大人気ドラマ「オトナ女子」のおしゃれな車「ミニカ70GSS」

12月3日の「オトナ女子」第8話に登場した、黄色い車がおしゃれでかわいいと話題をよんでいます。そのおしゃれな車の正体と他にもある、おしゃれな「オトナの車」を紹介します。

オトナ女子とは

まずはフジテレビで毎週木曜日夜10時〜放送している話題のドラマ「オトナ女子」を紹介します。

主人公の中原亜紀(なかはら・あき)を演じるのは篠原涼子。40歳独身という設定で、「恋愛アプリ」を作る部署でバリバリ働く大人の女性を演じています。その亜紀には二人の親友がいます。
吉瀬美智子演じる大崎萠子(おおさき・もえこ)と鈴木砂羽演じる坂田みどりです。萠子は花屋で働く40歳独身、みどりはパートをしながら男3人兄弟を育てる40歳バツイチという設定。

対する男性陣は亜紀が「恋愛アプリ」の監修を依頼する脚本家・高山文夫(たかやま・ふみお)を演じるのは江口洋介。亜紀の働く会社の社長の栗田純一(くりた・じゅんいち)に谷原章介と豪華な顔ぶれです。

そんな亜紀、萠子、みどりの独身のオトナ女子3人衆と高山、栗田を含めたオトナの恋愛や仕事などを描いた物語です。



三菱 ミニカ70 GSS

そんな「オトナ女子」の第8話に登場し、話題をよんでいる黄色いおしゃれな車が、三菱のミニカ70 GSSです。
作中の高山が亜紀と出かけるというシーンで登場し、全体が完璧に映るのはほんの一瞬ですがその車の放つおしゃれな雰囲気が話題になっています。 1969年にミニカ70は登場しました。まだ70年代ではありませんが、70年代を先取りする近代的な車としてその名が付けられたそうです。そんなミニカ70のホットバージョンが「GSS」です。
作中のエンジン音でびっくりした方も多いと思いますが、エンジンはツインキャブの2サイクルエンジンを搭載しています。今では原付もインジェクションになってるいるのでキャブレターな上に2サイクルエンジンの車なんて信じられませんよね。駆動方式はFRです。中古車はなかなか見つけるのは難しいでようです。今から46年も前の車ですが、非常にキュートでいい味を出した、まさに「オトナの車」ですね。

ミニカ70 GSSに似た雰囲気を持つおすすめの車

さて、ここまで読んでいただけた方には「自分も乗ってみたい!」という方も多いかと思います。しかし、残念ながら、2015年12月4日現在、大手中古車販売サイトではミニカ70 GSSの中古車は取り扱われていないようでした。

そこで、代わりに似た雰囲気をもつおすすめの車を4車種紹介いたします。

スズキ フロンテ

フロンテが登場したのは1962年で1989年までの27年間で7世代発売されました。そのフロンテの商用モデルであるフロンテバンとフロンテハッチが後のスズキの大ヒット軽自動車アルトになりました。356ccの2サイクルエンジン。駆動方式はRRでポルシェなどの駆動方式です。

世代も様々なので一概には言えませんが価格は50〜100万円程度のようです。やはり古い車ですので数は少なめです。見つけるのは難しいかもしれませんが是非探してみてください。
すごく可愛らしいデザインなのでおすすめです。

日産 パオ

日産から期間限定車として、1989年〜1990年までの1年間販売された車です。ガラスハッチとドロップゲートを組み合わせた上下開きのバックドアに開閉式の三角窓、外ヒンジのドア類、パイプ状のバンパーなど全体的にレトロなデザインでした。

こちらも程度のいい中古車はなかなか見つけるのは難しいかもしれませんが、フロンテに比べると年代も新しいのでいい出会いがあるかもしれません。中古車価格は50〜150万円程度のようです。人とは違う個性的な車に乗りたい方におすすめです。

フィアット パンダ

フィアットのパンダは現在も続いてるシリーズですが、その初代のパンダがフロンテと通じる雰囲気を持っています。1980年〜1986年まで販売されていたので先ほどのパオと近い年代の車です。当時経営状態が芳しくなかったこともあり、フィアット史上初めて開発を全面的に外部委託した車でした。駆動方式はFFと4WDがあります。今のフィアットの車のイメージは角のない丸いイメージが強いですがこの車は角張ったデザインです。

中古車価格は30〜90万円程度のようで、価格的にもお買い求めやすいです。日本車ではなく外車のおしゃれな車に乗りたいなんていう方にぴったりの車です。

スバル 360

日本で最初の大衆車と言われ、名車といわれているスバル360。通称「てんとう虫」と呼ばれています。今現在も愛好家が多く、人気の高いおしゃれな車です。年代は1958年〜1970年とミニカ70やフロンテより前です。「てんとう虫」という名称がぴったりの可愛い一台です。

中古車価格は100万円以下のものから200万円を超えるものまでとまさにピンキリですが、自分が考えれる予算と程度で丁度いいものを探してみてください。日本の旧車の特出するべき名車なので是非一度調べてみてください。 ※中古車の台数や価格は2015年12月4日調べ



まとめ

今回「オトナ女子」に登場したフロンテや紹介した車以外にもおしゃれな車が沢山あります。「オトナ女子」では女性の魅力は若さだけではないなんてことも言っていますが、車も最新の車だけが魅力ではなく古いビンテージの車にも可愛さやおしゃれさ、それぞれが持つ個性があります。これを機に「オトナの車」に目を向けてみてはいかがでしょうか。