話題沸騰「足柄サービスエリア」驚きの充実ぶりを徹底解剖!

テレビや雑誌で連日話題のサービスエリア「足柄サービスエリア」。テレビなどでも紹介されているようにグルメだけでも大きなデパ地下を思わせるほどのお店が軒を連ねています。そこには何か驚きの仕掛けがあるのでは無いか!? 今日は、そんな足柄サービスエリアを徹底解剖してみます!!

目次

驚きの姿を見せる「足柄サービスエリア」はどこに向かっているのか?

御殿場のアウトレットモールや、富士スピードウェイ、そして箱根観光の途中の休憩スポットとしてお馴染みだったサービスエリア。昔の足柄サービスエリアは、今の姿からは想像もつかないくらい「のんびり」したサービスエリアでした。でも、2010年のリニューアルで「EXPASA」になってからは、同じサービスエリアとは思えません。お客様たちも増え、時にはエヴァンゲリオンやめちゃイケなどとのコラボ企画が行われお祭り会場のようになっています。この大変身、実は理由があるのです。

2010年11月25日にリニューアルオープンした。『EXPASA足柄』(エクスパーサあしがら)の愛称が付けられている。

今回のリニューアルでは、“通過型サービスエリア”から“滞在型サービスエリア”へ質的転換を図る新しいスタイルのサービスエリアを目指し、複合商業施設化を図っている。

出典:

ja.wikipedia.org
少しwikipediaを引用してみましたが、要するに「休憩したら立ち去る場所にはしない」ということですね。そんな足柄サービスエリアですから、大きなイベントも行われますし、色々な施設やお店が作られ、一日中過ごしても飽きない場所を目指しているんですね。

そういえば、このサービスエリアには「お風呂」がありますね。上り線・下り線の両方にあり、少しでも来る人がゆったりとした時間を過ごすための工夫なのかもしれませんね。では、次は、そのお風呂を上下線で徹底比較してみましょう。



上り線「金時湯」、下り線「あしがら湯」を徹底比較!

上り線にはレストイン時之栖にある「金時湯」、下り線には足柄浪漫館の「あしがら湯」があります。足湯専門の「足湯カフェ」とがあります。では、まず気になる料金ですが、「金時湯」「あしがら湯」両方ともに
大人 640円、子ども 320円
と一緒の料金設定になっています(但し、金時湯は三時間までの時間制限あり)。
因みに下り線の「足湯カフェ」は10分100円。こちらは別料金のドリンクバーもあります。

では、営業時間を見比べてみることにします。
上り線:金時湯 12:00~翌日10:00
下り線:あしがら湯 10:00~翌8:00
2時間のズレはありますが、同じ22時間営業なのです。こちらも甲乙つけ難し…足湯カフェは24時間営業です。

そして違いを見せるのが、セールスポイントです。
上り線:金時湯 「炭酸泉の大浴場」
下り線:あしがら湯「金時山が眺望できる展望風呂」
サウナは両方についていますが、炭酸泉は身体を芯から温めてくれますし、金時山の景色は目と心に優しいのです。これも甲乙つけがたいのですが、天気の悪い時だけは「金時湯」に軍配が上がるでしょう。
そして足湯カフェ。こちらには別料金のドリンクバーがあり、好きな飲み物を片手に足湯に浸かることができますし、ドクタートト(セラピーフィッシュ)で足から癒やしてくれる嬉しい施設です。

そして、結論ですが…両者優勝! です。高速道路のサービスエリアというより、立派な銭湯クラスの施設があるのですから、最近はやりの車中泊などの期待に充分に応えられます。 上り線:レストイン時之栖「金時湯」
営業時間:12:00~翌10:00
料金:三時間まで大人 640円(一時間延長 210円)、子ども 320円(一時間 105円)
電話番号:0550-70-0020

金時湯の詳細
下り線 足柄浪漫館「あしがら湯」
営業時間:10:00~翌8:00
料金:大人 640円、子ども 320円
問合せ:0550-70-0268 

あしがら湯の詳細

こだわりのお店が揃った、サービスエリア「上り線」

さて、このサービスエリアのセールスポイントのお風呂を比較した後は、上下線それぞれの注目スポットを紹介していきましょう。
まず、駐車場に着くと眼に入るのは「木」を基調にした建物です。金時山や足柄峠、そして富士箱根トレイルなどの山林を歩く起点になっている小山町らしい木のぬくもりが感じられます。

レストランやテイクアウトなど「食」の中心になるのは地元静岡や小田原といったご当地グルメですなのですが、その他にもラーメン界の重鎮として名を轟かせた「佐野実」がプロデュースしたお店なども目を惹きます。

NEXCO中日本 足柄SA上り

重鎮の味が生きている、故・佐野実プロデュース「創彩麺家 野の実」

「創彩麺家 野の実」はテレビでもお馴染みだったラーメン界の重鎮「佐野実」プロデュースのラーメン屋さんです。このお店、単なる有名人が有名スポットで出店したラーメン屋と侮ってはいけません。

このお店、フードコートで食べるお客様を意識した徹底したこだわりがあるのです。まず、素材ですが、佐野実らしいオリジナル自家製麺を使用しています。この素材は国産小麦です。そして、フードコートのラーメンが持つ「宿命」。出来上がってから席まで運ぶ…中には、出来上がってから席を探して食べるというフードコートでは、どうしても街のラーメン屋さんよりも出来上がりから口をつけるまでの時間が長くなってしまします。つまり「麺がのびる」てしまうことが多いのです。

ここでは、その宿命を解決するため、
・ 数種類の小麦粉を独自の比率でブレンド
・ 日々の加水率を調整し、よりのびにくい麺作りを行う
という驚くような努力を積み重ねているのです。

やはり重鎮のDNAは生きているのですね。

そして、おすすめの一つは「醤油ラーメン」でしょう。三種類の醤油をブレンドし、北海道産のホタテそしてチャーシューの煮汁でとったスープがコクを出しながら、どこか懐かしいシンプルな味わいです。
もう一つは「焦がし香味GYU 塩らぁ麺」。こちらは「ラーメン王座決定戦2012」で第一位。この王座…東名高速道路・小田原厚木道路・西湘バイパスのサービスエリア・パーキングエリアの全ラーメン店を対象にしたコンテストですから、競争は激しかったでしょう。その味は、塩にはオーストラリア産のレイクソルトが使われ、そして味のアクセントにはクレソン、そしてやや大きめに刻まれた玉ねぎが載せられています。ネーミングに使われている「焦がし香味GYU」は、国産牛の牛脂を使った香味油。この香味油からコクと旨味がじんわり広がります。こちらは、醤油と違って複雑な味わいを楽しめます。

二人でドライブデートなら、全く対象的な2つのラーメンをシェアして食べ比べをおすすめします。意外なほど対象的な味わいに驚いてしまうかも知れません。

また、ここ足柄サービスエリアでしか食べられない季節限定ラーメンもあります。もし、タイミングが合えば、これも試しに足柄サービスエリアへ向かわないといけませんね。 営業時間:10:00~23:00
電話番号:0550-70-0105

「総彩麺家 野の実」公式サイト

「足柄麺宿」揚げたてのかき揚げに、打ちたて・茹でたての麺を食す

サービスエリアの定番グルメ。今は、ソフトクリームなどが競い合いのような感じですが、昔は「そば、うどん」だったのではないかと思います。

その昔ながらの定番ぐるめ「うどん」の専門店が「足柄麺宿」さんです。人気があるのは「海老と揚げもちの ぶっかけうどん」だそうです。でも、今回頼んだのはかき揚げうどん。実は、立ち食いや駅そば、サービスエリア・パーキングエリアにいって蕎麦やうどんを頼むときは「かき揚げ」トッピングにすることが多いのです。

ここのセールスポイントは「打ちたて」「茹でたて」「あげたて」。うどんのこしと茹で加減、そして狙いの通り「かき揚げ」も揚げたてということで期待して少しだけ待ちます。まず、かき揚げは、期待を上回るサクサク感。そして、具には玉ねぎやかぼちゃなど色々な野菜が入っていて、ダシ汁とも上手く合って味も良いです。うどんは、讃岐風のこしの強い麺です。ダシ汁も讃岐風のうどんに合わせて色が薄くて塩味が効いています。でも、やっぱり「海老と揚げもちの ぶっかけうどん」も食べてみたいですね。 営業時間:24時間営業
問合せ:0550-82-3434 

足柄麺宿の詳細

富士山を眺めつつ、富士山を食べる。ベーカリー「ロータスガーデン」

富士山を眺めながら、軽くサンドイッチ、あるいはガッツリとオムライスを食べられるお店が「ロータスガーデン」です。地元産の食材を中心にしたパンや食事が嬉しいです。

また、パン屋さん、ベーカリーで食事となると「軽く」「少ない」というイメージがありますが、こちらの場合、なかなかのボリューム。富士山をイメージした「富士山オムシチュー」は、正に富士山! と驚くらい盛り上がったライスの上にトロトロの玉子が乗っています。シチューも良く煮こまれているので、空いたお腹も大満足です。

そして、ベーカリーなのですから、パンも頂きたいですよね。それなら、お店で一番人気の「富士山メロンパン」でしょう。富士山をかたどったかわいい形のメロンパンは、頂上をまぶした粉砂糖で雪化粧しています。中はふんわりと仕上がっているので食べたいのですが、食べるのが惜しくなってしまう一品です。
テイクアウトもできるので、おみやげにしても良いですね。

ロータスガーデンの詳細
営業時間:レストラン 11:00~22:00営業、ベーカリー 8:00~20:00営業
電話番号:0550-84-6051

見た目が可愛いだけじゃない。濃厚な玉子の風味「たまごや」スイーツ

こだわり玉子を使った料理やスイーツで評判の伊豆・村の駅にある「たまごや」さんが出したお店だそうです。サービスエリアへの出店はここがはじめてということなので期待して覗いてみました。

お店には可愛らしいスイーツが並んでいます。これを見ると「お菓子って玉子を使うものなんだな」と妙に実感してしましますね。目立つのは、玉子の殻をあしらった器に入ったプリン、そしてクッキーシューです。

クッキーシューは、見た目からもわかるゴツゴツとしたホームメードクッキーの雰囲気。サックサックのシューの中身はトロトロの「たまご」感たっぷりのカスタードクリームが詰まっています。
もう一つのプリンは、チョコレートとスタンダードタイプの詰め合わせを持ち帰り。小さいので、幾つかまとめて食べたくなる誘惑を抑えつつ、それぞれの味を1つずつで我慢。どちらもサービスエリアで食べたシュークリームのカスタードクリームと同じように「たまご感」満載です。

ただ難点は、このプリンの容器。捨てるにはもったいないし…再利用の方法を考え中です。 営業時間:7:00~21:00
電話番号:0550-70-1605

たまごやの詳細

「こめらく 海鮮茶漬けとおむすびと。」のおいしさは、看板に偽りなし!

どんぶり屋さんとは言えない、海鮮を中心にした「どんぶりとお茶漬け」の2つの味を楽しめるお店が「こめらく」さんです。
頼めば店員さんが説明してくれるのですが、どんぶりをオーダーすると、丼は当然、そしてダシの入ったポットとお茶碗、そして鰹節にタレがセットになって出てきます。そしてお店に置いてある刻みワサビをお好みでつけます。そして「いざ実食」。おすすめの「ねぎとろ温玉ごはん」には、たっぷりのねぎとろと温泉たまご。まずは、そのままいただきます。これでも充分においしいのですが。まだ、完食はせずに次へ。

そして次は第二段階、締めのお茶漬けです。どんぶりからご飯を茶碗に。そこに鰹節と刻みワサビを再び少々。そしてポットからだし汁を注いで出来上がり。先ほどとは違いダシ汁に温められた具材とご飯がお腹の中を優しく温めてくれます。

ゆっくり食べたい方には、本当におすすめです。でも、そんな時間は無い! 先を急ぐドライバーにも「おむすび」は食べて欲しいのです。下手なおむすびだと、ギチギチに握られてしまって、ご飯の旨味が消し飛んでしまいますが、こちらのおむすびは驚くほどフワッと握られていて、本当においしいんです。 営業時間:9:00~22:00
電話番号:0550-81-6777

こめらくの詳細

ストレスフリーな牛が作った「いでぼく」のソフトクリーム

朝搾りたてのミルクから、新鮮な乳製品を提供いたします。大人気の濃厚な牧場ソフトクリームや地元富士宮の富士宮やきそばなど、是非本場の味をご賞味ください。

富士宮市にある牧場「いでぼく」さんの直営店が、こちらの「いでぼく」。さすがに牛乳のできが違います! まず、新鮮な牛乳を75度の低温殺菌。これで旨味と栄養を殺さず、飲める牛乳になります。そして牛も、牛の生活リズムに合わせた形でいながら、徹底した衛生管理をしているので、ストレスフリーな牛が育ちます。そうして作られたおいしい牛乳から作られた「いでぼく」さんの味をサービスエリアで味わえるのです。

クレープや牛乳などもありますが、やはりサービスエリアの定番、ソフトクリームを食べてみましょう。まず驚くのは、その濃厚さです。いでぼくさんの牛よりもストレスフリーになれるような気のする濃厚さ、そして程よい甘さが口いっぱいに広がります。

サービスエリアやパーキングエリアの多くで、ご当地の特産物テイストにしたソフトクリームが多くあります。そんなソフトクリームもとても印象的なのですが、この「いでぼく」さんのソフトクリームは、牛乳自体が特産品。そんなシンプルでいて、ちょっとした驚きをおぼえてしまう味がします。
営業時間:8:00~20:00
電話番号:0550-82-6565

いでぼく公式サイト

レストラン時之栖

上り車線の温泉「金時湯」の時之栖さん。同じレストインの中に「レストラン時之栖」があります。温泉から上がって緩んだ気持ちで入るのに「レストラン」は少し気合をいれないと…と思う必要のない、アットホームな感じのお店です。

もしかしたら、そのアットホーム感は「しぞーかおでん」のお陰かもしれません。最近、旅番組でもとりあげあれる「静岡おでん」の地元的な発音が「しぞーかおでん」なのかな? とか思いつつ食べてみましょう。
おだしは、やはり独特の濃い色をしています。が、やっぱりものすごくアッサリとして具を引き立てそうな味。そしておでん種ですが、名物の黒はんぺん、そして牛すじなどなど…基本、セルフなので自分の食べたいものを選んで食べられるのが嬉しいです。それに期待を裏切らない味。

このおでんの他にも、おにぎりなどもありますが…風呂あがりのビールは、ドライブ終了までおあずけです! 営業時間:6:00~22:00
電話番号:0550-81-5515

ドーナツ アトリエ シバタの詳細



地元からデパ地下まで、バラエティ豊かなお店が並ぶサービスエリア「下り線」

上り線の木を基調とした造りとは反対に、ガラス張りの現代的な装いの足柄サービスエリア下り線。到着が夜だと、きらびやかな別世界に入り込んでしまったような驚きを覚えたりします。そして、この施設の中、そして外には、ご当地のお店から、東京都内でもお馴染みのお店までバラエティ色豊かな看板が並びます。

そんなお店の中から、都内にもあるお店でも足柄サービスエリアにだけでしか味わえないものがありまから、当地のお店だけにこだわらず、できるだけ余さず紹介してまいりますね。

NEXCO中日本 足柄SA下り

中華の「万里」で、話題の富士山麻婆を食べてみた。

麻婆タンメンなど麻婆豆腐が自慢の中華料理です。フードコートでも目立つ「富士山マーボー豆腐 チキンのせ」にチャレンジしてみます。ただ、心配なのは御飯の量。メニューの印象では「ちょっとご飯の量が勝ちすぎてないかな?」という感じだったのです。

そして実食。麻婆豆腐は甘口で、お子さんでも安心なレベルです(どうやら、辛口に変更できるようなので、次回はお願いしてみる予定です)。そして、麻婆豆腐の上にはキッチリと揚がったチキン。意外なほど麻婆豆腐によく合います。当然、こうなるとご飯に箸、いやレンゲが伸びます。どうご飯をかき込もうかと心配していたのですが…ご飯は台の上に盛りつけてあるので、最初の心配はまったく無意味だったことに気づきました。確かに、この見た目はお子さんも嬉しいメニューですから、麻婆豆腐もデフォルトで甘口、そしてご飯の量もちゃんと加減してあるんですね。この気遣いに気づいた時には、驚きと共に少し感動してしまいました。 営業時間:24時間営業
問合せ:0550-82-3566 

中華万里の詳細

限定商品は要チェック「らぽっぽ」

らぽっぽといえば、さつまいもを使ったスイーツでお馴染みの銘店です。テイクアウトで日本中の女子が愛するいつもの「らぽっぽの味」をいただくのもいいのですが、しばしば現れる「季節限定、足柄サービスエリア限定」の商品が登場するので、見つけたら要チェックです! 営業時間:7:00~20:00
電話番号:0550-82-3633 

らぽっぽの詳細

地元のブランド食材を使った贅沢な時間を過ごせる場所「足柄の森レストラン」

広い窓をはじめ、開放感のある「足柄の森レストラン」。ドッグランも近いので、窓の外で遊ぶワンちゃんを見ながらの食事も楽しいものです。このお店のポイントは、地元産の食材ですね。豚肉は「ヨーグル豚」(餌には小麦や大豆、野菜類に牛乳、そしてヨーグルトなどを発酵させてヨーグルト状に加工した特別な飼料を使っているそうです。ヨーグルト状の餌を与えることはヨーロッパで「リキッドフィーディング」と呼ばれメジャーな方法だそうです。栄養バランスに乳酸菌発酵と健康志向ですね)、牛は「ふじやま和牛」(静岡県内の渡辺牧場さんだけで生産している和牛だそうです)、鶏には「あさひ鶏」(静岡の銘柄鶏で、皮下脂肪が少なくヘルシー食に最適。それでいて口当たりや風味が良いことがとくちょうだそうです。しかも餌は無添加飼料を使っているとか)。少し贅沢な時間を過ごすには充分な条件ですね。

こうも良い食材を使っているとなるとステーキに惹かれるのですが、「あ、ハンバーグなら、牛と豚のミックスだ」と思い直し、ハンバーグステーキを。ナイフを入れるとじんわりと出てくる肉汁が「頼んで間違いなかった!」と思わせるはずです。他にもヨーグル豚のハムを焼いた「ヨーグル豚ハムの炭火焼き」や、「ふじやま和牛」のステーキなど。大人数ならシェアして、少人数なら何度も通って制覇したくなるメニューがならんでいます。 営業時間:平日 11:00~21:00(土日祝 7:00~21:00)
問合せ:0550-81-1115 

足柄の森レストランの詳細

温かいシウマイがその場で食べられる「崎陽軒」

続いても、「美味しいシウマイ崎陽軒♪」でお馴染みの店、「崎陽軒」さんです。もちろん、ここでもお馴染みのシウマイ弁当を車内で食べるもよし、テラス席で食べるも良し。なのですが、ここでしか食べられない味を要チェックです。

特に、寒い時期などは温かいメニューが欲しいですよね。で、アツアツの「シウマイ・シウマイまん」などがほしくなったりしませんか?実は、蒸したてアツアツの「シウマイ・シウマイまん」が食べられるサービスエリアは、ここ足柄サービスエリアだけなんです。知ってましたか? 最初に店員さんに聞いた時には、意外だったので驚いてしまいました。
食べ慣れた「シウマイ」と、ちょっと変わった「シウマイまん」。あなたはどちらを選びますか?

崎陽軒の詳細

専門店の心意気を感じる「新宿さぼてん」のカツカレー

ではもう一つ、お馴染みのお店で「とんかつ新宿さぼてん」に参りましょう。お肉はもちろん、お米、揚げ油、パン粉など中々お客さんには見えないところまでこだわったトンカツを、どこへ行ってもおいしく食べられるお店ですが、ここはカツカレーに注目してみましょう。なぜか? といえば、フードコートでの定番は、「とんかつ」よりも「カレー」&「カツカレー」だからですね。

では、実食です。カレーは程よく辛く食べやすく、恐らくはとんかつのために作ったカレーなのでは? と思わせるます。そしてカツは「専門店品質」。サクサクに揚がった衣、そしてその中に収まった豚肉が厚めにカットされているのが嬉しいです。そして、このレベルのカツカレーをフードコートで食べられるのが驚きです。やっぱり「新宿さぼてん」品質を感じさせてくれる味です。

また、モーニングメニューではワンコインで「朝カレー」が食べられます。イチローはこだわりの朝食にカレーを食べているそうですが、イチロー並の正確なショットを狙うゴルファーもドライブついでに朝カレーでお腹を満たしてみてはいかがでしょうか? 営業時間:7:00~21:00
電話番号:0550-82-3226

新宿さぼてんの詳細

「ベルベ」の「丸ごとエビカレーパン」は、店内製造ならではのアツアツでどうぞ♪

神奈川を中心に店舗を持っているベーカリー「ベルベ」さんは、手作りのパンにこだわっているお店です。そんなお店ですから、当然、この足柄サービスエリアで売っているパンも、生地〜焼き上げの全てが、サービスエリアの中のお店で行われています。つまり、店頭で並んだパンは、すぐ近くで作られたばかりのパンなのです。

さて、ここで食べておきたいのは「丸ごとエビカレーパン」。改まって説明する必要のないネーミングなのですが…エビの入ったカレーは食べたことがあります。カレーパンは大好物です。でも、エビの入ったカレーパンははじめてでした。見た瞬間には、エビフライの変形か? と思わせるユニークな形に驚きましたが、実際に食べた感想は「なぜ、他の店では無いのだろうか?」というくらいの完成度。このおいしさ、人気があって当たり前なのです。

そして、もう一つは足柄サービスエリア限定商品、「金太郎カップ」。可愛い金太郎さんの絵のついたカップに、これまた可愛いミニパンとラスクの組み合わせ。おみやげでも良し、その場で食べてカップだけ持ち帰るも良しです。 営業時間:7:00~20:00
電話番号:0550-82-2668

ベルベの詳細

まじめな会社のまじめなソフトクリーム。「富士ミルクランド」

上り線の「いでぼく」に勝るとも劣らない高品質のソフトクリームが、下り車線にもあります。それが「富士朝霧高原 富士ミルクランド」さんのソフトクリームです。朝霧高原と言えば富士山麓を代表する酪農地帯です。そして、いでぼくさんのこだわりを知った以上、「富士ミルクランド」さんのこだわりも知ってみたいと思って、ちょっとだけ調べてみました。

するとこちらも負けず劣らず真面目な会社だったんです。株主は「富士開拓農業協同組合」。朝霧高原にある約50軒の酪農家が構成している農協で、全部で約4,500頭の牛を飼われているそうです。そして組合が頑張っているのが、後継者の育成や、世界遺産の景観と酪農の環境を両立させるかと言うことだそうです。

富士ミルクランドは朝霧高原が本拠地なのですが、これも農協が一般の人たちに酪農を身近に感じるために作ったそうです。

そんなまじめな牛乳を使って、まじめに作ったソフトクリームを心して味わってみます。いでぼくさんとの優劣をつけることはできません。理由は簡単です。どちらも、牛乳がおいしいのが判るくらい、牛乳の良さが生きているからです。「富士ミルクランド」さんのソフトクリームも甘さにしつこさはなく、味は濃厚。大量生産では出せないんだろうな…と思う味わいの深さです。「両者優勝」とさせてください。

この水準のソフトクリームを上下線それぞれに別のお店で提供しているとは…足柄サービスエリアが見せるお客さんを喜ばせるための考え方には嬉しく驚かされます。 営業時間:8:00~20:00
電話番号:0550-82-3387

富士ミルクランドの詳細

えびせんの「えび伝茶屋」で「いかの姿焼」を食す!

「えび伝茶屋」さんは、えびせんで有名なお店です。が、ここで取り上げるのは「いかの姿焼」です(もし、お店の方が見ていらっしゃったら、ごめんなさい)。いや、いかを鉄板の上でプレスしたイカせんべいは、地元ではイカ焼きと呼んでいて好物だったのですが、最近では中々食べる機会もなくなって寂しい思いをしていたのです。ところが、足柄サービスエリアに来た時に、見つけてしまったのが「えび伝茶屋」さんだったのです。まさか足柄で出会うとは思ってもいなかったので、食べたいよりも驚きのほうが先に来ましたが、早速注文、そして実食です。

期待していた味とは違いました。というか、この「いかの姿焼」の方がおいしいのです。いや、さすがの味です。30cmほどにプレスされたイカはたっぷりサイズ。そしてきっちりと主張するイカの味が脳の中にあった懐かしの味を上書きしていきます。

こちらのお店では食事もできます。7:00〜の営業です。早朝に到着したときには、迷わずこちらで朝食をどうぞ! 営業時間:7:00~20:00
電話番号:0550-82-8111

えび伝茶屋の詳細

まとめ

名前だけなら、のどかな昔話「金太郎」を思い浮かべてしまう足柄サービスエリア。ところが、実際には足柄サービスエリアに行くたびに「驚いた」とつぶやいてしまうのは私だけでしょうか。いつも何か「驚く」ような仕掛けがサービスエリアのどこかにあるのです。

時には大きなイベントでサービスエリアに着いた瞬間に「びっくり」、意外なお店が出店していて「驚き」、そしてお店が並べている地元ならではの趣向をこらした食べ物やおみやげに「驚く」のです。

そんな来場者を「驚かせる」させる楽しいテーマパークとして変貌し続ける足柄サービスエリア。滞在型のサービスエリアとして、また新しい仕掛けを用意しているのではないかと考えると、次に行くときが楽しみでしかたありません。