【レクサスUXコンセプト】コンパクトSUV!?3列シート?レクサス新型車の正体予想!

2016年9月29日よりフランス・パリで開催される2016年パリモーターショーに出展されると発表があったレクサス UX Concept。トヨタ自動車が公表している写真から察するに、いつでも市販できそうな仕上がり具合です。レクサスには開発中と噂のSUVが2台あります。小型SUVと3列シート7人乗りSUVです。レクサス UX Conceptはどちらのモデルなのでしょうか。

レクサスのコンセプトカー、パリモータショーで初披露

2016年パリモーターショーでワールドプレミアを迎えるレクサス UX Concept レクサスは2016年9月29日から10月16日までフランス・パリで開催される「2016年パリモーターショー」に、コンセプトカー「UX Concept」を出展することを明らかにしました。レクサス UX Conceptは次世代レクサス車のエクステリアデザインの方向性を示し、インテリアは匠の伝統の技と先進技術の融合を図ります。走行性能は都市生活での先進的なドライビングを体験できるものであるとのことです。

この発表についての詳細は下記リンクをご参照ください。

LEXUS、パリモーターショーでコンセプトカー 「UX Concept」を世界初公開 | トヨタグローバルニュースルーム
LEXUSは、フランス・パリで9月29日(木)~10月16日(日)に開催される2016年パリモーターショーに、コンセプトカー「UX Concept」を出展する。



レクサスが開発中のSUVは2台、との噂あり

レクサスが開発しているSUVは2台あります。1台はRXベースの3列シート7人乗り、もう1台は次期レクサス CTベースの小型SUVです。今回発表されたレクサス UX Conceptは、このどちらかであろうと思われます。

レクサスのプレスリリースにレクサス UX Conceptの正体につながるヒントは何かないか、と思い読んでみたら、ありました。レクサスはハッキリと、「都市生活における先進的なドライビング体験の提供」と発表しています。これはシティコミューターとしても使用できる小型SUVで決まりでしょう。しかし、もしかしたら、7人乗り大型SUVを都市生活での移動手段と位置付けるかも……ないですね(笑)

レクサス UXの正体とは?

トヨタ C-HR(欧州版) ここまで予想したように、レクサス UXが小型SUVという前提での予想です。レクサスの新型小型SUVはレクサス NXよりも小型とされ、次期レクサス CTの派生車種として開発されているとの噂です。次期レクサス CTは現行型トヨタ プリウスをベースに開発されています。そして2016年内に日本でも発売が開始される予定のトヨタ C-HRは現行型トヨタ プリウスベースの小型SUVです。

ということは……

レクサス UXの正体は、トヨタ C-HRのレクサス版と考えられます。 TOYOTAは、スイス・ジュネーブで3月3日~13日に開催される第86回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」を世界初披露したと発表しました。 レクサスのエントリーカーがレクサス CTです。2011年1月にデビューし、もうすぐ満6年を迎えます。このタイミングで噂されているのが、2代目へのモデルチェンジです。初代同様2代目も、トヨタ プリウスのレクサス版となる模様ですが、ただレクサス仕様に仕立て直すだけではなさそうです。あっと驚くサプライズも用意されているというのです。果たしてそのサプライズとは、何なのでしょうか?

シャーシはTNGA構想で開発されたプリウスと共用

トヨタ自動車はTNGA構想の元、新車開発を行っています。その第1号車が現行型トヨタ プリウスです。トヨタ プリウスのシャーシやエンジン、車両部品は他車と共用しコストを抑えながら、品質を向上させています。近く発表される新型トヨタ プリウスPHVはもちろん、トヨタ C-HR、次期レクサス CTも現行型トヨタ プリウスと多くのパーツを共有します。

現行型トヨタ プリウスのシャーシは低重心で、トヨタ 86よりも15mm低い位置にエンジンを搭載します。そのため路面に吸い付くような走りを実現しています。レクサス UXでもSUVとしては異例の低重心レイアウトになると思われます。またこのシャーシはフロントシートの座面の設置幅が広いため、車両の四隅を見渡せるような高さに設定できます。最低地上高の高いSUVボディと相まって見晴らしよく、安全に運転できるクルマとなりそうです。

エンジンはハイブリッド?ダウンサイジングターボ?

レクサス UXに搭載できるエンジンはトヨタ C-HRと同じです。トヨタ プリウスに搭載されている1,800ccハイブリッドと、トヨタ オーリスに搭載されている1,200ccダウンサイジングターボです。しかし新しい情報もあります。レクサス UXはトヨタ C-HRよりも車両重量が重くなっているようで、1,200ccターボでは非力感が否めないようです。そこで新開発した1,500ccダウンサイジングターボもテストされている模様です。

またハイブリッドについても噂があります。アメリカ・カリフォルニア州のZEV規制では、2018年以降ハイブリッド車をZEVとして扱わない方針です。そこで拡販が急がれているのがPHVです。日本よりも欧米で多く販売されるレクサス車にもPHV車は必須です。そこでレクサス UXのハイブリッドはPHVのみが設定される、というものです。

レクサス UXの発売時期は?

兄弟車であるトヨタ C-HRが2016年内に販売開始予定、次期レクサス CTが2017年1月にモデルチェンジとの噂です。両車の新車効果や初期受注生産を考えると、早くても半年から1年後くらいではないかと思われています。ズバリ、レクサス UXは2017年後半より発売と予想されます。しかし次期レクサス CTの受注が好調ならば、発売時期は2018年にずれ込むかもしれません。



【まとめ】9月29日開幕のパリモーターショーで全てが明らかに!

レクサス UX Conceptのインパネまわり まだ車名とリアビューがコンセプトカーとしてしか公開されていないレクサス UXです。1年以上も前から噂されていたモデルがついに発表されるとあり、情報通りのクルマとなるのか、それとも何かサプライズがあるのか、と期待に胸がふくらむばかりです。9月29日よりフランス・パリで開催されるパリモーターショーが楽しみですね。