千葉県鴨川の観光スポットまとめ【行くべきスポットを網羅♪】

どうしてもシーワールドに目が行ってしまいがちの鴨川観光ですが、海や里山の景勝地や個性豊かなグルメスポットなどなど、他にも観光スポットが盛りだくさんにあります。ここでは、観光地として進化を続ける鴨川シーワールドだけでなく、その他の観光スポットをふんだんに紹介します。

鴨川観光の大定番!「鴨川シーワールド」

鴨川観光の大定番といえば、「鴨川シーワールド」でしょう。大迫力のイルカパフォーマンスは、もはや鴨川観光の代名詞となっています。その他、さまざまな趣向をこらした海洋生物たちの展示や笑うアシカと記念写真を撮れたりなどなど、1日思う存分遊べるテーマパークになっています。
2015年7月には、深海のような青い水槽の中で、クラゲがゆらゆらと揺れるように泳ぐ幻想的な展示がみられる新施設「Kurage Life(クラゲライフ)」がオープンしました。「Kurage Life」では実際のクラゲの展示の他に、映像を使った個性的な展示があります。例えば、手をかざすと手のひらにクラゲが現れたり、手のひらで水流を起こすような動きをすると、クラゲが流されたりなど、子供だけでなく大人もわくわくできるような魅力的な展示がたくさんあります。
ですが、鴨川観光の魅力は「鴨川シーワールド」だけではありません! それ以外にも、ぜひ訪れいただきたい観光スポットがたくさんあります。この記事では、鴨川観光の魅力を深掘りします!

施設概要

【基本情報】
スポット名:鴨川シーワールド
住所:〒296-0041 千葉県鴨川市東町1464-18
電話番号:04-7093-4803
休園日:不定休
営業時間:9:00~16:00(平日)、9:00~17:00(土日祝)
※その他、時期により開館時間に変更あり
※詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。
入園料:2,800円(大人)、1,400円(4才~中学生)、2,100円(65才以上)

【駐車場】
あり(1,000台) ※普通車1日1,000円

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約50分

<公式>鴨川シーワールド-東京・千葉の水族館テーマパーク
東京・千葉の水族館テーマパーク「鴨川シーワールド」は、「海の世界との出会い」をコンセプトに1970年10月にオープンし、水生生物との出会いを通し、生命の大切さとふれあいのすばらしさを体感するとともに、水生生物に関する知識と自然環境との関わりあいを楽しく学ぶことを目的とした水族館です。



都心から一番近い絶景の棚田「大山千枚田」

「大山千枚田」は都心から最も近い棚田で、約4ヘクタールの急傾斜地に、大小375枚の田んぼが階段のように連なる姿は圧巻です。「大山千枚田」は、日本の棚田百選にも選ばれています。美しい里山の原風景をたっぷり堪能して心を癒しましょう! 近隣にはタンポポコーヒーなどを楽しめる「棚田俱楽部カフェ」もあります。 出典: https://www.mboso-etoko.jp/top/goodlife/disp_A.asp?id=4662&group=10
「大山千枚田」は夕焼けの景色もおすすめです。300枚以上の田んぼが夕焼けによって赤く染まる姿は美しく、旅情がそそられることでしょう。また、秋から冬にかけては、「大山千枚田」を1万本のLEDと松明によって照らすライトアップが実施されます。夜空のもとで、うっすらと照らし出される棚田の光景は幻想的でさえあります。ライトアップのスケジュールについては後述のリンクからご確認ください。 出典: http://www.senmaida.com/diary/diary.cgi?page=3&field=10

棚田の夜祭り2015〈大山千枚田〉
千葉県鴨川市、日本の棚田百選選定・大山千枚田の自然美を、優しく照らす松明の灯り。 LEDライト10,000本のライトアップ期間中を「棚田のあかり」と題し、ロングランイベントとして秋の夜を一層輝かします。

施設概要

【基本情報】
スポット名:大山千枚田
住所:〒296-0232 千葉県鴨川市平塚540 棚田倶楽部
電話番号:04-7099-9050 ※棚田俱楽部
営業時間(棚田俱楽部):9:00~16:00
定休日(棚田俱楽部):火曜日 ※火曜日が祝日の場合は翌日が休み

【駐車場】
あり(20台) ※無料

【アクセス】
富津館山道路「鋸南保田IC」より約30分

地元ならではの農業体験などができる「みんなみの里」

出典: http://minnami.com/experience/
「みんなみの里」は、各種果物狩りや豆腐作り・陶芸など、地元ならではの約30種類の体験ができる施設です。特に人気があるのは、自転車で里山のいろんな畑へ行って農産物を収穫して回るツアー。収穫した農産物は持ち帰ることができます。収穫の途中には、神社やお寺などにも立ち寄ります。里山でしか体験できないさまざまなメニューを存分に楽しみましょう!
※体験できるメニューや開催時期などは以下オフィシャルサイトからご確認ください。
※ご紹介した自転車のツアーは1週間以上前に事前予約が必要です。

施設概要

【基本情報】
スポット名:鴨川市農林業体験交流協会「みんなみの里」
住所:〒296-0112 千葉県鴨川市宮山1696
電話番号:04-7099-8055
営業時間:9:00~18:00(2~10月)、9:00~17時(11~1月)
休業日:7月・10月の各平日1日、1月1日

【駐車場】
あり

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約40分

鴨川市総合交流ターミナル「みんなみの里」
道の駅「みんなみの里」は鴨川市の文化や産品の紹介や農業体験などを通した地域情報の発信基地です。



街並みと海を一望する絶景スポット「魚見塚展望台」

「魚見塚展望台」は、鴨川の街並みや海を眺望できる絶景スポットです。見渡せる範囲が広いため、ここだけでいろいろな眺望を楽しめます。「魚見塚展望台」という名前は、漁師が沖合にやってくる魚の群れを見張るための場所だったことからつけられています。また、展望台にある女神像の前で恋人同士が愛を誓い錠をかけるとその愛が叶うと言われ、「誓いの丘」とも呼ばれています。

「魚見塚展望台」は夜景もおすすめ!

さらに、なんと「魚見塚展望台」はきれいな夜景が見られる隠れたスポットでもあります。街の灯りと暗い海のコントラストが美しく映える様子を堪能することができます! 鴨川ドライブの最後にここを目指してもよい「締め」になるのではないでしょうか。鴨川にはこんな観光スポットもあるのです。

施設概要

【基本情報】
スポット名:魚見塚展望台
住所:〒296-0004 千葉県鴨川市貝渚3277
電話番号:04-7092-0086 ※鴨川市観光協会

【駐車場】
あり(55台) ※無料

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約1時間

魚見塚展望台 ~ 誓いの丘 ~/鴨川市ホームページ
鴨川市のホームページです。

日本三景の松島が鴨川で?「鴨川松島」の絶景

前述の「魚見塚展望台」の近くの海には、大小7つの島が海に浮かび、さらにその一部に松が茂った眺望が日本三景の松島に似ていることから、「鴨川松島」と呼ばれる景勝地があります。この景勝は「新日本百景」にも選ばれています。「鴨川松島」の景勝は「魚見塚展望台」から眺望することもできます。千葉で日本三景の1つが見られるなんて、ちょっと得した気分になりませんか?
また、「鴨川松島」は夕焼けや朝焼けの景色も見事です。太陽に照らされ橙に輝く海と島々のコントラストが絶妙です! 「鴨川松島」は「魚見塚展望台」と一緒に訪れるとよいでしょう。 出典: http://mydiscoverychannel.com/blog/20110504/2011brm429_2/

施設概要

【基本情報】
スポット名:鴨川松島
住所:〒296-0004 千葉県鴨川市貝渚
電話番号:04-7092-0086 ※鴨川市観光協会

【駐車場】
なし ※前述の「魚見塚展望台」の駐車場を使いましょう。

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約1時間

海面に現れる真鯛の群れを鑑賞できる「鯛の浦遊覧船」

出典: http://www.kawana-inn.com/sightseeing/sightseeing_02.html
「鯛の浦遊覧船」はとても珍しい光景が見られる観光船です。この観光船の魅力は、日蓮上人の化身としてこの地で700年以上の間禁漁とされている鯛の群れが、餌を求めて海面近くへあがってくる様子を見られることです。すぐ近くを真鯛が群泳する姿は迫力満点! 本来は比較的海の深い場所にいる筈の鯛が、なぜこの地では浅いところに住みついているか解明されていないということも興味がひかれます。
「鯛の浦遊覧船」では、真鯛の群泳だけでなく、いくつかの景勝地をまわる約20分のクルージングを楽しむことができます。鴨川へきたらぜひ訪れていただきたい場所の1つです。

施設概要

【基本情報】
スポット名:鯛の浦遊覧船
住所:〒299-5501 千葉県鴨川市小湊183-8
電話番号:04-7095-2318
定休日:無休 
※荒天時など欠航する場合があります。詳しくは電話でお問い合わせください。
営業時間:
8:30~15:50(4月~9月)
8:30~15:20(3月・10月)
8:30~14:50(11月~2月)
料金:900円(大人)、480円(小学生)

【駐車場】
あり ※有料

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約70分

鯛の浦遊覧船(南房総・鴨川小湊)|日蓮聖人誕生から今に続く
千葉県鴨川市小湊の観光名所、鯛の浦は日蓮聖人の誕生秘話が伝わる伝統ある観光名所で、遊覧船でお楽しみいただけます。

「房州伊勢の宮」として名高いパワースポット「天津神明宮」

出典: http://blog.goo.ne.jp/yoshi883t/e/7589a597025f269c83f51ed36e12e302
「天津神明宮」は、800年以上前に源頼朝が伊勢神宮より御分霊を勧請し創建された神社で、「房州伊勢の宮」とも呼ばれています。祭神は日本神話で有名な天照大御神です。「天津神明宮」はうっそうとした山々に囲まれ荘厳な雰囲気で満ちており、近年はパワースポットとして多くの観光客が訪れているようです。たとえば、神社の井戸水は「御神水」とされており、家内安全などを願って遠方からこの水を求めに来る人もいるとのことです。また、「昇る日のごとく力を預ける」とされる「運気向上守」(1,000円)は、ここに来たらぜひ買い求めたいお守りです。
さらに、境内には、本来は亜熱帯性で、日本では九州や沖縄でまれに自生していると言われる「まるばちしゃの木」があることでも有名です。「まるばちしゃの木」は県指定の天然記念物になっています。 出典: http://blog.goo.ne.jp/yoshi883t/e/7589a597025f269c83f51ed36e12e302

施設概要

【基本情報】
スポット名:天津神明宮
住所:〒299-5503 千葉県鴨川市天津2950
電話番号:04-7094-0323
拝観時間:参拝自由 ※祈祷は9:00~16:00
拝観料:無料
定休日:無休

【駐車場】
あり(50台)

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約45分

房州伊勢の宮 天津神明宮 // 南房総・鴨川市天津鎮座 八百余年の歴史をたたえる神社
西暦1184年、源頼朝公によって伊勢よりご分霊を受けご創建された神社です。北条政子が安産を祈願したお宮としても知られています。御祭神は天照皇大神、豊受大神、えびすさま(八重事代主神)、大山祇大神が主祭神としておまつりされています。伊勢の神宮にならい、二十年に一度、式年鳥居曳の御祭が行なわれております。

バラエティ豊かな鴨川のご当地料理「おらが丼」

鴨川観光の際に試していただきたいのがご当地グルメ「おらが丼」です。「おらが丼」の定義はシンプルで、地元産の食材を使うことや季節感を失わないこと、入荷がない場合は欠品とし小細工を行わないことなどなど。それ以上に食材や調理法の限定がないため、お店それぞれの個性的な丼が提供されています。鴨川ならではの料理を食べたいのであれば、「おらが丼」はおすすめです!

おらが丼 / 飲食店 / かもがわナビ(かもナビ)
「おらが」とは房州弁(方言)で「我が家」あるいいは「家では」という意味です。鴨川のすべてを見る!探す!わかる! -Kamogawa Portal Site-

見た目のインパクトだけじゃない!「元祖伊勢海老天丼」

「元祖伊勢海老天丼」は鴨川漁港で水揚げされた地魚でお腹いっぱいにさせてくれる「地魚処すずき家」の人気メニュー。伊勢海老の半身が天ぷらになって、丼の上にどかん!と鎮座しています。こちらは見た目のインパクトだけでなく、ぷりっぷりの伊勢海老の食感や素材の甘みが楽しめるおすすめメニューです。伊勢海老の頭の味噌まで楽しめます! タレと伊勢海老の天ぷらとご飯の相性も抜群!
そして、これだけのメニューであるとお高いのではないかと思われるかもしれませんが、お値段はなんと1,700円とお手頃です。「地魚処すずき家」は、房州名物のなめろうなど他にもおおすめしたいメニューがもりだくさんです。

【基本情報】
スポット名:地魚処すずき家
住所:〒296-0001 千葉県鴨川市横渚1104-16
電話番号:04-7092-1313
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:30
定休日:不定休

【駐車場】
あり(10台) ※無料

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約50分

海の幸が満載の「びっくり海鮮丼」

出典: http://blog.livedoor.jp/hd9924/archives/1349412.html
おらが丼の中には、お刺身がたっぷりとのったスタンダードな海鮮丼も、もちろんあります。その中でおすすめしたいのが「食事処なかむら」の「びっくり海鮮丼」。マグロやウニ、イクラ、エビなど人気の海鮮がてんこもりの満足感たっぷりの海鮮丼です。しかも地産の獲れたてなので新鮮でうまい! こちらのお店も「びっくり海鮮丼」以外に、なめろうや各種お刺身など他にもおすすめメニューがたくさんありますので、あわせて注文されるのもよいでしょう。

【基本情報】
スポット名:食事処なかむら
住所:〒299-5502 千葉県鴨川市内浦273-1
電話番号:04-7095-2564
営業時間:11:30~14:00、17:00~22:00
定休日:火曜日 ※祭日は休まず営業

【駐車場】
あり(10台) ※無料

【アクセス】
首都圏中央連絡自動車道「木更津東IC」より約1時間

鴨川で海鮮の土産を買うならここ!「道の港まるたけ」

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/masasi18/7985428.html
鴨川の観光で海鮮のお土産を買って帰りたいならおすすめは、道の駅ならぬ「道の港まるたけ」。いけす売り場での鮮魚から、干物、塩辛などなど海鮮土産の種類が充実しています。特に、干物の販売は房総随一! 試食も充実しているので、いろいろと試しながらお土産の買い物を楽しむことができるでしょう。海鮮だけでなく房総銘菓や地酒などのお土産も充実しています。
さらに「道の港まるたけ」の魅力はお土産だけじゃありません! 伊勢海老の半身が豪快にのった「イセエビラーメン」や、1日5食限定の「金目鯛姿煮定食」などおすすめグルメも盛りだくさんです。お土産選びとお食事をここですませても後悔しないでしょう。 出典: http://blog.livedoor.jp/himawari_boso/archives/52187488.html

施設概要

【基本情報】
スポット名:道の港 まるたけ
住所:〒299-5504 千葉県鴨川市浜荻1008-1
電話番号:0120-103-042
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休

【駐車場】
あり(50台) ※無料

【アクセス】
館山自動車道「君津IC」より約1時間

道の港 まるたけ|房総・鴨川のおみやげ、お食事処
房総土産なら、鴨川市の道の港まるたけでお買い物をどうぞ。房総の干物や地酒、鮮魚などを取扱。お食事も楽しめます。

まとめ

鴨川観光といえば、「鴨川シーワールド」が大定番で外せないスポットになっておりますが、「あ、鴨川って、こんなに見るべき観光地があるんだ」と感じていただけたと思います。景勝地はもちろんのこと、個性豊かな海鮮グルメ、農業体験などなど、仮に何泊かしたとしても楽しめてしまう程に観光スポットが豊富な場所なのです。今回の記事を参考に、ぜひ鴨川観光を堪能してください!