富山県南砺市の「道の駅福光」ってどんなところ?【一福茶屋、福光紹興友好物産館、レストランたんぽぽ】

富山県には「清水が吹き満る」と言われ、現在は周囲の自治体と合併して南砺市となった旧福光町という場所がありました。場所としての名前は消えてしまいましたが、中学校や病院、そして「道の駅」にはしっかりその痕跡を残しています。『道の駅 福光』とても景気のよい名前ですよね! それでは一体ここにはどんな設備とグルメがあるのでしょうか? 詳しくて見ていくことにしましょう!

『道の駅 福光』「なんと一福茶屋」ってどんなところ?

国道304号線沿いにある『道の駅 福光』はなんといっても、サブネームの「なんと一福茶屋」というのが目を惹く施設です。その名の通り、外観は和風建築でまさに茶屋をイメージして作られているので、日本人ならついつい立ち寄りたくなってしまいますよね! 
・東海北陸自動車道「福光IC」から10分
・北陸自動車道「小矢部IC」「砺波IC」から10分
というアクセスのよさも非常にありがたい「道の駅」になっており、世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」も同じ市の中にありますので、観光の休憩や、そこへ向かう際の拠点としても充分に利用できます!
また、施設内には基本的な24時間対応のトイレや駐車場、公衆電話などがあり、他にも産地直売所やレストランなどもありますので、お土産や食事にもご利用ください!

住所:富山県南砺市中ノ江16
営業時間:9:00~18:00
駐車台数:130台

敷地内には「福光紹興友好物産館」という施設もあります。

出典: http://www.geocities.jp/imayan56/toyama.html
『道の駅 福光』と同じ敷地内にある「福光紹興友好物産館」という建物は、和風建築である駅舎と真反対にあるような中華風建築で作られており、内部では中国の美術品・書画・工芸品・物産品などが売られています。
では、なぜここに建てられているのかというと、元衆議院議員で日中友好の架け橋として有名な故・松村謙三氏がここの出身であり、中国の周恩来元首相の出身地である紹興市との友好都市となっているからだそうで、平成16年に建造されました。
ここでお土産を買っていくのも良いかもしれませんね!



『道の駅 福光』の「レストラン たんぽぽ」でグルメを食べよう!

出典: http://www.fukumitsu.net/fr_inf.html
やはり「道の駅」に到着したなら、何か食べて帰りたいですよね! 軽食コーナーなどはだいたいの場所にあるのですが、レストランとなると一部の場所に限られているので、見かけたらついつい入ってしまうのが「人の性」! ということで、『道の駅 福光』にある「レストラン たんぽぽ」で食事をしていきましょう! 
それでは、おすすめメニューを紹介したいと思います。

「和風ラーメン」はサービス満点の一品!

出典: http://www.sakane.net/manpuku/tanpopo/
やはり「道の駅」に来たならば食べるのはラーメン! という方も多いのではないでしょうか? どれもそれなりの味はしていますし、手軽に食べられるのは嬉しいですよね。「レストラン たんぽぽ」の「和風ラーメン」は薄めの塩味ということで、さっぱり食べられるラーメンで、100円プラスすることで、麺の量を2倍にすることも可能です! がっつり食べたいときに嬉しいですね! 値段は基本料金600円と、お手頃なのでおすすめです!

「南砺バーガー」もおすすめ!

出典: http://www.sakane.net/manpuku/tanpopo/
「南砺」と「なんと!」を掛け合わせた名前をもつ「南砺バーガー」は、まさにここでしか食べることのできないご当地グルメで、挟まっているのは、なんと干し柿の天ぷらです! 本当に変わってますよね! しかし、こうなると味が全く想像できないのですが、意外や意外、案外美味しいもので、食感はイカの天ぷらのようで、ほのかな甘みが癖になります! これは絶対にチャレンジしてほしい逸品です!

『道の駅 福光』で買えるお土産!

出典: http://www.fukumitsu.net/fr_inf.html
南砺市といえば世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」などの観光地を要する場所で、すごく賑やかですよね。では、『道の駅 福光』はどうかというと、ここもやはり人気のあるスポットです! それならお土産もたくさん種類があるのは当然ということで、観光の帰りに立ち寄って、買って帰りましょう! もちろん「福光紹興友好物産館」で、買って帰るのもおすすめです!
それでは、『道の駅 福光』のお土産をみていきましょう!

「いもっ娘」は可愛くて美味しいのでおすすめ!

出典: http://blog.zaq.ne.jp/pururun/article/243/
「いもっ娘」は富山で有名なお土産の1つとして長らく「小矢部川SA」でしか買えなかったといわれる幻の逸品なのですが、なんと『道の駅 福光』でも買うことが可能になりました! というわけで、これは買っていかないといけませんね! 
では、味の方はというと名産品である「五郎島金時芋」をたっぷり使っているので、饅頭なのにまるでスィートポテトのような甘さを持っており、とても美味しいんです! 非常におすすめなので、間違いなく買いです!

「マタタビ仙人」はとっても飲みやすいお酒!

出典: http://tamaritanyan.at.webry.info/200902/article_15.html
富山県のお土産といえばまさにこれでしょう! ご当地の地酒というわけではないのですが、猫も大好きマタタビが入ったお酒です! 中々味の想像が付かないと思いますが、非常に美味しくて飲みやすいので有名なんです。特に今回紹介している「マタタビ仙人」は、蜂蜜が加えられているので、さらに飲みやすくなっています。アルコール度数もそれほど高くなくおすすめです!



旧福光町の「道の駅」まとめ

旧福光町(現・南砺市)の「道の駅」である『道の駅 福光』はいかがでしたか? 立派な和風建築とその横にならぶ中華風建築、そしてどちらでもお土産が買えるという素晴らしい場所でした。近くには世界遺産もあるという贅沢な立地で非常に楽しそうなところですね! 観光のついでに足を向けてはいかがでしょうか?
それでは、安全運転を心がけて『道の駅 福光』を楽しんできてください!