やきものの街「多治見」の観光スポットを4つの視点で紹介!

今回は「日本一暑い街」や「やきものの街」と呼ばれる多治見の魅力的な観光スポットを「宿泊編」、「食事編」、「歴史編」、「芸術編」の4つの切り口で紹介していきます。多治見観光の参考になれば幸いです。

はじめに

東京、大阪からもアクセスがよい多治見

東京駅周辺から多治見駅周辺に向かう場合、首都都心環状線、中央自動車道を通って「多治見IC」で降ります。トータルで4時間弱のドライブとなります。電車などを使うと高速料金と比べて片道2,000円程余分に必要となりますが、2時間半程度で到着することができます。宿泊数があまりない場合は電車で向かってレンタカーを調達するのもよいかと思いますが、車で旅行するには程よい距離ではあると思うので、マイカーで行くのも良いです。

大阪駅周辺から向かう場合、阪神1号環状線、近畿自動車道、中央自動車道を経由して「多治見IC」で降ります。トータルで2時間半程度のドライブです。電車で行くと2時間弱で到着となり、料金もほとんど違いはありません。そのため、特別な理由がなければぜひマイカーで行きましょう。

日本一暑く、やきものが盛んな街

※イメージ画像です。 岐阜県南部にある緑と水源が豊かな都市です。昔から「やきのも」で栄えてきた街で美濃焼の産地としても有名です。陶芸の専門学校もあり、陶芸関係の人材も多く輩出しています。天候は盆地に当たるため、夏・冬で気温差が激しいです。特に夏場は40度を超える日を日本で初めて観測したり、37度以上を記録した日数が最も多いなど暑さが目立ちます。こういった特徴から「日本一暑い街」とも言われています。

今回の多治見観光スポットまとめ

今回の多治見観光スポットは「宿泊編」、「食事編」、「歴史編」、「芸術編」の4つの切り口で紹介していきます。宿泊編、食事編ではそれぞれ評判の宿やお店を紹介し、歴史編ではお寺などを中心に紹介します。芸術編では美術館ややきものに関するイベントなどを紹介します。



多治見観光の英気を養う「宿泊編」

ゆったりできるホテル「オースタット国際ホテル多治見」

マイカーで観光される方からは喜ばれるホテルの一つです。「多治見IC」を降りて5分ほどで到着できます。また部屋もシングル19平米・ツイン28平米と広々使えるのもポイントの一つです。新しいレストランは大きな窓が設置されており町並みを見たり、日差しを感じながら食事をすることができ、ちょっぴり贅沢な気持になります。

-基本情報
【名称】オースタット国際ホテル多治見
【住所】岐阜県多治見市白山町4-14-1
【営業時間】チェックイン15:00 (最終:26:00)/チェックアウト10:00
【駐車場】無料専用駐車場あり(収容:80台)※先着順
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約5分

多治見唯一の天然温泉「ルートイン 多治見インター」

続いてご紹介するのは「多治見天然温泉 ホテルルートイン多治見インター」です。こちらは多治見ついいつの「天然温泉大浴場」がついたホテルです。これだけでも魅力的ですが、立地条件も抜群に良いです。なんと「多治見IC」を出て約1分で到着します。また最終のチェックインが29:30となっているので、渋滞に巻き込まれたり、少し遊び過ぎて遅くなっても問題ありません。ちなみに大浴場は26:00まで入浴可能なので、ゆっくりと入ることができます。

-基本情報
【名称】多治見天然温泉 ホテルルートイン多治見インター
【住所】岐阜県多治見市若松町4-1-30
【営業時間】チェックイン15:00 (最終:29:30)/チェックアウト10:00
【駐車場】無料専用駐車場あり(収容:90台)
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約1分

有線のネットワークが確保されている「ホテルトーノー」

こちらは先の2件と比べると「多治見IC」より離れていますがそれでも約8分で到着できる好条件のホテルです。朝食が無料でサービスされていることや全室に32型のテレビがあったり、有線LANが設置されていたりと便利な点が多いです。短期の観光に向いているホテルです。

-基本情報
【名称】ホテルトーノー
【住所】岐阜県多治見市本町1-46
【営業時間】チェックイン15:00 (最終:29:00)/チェックアウト10:00
【駐車場】駐車場あり(収容:34台)※500円
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約8分

多治見のうなぎを食べつくせ「食事編」

150年以上の歴史を持つ「うなぎや」

最初は150年以上続き、現在6代目が伝統を引き継いでいる老舗うなぎ屋「うなぎや」です。おすすめは当然「うなぎ丼」です。秘伝のタレに浸したうなぎは備長炭でおいしく焼き上げられています。ジューシーなうなぎを堪能してみてください。

-基本情報
【名称】うなぎや
【住所】岐阜県多治見市広小路2丁目27
【営業時間】11:30~14:00、16:30~20:00(LO19:45)
【駐車場】駐車場あり
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分

陶芸の人間国宝も認めた味「魚弘」

続いてご紹介する「魚弘」も100年以上の歴史を持つうなぎ料理店です。陶芸家で重要無形文化財「三彩」保持者だった故・加藤卓男氏も常連だったお店です。料理は注文を受けてから身をさばき、じっくりと焼き上げます。鮮度と味にこだわった一皿は絶品です。うなぎも河一色産の大きいものを厳選しており、大きく柔らかいと絶賛されています。

-基本情報
【名称】魚弘
【住所】岐阜県多治見市広小路2丁目48番地
【営業時間】11:30~14:00、17:00~20:00
【駐車場】駐車場あり(収容:8台)
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分

著名人にも人気のうなぎ料理店「老鰻亭 魚関」

食通や著名人が多く立ち寄ると言われている明治30年創業の老舗店です。表面はサクサクで中はふっくらしたうなぎ丼は必食です。

-基本情報
【名称】老鰻亭 魚関
【住所】岐阜県多治見市本町4-32-1
【営業時間】[月~日]11:30~13:30(L.O.13:30)、17:00~19:30(L.O.19:30)
【駐車場】無料専用駐車場あり(収容:20台)
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分



多治見の過去に触れる「歴史編」

名勝指定の庭園のある「虎渓山 永保寺」

虎渓山にあるお寺です。中国廬山の渓谷に似ていたことから山号が決まっただけあり景観に優れた場所です。また池泉回遊式庭園は、国の名勝に指定されるほどで、元々ある地形をしっかりと活かした作りとなっています。池にかかった大きなアーチを描いた橋からの景色もよく、また橋を眺めるのも絶景となっています。

-基本情報
【名称】虎渓山 永保寺
【住所】岐阜県多治見市虎渓山町1-40
【営業時間】05:00〜17:00 ※無料
【駐車場】駐車場あり
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分

ぶどう畑で作られているものは!?「神言会 多治見修道院」

85年前に対子人の神父モールによって設立された修道院です。周囲には3,000坪に及ぶぶどう畑があり、ワイン用のぶどうを栽培しています。ミサで使用したり、修道院ワインとして販売されています。ワインは修道院内の売店で購入できるので、ドライブ後の楽しみに買ってみるのも良いかもしれません。または日本唯一の修道院ワインとしてよいお土産にするのも良いです。

-基本情報
【名称】神言会 多治見修道院
【住所】岐阜県多治見市緑ヶ丘38
【営業時間】09:00~16:00(売店09:30~15:30)
【駐車場】多治見本町4丁目(収容:12台)
00:00〜08:00 100円/60分、08:00〜20:00 200円/60分、20:00〜00:00 100円/60分
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分

明治天皇が宿泊された行在所跡「西浦庭園 石心参禅蔵」

明治天皇が伊勢への巡幸の際に宿泊された行在所跡です。天皇の巡幸をきっかけに下街道の整備や橋の建設が行われ、多治見は発展して行きました。西浦家は幅広く美濃焼を行なって板豪商で江戸だけでなく大阪にもお店を構えていました。しかし96年程前に工場は閉鎖し今では幻の西浦焼と言われています。

-基本情報
【名称】西浦庭園 石心参禅蔵
【住所】岐阜県多治見市御幸町3-11
【営業時間】09:00〜17:00※無料
【駐車場】多治見市営豊岡駐車場(収容:120台)
入庫後7時間迄80円/30分、7時間以上24時間迄
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約10分

多治見のやきものに触れる「芸術編」

やきものの街が送る大特価イベント「たじみ茶碗まつり」

毎年10月の体育の日の近くで開催されているのが「やきものの街多治見」が送る「たじみ茶碗まつり」です。全国の美濃焼ファンが訪れると言われています。日頃の感謝の気持ち多くの人に還元しようと地元の陶器商たちが、厳選したこだわりの美濃焼を大特価で販売します。日々の生活で使う食器から、業務用、子ども用の食器まで幅広い美濃焼を大特価で入手することができます。約15万人もの来場者がくると言われており、毎年賑わいを見せています。

ちなみに同時に「多治見クリエーターズ・マーケット」や全国のクラフト作家が集まる「クラフトフェア」が開催され手づくり作品の魅力を発信しています。

-基本情報
【名称】たじみ茶碗まつり
【住所】多治見美濃焼卸センター (岐阜県多治見市旭ヶ丘10)
【開催時期】10月の体育の日に近い日・月曜日
【駐車場】駐車場あり(収容:約1,000台)
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約5分

予習〜復習の流れがある作陶教室「ヴォイス工房」

やきものの街多治見では鑑賞や購入だけでなく、やきものの作りを複数の工房で体験することができます。複数回に渡り陶芸のいろはを教わるコース系もあれば、観光に最適の1時間程度の体験コースもあります。今回紹介する「安土桃山陶磁の里 ヴォイス工房」もそんな工房の一つです。「安土桃山陶磁の里 ヴォイス工房」は多治見市美濃焼ミュージアムに近い場所にあります。体験前にミュージアムで作品や作り方などについて予習することもできます。いきなりやるよりは事前の完成物や作り方について知識が合ったほうがスムーズかもしれません。体験後は復習を兼ねてもう一度資料などを見に足を運ぶのも良いです。

丁寧に教えてくれるので初心者にもオススメのスポットです。ろくろ、手びねり、型おこし等の各種成形が体験可能です。最終的な完成は1ヶ月程度先になります。

-基本情報
【名称】安土桃山陶磁の里 ヴォイス工房
【住所】岐阜県多治見市東町1-9-17
【営業時間】10:00〜18:00
体験コース2,500円 (2点まで 時間約1時間)
【駐車場】多治見市美濃焼ミュージアム駐車場利用(収容:50台)
【アクセス】中央自動車道「土岐IC」より車で約10分

美濃焼の歴史を体験!「多治見市美濃焼ミュージアム」

「多治見市美濃焼ミュージアム」は奈良時代の須恵器から現代のニューセラミックまでさまざまな時代の焼き物が約150点と美濃を代表する陶芸家の作品約50点を展示しているミュージアムです。作品を見ながら美濃焼の歴史を感じることのできる施設です。また年に4回程度の企画展も開催されており、評判となっています。

-基本情報
【名称】多治見市美濃焼ミュージアム
【住所】岐阜県多治見市東町1-9-27
【営業時間】09:00〜17:00
【入館料】大人300円、大学生200円、高校生以下無料
【駐車場】専用駐車場あり(収容:50台)
【アクセス】中央自動車道「土岐IC」より車で約15分

環境が産んだ名産品「市之倉さかづき美術館」

市之倉にあるやきものをメインとした美術館です。市之倉は山間の小さな集落で、交通量ややきものの原材料も少ない土地でした。しかし、逆に少量の土で作れ、持ち運びがし易い「盃」や「煎茶器」の生産が発達し、明治には全国盃生産の大部分を占めていたと言われています。そんなその小さな世界「さかづき」の魅力が伝わってくる美術館となっています。美術館の他にミュージアムショップもあります。

-基本情報
【名称】市之倉さかづき美術館
【住所】岐阜県多治見市市之倉町6-30-1
【営業時間】10:00〜17:00
【駐車場】専用駐車場あり(収容:78台)
【アクセス】中央自動車道「多治見IC」より車で約15分

まとめ

今回は多治見の観光スポットについて「宿泊編」、「食事編」、「歴史編」、「芸術編」の4つの切り口で紹介してきました。多治見の豊かな自然と芸術、特に陶芸を堪能しましょう。