忘れないで!オートマオイル(ATF)交換!

オートマチック車両のギアボックス内にはオートマオイルが循環しており、交換の必要があります。しかし、オートマオイル交換をされていない方が殆どです。そんなオートマオイルの交換の重要性と合わせて作業手順を説明していきます!

オートマチックオイルって?

略してATF!

自動車部品量販店やガソリンスタンドなど至る所で「ATF交換」の文字を見ると思います。このATFとはオートマチック・トランスミッション・フルードの略称で、タイトルにも記述しましたオートマオイルの事を指します。全てのオートマチック車両にはオートマチックオイルが使用されており、ギアトランスミッションをスムーズに作動させる事を目的として使用されています。オートマチックオイルを記事内では以下ATFとして紹介します。

ATFの役割

エンジンの動力をタイヤに伝えたり、ギアを自動で上げたり下げたりしギアチェンジしてくれる機能は全てATFのおかげなんです。このATFがありませんと、ギアはスムーズにチェンジしないどころかノッキングを起こしてギアボックスが故障します。それを防ぐための役割を果たすのがATFオイルなのですが、エンジンオイルのようにフィルターなどがない為、汚れやすいのですが、交換する必要がある事がなかなか認識されていません。

交換で得られる効果

エンジンの動力、パワーを効率的にタイヤに伝える事ができますので燃費の向上や、スムーズなギアチェンジにつながるので、効果は大きいと言われています。交換時期は一般的には2万キロ、2年に一度の交換が推奨されています。ですが、実際はほとんどの方がATFの存在を知らないので未交換であったり、あまりにも汚れている場合は車検の際などに交換されている事が多いです。しかし、オートマチックトランスミッションは非常にシビアなシステムですので、安易な判断での交換はオススメできません。



ATFをDIYで交換!

オイル量を確認してから廃油

ボンネットを開けてエンジンルームを見ますと、エンジンオイル同様にATFにもオイルレベルゲージが付いていますので、残存量を調べます。廃油ですが、エンジンルームから抜く上抜きと、車体下ATFオイルパンのドレンボルトを開けて抜く下抜きをして廃油を行います。

ひたすら廃油!

エンジンルーム内からスポイトのようなもので抜き取ったり、耐油ホースを差し込んで自動落下方式で抜きます。ある程度の量が抜けた事が確認できましたら、次は車体下に潜り込みATFオイルパンのドレンボルトを抜いて下抜きをします。この時に、前輪タイヤ両輪ジャッキアップされている状態ですと抜きやすくなります。大体が上抜きでATF全体量の3/1が抜き取る事ができると言われています。一度で全ての量を抜くのは不可能ですので、何回か作業を繰り返して新品オイルの割合を増やしていくやり方になります。

新ATFを注入

廃油作業が完了しましたら、抜いた分だけ新しいオイルを注入します。レベルゲージで量を確認しながら作業をしましょう。注入しましたらしっかりと蓋をしめて、エンジンを始動させてアイドリングします。アイドリングによってオイルが循環し始めます。そして再度、廃油して給油を行ってを繰り返すことで新しいオイルの割合を増やしていきます。イメージとしては、ウイスキーの水割りに水を足し続けて水の割合を増やし飲みやすくする感じです。

まとめ

超シビアなATFオイル

ATFオイルはオートマチックミッションのギアボックス内を循環するオイルなのですが、非常にシビアです。異物の混入を激しく嫌います。ウエスに付着している糸くずなどでもトラブルの原因になってしまう事もあります。ですので、作業の際には紙のペーパーを使ったりATFオイルに異物が少しでも入らないように努めましょう。新しいオイルを注入する際に用いるボトルやホース類は基本的には使い回すのではなく、新品を買い揃えて行うべきです。

重要な交換必要の判断!

ATFオイルを交換した覚えがないから、とりあえず変えればいいというのはATFオイルを交換する理由としてはオススメしません。ATFオイルは非常にシビアなものであり、交換後にオートマチックのトラブルが起きてしまう事もあります。50,000km未交換の車両などは逆にATFオイルを交換しないほうがいいと言われていたり、純正指定以外のATFオイルを使用した事がトラブルにつながってしまった事例があります。ATFオイルを交換するべきかの判断は、オイル診断器のある整備工場などで判断してもらう事をオススメします。

DIYでも可能ですが極力プロに

ATFオイル交換は理想としましては新車状態から、定期的に交換し続ける事がオススメです。何年も交換していない車両などはプロに判断していただく事をオススメします。特に輸入車に多いのがATFオイルを交換したらオートマチックミッションがトラブル続きという事も多く聞きます。何度も繰り返している様に、ATFオイルは非常にシビアで、小さな異物の混入ですら非常に嫌いますし、DIYですと廃油作業に非常に苦戦するかと思います。最近ではATFオイルチェンジャーを常備している整備工場も多いですので、基本的には交換の判断と作業を合わせてプロに任せる事をオススメします。