冬の夜に輝く!アーバンな街 六本木の夜景スポット5選!(東京)

冬の夜にキラキラと輝く大都会「東京」の夜景。その輝きには何度見ても飽きずにみとれてしまいますよね。今回は夜景鑑賞適した、アーバンな街『六本木』の夜景スポットと、夜景鑑賞のあとの冷えた体を温めてくれるフードスポットをご紹介します!

■東京のアーバンな街「六本木」

アーバンな街「六本木」には、東京タワーや高層階ビルの六本木ヒルズ、東京ミッドタウンに、ANAインターコンチネンタルホテルなどのホテル、おしゃれなカフェもあれば、食にこだわったレストランなどの、いろんなショップやホテルが集まった場所。夜には、ビルやショップの明かりがキレイな夜景へと変わります。そんな眠らない街、六本木のおすすめ夜景スポットのご紹介です!



■東京ミッドタウンのベスト夜景スポット

都内のなかでも自然がおおく植えられた東京ミッドタウン。「さくら通り沿い」と「ガーデンテラス前」に植えられた桜並木道を目の前にし。その先には高層階ビルや東京タワーのシルエットが見える穴場スポット。

おすすめの夜景鑑賞スポットは、コートヤードと芝生広場をつなぐ橋の上! 桜並木道とミッドタウンの夜景が見えます。冬には季節限定のイルミネーションと夜景が見れ。春の桜が咲く季節には、桜のライトアップと夜景が見事なまでに美しい夜景が見れます!

夜景とイルミネーションのコラボレーションを楽しむ。

約52万個のLEDの光りに包まれたイルミネーションイベント『スターライトガーデン 2015』が開催されます。外苑東通り沿いにある「ウェルカムイルミネーション」はホワイトとピンクの可愛らしいイルミネーションへと変わり。ミッドタウンガーデン芝生広場でおこなわれる、幻想的な青い光に包まれた「スターライトガーデン2015」は今年のメインイルミネーションです。期間は2015年12月25日まで。夜景とイルミネーションのコラボレーションは、きらびやかな街をいっそうとキレイにしてくれます! ※点灯時間:17:00~24:00/期間:12月25日まで

東京ミッドタウンの基本情報

【基本情報】
東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9-7-1
TEL:03-3423-8772

■落ち着いた「大人の空間」で六本木の夜景を眺める

世界貿易センタービル シーサイドトップ

『世界貿易センタービル シーサイドトップ』は、最寄駅のJR浜松町駅から直結したビルにあり。落ち着いた雰囲気のなかで夜景を眺めたいひとにおすすめ。テーブルやソファーが置かれ、シックなインテリアで統一された展望台の雰囲気のよさは、日本トップクラスです! 展望台から見える汐留のスタイリッシュな超高層ビル。東京タワーなど六本木エリアの夜景。洗礼された大人の空間で、夜景を眺めるひとときは格別です! ひともそこまで多くないのでゆっくりと夜景鑑賞ができる穴場スポットとして、隠れた人気を誇っています。

世界貿易センタービル シーサイドトップの基本情報

【基本情報】
世界貿易センタービル シーサイドトップ
料金:大人620円/高校生620円/中学生360円/小学生360円/幼児260円
時間:10:00~20:30(最終受付20:00)
住所:東京都港区浜松町2-4-1
TEL:03-3435-6026
交通:JR浜松町駅から直結
駐車:あり ※8:00~20:00(30分ごと)300円/20:00~翌8:00(60分ごと)300円

展望台 : 世界貿易センタービルディング
世界貿易センタービルディングは、賃貸オフィス、貸会議室、展示場、結婚式場などを運営しています。



■六本木ヒルズで夜景観賞!

六本木駅すぐにある『六本木ヒルズ』は、六本木ヒルズ森タワーを中心として、HOTELグランドハイアット東京や、映画館TOHOシネマズなど、他にも数多くのが商業施設が集まっています。六本木の夜景スポットとして知られている六本木ヒルズの展望台「東京シティービュー」と「スカイデッキ」の2フロアは、六本木森タワーのなかにある施設です。

六本木ヒルズの基本情報

【基本情報】
六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
駐車:あり 30分300円/1日24時間最大料金3,000円

■展望台利用について
料金:一般1,800円/高校、大学生1,200円/子ども600円※4歳~中学生
営業:日曜、平日10:00~23:00(最終入館 22:30)/土金10:00~25:00(最終入館 24:00)

(1)六本木ヒルズ スカイデッキ

最上階(屋上)のオープンデッキ展望台『スカイデッキ』は、展望台東京シティービューよりも、高いところから夜景鑑賞が可能になっています。そのため、さらに広範囲の夜景が楽しめ。冬の澄んだ空気のなか、夜風を感じながらの夜景鑑賞はとても気持ちがよく。寒い季節でもつい長居できてしまうもの。鑑賞時間は日没からがおすすめです。お馴染の東京タワーから新宿まで、徐々に表情を変えていく都会の景色を一望できます!

■スカイデッキ利用について
料金:展望台入場料に+デッキ入場料500円 ※4歳~中学生は+300円
営業:11:00~20:00(最終入場19:30)

(2)六本木ヒルズ展望台『東京シティビュー』

六本木ヒルズ森タワーの52階。標高250メートルに位置する展望台『東京シティビュー』。日本最大級と言われる約300メートル続く回廊展望台は、フロア全面がガラス張りにし、天井も高くつくられているので解放がある中で夜景が楽しめます。東京タワーなどの六本木周辺はもちろん、新宿やお台場のシティビューが一望できるスポットです! こちらの展望台は室内なので寒さにこたえることもなく、とても快適! 展望台施設内にはベンチが設置されているので、腰を掛けて休憩しながらの夜景鑑賞もできます。照明も間接照明でライトダウンされているぶん雰囲気もよく。夜景鑑賞がしやすい環境になっています!

■期間限定イベント「夜景×プラネタリウム×プロジェクションマッピング」

六本木ヒルズの東京シティービューで季節限定のイベント「星のイルミネーション」がおこなわれます。期間中は展望台フロアに、プラネタリウムが出現! プラネタリウム・クリエイターの大平貴之さんがプロデュースする。宇宙で瞬いている約10億個の星を再現した「銀河の散歩道」や、美しい天の川を再現した「星空のイルミネーションbyMEGASTAR(メガスター)」など、映像技術を使い窓や建物などに、映像を映しだす話題のプロジェクションマッピングをつかって表現しています。リアル(東京の夜景)と、バーチャル空間(満点の星空)が交わる神秘的な世界が広がります。

東京の中心でみる満点の星空だなんて、まるで夢のよう。冬の夜を何億万個の星たちが、きっとロマンチックな時間を演出してくれるはずです。近ごろ星を見ていないというひとも、ぜひこの機会に足を運んでみてください!

星空のイルミネーションの基本情報

【基本情報】
星空のイルミネーション
会場:六本木ヒルズ森タワー52階 展望台東京シティービュー
期間:2015年12月25日まで

■東京のシンボル 東京タワーで夜景鑑賞!

東京タワー大展望台

東京と言ったら「東京タワー」が頭に浮かんでくるかたも多いのではないでしょうか。観光客やデートスポットとしても人気のスポット。かつ誰もが知っている東京タワーからは、都内の定番スポット東京スカイツリーや、お台場の夜景。普段は交通手段のひとつとしている道路や首都高さえも、東京タワーからの眺めなら、車のライトや街灯でキレイな夜景へと大変身します!

東京タワーでも冬の期間限定スペシャルイベントが盛りだくさん!

■「東京タワーウィンターファンタジー」
毎年恒例! 東京タワーの玄関前でおこなわれるイルミネーションイベント「東京タワーウィンターファンタジー」が今年も開催。今年のテーマは「東京タワーシンボルカラーのオレンジ色」。オレンジ色のイルミネーションに包まれた、高さ約10メートルの生のモミの木でできたクリスマスツリーが温かく出迎えてくれます。
※期間:2015年11月3日~2016年2月29日/時間:16:00~24:00/会場:東京タワー正面玄関前 ■「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA2015-2016」
去年展望台の一面を使い。日本ではじめて展望台で夜景とプロジェクションマッピングのコラボレーションをおこなった「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」。今年は展望台全面を使用する360度のプロジェクションマッピングにグレードアップして帰ってきました! 「月が輝いている冬の夜に少年が夢の世界を旅する」とゆう、ストーリー性の溢れるプロジェクションマッピングに仕上がっています。フィナーレには、冬の夜を鮮やかに彩る打ち上げ花火が! 
※期間2015年11月13日~2016年4月3日/時間17:30~22:30 【基本情報】
東京タワー
料金:大展望台 大人900円/子ども500円/幼児 (4歳以上)400円
時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
住所:東京都港区芝公園4-2-8
TEL:03-3433-5111
交通:首都高速都心環状線芝公園出口より7分
駐車:あり 最初の1時間600円/以降30分ごとに300円※駐車場営業時間9:00~23:00

■夜景鑑賞のあとは、冷えた体を温めてくれるフードスポットへ!

大都会の夜はまだまだこれから! 夜景鑑賞のあとは、冷えた体を温めてくれるフードスポットへ行きましょう! カッコイイおしゃれカフェや本格的なハワイアンフードカフェでいただく「温かいラテ」で。人気のうどん屋さんでいただく「温かいうどん」で、体を温めて! 今回は六本木駅周辺のフードスポットを2店舗ご紹介します。

(1)メルセデスベンツ DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)

本格的なラテアートとメルセデスベンツ

メルセデスブランドの活動として生まれた『DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)』。ラテアート世界大会チャンピオン澤田洋史さんと、木村周一郎さんがプロデュースした、本格的なラテアートやコーヒーが味わえるカフェです。メルセデスベンツオリジナルドーナツ(300円)は可愛いと女性に好評! 店内奥にはメルセデスベンツ! をどんなひとでもメルセデスベンツを見て、触れて、体験できる「トライアルステーション」のサービスもあります。車好きの男性にもぴったりなカフェです。

DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)

【基本情報】
DOWNSTAIRS COFFEE(ダウンステアーズコーヒー)
料金:ラテ390円~/メルセデス・ベンツ オリジナルドーナツ300円/マフィン、パウンドケーキ各種300円
時間:7:00~23:00(L.O.22:30)
定休:なし
予約:不可
住所:東京都港区六本木7-3-10
TEL:03-3423-8772
交通:六本木駅から徒歩3分
駐車:なし ※車の場合は近くのパーキングへ

Mercedes-Benz Connection
東京/大阪で展開するメルセデス・ベンツ コネクション公式サイト。カジュアルでオープンなカフェや試乗をお楽しみいただけます。

(2)ハワイアンフード!FORTY NINER(フォーティーナイナー)

ハワイアンフードでほっこりタイム

本場ハワイでも人気のハワイアンフード店「FORTY NINER(フォーティーナイナー)」。バターミルクを混ぜ込んだ生地で作ったふわふわした食感のパンケーキが人気の一品です。ボリューミーなので、スイーツとしてではなく、食事にする女性も多くみられます。 約67年もの年月受け継がれてきた秘伝のソース「ハウピアソース」が決めて! おすすめは、ココナッツ風味のソースがたっぷりかかったパンケーキ「フォーティナイナーパンケーキ」です。六本木に来たら本場のハワイアンパンケーキを味わってみて!

FORTY NINER(フォーティーナイナー)の基本情報

【基本情報】
FORTY NINER(フォーティーナイナー)
料金:時間:平日11:00〜22:00/土日祝9:00〜22:00
定休:なし
予約:可
住所:東京都港区六本木7-5-11 カサグランデミワビル1F
TEL:03-5413-4258
交通:六本木駅から徒歩3分
駐車:なし ※車の場合は近くのパーキングへ

FORTY NINER HAWAII | ハワイパンケーキダイナー・フォティーナイナー | 創業67年以来いつも変わらないハウケアソースパンケーキ。とんねるず「きたなトラン」で一躍有名になったお店が日本上陸!
| 創業67年以来いつも変わらないハウケアソースパンケーキ。とんねるず「きたなトラン」で一躍有名になったお店が日本上陸!

まとめ

「冬の夜に輝く!アーバンな街 六本木の夜景スポット5選!(東京)」は、いかがでしたか? 夜景もさながら、イベント盛りだくさんの東京「六本木」。友達、好きなひとや恋人とのデートにも、使えるスポットです。ぜひ、六本木の夜景を楽しんでください!