100万本を無料配布!KIRINの新しい缶コーヒーをゲット!味や風味はどう違う?

キリンビバレッジ株式会社が10月4日(火)より新しい缶コーヒーを新発売。商品名を明かさないまま「100万本のシークレットサンプリング」を9月14日より行っており、GOIN編集部の入っている渋谷ヒカリエでもサンプリングをしていた。たまたま1本ゲットできたので飲んでみた感想をお伝えしよう。

KIRINが缶コーヒーを100万本無料配布!

渋谷ヒカリエの下で謎の缶コーヒーを配布していた。それが下の写真のKIRINの缶コーヒー。「10月4日、缶コーヒーの常識が変わる。MADE OF CHALLENGES.」と書かれており、名前を明かさないで飲んでもらうことで、先入観なくその味を感じてもらいたい、リアルな声を聞きたいということで意図があるとのこと。パッと見でもかなり興味をひかれるが、無料配布ということもあって大勢の人が受け取っていたが、なんと100万本も配布しているとのこと。KIRINさん太っ腹だな。
編集部でも1本ゲットし実際に飲んでみることにした。



9月27日時点、残す無料サンプリング場所は10月1〜4日の新宿のみ!

「自分も飲んでみたい!」という方のために発売前のサンプリング缶をどうやって手に入れるかをご紹介。よりしっかりと知りたい方は下の特設ページを読んでいただきたいが、簡単に説明すると入手方法は3つ。

キリン100万本シークレットサンプリング|ソフトドリンク|商品情報|キリン
缶コーヒーは、どこまでうまくなれるか。10月4日、缶コーヒーの常識が変わる。

www.kirin.co.jp

応募してもらう

KIRINのWEBサイトでMy KIRINに会員登録し、応募フォームに必要事項を記入してもらう方法。
しかしこれは9月23日(金)で終了しているためもうもらうことはできない。

シークレットサンプリング缶が当たる!│キャンペーン│キリン

auショップ / PiPitでもらう

近くのauショップでも無料配布しているとのこと。ただし、9月15日から配布開始で、店舗毎に無くなり次第終了のためもう無くなっている店舗も多いかも。運良く見かけた方はすかさずゲットしよう。

※一部配布していない店舗があります

auショップ検索 | au
auのショップ検索をご案内します。

全国のイベントでもらう

前2つはもうほぼ終了しているため、実質今もらえるのはこれ。全国7都市でサンプリングイベントが行われていたのだが、残すところ、10月1日(土)〜10月4日(火)の新宿ステーションスクエアのみとなっている。時間は11時〜19時とのことなので、近くを通る方は是非立ち寄ってみてはいかがだろうか。新宿もサンプリング缶が無くなり次第終了とのことなので、気になる方は早めに行ってみよう。
ちなみに、4日のサンプリングはシークレット缶ではなく、新商品の正体のサンプリングとのことだ。

サンプリングのスケジュールと場所

9月14日(水)12:00〜
 東京:渋谷ヒカリエ
9月17日(土)18日(日)11:00〜19:00
 仙台:仙台パルコ
 名古屋:サンシャインサカエ
 大阪:グランフロント大阪ナレッジプラザ
9月24日(土)25日(日)11:00〜19:00
 札幌:北三条広場 赤プラ
 広島:広島パルコ
 福岡:イムズスクエアB
10月1日(土)〜4日(火)11:00〜19:00
 東京:新宿ステーションスクエア

新コーヒーの気になる味は?

GOINは味のわかる人の多い大人のメディアだから正直に言おう。これは缶コーヒーだ。街中のカフェや自宅で淹れるコーヒーとは違い、しっかり缶コーヒーだ。なので「ウチで飲む豆から挽いたコーヒーと同じだ」とか「缶コーヒーっぽくない」とは言わない。
ただ、明らかに違うのは「甘すぎない」「ミルク感が強いけどコーヒーのコクもしっかり感じる」という点だろうか。今までの缶コーヒーの甘いだけ、クセが気になるとかはあまり感じない。また、ミルク感も強く感じることからコーヒーとカフェオレの中間みたいな味だった。



このコーヒーの正体は!? そういえばあの缶コーヒーに似てるよね

そういえばこの缶コーヒーを見た時からずっと気になっていたこと。このデコボコ、どこかで見たことある……。そうだ! これだ! 同じくKIRINさんが発売している缶コーヒー「FIRE 挽きたて微糖」だ!

そんなわけでここで一足先に今回のサンプリング缶の正体を予想してみた。

その1:FIREのフルモデルチェンジ
新商品といっても、クルマの情報の多いGOIN的に言うと、クルマのフルモデルチェンジ的な可能性もあると思う。この缶の形的にはFIREの後継だが、味をより本格的にし、デザインも変えて出てくる可能性は大きい。微糖加減もこれに近い気が。というわけで、編集部の本命予想だ。

その2:全く別の新コーヒー
まぁ、新商品と言われてるんだから、FIREじゃないならそれはそうだろうが、缶の形がFIRE風なのは缶の製造ラインを借りて作っているだけの可能性もある。最近のサードウェーブコーヒーの流れを汲んで、大量生産される缶コーヒーなのに産地を限定して産地を明記している可能性も? あえてラベルをプリントしていない理由はそれかもしれない。

キリン ファイア 挽きたて微糖 缶コーヒー 185g×30本
(2016/09/27 21:41時点)

まとめ

個人的な話だが、1日に最低3杯はコーヒーを飲む。普段はブラック派だが、たまに糖分が足りなくて頭回ってないなーという時には缶コーヒーで糖分を摂取することがある。そんな時に、ただあまったるいなーと感じるコーヒーが多いのも事実。ワガママだとわかっているが、糖分は欲しいけど甘すぎても嫌なのだ。だからこそ、コーヒーのコクも感じられて、甘さもあるが甘すぎない、そんなコーヒーを待っていた。この新商品がどういう形で発表されるのか気になるところだが、是非編集部のフロアの自販機にも入ってくれることを願おう。