2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞は「マツダロードスター」

12月7日に最終選考発表会が行われ、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーが決定されました。ノミネートされた中の最終的に残った10台の車と栄えあるイヤーカーの紹介です。

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダが2年連続受賞!!

マツダ ロードスター

栄えあるカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、「マツダ ロードスター」。マツダが誇るライト・ウェイト・スポーツが2005年以来となる、2度目の受賞をしました。「だれもが、しあわせになる。」が初代ロードスターのカタログ・コピーでその原点に返って「感覚」を磨きあげらた一台です。マツダは去年のデミオに続き、2年連続の受賞になりました。

受賞理由は以下のとおりです。

明確なコンセプトを持ち、作り手の熱い情熱を感じさせるライトウエイトスポーツカーとして、その出来映えの素晴らしさは誰もが認めるところである。さらに初代登場の1989年以来、26年にわたってドライビングの楽しさを追求し続け、真のクルマ文化を根付かせたいと努力してきたマツダの企業姿勢についても高く評価した。

出典:

www.jcoty.org



インポート・カー・オブ・ザ・イヤーはBMW!!

BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー

BMW初の前輪駆動(FF)で話題を呼びました。
アクティブ ツアラーは魅力を凝縮したコンパクトボディに実用性、快適性、多様性などの要素を入れた理想の一台です。グラン ツアラーはより家族など人が多く快適に乗れるよう考えられた、BMWのファミリーカーです。
BMWがこだわってきた後輪駆動(FR)や50:50の前後重量配分も捨て、あくまで居住性の高さを求めた車ですが、BMWらしいダイナミックな走りは損なわれておらず、十分BMWらしいといえる車になっています。

受賞理由は以下のとおりです。

BMWブランドとして初となるFFベースのパワートレーンを採用した上で、高いレベルの“駆けぬける歓び”を実現したことを評価した。ファミリーユースを見込むマルチパーパスビークルとして、ロングドライブでの快適性や最新のクリーンディーゼルを搭載したことによる経済性などにも好印象を受けた。

出典:

www.jcoty.org

イノベーション部門はテスラ モデルS

テスラ モデルS P85D

革新的技術を持つクルマを評価する「イノベーション部門」に選ばれたのは、テスラ社の電気自動車の最新モデル。P85DはベースとなるモデルSの前輪側にもモーターを追加することで、約3.3秒でガソリンを一滴も使わずに時速100kmに到達します。大きいバッテリーを搭載することによる航続距離や環境・安全だけでなく、その圧倒的な加速能力も評価されたようです。また、外装のデザインも評価が高いです。

受賞理由は以下のとおりです。

EVの課題としてある航続距離を大きなバッテリーを搭載することで対応し、さらに圧倒的な動力性能を実現して、これまでのクルマの常識をイノベーションによって打ち破ったことを高く評価した。また、通信によるソフトウエアのアップデートにより機能を向上させるというシステムも斬新である。

出典:

www.jcoty.org



スモールモビリティ部門はスズキのアルトシリーズ

スズキ アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン

「好きになるのに、1秒もいらない。」というキャッチコピーで話題のアルト。ガソリン車トップレベルの低燃費でも話題です。スタイリングも人気です。ターボRSはアルトに刺激的なカラーリングと走りのポテンシャルを与えたバージョンで、東京モーターショー2015で新たにスズキが発表した「アルトワークス」のベースとなるアルトのスポーツモデルです。「ラパン」はターボRSと一転し、可愛い見た目とおしゃれな内装で女性の支持を得た人気の軽です。

受賞理由は以下のとおりです。

軽自動車が本来持つべき魅力をとことん追求して登場した、基本性能に極めて優れたモデルとして評価した。技術的にも新開発のプラットフォームや軽量ボディ、スムーズな2ペダルAMTなど注目すべきところは多い。日常的に乗る“アシ”として軽自動車の利点を改めて広くアピールしたと言える。

出典:

www.jcoty.org

惜しくも受賞を逃したノミネートされた車たち

ホンダ S660

ホンダから登場し、人と車のかつてない一体感を生み出したコンパクトMRスポーツ。Honda sportsの魂を宿した、弾丸のようなスタイリングとビートの生産中止から19年ぶりの軽自動車オープンカーが大きな話題を呼びました。

トヨタ シエンタ

登場してから好調に売り上げを伸ばし、納期5ヶ月待ちになるなど大人気ミニバン。先進的な見た目に3列シートの7人乗り、クラストップクラスの低床で乗り降りもアシストするなど実用性の高さが人気のようです。
また、サッカーコロンビア代表でスペインのレアルマドリードのハメス・ロドリゲスと滝川クリステル共演のCMも話題でした。

スバル レガシィ アウトバック/レガシィ B4

スバルのレガシィは非常に人気の高いシリーズ。アウトバックは上質なセダンとSUVのクロスオーバーデザインに完成度の高いインテリア、ステーションワゴンのユーティリティ性など人気の要素が盛りだくさんです。B4はレガシィのスポーツセダンで、見た目や走りの質感など評価の高い一台です。両車ともスバルの運転サポートシステム「アイサイト」を搭載し、機能も最新です。

ニッサン エクストレイル ハイブリット

人気のエクストレイルシリーズのハイブリット車ということで注目を浴びましたが、本来モデル同様、大容量ラゲッジスペースを確保、防水シートも採用したことで本来同様の機能性があるため人気が高いです。

ジャガー XE

一目見たらジャガーとわかるXE。アルミボディを採用し、最高のハンドリングとパフォーマンスを引き出してくれます。エアロダイナミクスも優れ、空気抵抗を受けにくい先進設計で、軽量構造とともに優れた燃費走行を手助けしています。

フィアット 500X

可愛らしい見た目と日本車とは一風変わったイタリアンデザインで個性を最大限に引き出す、個性的な一台です。走行性能はもちろんの事、車内設備も快適な走行を後押しします。インテリアデザインは非常に魅力的です。その見た目の可愛さから女性や家族層からの支持がとても高いです。

まとめ

本年のカー・オブ・ザ・イヤーも非常に注目を集めました。話題の車が多く、車への注目度が上がっているのを肌で感じるイベントとなり、さらに来年の盛り上がりに期待します。このイベントでさらに購入者が増えて受賞、ノミネートされた車を街で見かけることがさらに増えそうですね。