グルメ!温泉!レジャー!那須塩原で一日満喫観光ドライブ!

大自然がたくさんある那須塩原。でも、自然だけではありません。温泉、グルメ、ショッピング、レジャーがモリモリに盛りだくさん! ファミリーでも、友達とでも、カップルでも、一日中満喫出来る楽しいスポットを今回はご紹介させていただきます。…冬の温泉…気持ちいいよなぁ…

ファミリーで一日中ショッピング!那須塩原はまさにお買い物天国!

那須ガーデンアウトレット

出典: http://www.nasu-kenkou.com/shop-nasuga-den-autlet.htm
家族で一日楽しむなら、やっぱり大型ショッピング施設がオススメ!この那須ガーデンアウトレットには、衣料、雑貨、靴などの有名ブランド店やレストランが軒を連ねるのはもちろんのこと、地元にこだわった特産品を販売する「ロコマーケット」が大人気。
地元で採れた新鮮な野菜や、こだわりのチーズケーキやバウムクーヘンなどのスイーツも。試食コーナーもたくさんあるので、ちょちょいとつまみながらおいしい食材をたくさんお買い物するのはいかがでしょう。 出典: http://www.kuchikomi7.com/nasu-outlet/information/kids-garden.html
「そうは言っても、子どもたちはお買い物に飽きちゃうから…」とご心配のそこのお母さん、安心してください!遊べますよ!「とにかく明るい施設内(?)」には子どもたちが思う存分楽しめちゃうプレイコーナー「キッズガーデン」があります。ここには三輪車やタイヤの付いた乗り物、木のおもちゃなどいろいろな遊び道具やおもちゃが置いてあって、子供達は自由に遊ぶことが出来ます。しかもその周りには子ども服やベビー服、おもちゃや雑貨を取り扱っているショップが5軒もあり、お買い物をして疲れて飽きちゃった子どもさんと、気分転換に一緒に遊ぶこともできます。
しかも、施設の外にはアスレチックもあり、足元は全面芝生なので、裸足で遊んでも危なくなく、さらには浅いせせらぎもあるので軽い水遊びまでできちゃう、まさに、「自然と一緒に遊ぶ」ことができるコーナーとなっています。 出典: http://blogs.yahoo.co.jp/yuso_sirakaba/GALLERY/show_image.html?id=44189605&no=3
さらになんとこちらには、動物とふれあえるコーナー「ロコファーム」もあります。たくさんの動物と触れ合ったり、愛犬家の方とわんちゃんにはうれしいドッグランも併設されており、愛犬と一緒に遊んだり、食事したりと、大事な大事な家族の一員であるペットとも楽しむことができます。
しかも、運が良ければ、近くにある「那須どうぶつ王国」から、アルパカやフクロウといった動物が遊びにきていて触れ合うことができるかも!モフモフのアルパカ…う~ん、触りたい。家族で一日、ショッピングできて遊べて愛犬ともお散歩できる、那須が誇る「家族のための大型ショッピングモール」と言っても過言ではないですね。 出典: http://www.nasu-kenkou.com/shop-nasuga-den-autlet.htm
【基本情報】
スポット名:那須ガーデンアウトレット
住所:〒329-3122 栃木県那須塩原市塩野崎184-7
電話番号:0287-65-4999(カーナビで電話番号検索しますとまったく違う場所が案内されることがあるのでご注意ください)
休館日:不定休
開館時間:10:00~19:00(11~12月)

【駐車場】
あり すべての駐車場を無料でご利用できます。
駐車場は、営業時間終了1時間後に閉鎖されます。

【アクセス】
東北自動車道「黒磯板室IC」より約2分



歴史ある温泉、2つの源から生み出される自然の恵み

出典: http://joucho.exblog.jp/7430873/

塩原温泉

出典: http://ekisya.net/C-KAMOTSU/700-SIOBARA_SPA.html
西暦806年に発見されたとされる歴史の古い温泉で、箒川に沿って異なる泉質の11の温泉街が点在しています。古くから塩原十一湯と呼ばれ、この呼び名は現在も用いられています。また1918年に田山花袋が出版した『温泉めぐり』において、塩原十一湯を温泉郷と評しました。また、関東2位(全国9位)の204カ所の源泉数があり、泉質の種類はなんと6種類(全9種類中)。全国にあるほとんどの温泉がここで味わえます!こんな贅沢他にはありません!! 【基本情報】
スポット名:塩原温泉
【アクセス】
東北自動車道「仙台南IC」から「西那須野塩原IC」まで120分(190キロメートル)
「西那須野塩原IC」から国道400号線で「塩原温泉」まで20分(15キロメートル)

板室温泉

出典: http://blog.stij.org/upload/detail/image/itmr1011a-thumbnail2.jpg.html
板室温泉は那珂川上流の山あいにあり、塩沢温泉とも言われていました。この温泉は、後冷泉天皇の時代、1059年3月に、 那須三郎宗重が狩りのために山奥に入り発見したと伝えられています。 古くからの旅館は、板室本村の人が隠居仕事として営んでいたもので、屋号は本村のものと同じでした。多くの温泉地の中でも、温泉利用の効果が十分期待され、健全な温泉地として優れた条件を備えている地域を、昭和29年から環境庁は「国民保養温泉地」として指定しています。 【基本情報】
スポット名:板室温泉
【アクセス】
東北自動車道「川口JCT」から「黒磯板室IC」まで90分(145キロメートル)
「黒磯板室IC」から「板室温泉」まで(県道53号線、県道30号線、県道369号線経由)25分(18キロメートル)

塩原温泉周辺の観光スポット

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/kassy1946/67224444.html
こちらの画像のもみじ谷大吊橋は、塩原ダムに架かる、無補剛桁歩道吊橋としては本州一の長さを誇る橋長320mの吊橋です。(ちなみに無補剛桁歩道吊橋とは、通常の吊橋に架かる補剛桁を設けず、ワイヤーロープを横に張ることにより強度を高める構造になっている吊橋のことです)
新緑や紅葉、雪景色など、季節を問わず塩原渓谷の美しい景観を眺めながらの空中散歩が楽しめる絶景スポットです。特に吊橋を囲む雄大な塩原渓谷は、訪れた人を春夏秋冬、四季折々の美しい景色で迎えてくれます。 【基本情報】
スポット名:もみじ谷大吊橋
住所:〒329-2801 栃木県那須塩原市関谷1425番地60
電話番号:0287-34-1037
休館日:年中無休
開館時間:8:30~18:00 (11月1日から翌年3月31日までの間は8:30から16:00まで)
渡橋料:大人300円、65歳以上200円
【駐車場】
【R400号側・左岸】小型123台・大型8台(無料)
【右岸】小型25台(無料)

【アクセス】
東北自動車道「西那須野塩原IC」から国道400号を塩原温泉郷方面へ車で8km 出典: http://home.nasushiobara.kokosil.net/ja/archives/3793
こちらは「塩原もの語り館」。塩原温泉観光協会、塩原温泉の歴史と文学の展示資料室があり、塩原を愛し、心を震わせた明治・大正の文人たちの文学作品、その裏側にある文人と塩原との出会いのもの語りを見ることができます。また、そういった文化人、自然、観光などを映像などで紹介します。2Fでは、箒川沿いの美しい景観を望みながら食事を楽しむことができる「カフェレストラン洋燈」があります。こちらのお店のお米は市内の契約農家から直接仕入れていたり、野菜の多くは、塩原もの語り館にある直売所に並ぶものを使っています。塩原名産の高原大根・カブ・ホウレンソウなど、地元農家直送の瑞々しい野菜を食べることができる、勉強にも、おなかにも、貴重な体験ができる施設となっています。 【基本情報】
スポット名:塩原もの語り館
住所:〒329-2921 栃木県那須塩原市塩原747
電話番号:0287-32-4000
休館日:年中無休
開館時間:8:30~18:00
レストラン10:00~21:00(12月~3月は9:00~18:00)
入館料:大人:300円
    小中学生・70才以上200円、グループ特典20名以上1割引
【駐車場】
あり(無料)23台
【アクセス】
東北道「西那須野塩原IC」よりR400経由、塩原方面へ20分

那須にはどうぶつがたくさん! デートでも家族でも、たくさんふれあおう!

那須どうぶつ王国

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/azure_stalactite/40660545.html
ここ、那須どうぶつ王国ははっきり言ってただの動物園じゃありません!!「究極のふれあい動物園」です。広大な敷地(東京ドームの約10倍)は「王国タウン」と「王国ファーム」の2つのエリアに分かれています。日本でも珍しいワシのショー、翼を広げると2mを超える猛禽類の「ゾウゲンワシ」の大迫力のショーは外せません! 雄大に舞う姿はまさに「大空の王者」。さらにコンゴウインコや可愛い犬達のショー、牧羊犬の正確な仕事ぶりも間近で見ることもできます。そしてとくに大人気なのは「ふれあいコーナー」。ウサギやモルモットはもちろんのこと、カピバラや犬や猫とも思いっきり触れ合え、王国ファームではふわふわのアルパカや馬に触れます。また、カピバラやマーラが自由に放し飼いされている「カピバラの森」では今、カピバラとマーラ両方の赤ちゃんが公開中! 癒されること間違いなし! 上手に触ってあげるとカピバラは毛をふんわりさせて寝転がることもあり、さらにはカピバラが水中遊泳する姿や、天然温泉かけ流しの温泉に入る姿など様々なカピバラの表情に出会うことができます。 出典: http://blog.goo.ne.jp/nasu-oukoku/e/e949ba92cc3d8a3bd5d8ac8fb573a359
まさに恍惚の表情。 さらに今の期間は、究極の癒し空間「こたつねこ」の展示がスタート!! コタツはベンチ式となっており、靴のまま人とねこが一緒に暖まることができます。また和風の空間に、ねこ専用のコタツも1テーブル設置。暖をとりながら、ねこがくつろぐ姿を、こちらもくつろぎながらのんびりと観察することができます。
テーブルの上には、ねこが入る土鍋やみかんなどもオブジェもあり、ねこたちのかわいい姿を間近で見たり、記念撮影用に袢纏(どてら)も用意されているので、暖かい和風の雰囲気の中ねことの触れ合いや記念撮影を楽しめる、まさに「究極の癒し風景」です。 【基本情報】
スポット名:那須どうぶつ王国
住所:〒329-3223 栃木県那須郡那須町大字大島1042-1
電話番号:0287-77-1110
休園日:通常営業期間 水曜日定休日
    冬季営業期間 土日祝・年末年始のみ営業
開園時間:通常営業期間 平日10:00~16:30、土日祝・GW夏休み期間9:00~17:00
     冬季営業期間 10:00~16:00
料金:王国パスポート 大人2000円 小人(3才~小学生)1000円
【駐車場】
あり 2000台  有料
【アクセス】
東北道「那須IC」よりR4、県道305経由40分

那須高原 南ヶ丘牧場

出典: http://saitamanik.exblog.jp/21890413/
ここ、那須高原 南ヶ丘牧場は酪農を中心とした生産・加工・販売まで一貫して行っている観光牧場です。こちらの牧場には日本にここを含めた2ケ所、約200頭しかいガーンジィという品種の乳牛がいます。 明治20年にイギリス領チャネル諸島のガーンジィ島から輸入され、 南ヶ丘牧場では昭和20年代より導入し、飼育を始め、60年にはアメリカより更に30頭を輸入、品種改良を図り育種をしています。
ホルスタイン種と比べ体が小さく乳成分が高いため、乳量が少ないのです。量が取引の基準となっている現状が、ガーンジィ種が飼われない原因となっています。 蛋白質、無脂固形分が多いことがおいしい牛乳の条件で、この数値の高さが「コクがあり、甘く、クリーミーで滑らかな口当り」の秘密なのです。
乳質の良さから原産国イギリスで「貴族と富豪の牛乳」とも言われたほどで、その黄色味がかった色から「ゴールデンミルク」とも呼ばれています。
ここ、南ヶ丘牧場のガーンジィゴールデンミルクは全国ご当地牛乳グランプリで【最高金賞】受賞、那須の観光名品として【那須ブランド】の認定を獲得しています。
さらにアイスクリームなどの乳製品をはじめ、牧場ならではの料理など、本物の味に出会うことができます。ショッピング、焼きたてのパン工房、乗馬や動物とのふれあいコーナー、アイスクリームやソーセージづくり体験、さらになんと宿泊も出来ます。
牛、羊、ヤギ、馬、ロバ、うさぎなど愛嬌のある動物たちとふれあえたり、アーチェリーやパターゴルフ、つり堀りなどのレジャー設備も充実、楽しみが満載なドライブスポットです。 出典: http://andyemaru.com/hutarigoto/minamigaokabokujyoudeaisutopanwohakken/
だめだ…おいしそう…食べたい… 【基本情報】
スポット名:那須高原 南ヶ丘牧場
住所:〒325-0393  栃木県那須郡那須町湯本579
電話番号:0287-76-2150
休館日:年中無休
開館時間:8:00~17:30
入場料:無料
【駐車場】
あり 約400台 無料
【アクセス】
東北自動車道「川口JCT」より、約150分(約160km)
東北自動車道「仙台宮城IC」より、約160分(約180km)



まとめ

出典: http://blog.livedoor.jp/osamu_bikelife/archives/7254662.html
那須塩原は、「自然と近代」がうまく融合し、どんな世代、どんな人とでも丸一日満喫出来るレジャー施設が盛りだくさん。大型ショッピング施設でショッピングを楽しみ、歴史を知り、自然のアクティビティで遊び、体験し、汗をかいたら温泉でゆっくり、そのあと牧場でおいしいご飯を食べて、夜は温泉宿で一泊もできちゃう。
さらに次の日は動物園で動物とふれあい、癒されて、雄大な風景を眺めながら車を走らせる…こんなプランを組んじゃうことも夢じゃありません。
ショッピング、教養、大自然のレジャー、温泉でのんびり、絶品ディナーに最高の湯宿、そしてかわいさの象徴カピバラ…きっと彼女も喜んでくれること間違いなし!
子どもだちも大喜び! 愛犬だって飛び跳ねちゃう!

なにより、あなた自身も、大自然を感じ日ごろのせわしなさから解放され、心の底からデトックスしませんか。