伊豆最古の温泉「修善寺」で観光するなら行っておきたいポイント

1,200年以上前、弘法大師が「修禅寺」を開山したときからの歴史を誇る「修善寺温泉」。温泉街の中を流れる桂川や、有名な竹の小径など、浴衣で歩ける温泉街には見どころがたくさんです。今日は、そんな修善寺、そして修善寺周辺の魅力をご紹介して参ります。

浴衣で歩ける温泉街「修善寺」

温泉街を散歩したい。と思っていろいろ調べてみても、お風呂に入って、夕食を食べて…そして、どこかに出かけようと思ったら、また洋服に着替えて出かける。大きな温泉街だと、中々、浴衣姿でお出かけなんてことがしにくかったり、逆に小さな温泉街では、夕飯の後に出かけるようなところが無かったり。ということがありますよね。

修善寺は、そんなリクエストに完全に応えてくれる、今では少し珍しくなってしまった温泉街です。しかも、東名高速道路の沼津インターチェンジから約30分。東京圏から一時間前後で行くことができる便利さもあって、とても人気のある観光スポットです。



修善寺で楽しむ「日帰り入浴」

立ち寄りでも、お泊りでも、修善寺に来たからには、できるだけ多くのお風呂に入ってみたくなりませんか? 修善寺の温泉宿には、日帰り入浴可のところも多いですし、昼食などとパックになったプランを提供しているところもあります。

今日は、手頃な料金で楽しめる温泉施設を紹介します。

スパにするか、温泉にするか「ラフォーレ修善寺」

ホテルだけではなく、コテージ、ゴルフコース、テニスコートに体育館などの施設がある総合リゾート「ラフォーレ修善寺」。敷地面積は50万坪もある広々とした環境で、露天風呂やサウナを備えた大浴場「森の湯」を日帰で楽しむことができます。ここで、天城連山を眺めながら温泉で暖まれば、身も心も癒やされますね。また、他に「温泉スパ」や「岩盤浴」などのチョイスもできます。次回の修善寺のお泊りの参考に使ってみても良いですね! 【基本情報】
スポット名:ラフォーレ修善寺
所在地:〒410-2415 静岡県伊豆市大平1529
電話番号:0558-72-3311(代表)
営業時間:6:00~10:00、12:00~24:00 ※サウナ…15:00~22:00
休業日:年中無休
料金:日帰り入浴料 大人 900円、小学生600円(消費税込)

【駐車場】
あり(600台)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 大平インターチェンジより約15分

ラフォーレ修善寺 公式サイト

復活した修善寺の外湯「筥湯」

修善寺は、伊豆最古の温泉場です。そんな修善寺には、昔、7つの外湯があったそうです。ところが、昭和20年代には独鈷の湯を残すだけになってしまい、温泉地としては少しさびしくなってしまいました。そこで来訪客に、もっと修善寺の魅力を味わってもらおうと考えて作られたのが「筥湯」です。露天風呂があるわけでもありませんし、サウナなどが完備しているわけでもありません。でも、昔ながらのシンプルな作りに檜風呂というのが、むしろ「伊豆最古の湯の里」としての風情を感じさせます。ちなみに、この「筥湯」という名前、かつて、鎌倉幕府二代将軍源頼家が入浴していたというお風呂が由来だそうで、同じ檜風呂だそうですよ。
筥湯のシンボルは何と言っても「望楼(仰空楼)」。高さが12mもあるので、かなり目立ちます。この望楼のオープンしました。

また、仰空楼に登れば、修善寺全体を見渡す展望台になっています(入場無料)。こちらの名前は、修善寺を愛した明治の文豪・夏目漱石の漢詩「仰臥 人唖の如く 黙然 大空を看る 大空 雲動かず 終日 杳かに相同じ」からとられたそうです。温泉街の中は歌碑もあるので、仰空楼から探してみましょうか? 【基本情報】
スポット名:筥湯
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺924-1
電話番号:0558-72-3311(代表)
営業時間:12:00〜21:00(札止め 20:00)
休業日:年中無休(メンテナンスのため休業の場合あり)
利用料:大人(小学生以上)350円(旅館組合加盟旅館宿泊者 150円 ※宿泊客、旅館で割引入浴券を購入のこと)

【駐車場】
なし(近隣の駐車場を利用)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

筥湯の詳細

独鈷の湯のそばで、川のせせらぎを聞きながら…「河原湯」

伊豆修善寺温泉のシンボル的な存在「独鈷の湯」。かつての7つ合った外湯の一つですが、今は法律の規制があって入浴はできません。そこで独鈷の湯の前にあるポケットパークを整備して作ったのが「河原湯」です。河原湯も本格的な入浴はできませんが、6人がけの足湯になっていて利用料は無料。桂川の風景を眺めながら、いつまでも入っていたくなる足湯です。 【基本情報】
スポット名:河原湯
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺
電話番号:0558-72-0271(修善寺温泉旅館協同組合)
営業時間:5:00~22:00
休業日:不定休
料金:無料

【駐車場】
なし(近隣の駐車場を利用)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

河原湯の詳細

浴衣姿、着物姿をレンタルで楽しもう!「街ナビゆるり」

「日帰り旅行だから、浴衣で散歩はできないよ。持ってきてないし」と諦めるのはまだ早い! 修善寺には、「街ナビゆるり」さんでは、約150着の浴衣を用意して、そんな人たちに修善寺の良さを楽しんでもらえるサービスを提供しているんです。

「でも、草履とか下駄とかは?」。はい、貸してくれるんですよ。手提げに着付けもしてくれますし、本当に至れり尽くせりで、修善寺で浴衣で散歩する楽しさを実感できるようにしてくれています。このサービスを使って、修善寺の景色に溶け込んでみては如何ですか? 【基本情報】
スポット名:街ナビゆるり
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺818-1
電話番号:0558-88-9038
営業時間:9:30~16:30
休業日:不定休
料金:浴衣レンタル 9:30~16:30 3,500円、9:30~20:00(筥湯さんへ返却) 4,000円、一泊(翌日正午まで) 4,000円 ※一泊レンタルの場合は、別に保証預かり金として1,000円が必要。着物レンタル(冬季10月1日〜) 9:30~16:30 4,500円、9:30~20:00(筥湯さんへ返却) 5,000円、一泊(翌日正午まで) 5,000円 ※一泊レンタルの場合は、別に保証預かり金として1,000円が必要。足袋は持参あるいは、足袋ソックスを購入

【駐車場】
あり(ただし1台のみのため、近隣の駐車場利用がおすすめ)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

街ナビゆるり 公式サイト

ランチでもディナーでも修善寺で「グルメ気分」!

味なそば屋「禅風亭なゝ番」

建物の外観だけでも、「昔ながらの味が楽しめそうだ」と思える、そんなお蕎麦屋さんが「禅風亭なゝ番」です。店内に入って「超近代的」なことは一切なく、外観のイメージのまま素朴な雰囲気を楽しめます。こちらの人気は「禅寺そば」で、薬味は伊豆の名産「ワサビ」ですね。こちらの山葵は葉付きで一本、そのままをおろして使います(持ち帰ってもOKです)。おそばは山かけそばで、希望ならうずらの玉子を割って、たっぷりとしたトロロイモの上に掛けてくれますから、お好みで。また、一緒についてくる山菜は、そのまま食べても美味しいですし、やはりお好みでおそばの薬味として食べても良し! です。 【基本情報】
スポット名:禅風亭なゝ番
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺761-1-3
電話番号:0558-72-0007
休業日:木曜日
営業時間:10:00~16:00

【駐車場】
あり(10台程度)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

禅風亭なゝ番の詳細

まんじゅう専門店「饅頭総本山 源楽」

テレビなどでも取り上げられることの多い「饅頭総本山 源楽」さん。こちらのお饅頭は、すでに修善寺みやげの定番になったような気がします。特に「源楽胡麻饅頭」は、胡麻以上に真っ黒! 竹炭を練り込んだという皮は、意外なほどシットリしていて、中に入った胡麻の効いた餡と最高の組み合わせです。

また、「成金豆」とも言われる絹さやえんどうを餡に使った「源楽成金」。このお饅頭は、白い皮の中に、きれいな緑色の餡が入っていて、目にも綺麗ですが、源楽胡麻饅頭とは一味ちがうサッパリとした甘さが後を引きます。

お饅頭専門店だけに、和菓子、お饅頭好きには堪りません! 【基本情報】
スポット名:饅頭総本山 源楽
所在地:〒410-2400 静岡県伊豆市修善寺967
電話番号:0558-73-2224
営業時間:9:30〜4:30(売り切れ次第 終了)
休業日:年中無休

【駐車場】
なし(近隣の駐車場を利用)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

饅頭総本山 源楽 公式サイト

懐かしの洋食がおいしい「修善寺no洋食屋」

「禅風亭なゝ番」さんに負けず劣らずレトロな雰囲気を味わえるのが、こちら「修善寺no洋食屋」さんです。外観も素朴なのですが、ちゃぶ台や掘りごたつに座布団など、昭和レトロを感じさせます。しかも、照明は、裸電球!

そして、見かけだけで終わらせないのが修善寺グルメ! こちらのシェフは、一流ホテルで修行して伝統の味を身につけた上、独創性を調和させた。と言うだけあって、ランチのメニューには生姜焼きや骨付きの唐揚げなど、懐かしメニューが並ぶ上に、味は絶品です。また、最近はやりのジビエ、脂身が少ないヘルシー嗜好の鹿肉のお料理も楽しめますから、単に「懐かしい!」だけでは終わらないんですね。

夜には、たくさんの種類があるワインや日本酒なども楽しめるそうですが、ドライブを控えている人はグッと堪えて、シェフの味付けを楽しんでくださいね。 【基本情報】
スポット名:修善寺no洋食屋
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺697−1
電話番号:0558-72-8971
営業時間:平日 11:00~14:00、18:00~22:00(L.O 21:00)、土日祝 11:00〜14:30、18:00~22:00(L.O 21:00)
休業日:毎週水曜日、第1・第3木曜日

【駐車場】
あり(30台程度)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約1分

修善寺no洋食屋 公式サイト



緑あり、アクティビティあり。修善寺周辺「みどころ」ガイド

林を抜ける風を楽しむ「竹林の小径」

グリーン・ミシュランと言われる「ギド・ヴェール」で2つの星を取った修善寺の「竹林の小径」。修善寺の真ん中を流れる桂川に沿った遊歩道です。場所は独鈷の湯の脇からですから判りやすいですし、そこかの小径には、茶処や火の見櫓など、昔の風景が広がります。また、名所になっているのが、竹林の中央にある大きな竹でできたベンチ。竹林を抜けてきた風が本当に気持ち良いのです。また、ライトアップが行なわれる時もありますから、浴衣や着物で散歩するには最高のスポットです。 【基本情報】
スポット名:竹林の小径
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺3463-1
電話番号:0558-72-2501(伊豆市観光協会修善寺支部)

【駐車場】
なし(近隣の駐車場を利用)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約3分

竹林の小径の詳細

泣き虫ペダルに負けるな!「サイクルスポーツセンター」

ロードバイクブームや、弱虫ペダルなどへの登場ですっかり有名になった「日本サイクルスポーツセンター」。マンガやテレビでお馴染みになった激坂もある5kmサーキットやMTBコースなど、本格派からアマチュアまで楽しめるコースなどから、サイクルUFOや水上自転車などお子さんたちに嬉しい自転車を応用した乗り物まで、自転車づくしの施設です。

でも、「自転車には乗れない」と言う方は楽しめないのか? と聞かれれば、「そんなことはありません」と答えられるほど、パターゴルフ場や夏にはプール、また2mの風船の中に入って水遊びができるウォーターバルーンなど、面白い場所もたくさんあるんです。

自転車好きではなくても、ぜひ一度、日本最高の自転車施設に行ってみませんか? 【基本情報】
スポット名:〒410-2402 日本サイクルスポーツセンター
所在地:静岡県伊豆市大野1826
電話番号:0558-79-0001
営業時間:季節により変動するため、公式サイトを参照のこと
休業日:毎週木曜日(祝日は営業)
料金:大人(中学生以上) 820円、子ども(4才以上) 620円

【駐車場】
あり(700台)

【アクセス】
伊豆スカイライン 亀石峠インターチェンジから約5分

サイクルスポーツセンター 公式サイト

修善寺発祥の地「修禅寺」

弘法大師による開山から1,200年以上、修善寺を見守り続けてきた「修禅寺」。境内には親子のヤギが飼われていて、可愛らしい動物好きからも親しまれています。また、毎年11月1日からの10日間、特別拝観期間として公開されるご本尊「木造大日如来坐像」は、慶派の始祖「康慶」の弟子「実慶」が手がけたもので、国の重要文化財に指定されています。

また、お手水舎の水は…水ではなくお湯です。どうやら温泉をつかっているようなのですが、さすがに修善寺の修禅寺といった感じが、最初からしてしまう素敵なお寺です。緑の多い修善寺の中でも、一段と深い緑に覆われた修禅寺に足を運んでみてください! 【基本情報】
スポット名:修禅寺
所在地:〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺964
電話番号:0558-72-0053(受付時間 8:30~16:00)
営業時間:境内 24時間、売店 8:30〜16:30(4月〜9月)、8:30〜16:00(10月〜3月)
休業日:年中無休
料金:無料

【駐車場】
なし(近隣の駐車場を利用)

【アクセス】
伊豆縦貫自動車道 修善寺インターチェンジから約5分

修禅寺 公式サイト

まとめ

静かな修禅寺から、身体を思い切り動かせるサイクルスポーツセンターまで、修善寺は周辺まで含めればたくさんの魅力的な観光スポットが満ち溢れています。浴衣や着物姿で歴史を感じながらの散歩も良し、アクティブにクルマを使いながら動きまわるにも最高の温泉地です。熱海や伊豆高原とは一味違う伊豆の温泉地、修善寺。ぜひ、お湯だけではなく、その魅力を食べつくしに行ってみてください!