リフレッシュ効果絶大なパワステオイル交換!

ほとんどの車に採用されているパワーステアリング機能。ドライバーのハンドル操作を支援し、疲労を軽減する役割があります。このパワーステアリングにもオイルが使われており、交換が必要なことはご存知でしたでしょうか? 難しそうですが簡単にDIYで作業することができます。

パワステオイルとは?

パワステオイル交換の必要性

パワーステアリングオイルは自動車メーカーで交換時期を指定しているところは非常に少ないのですが、決して交換の必要がないという事ではありません。パワステオイルは意外な事にも高温・高圧になりやすいですし、エンジンオイルとは違って量も少ないために使用していくにつれて劣化が進んでいきます。劣化した状態で使用を続けてしまいますと、パワステポンプ周辺からのオイル漏れやトラブルの原因につながります。

交換時期の確認!

普段乗っている車のパワステオイルのチェック方法を説明します。まず、エンジンを始動させ、エンジンルーム内にあるリザーバータンクを点検します。真っ黒に汚れていたり焦げ臭くなっていたら、早急に交換が必要です。パワステオイルの交換は少々手間がかかってしまいますが、簡単に交換する方法もあるのでご紹介します!

今回ご紹介する交換方法!

パワステポンプのリターンホースを抜く事でオイルを全量交換するやり方と、新しいオイルを入れて汚れを薄めていく2種類の方法があります。全量交換ですとエア抜きなどの複雑な作業が必要になってきますので、新しいオイルで汚れを薄めていく方法をご紹介します。



用意するもの!

使うものは少ないです!

使うものは意外な事にも少なく、全て自動車量販店やホームセンターで揃います。パワステオイル1L~2L(車種によって変わります)、空ペットボトル500ml×4、オイル差し又はスポイト(灯油用など代用可能です)。

パワステオイルの選択方法

パワステオイルは基本的にはATオイルが使用されています。しかし、この場合は油圧式を採用しているパワステで、パワステベルトが無い電動油圧式は粘度の違う指定されたオイルを使用します。最近はパワステオイルリザーバタンクが無い電動パワステが主流になっておりパワステオイルが存在ません。ですので、オイルは量販店に様々な種類のものがラインナップされていますが、指定された純正オイルを使用する事をオススメします。

交換方法!

以外にも簡単な交換方法!

まずはエンジンがかかっている状態でボンネットを開け、パワステオイルのリザーバタンクの蓋を開けます。スポイトなどを用いて古いオイルを抜くのですが、LOWの目盛りを決した下回らないようにしてください。抜いたオイルをペットボトルなどに集めて廃油の量を確認して再度注入します。そして抜いた量と同じ量を目安にスポイトで吸い取りリザーバタンクに注入します。そして、ハンドルを左右に何回か切る事で古いオイルと新しいオイルを混ぜれば作業完了です。この作業を何度か繰り返しますと、廃油の色が徐々に綺麗になっているのが実感できると思います。満足するまで徹底的に繰り返すか、1Lなどでやめるかは自己判断でお願いします。

オイルチェックをしっかりと!

交換作業が完了しましたら、リザーバタンク内のオイル量が規定通り入っているかチェックを行って終了です。案外忘れがちなのが蓋の閉め忘れです。リザーバタンクの蓋は忘れずに閉めてください。閉め忘れてしまいますと、異物が混入してしまったり、タンク内が高圧になった際に溢れてしまう事があります。
元から、パワステポンプから異音が発生していた車は、交換しても音が消えないなど改善が見られない場合はエアー混入を疑うか、オイルポンプの故障を疑われます。エアー抜きを行っても異音が消えないなどでしたら迷わずに修理工場へ向かいましょう!

エアー抜きも実は簡単!

汚れを薄めていくやり方で満足する事ができず、パワステオイルを全量交換した方はエアー抜き作業が必要になってきますが、非常に簡単な作業ですので説明します。
まず、前輪両輪をジャッキアップしタイヤをフリーの状態にしてください。そしてエンジンルーム内のリザーバタンクの蓋を開けます。そしてエンジンを始動させずにハンドルを左右に4~5回ロックするまで切ります。ここで、リザーバタンク内のオイル量を確認して少ないようでしたら補充してください。エンジンを始動し、ロックする寸前までハンドルを左右に切り込みます。タンク内が泡立っていましたら、これはエアーが抜けている証拠です。そして、リザーバタンクの蓋を閉めて安全が確認できるところでテスト走行を行ってください。この時に異音や違和感を感じましたら再度エア抜き作業を行ってください。エアー抜き作業が完了していても異音が治まらなかったり、違和感が残る場合はパワステポンプのオーバーホールが必要になってきます。この作業はパワステオイルを全量交換していない場合は必要ないです。



まとめ

簡単にできる整備です!

パワステオイルの交換は、エンジンオイル同様に簡単に作業する事ができます。古い車などで、パワステ装備車なのにハンドルが重い、切るたびに異音がするなどといったトラブルを抱えている車両は一度作業を行ってみる事をオススメします。作業自体も非常に簡単ですので、気軽に行う事ができます。エンジンオイルと違ってあまり交換する機会が少ないパワステオイルですので、中古車などで車両を購入した際は交換してあげてリフレッシュする事をオススメします。量販店に足を運びますと、パワステオイルは様々ラインナップされていますが、車両とオイルの相性がありますので、極力、指定純正オイルを入手して交換する事をオススメします。