のレストランではここでしか提供できないワインで、「マルベック」を中心に「カルベネソーヴィニヨン」「メルロー」などをコルテ(ブレンドの意)。ワールドスタンダードでもあるボルドー原産の品種を使って、ボルドーの高級銘柄にも負けないクオリティを実現している。香りが強く華やかで、グリオットチェリー、カシス、モカの風味とスタイリッシュでかつラテンの暖かさを持ち合わせている赤ワインだ。以前はポルシェの主催するパーティーなどで提供されていた特別なワインだが、このお店に行けば飲めるというのはポルシェ好きには有難い。

また、筆者がとても気になったのはポルシェのシリンダーをモチーフにしたワインクーラー(写真左)だ。ポルシェ好き、いやクルマ好きには堪らない。実はこれ、販売しているそうだ。もちろんそれなりのお値段だが……。

世界最高品質を求める元麻布ミカフェートのコーヒー

ライフスタイルを提示する店舗はコーヒーにこだわりがあるお店が多い。The Momentum by Porscheも例外ではなく、元麻布に本店を構えるミカフェートが厳選したコーヒーを提供。ライフスタイルにこだわりを持つポルシェオーナーをイメージしたという。
このコーヒーはコーヒーハンターの異名を持つ川島良彰氏によって選ばれた、南米グアテマラの単一農園・単一畑・単一品質のコーヒー(シングルオリジン)で、果肉を残したまま乾燥させるナチュラル精選で仕上げ、甘みが強く、フルーティーな風味が特徴だ。またグアテマラ、エルサルバドルのコーヒー豆をオリジナルでブレンドし、なめらかな口当たりと甘みで後味もすっきりしたコーヒーも用意。浅煎り(Light)、深煎り(Dark)の2種でこだわりのあるお客さんを満足させている。

マネージャー森田剛生氏インタビュー

The Momentum by Porscheのマネージャー森田剛生氏へインタビューをさせていただいた。

ポルシェというブランドがライフスタイルの提案をする理由

1930年代からはじまるポルシェの歴史の中で、1964年以降から半世紀以上続いてる「911」。スポーツカースピリットも時代とともにモデルチェンジしながら今もなお進化をしている。このレストランも、その時代の流行やライフスタイルと共に変化をしながら、安全性・空間の居心地・刺激などクルマとの共通点を感じられるお店にしていきたい。例えば料理の素材にしても「ヘルシーさ」や「地産地消」など流行があるように、素材一つ一つを時代に合わせて、しかしポリシーはもったまま進化していき、それをお客様へ提供することで、ポルシェの進化を感じてもらえればと思う。

どういった人に来て欲しい?

ショールームだと少し敷居が高く感じられるかもしれないが、ポルシェセンター銀座と直結したレストランで食事を楽しみながら、ポルシェを身近に感じて欲しい。ランチタイムには近隣で勤めてる女性客が、店内にある装飾を見て「カワイイ」と感激する声も聞こえてくる。女性同士でカフェ利用される方も多いので、気軽に入ってもらえればと思う。
また数十年間ポルシェに乗り続けているご夫妻の記念日や、地方からはるばる来店するお客さんもいる。そういった方々にはよりポルシェらしさを感じてポルシェ愛を深めていただきたい。
イベントも定期的に行っており、音楽とポルシェのコラボイベントのほか、SUPER GT応援メニューも用意していて、SUPER GTが好きな方にはファン同士の絆も深まるので、是非来ていただきたい。

ポルシェセンター銀座について

The Momentum by Porscheと隣り合わせにあるポルシェセンター銀座は、東京都内で最大規模のポルシェディーラーグループ、エクセレンスインターナショナルが運営。長年の経験と確かな知識でポルシェオーナーを満足へと導いてくれる。5〜6台のポルシェ最新モデルを展示し、自分好みにポルシェの内外装を仕上げていくフィッティングラウンジも完備。 住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター1F
営業時間 :平日 9:00~19:00、土日祝日 9:00~18:00
定休日 : 年中無休(年末年始のみ休業)
アクセス:JR 地下鉄銀座線 都営浅草線「新橋駅」より徒歩3分、大江戸線「汐留駅」より徒歩1分、ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩1分

– ポルシェ センター銀座 - Dr. Ing. h.c. F. ポルシェ AG
ポルシェ センター銀座

志村理佳さんが718ボクスターをドライブ!?

今回、ポルシェセンター銀座さんのご協力もいただき、理佳さんが718ボクスターをドライブ! とはいかなかったが、運転席に乗り込んでもらった。そもそも理佳さんは免許を持っていないとのことなので公道へは出れない。「私が運転するので、是非助手席に!」と言いたかったが、ファンの怒りをかいそうなので自粛。(笑) 今回乗り込んでもらうのはミッドシップ(MR)ツーシーターでオープンという”ザ・スポーツカー”のボクスターだ。つい最近モデルチェンジしたばかりで、エンジンが6気筒から4気筒へダウンサイジングしたのを機に、往年の4気筒の伝説的スポーツカー「ポルシェ718」の名前から718をもらい、「718ボクスター」となった。 エンジンスタートはできないが鍵を持ってワクワクしている理佳さん。若い女性がオープンカー運転しているのってカッコイイ。 実際に乗り込んでもらい、運転している風。こんな可愛らしい子がボクスターで現れたらついつい目で追ってしまう。 乗り込んだ後にはポルシェの質感や雰囲気をしっかり感じ取り、とても感動したみたいで「いつか買えるようになるかな〜?」と呟いていた理佳さんだった。

The Momentum by Porsche店舗情報

住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター1F
営業時間:火曜日~金曜日11:00 〜 16:00 (L.O.14:30)、18:00 〜 23:00 (L.O.22:00)
     土日祝日11:00 〜17:00 (L.O.16:00)、18:00 〜 23:00 (L.O.22:00)
定休日:月曜日
アクセス:JR 地下鉄銀座線 都営浅草線「新橋駅」より徒歩3分、大江戸線「汐留駅」より徒歩1分、ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩1分

The Momentum by Porsche

編集部雑感

汐留の超高層ビル街の一角にあるThe Momentum by Porsche。銀座にも近いこともあって大人の雰囲気が店全体を包み込む。コンセプトが「Pit stop for Porsche lovers」と言うように元気をもらいたい時、少し休憩をしたい時に気軽に寄れて、安心できる居住感を体験できる。なかなかポルシェを買うには簡単ではないが、クルマ好きなら一度は憧れたであろうポルシェを目の前に、お茶や食事が楽しめるのは、すごくいい。ポルシェのオーナーはそのポルシェの雰囲気を店舗や食事から感じ取りながら、まだ購入できない方はいつかはポルシェのオープンカーに乗って走る日が来るよう、想いを募らせながら、最高の名車との時間を作りに行きたい。 協力:The Momentum by Porsche
モデル:志村理佳(SUPER

GiRLS)/

Twitter(@SG_RIKA_avex)

インタビュアー:野田国広