西洋医学の街、「佐倉」の観光スポットを4つの切り口で紹介!

今回は「西洋医学の街」佐倉の観光スポットについて「文化編」、「歴史編」、「宿泊編」、「食事編」の4つの切り口で紹介していきます。今後の佐倉観光の参考になればと思います。

はじめに

東京のすぐとなり佐倉までのアクセスは?

東京駅周辺から佐倉周辺に向かう場合、首都都心環状線、東関東自動車道などを通って「佐倉IC」で降ります。トータルで1時間弱のドライブです。電車を利用すると半額程度に交通費を抑えて1時間弱で到着します。電車を積極的に利用したい理由がない限りはマイカーで向かう方が良いかと思います。

大阪駅周辺から向かう場合、阪神11号池田線、名神高速道路、新東名高速道路、東関東自動車道などを通って「佐倉IC」で降ります。トータルで7時間弱のドライブです。電車を利用すると高速料金と比べて2,000円程追加で交通費が必要となりますが、4時間弱で到着することができます。6時間を超えるドライブとなるので長距離の経験があまりない人は電車で向かって現地でレンタカーでも良いかと思います。

「西洋医学の街」と呼ばれる佐倉の観光スポット

医学のイメージ 佐倉は都心部からおよそ40km県内にあり、千葉県北部に位置する街です。約2割の人が東京都特別区部に通勤しており都心部へのアクセスも良好です。南部には印旛沼があり、周辺には多くの原始古代遺跡があります。江戸時代には佐倉城の城下町として栄えました。老中堀田正睦が蘭学を奨励し佐倉順天堂を開かせるなど新しい文化や学術に関して感度が高かったです。また「西の長崎、東の佐倉」と呼ばれるように「西洋医学の街」としても知られています。

天候について触れると年間平均気温は15℃前後で、比較的温暖で過ごしやすいですが、冬場は注意が必要で、朝晩は氷点下が続く日が多く冷え込みますのでしっかり着込めるようにしておきましょう。今回は佐倉の観光スポットについて「文化編」、「歴史編」、「宿泊編」、「食事編」の4つの切り口で紹介していこうと思います。



佐倉の芸術などに触れる「文化編」

国内初の私立病院「佐倉順天堂記念館」

医学塾兼診療所として蘭医・佐藤泰然が建てた施設です。千葉県指定史跡で国内初の私立病院として有名です。医療器具や医学書などの資料のほか、佐倉順天堂で生まれた林董などゆかりの貴重な資料も数多く展示されています。西洋医学の街と呼ばれるきっかけとなったスポットとも言えます。佐倉を観光する際はぜひ足を運んでおきたいスポットです。

【基本情報】
スポット名:佐倉順天堂記念館
住所:〒285-8501 千葉県佐倉市本町81
電話番号:043-485-5017
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日が休館)、12月28日~1月4日、その他臨時休館日
開館時間:9:30〜17:00

【駐車場】
あり(3台)

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約10分

豊富なジャンルの美術品に触れる「DIC川村記念美術館」

約25年前にDIC株式会社がグループ全体で収集した美術品を公開するために設立した美術館です。広大な庭園を抱え1年を通していろいろな草花を堪能できます。17世紀のレンブラントによる肖像画、モネやルノワールら印象派の絵画から、西洋近代美術、日本の屏風絵、20世紀後半のアメリカ美術といった、豊富な種類の作品を見ることができます。作品についての解説をしてくれる時間もあるので美術品についての理解を深めることもできます。

【基本情報】
スポット名:DIC川村記念美術館
住所:〒285-8505 千葉県佐倉市坂戸631
電話番号:043-498-2131
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日が休館)、12月25日〜1月1日
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
入場料:展示内容よって異なります。
大人900円~、大学生700円~、高校生500円、中学生500円、小学生500円、その他(65歳以上)700円~

【駐車場】
あり(300台)

【アクセス】
京葉道路「貝塚IC」より約15分

有形文化財が入り口となっている「佐倉市立美術館」

市街地中心部にあり、県指定の有形文化財である煉瓦造りの旧川崎銀行佐倉支店の建物をエントランスとして利用したレトロな外観の美術館です。国内の近代美術や地元にゆかりのある芸術家の作品を中心に展示されています。展示するだけでなく地域の発表の場としての役割も担っており、佐倉に根ざした積極的な活動を行っています。

【基本情報】
スポット名:佐倉市立美術館
住所:〒285-0023 千葉県佐倉市新町210
電話番号:043-485-7851
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日が休館)、12月28日~1月5日
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

【駐車場】
あり(90台)

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約10分

佐倉の過去を知る「歴史編」

歴史・文化への理解を深める「国立歴史民俗博物館」

日本の歴史・文化について考古学・民俗学などを通して理解を深める活動・研究を行っている機関で、施設は一般公開されています。日本人の民俗風習について原始・古代から近現代までの流れを理解できるような展示をはじめ幾つかのテーマに沿った展示スペースが常設されています。実際に使われていたものや模型など見て分かるような工夫がされており、小さいお子さんでも楽しめるかつ、わかりやすい設計となっています。

【基本情報】
スポット名:国立歴史民俗博物館
住所:〒285-0017 千葉県佐倉市城内町117
電話番号:043-486-0123
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌日休館)年末年始(12月27日〜1月4日まで)
開館時間:[3月〜9月]9:30〜17:00[10月〜2月]9:30〜16:30
入場料:一般420円、高校・大学生250円、小学・中学生無料

【駐車場】
あり

【アクセス】
東関東自動車道「四街道IC」より約15分

四季折々の景色が綺麗な「佐倉城址公園」

佐倉城自体はすでに取り壊されていますが、大手門跡から西の台地が城址公園として保存されています。植物が豊富で四季に応じて桜、牡丹、梅、菖蒲などいろいろな花を愛でることができます。

【基本情報】
スポット名:佐倉城址公園
住所:〒285-0017 千葉県佐倉市城内町
電話番号:043-484-6165

【駐車場】
あり

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約20分

最後の佐倉藩主堀田正倫の本邸「旧堀田邸」

最後の佐倉藩主となった堀田正倫が本邸として居住した上級和風住宅です。襖、天袋、地袋などの調度品も当時のままなのでぜひ見ておきたいところです。また一部、国の重要文化財に指定されています。

【基本情報】
スポット名:旧堀田邸
住所:〒285-0025  千葉県佐倉市鏑木町274
電話番号:043-483-2390
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜日が休館)、12月28日~1月4日
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

【駐車場】
あり

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約10分



佐倉でおいしく食べる「食事編」

分厚いトンカツが絶品「おかやま食堂」

白と黒をベースとした和の雰囲気のある外装で入口近くには大きなひし形の看板が出ており一見して「おかやま食堂」だとわかります。店前には数台止められる駐車場があるのもありがたいです。店内には広い座敷が広がっています。グループで行く際はそちらに案内されます。数名の場合はカウンターでも良いでしょう。こちらで食べるトンカツはボリューム満点です。精肉店が運営している定食屋ということもあってか、お肉はおいしいですし、厚みも大分あり、食べ応え十分です。ランチで行く場合は朝食を控えめにしても良いと思います。

【基本情報】
スポット名:おかやま食堂
住所:〒285-0023 千葉県佐倉市新町105
電話番号:043-484-2239
定休日:水曜日・第1第3木曜日
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:30

【駐車場】
あり

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約10分

豊富な種類が自慢の天然酵母のパン屋「プティ」

出典: http://blogs.yahoo.co.jp/taka_k_neo/62979720.html
志津駅近くのコンビの隣にあるパン屋です。茶色の外装でかわいい看板が上部にプリントされています。店内にはおいしそうなパンが陳列されています。定番の菓子パンからキャラクターを模したパンなどさまざまです。

【基本情報】
スポット名:プティ (Petite)
住所:〒285-0846 千葉県佐倉市上志津1656-12
電話番号:043-462-8850
定休日:日曜・祝日
営業時間:7:00~19:00

【駐車場】
あり(26台)
※タイムズ上志津と提携

【アクセス】
東関東自動車道「千葉北IC」より約20分

イートインスペースもある「欧風菓子工房 カーメル」

レンガ調の外装にポップな色合いのかわいらしいお店です。店内にはケーキを中心にいろいろな洋菓子が陳列されています。イートインスペースもあるので、店内でちょっとのんびりすることもできます。

【基本情報】
スポット名:欧風菓子工房 カーメル
住所:〒285-0811 千葉県佐倉市表町3-13-23
電話番号:043-484-2709
定休日:月曜・火曜(祝日の場合は翌日)
営業時間:9:30~19:30

【駐車場】
あり

【アクセス】
東関東自動車道「四街道IC」より約10分

佐倉でおいしいと評判の日本料理店「馳走かく田」

マンションの1階部分にある料理店です。しっかりと改装されていて和のテイストの強い風情のある外観です。店内はカウンターとテーブル席がメインで、テーブル席側はすだれで通路と区切られており、カウンター側が気にならないようになっています。料理は一品一品丁寧につくられているのが伝わってきます。コースも品数が豊富でお腹いっぱいになれます。

【基本情報】
スポット名:馳走 かく田
住所:〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台1-20-5 パストラル佐倉101
電話番号:043-308-3383
定休日:月曜
営業時間:11:30〜14:00、17:00〜22:00(LO21:00)

【駐車場】
あり(5台)

【アクセス】
東関東自動車道「四街道IC」より約10分

佐倉観光の拠点「宿泊編」

仲良しグループの観光に!「佐倉プラザホテル」

出典: http://ossan-hitori-tabi.blog.so-net.ne.jp/2014-10-24-1
佐倉駅から徒歩でも5分圏内にあるホテルです。一つ一つの客室が広々としているので体をゆっくりと伸ばして休むことができます。アクセスや雰囲気を考えると友人グループなど気の知れた人たちと泊まるのに適したホテルです。

【基本情報】
スポット名:佐倉プラザホテル
住所:〒285-0025 千葉県佐倉市鏑木町1134-5
電話番号:043-485-9111
休館日:年中無休 ※設備点検などによる臨時休業の場合あり
時間:チェックイン16:00 (最終24:00)/チェックアウト10:00

【駐車場】
あり(10台)

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約12分

多目的に活用される「HOTEL湯ぱらだいす佐倉」

佐倉駅すぐとなりにあるホテルです。アクセスの良さから観光客だけでなくビジネスマンも利用しています。1、2階はフィットネスクラブとなっており、ジムトレーニングやプールでリフレッシュすることもできます。また周辺に体育館や野球場、ゴルフ場などがあることから学生の運動部や社会人のスポーツチームも多く利用しています。「湯ぱらだいす」の名前からも想像できるようにお風呂が自慢の一つです。駅前という都会の中心で天然温泉に入浴ができます。ドライブでの疲れをプールや温泉でリフレッシュさせることができます。

【基本情報】
スポット名:HOTEL 湯ぱらだいす佐倉
住所:〒285-0811 千葉県佐倉市表町3-26-1
電話番号:043-483-4126
休館日:年中無休 ※設備点検などによる臨時休業の場合あり
時間:チェックイン15:00 (最終22:00)/チェックアウト09:30

【駐車場】
時間貸駐車場が隣接おり、駐車券を提示することで無料になる。

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約10分

駅近でおいしい料理も食べられる「リッチタイム」

出典: http://sakura.area-navi.com/Business/?ID=0000000846
こちらも佐倉駅から近く約1分で到着する好立地条件のホテルです。55台収容可能な専用の無料駐車場も完備されています。少し広めにつくられた客室では大きめのカバンを持っていても問題なくゆったりできます。ホテル内にはゴージャスな雰囲気のあるレストラン「ナポレオン」や和室の個室もある日本料理店「久蔵」も入っており、おいしい食事を取ることもできます。のんびりお風呂に浸かるのも良いですが、おいしい料理を食べて元気になるのも良いです。

【基本情報】
スポット名:ホテル リッチタイム
住所:〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台1-6-1
電話番号:043-486-7711
休館日:年中無休 ※設備点検などによる臨時休業の場合あり
時間:チェックイン15:00 (最終29:30)/チェックアウト10:00

【駐車場】
あり(55台)

【アクセス】
東関東自動車道「佐倉IC」より約5分

まとめ

いかがでしたでしょうか。佐倉の観光スポットについて「文化編」、「歴史編」、「宿泊編」、「食事編」の4つの切り口で紹介してきました。国内を代表する文化の研究施設や日本初の私立病院など学術や文化に関する施設が多く知的好奇心を刺激する街です。東京からのアクセスも良いので日帰り観光もできます。佐倉観光の参考になれば幸いです。