洗車を楽に!おすすめコーティング剤特集!

数あるコーティングの特徴と違いを理解して更なる愛車のクリーンナップを目指しましょう! コーティングの種類によっては洗車の回数を減らせますよ!?

コーティングによって綺麗を長持ちできます

いくらピカピカに洗車できても突然の雨や長距離ドライブ、しばらくすると汚れが気になってしまいます。そこで今回はボディーにコーティングを施しピカピカを少しでも長持ちさせる方法をご紹介します。
コーティングはプロに依頼することはもちろん、ご自身でも施工することができます。今回はそのコーティングの種類と特徴をわかりやすく解説させていただきます。



コーティングの種類と特徴

コーティングの種類と特徴について理解しておきましょう。

油脂コーティング

古くからある自動車の代表的なコーティングが油脂系ワックスです。主にカルナバロウを主成分にした固形のワックスです。油でボディーをコーティングすることによって水の弾きを良くします。コーティング類の中でダントツの撥水効果があります。
そのほか、小さな凹凸を埋める傾向がありますので細かな傷を目立ちにくくできます。ですのでボディーをツヤツヤに見せる効果があります。
しかしデメリットとして石油を使用しているものが一般的です。石油は傷から塗装面に浸透してダメージを与える傾向があるので、ボディーの劣化を早めてしまう恐れがあります。紫外線にも弱く、太陽光で劣化したワックスが水垢になりやすいです。そのためコーティング期間は短めです。

シリコンコーティング

液体系ワックスや水性ワックスに多く採用されている成分です。水の弾きは油性より劣りますが、水垢になり難い性質があります。シャンプーインタイプも多いので、短時間で施工できるメリットもあります。ガソリンスタンドや洗車場にあるセルフ洗車機の撥水系のメニューも、このシリコン系が多い傾向にあります。多少の汚れであればボディーに付着しずらく、定期的な洗車をされる方におすすめです。
デメリットとしては、傷などを目立ちにくくする効果には乏しいです。

ポリマーコーティング

シリコーンやフッ素などを含んだポリマーで車をコーティングします。わかりやすく言うと、食品用ラップフィルムもポリマーです。それを薄くしたもので車を包むようなイメージをしていただければ良いかと思います。
このポリマー系コーティングは、研磨剤も入っている商品も多く、施工時に汚れを取ったり小さな傷も埋める効果もあります。ツヤツヤ具合では油脂系ワックスより劣りますし、水の弾きも見た目には弱いです。しかし、コーティングが汚れから守ってくれるので、一度施工すれば約3ヵ月間は水洗い程度で十分です。
なお、前回のコーティングが落ちる前に施工を重ねれば、コーティングの層が厚くなりますので、さらに効果的です。紫外線にも強いのでボディーの劣化を遅らせる傾向もあります。

ガラスコーティング

3イヤーズコートや5イヤーズコートとも言われるコーティングです。ザックリ言うと、ガラスの被膜で車をコーティングするといった物です。細かな傷も埋め、見た目にもツヤが増します。ポリマーよりも頑丈なコーティングで、現在のところボディーの保護性は一番高いです。
長期的にボディーを保護できるので、一度施工すれば当分の間、シャンプーや水洗い洗車で綺麗な状態が保たれます。まさに理想のコーティングとも言えます。
デメリットとしては、コーティングの施工代が高価です。相場は5万円~7万円程です。そして施工するときのコーティング剤や施工する人によって効果の長さが変わる傾向にあります。
DIYでも施工可能で安上がりではありますが、一般的にはプロに比べて仕上がりは劣ります。メンテナンスとして定期的にポリマーコーティングを施し、より長持ちにさせるといったことが可能です。

油脂系コーティングをおすすめな方

車の手入れが大好きな方

とにかく車と触れ合いたい! 車に愛情を注ぎこみたい! といった方には油脂コーティングがおすすめです。通常の洗車のあとに、ボディー全体を撫でるように施工する油脂コーティング。一般的には付属のスポンジに固形ワックスを適量取り、ボディー全体にじっくり塗り込んでいきます。縦方向にゆっくりワックスを伸ばしていくようなイメージで塗り込みます。
ある程度ワックスが落ちたときは、前回のワックスを綺麗に落とし、再度コーティングをするといった手間もありますが、こういった作業が苦にならない方、むしろ楽しめる方におすすめです。

とにかく水を弾きたい方

抜群の撥水効果のある油脂コーティング。雨の日にはボディーラインに沿ってまん丸な大きな水玉が素早く落ちていきます。見ているだけでも気持ち良いですし、誰の目にも車を大切にしていることが伝わります。油脂コーティングが好きな方には雨の日を楽しまれている方も多いようです。

とにかくツヤツヤにしたい

ボディーに油を塗るわけですので、塗り方によっては不自然なまでにテカテカに光らすことも可能です。モーターショーに出展されている車両のようなツヤを求めている方にもおすすめです。



シリコンコーティングをおすすめな方

お金を掛けたくない方

シャンプーインワックスであれば、洗車をすればシリコンコーティングができます。ですのでシャンプーインワックス1本のみの金額で済みます。数あるコーティングの中でも一番リーズナブルに済みます。商品によってはシャンプー効果のない、シリコンワックス単体の物もありますが、それでもお手頃な価格です。

時間を掛けたくない方

シャンプーと一緒にコーティングが済むので短時間で済みます。ガソリンドや洗車場のセルフ洗車機でもこのコーティングができますので、5分もあれば完了といったところです。

ポリマーコーティングをおすすめな方

小傷が気になる方

ポリマーコーティングはかんたんに小傷を隠すことができますし、予防もできます。時間も固形ワックスを施工するよりも短時間で済みます。濡れた車体にポリマーコーティング剤を塗っていくだけですのでお手軽です。

洗車が面倒な方

一度ポリマーコーティングをしておけば約3ヵ月は水洗いやシャンプー洗車で済みます。シリコンコーティングと同じか、それよりも時間を短縮できます。しかもシリコンコーティングよりも綺麗な仕上がりです。

ガラスコーティングをされている方

前述でも紹介しましたが、ガラスコーティングを長持ちさせるためにポリマーコーティングでメンテナンスが可能です。お互いに相性が良いのでガラスコーティングをされた場合におすすめです。

ガラスコーティングをおすすめな方

新車時の輝きを取り戻したい

ガラスコーティングは油脂系ワックスに比べ、より自然な輝きが手に入りますし、小傷も隠します。ですので新車時のような状態を取り戻すことができます。しかも長期間キープできます。さらに傷への耐性もポリマーコーティングよりも強いので、より劣化を防ぐことができます。新車時にガラスコーティングを施工することもおすすめです。

ボディーに小傷を付けたくない

走行による飛び石などでの小傷を付けたくない方におすすめです。ガラスコーティングは被膜が硬いので防御力が高い傾向にあります。特に速度域の高い高速道路では飛び石のリスクが高いので多用される方には特におすすめです。

洗車にズボラな方

ガラスコーティング自体は非常に時間が掛かりますが、一度施工してしまえば、最低でも約1年間は持ちます。洗車の回数が少なくても、多少の汚れは雨で落ちますので手入れの回数は自然と減ります。しかも綺麗な状態が続く傾向にあります。

おすすめコーティング剤

数ある商品の中から良し悪しを分別するのも時間が掛かり大変かと思います。そこで厳選された商品をご紹介します。

油脂コーティング

Surluster(シュアラスター) カーワックスS-07 インパクト.ジュニア 100g[HTRC3]
主成分:植物性天然カルナバロウ
作業性、耐久性、光沢性に優れたワックス
容量:100gメーカー品番:S-07
シュアラスターインパクトシリーズは、ツヤ出しワックスに理想的なロウと言われる植物性天然カルナバロウを主成分とし、研磨剤を含まず作業性、耐久性、光沢性に優れたワックスです。

SOFT99 ( ソフト99 ) ワックス 光鏡面 ダーク&ブラック車用 200g 00420 [HTRC3]
付属品:専用クロス付き
内容量200g商品サイズ (幅×奥行×高さ) :120×120×90×mm原産国:日本内容量:200g
●新開発の超微粒子パウダーが、ワックスがけと同時に塗装面のキズを一掃!
●ワックス効果で、新車を思わせるような鏡面・光沢に仕上げます。

RINREI(リンレイ) カーワックス ジャパンワックス 固形 [HTRC3] A-89
生産国:日本付属品:スポンジ
【内容量】200g【タイプ】固形 【適応ボディカラー】全塗装色対応
●木蝋(もくろう)配合でなめらかなツヤを出します。
●雨の多い日本に最適のワックスです。
●全塗装色対応。
●固形タイプ。

シリコンコーティング

ナポレックス(NAPOLEX) つや出し ARMORALL(アーマオール) プロテクタント500ml A-5
生産国:アメリカ
材質・素材:主な成分:シリコーン、乳化剤、界面活性剤
商品紹介
●カーケア用品アメリカNo.1の実績。信頼と実績のアーマオールシリーズから、保護つや出し剤。
●ゴム・プラスチック・ビニールレザーなど、あらゆる合成素材の保護とツヤ出しに最適の1本です。
●オゾン・紫外線による日焼けや色あせ、ひび割れを防止します。
●素材にツヤを与え、美しさを長時間保ちます
●微香性です。
●容量:500ml
使用上の注意
●使えない素材:自動車の塗装面、布地、皮革、白木、ガラス、透明プラスチック●ご使用の際には、あらかじめ部分的にお試しの上、お使いください●その他、ご使用前に製品の注意書きをよく読み、正しくお使い下さい。

Surluster(シュアラスター) カーワックス クイック 400ml S-63
内容量:400ml
時間の無い時、お出かけ前でもすぐ洗車! いつでも簡単洗車&ワックス。 ノーコンパウンドで全塗装色対応。 中型車約8台分 場所を選ばず、簡単に洗車・ワックス掛けができます。 洗車後なら濡れたボディにシューッとスプレー簡単ワックス。 シャンプー洗車後、濡れたままのボディにスプレーして拭き上げるだけで、愛車に艶と撥水力が得られます。 天然カルナバ蝋配合

PROSTAFF [ プロスタッフ ] 光沢ワックスシャンプー ホワイトパール (800ml) [ 品番 ]PRO STAFFS-39
【品番】S-39●【容量】800ml
洗車&ツヤ出しWAX! 超ツヤやかな塗装面を実現した、ツヤ重視のワックスシャンプーです。Wシリコンの配合により、ツヤと撥水性を高次元で融合させ新車時のような煌めく塗装面を復活させます。

ポリマーコーティング

業務用フッ素系ポリマーコーティング剤 プロコ-トポリマー (ホワイト車用) 1L 1976 (専用スポンジ付)
●水濡れしていても使えるラクラク施工タイプで、強靭な保護膜を形成するため、ディーラー様でも大人気です!
●塗装面の凸凹を平滑化し、鏡面状態にする、業務用コーティング剤です。
●フッ素ポリマーを配合指定いるので、スピード仕上げなのに高品位です!
●適用:ホワイト車・淡色車用
※スポンジ付です
●水濡れしていても使えるラクラク施工タイプ! ●しかも、強靭な保護膜を形成するため、ディーラー様でも大人気です! ●塗装面の凸凹を平滑化し、鏡面状態にする、業務用コーティング剤です。 ●フッ素ポリマーを配合指定いるので、スピード仕上げなのに高品位です!  適用:ホワイト車・淡色車用 容量:1リットル ※スポンジ付です。

ロイヤル化学研究所 クリーンX-ポリマー
生産国:日本付属品:・専用スポンジ(赤)×1枚
内容量:420ml
【ポリマーの元祖 クリーンX-ポリマー】 ■性能・特徴 ・水や紫外線の働きで分子同士の結合が強化され、いわば鉄筋コンクリートのような耐久性に優れた高分子被膜を作ります。 ・紫外線や酸性雨、鳥の糞などによる「シミ」や「変色」から塗装面を守ります。 ・汚れは被膜内部に浸透しにくく表面に留まりますので、塗装面にダメージを与えることなく、メンテナンスで簡単に除去できます。 ・定期的なメンテナンスを繰り返すほど安定化し、より強固な保護膜が形成されます。 ・メンテナンスは30日~40日ごとに行うと効果的です。 ・1本で普通車約10~12台施工可能です。 ■使用方法 ・車全体を水洗い、もしくはシャンプーで洗車し、よく洗い流して下さい。(拭き上げる必要はありません。) ・水分を含ませた専用スポンジにX-Pをスプレーします。 ・力を入れず縦・横方向で最初は大まかに塗り延ばします。 ・スポンジの水を切りながら隙間の無いように塗り延ばします。 ・乾いたタオルで拭き取ります。

ガラスコーティング

3年持続 硬化ガラスコーティング剤 ピカピカレインPREMIUM ( プレミアム ) 新発売 3年間ノーワックス [TOP-PREMIUM]【HTRC3】
車ガラスコーティング剤のピカピカレインに新商品登場!
ピカピカレインPREMIUM 滑水性
3年間ノーワックスで手間要らず。
塗装面の光沢アップ技術は科学的にも証明。(日米特許取得済)
とにかく、光沢アップとキズから愛車を守りたい方。完全無機質のガラス膜を形成、車の塗装を強力に保護。

5年持続 硬化ガラスコーティング剤 AQUADROP GLASS COAT PREMIUM クロススポンジセット 軽・コンパクトカー用
特徴:乾燥後、硬化・ガラス結晶化、強力撥水長期間持続ガラス被膜を形成し、塗装を保護します。
用途:自動車用ガラスコーティング剤 1本で軽自動車・コンパクトカーを2台または2度施工可能
成分:シラン・シロキサン・触媒
被膜持続期間目安:新車施工時1度施工で3年、2度施工で5年被膜が持続
内容物:コーティング剤1本・クロス3枚、スポンジ2個・施工マニュアル

まとめ

いかがでしたか? それぞれの特徴を活かしてご自身に合ったコーティングをお選びください。特にポリマーコーティングやガラスコーティングは長期的に効果が得られますので、大変便利です。
もし乗り換えられるといった場合も綺麗な車体であれば下取り価格の低下を最小限に抑えることができると思います。
いつまでも綺麗な車を維持できれば、少しのドライブもファッション感覚で楽しめるかと思います。最後までお読みいただきありがとうございました!