車で行ける!東京のおすすめ初詣ランキング

いよいよ今年も一か月を切って初詣のプランを考える時期です。都内にある初詣スポットや都心から車でいける初詣スポットをご紹介します。

初詣の由来

もともと「年籠り」(としごもり)といい、家長が祈願のために大晦日から元旦の朝にかけて神を祀る神社(氏神)にこもるという習慣のことを指していました。この年籠りは、大晦日の夜に神社にいく「除夜詣」と元旦の朝に行く「元旦詣」に分かれ、そのうちの元旦詣が初詣の由来といわれています。現在では、年が明けてから初めて神社や寺院(以降「社寺」という)などにお参りすることをいい、一年の感謝の気持ちをささげたり、新年の無事や平安を祈願したりすることを指しています。
ちなみに、江戸時代末期までは、社寺にお参りしたり居住地から見て吉とされる方角(恵方)にあたる社寺にお参りしたりすることが主流だったそうです。氏神や恵方を意識せず、有名な社寺にお参りする、現在のような元旦詣いわゆる初詣が主流となったのは明治中期からになるそうです。
この初詣ですが、地域の文化や風習による違いもあるようです。関東の初詣は、正月に社寺にお参りするのが主流ですが、関西では節分の恵方詣りが主流だったと言われています。時代の流れの中で関西圏でも正月に初詣をするようになり、現在では全国的に初詣はお正月となっています。

初詣はいつまでにいけばいい?

ところで初詣はいつまでにいけばいいのでしょうか。
いろいろな説や地域による言い伝えがあるので統一の見解があるわけではないのですが、1月7日までと考える説が多いようです。これは門松やしめ縄を飾っておく期間(松の内)と同様と捉えられていることからでてきた考えで、地域によっては1月15日や1月20日を松の内とするため、それぞれの日までに初詣に行くと考えられています。
ただ、厳密にいつまでに初詣を済まさなければならないというルールは存在しないので、行けるときにお参りしてみてはいかがでしょうか。



神社とお寺の初詣の違い

初詣は、信仰している宗教にあわせて神道なら神社へ仏教ならお寺を参拝します。特に信仰している宗教がなければどちらを参拝しても問題ありません。
お寺と神社の違い5つは下記の通りです。

1.神様(崇拝対象)

神道:八百万の神
神道は、自然物から人神など神羅万象の複数の神様を信仰の対象とする多神教です。

仏教:仏陀、その他の仏など
「苦しみ」と見なされる人の世が未来永劫続く輪廻転生の輪から、修行によって悟りを開いて苦しみから抜け出す(解脱)ことを目標としています。

2.教典

神道:生活文化から発展したそれらの神々の力を上手く借りられる方法論が教義の元になっているので、絶対的な神の教えというものが無く教典は存在しません。

仏教:「経典(きょうてん)」
仏教では、開祖である釈迦(仏陀)が説いた教えを記録したものが教典とされています。ちなみに、「経典」は大きく分けると以下の3つに分かれます。

・「経」…教義をまとめたもの
・「律」…修行方法や戒律に関するもの
・「論」…「経」を注釈したもの

この3つをまとめて「三蔵」と呼び、「三蔵」に精通した僧侶のことを「三蔵法師」と呼びます。ちなみに、お葬式などでお坊さんが唱えているものも、教義をまとめたお経です。

3.聖職者

神道:神職(神主)、巫女
神社における聖職者といえば、烏帽子をかぶり袴をまとった「神職」です。主に、「神主」という名称が一般には広まっています。

仏教:僧(お坊さん)
仏教の聖職者といえば、袈裟を着た頭を丸めた「僧」ですが、一般的には「お坊さん」という呼び名で知られています。

4.宗教施設

神道:神社(鳥居+参道+社殿)
神道における宗教施設といえば「神社」です。神社は一般的に、入り口に「鳥居」があり、鳥居の先にある「参道」の脇には手と口を清める「手水舎」、その先には神様が祀られている「本殿」、という造りになっています。

仏教:お寺
お寺は、仏陀の教えを信じて「悟り」を目指す人が暮らす場であり、一般の人に仏教の教えを説く場でもあります。そのため、お寺にある建造物は、仏像など礼拝の対象を祀る「伽藍(がらん)」と、お坊さんたちが居住する「僧房」とに分かれています。お寺は一般的に、入り口に「山門」があり、元々は仏陀そのものを表していた「塔」と本尊の仏像を安置する「金堂」などを内部に置く造りになっています。

5.参拝方法

神道:二拝二拍手一拝
神社では、お賽銭を入れた後、2回礼をし、手を叩いて、もう一度頭を下げる「二拝二拍手一拝」という参拝方法が一般的です。ちなみに、神社への参拝は、穢れを清めるためのお祓い方法の一つに数えられるもので、「今までの穢れを清めて、心機一転の決意表明をする」という意味合いがあります。そのため、「お金が欲しい」といったような自分に都合のいい願い事をするのは、本来の目的からは少しずれています。

仏教:合掌
お寺では、お賽銭を入れた後、拍手は打たずに胸の前で合掌するスタイルの参拝方法が一般的です。また、数珠を持つ、鐘をつく、護摩を焚く、お線香をあげるといった参拝方法もお寺独自のものです。参拝後には、お寺にお経を納めた証明書である「朱印」をもらうこともできます。

東京の初詣人気ランキング

第一位 明治神宮(渋谷区)

初詣の参拝者数が全国でもトップクラスの神社です。大正9年に創建され、都会の中の憩いの森として都民や観光客に親しまれています。 【基本情報】
スポット名:明治神宮
住所:〒151-8557 東京都渋谷区代々木神園町1-1
電話番号:03-3379-5511(代表)
参拝時刻:元旦 0:00~19:00、2、3日 6:40~18:30
ご利益:開運、厄除け、安産、学業成就、家内安全、縁結びなど
御祭神:明治天皇と昭憲皇太后
例年の人出:約310万人
駐車場:敷地内無料駐車場(120台)

公式サイト

第二位 浅草寺(台東区)

都内最古といわれる浅草寺は、628年の創建されたといわれています。ご利益の諸願成就とは、恋愛、商売、健康、学業など、どんな願いでも叶えてくれる万能のご利益という意味です。 【基本情報】
スポット名:浅草寺
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3-1
電話番号:03-3842-0181
参拝時刻:元旦 0:00~20:00、2、3日 6:30~17:00
ご利益:諸願成就
御本尊:聖観音菩薩
例年の人出:約283万人
駐車場:雷門地下駐車場(197台)

公式サイト

第三位 西新井大師(足立区)

正式には、五智山遍照院總持寺といい、「関東の高野山」とも呼ばれ、川崎大師などとともに「関東三大師」に数えられています。 【基本情報】
スポット名:西新井大師
住所:〒123-0841 東京都足立区西新井1-15-1
参拝時刻:本堂への参拝 12月31日~元旦 ~23:00 2日以降 ~22:00
ご利益:開運、厄除け、学業成就、商売繁盛、交通安全、家内安全
御本尊:十一面観世音菩薩、弘法大師
例年の人出:約63万人
駐車場:参拝駐車場(40台)

公式サイト

第四位 大國魂神社(府中市)

創建は、約1900年前の111年になる大変歴史のある神社です。参道のケヤキ並木は国の天然記念物に指定されています。 【基本情報】
スポット名:大國魂神社
住所:〒183-0023 東京都府中市宮町3丁目1
電話番号:042-362-2130
参拝時刻:開門 12月31日 6:30~元旦21:00 2日 6:30~20:00 3日 6:30~19:00
ご利益:開運・商売繁盛・交通安全・厄除け・縁結び
御祭神:大國魂大神
例年の人出:約50万人
駐車場:敷地内有料駐車場(200台)

公式サイト

第五位 神田神社(千代田区)

神田明神とも呼ばれる神田神社は、江戸の総鎮守として歴代将軍から信仰を集めてきました。元旦0:00には1年で最初の神事「歳旦祭」が行われます。 基本情報】
スポット名:神田神社
住所:〒101-0021 東京都千代田区 外神田2丁目16-2
電話番号:03-3254-0753
参拝時刻:開門 元旦 0:00~ 2日以降 24時間開門
ご利益:開運・商売繁昌全般・厄除け・縁結び・必勝祈願
御祭神:大己貴命、少彦名命、平将門命
例年の人出:約30万人
駐車場:秋葉原UDXパーキング(800台)

公式サイト

第六位 湯島天満宮(文京区)

菅原道真公を祀る学問の神様として受験生に人気の神社です。境内の牛の像を撫でるとご利益があるといわれています。 【基本情報】
スポット名:湯島天満宮
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1
電話番号:03-3836-0753
参拝時刻:元旦 0:00~21:00 2、3日 7:00~21:00
ご利益:学業成就、合格成就、開運
御祭神:天之手力雄命、菅原道真
例年の人出:約35万人
駐車場:タイムズ湯島天神第1(13台)

公式サイト

第七位 靖國神社(千代田区)

幕末から大東亜戦争までの戦歿者246万6000余柱を祀っている神社で、桜の名所としても知られています。 【基本情報】
スポット名:靖國神社
住所:〒
参拝時刻:本殿への参拝は元旦0:00~16:00、2日以降9:00~16:00
ご利益:国家安泰、家内安全、厄除け
御祭神:戦歿(没)者 246万6千余柱
例年の人出:約26万人
駐車場:

公式サイト

第八位 日枝神社(千代田区)

日枝大神の使いとされる猿は、「神猿(まさる)=魔が去る」ということで厄除けに良いとされ、さらには群れで子どもを育てる猿の習性から、家門繁栄にもつながるといわれています。「山王さま」と呼ばれ親しまれています。 【基本情報】
スポット名:日枝神社
住所:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-5
電話番号:03-3581-2471
参拝時刻:元旦 0:00~19:00 2日以降 6:00~18:00
ご利益:厄除け、縁結び、安産、交通安全など
御祭神:大山咋神
例年の人出:約25万人
駐車場:敷地内無料駐車場(100台)

公式サイト

第九位 柴又帝釈天(葛飾区)

柴又のシンボルで、「男はつらいよ」で有名な日蓮宗の古刹です。 【基本情報】
スポット名:柴又帝釈天
住所:〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-10-3
電話番号:03-3657-2886
参拝時刻:12月31日~元日 ~20:00
ご利益:開運、病気平癒、家内安全、商売繁盛、厄除け
御本尊:大曼荼羅
例年の人出:約25万人
駐車場:江戸川河川敷大型駐車場(190台)

公式サイト

第十位 大本山増上寺(港区)

浄土宗の大本山です。東京タワーのすぐ正面に建つお寺としても知られ、徳川家の菩提寺として栄えたお寺です。 【基本情報】
スポット名:大本山増上寺
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35
電話番号:03-3432-1431
参拝時刻:大殿への参拝 12月31日~元旦 ~17:30 2日以降 6:00~17:30
ご利益:勝運祈願、家内安全、交通安全、厄除け、子育て、学業成就、必勝祈願
御本尊:阿弥陀如来
例年の人出:約3万人
駐車場:敷地内無料駐車場(10台)

公式サイト



車で行けるおすすめ初詣先

都心から車で行ける初詣先をお出かけ内容ごとにまとめてみました。

デートでいくなら?

【川崎大師 平間寺(川崎市)】

全国屈指の大人気初詣スポットで、厄除けの寺として有名です。第11代将軍徳川家斉が厄除を祈願に公式参拝したことで、川崎大師の厄除け効果が庶民たちに広まったといわれています。 【基本情報】
スポット名:川崎大師 平間寺
住所:〒210-0816 神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
電話番号:044-266-3420
参拝時刻:大本堂への参拝 12月31日~元旦 ~20:30
ご利益:厄除、商売繁昌、交通安全、家内安全、健康長寿など
御本尊:弘法大師
例年の人出:約302万人

【駐車場】
専用無料駐車場(700台)

【アクセス】
首都高速横羽線「大師IC」より約5分

公式サイト
【成田山新勝寺(成田市)】

全国区の有名な初詣スポットであり、千葉を代表する観光地です。歌舞伎の市川宗家の屋号「成田屋」の由来にもなっているお寺です。 【基本情報】
スポット名:成田山新勝寺
住所:〒286-0023 千葉県成田市成田1
電話番号:0476-22-2111
参拝時刻:終日開放
ご利益:交通安全、家内安全、商売繁盛、厄除け、災難除け
御本尊:不動明王
例年の人出:300万人

【駐車場】
市営東和田駐車場(530台)

【アクセス】
東関道「成田IC」より約10分

公式サイト
【武蔵一宮 氷川神社(さいたま市大宮区)】

出雲大社から分霊したとされる2,000年以上の歴史がある古社です。「大いなる宮居」として大宮の地名の由来にもなった特別な神社です。 【基本情報】
スポット名:武蔵一宮 氷川神社
住所:〒330−0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
電話番号:048-641-0137
参拝時刻:12月31日 6:00~元旦22:30 2日 6:00~22:00 3日 6:00~21:30
ご利益:国家安泰、開運、商売繁盛、縁結び、安産など
御祭神:須佐之男命、奇稲田姫命、大己貴命
例年の人出:205万人

【駐車場】
専用無料駐車場(80台)

【アクセス】
首都高速さいたま新都心線「さいたま新都心西IC」より約15分

公式サイト

縁結びを祈願したいなら?

鶴岡八幡宮(鎌倉市)

源頼朝ゆかりの神社でパワースポットしても有名です。境内の「大銀杏」は再生のパワースポット、「政子石」は、縁結び、夫婦円満の祈願石として信仰されています。 【基本情報】
スポット名:鶴岡八幡宮
住所:〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-13-1
参拝時刻:12月31日~1月3日 終日可能
ご利益:出世運、勝負運、決断力・行動力アップ、縁結び、夫婦円満
御祭神:応神天皇、比売神神功皇后
例年の人出:251万人

【駐車場】
有料駐車場(40台)

【アクセス】
横浜横須賀道「朝比奈IC」より約15分

公式サイト
千葉厄除け不動尊(東金市)

関東厄除け三不動のひとつで「願いがかなう力の不動」として古くから信仰を集めています。境内には「縁結び大社」や「全七福神めぐり」もあります。 【基本情報】
スポット名:千葉厄除け不動尊
住所:〒283-0823 千葉県東金市山田1210
電話番号:0475-55-8545
参拝時刻:12月31日 23:30~ 2、3日 9:00~
ご利益:厄除け、方位除け、合格祈願、金運、交通安全、縁結びなど
御本尊: 釈迦如来、阿弥陀如来
例年の人出:60万人

【駐車場】
無料駐車場(1000台)

【アクセス】
千葉東金有料道「山田IC」より約1分

公式サイト
川越氷川神社(川越市)

2組の夫婦神と出雲大社の縁結びの神「大己貴命」を祀っていることから、古くから縁結びにご利益があるといわれています。境内の小石を持ち帰ると良縁に恵まれるといういい伝えがあり、毎朝小石をお清めした「縁結び玉」を頒布しています。 【基本情報】
スポット名:川越氷川神社
住所:〒350-0052 埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話番号:049-224-0589
参拝時刻:12月31日 23:00~元旦3:00 6:00~19:00 2日、3日 9:00~19:00
ご利益:縁結び、夫婦円満、就職成就など人の縁にまつわること
御祭神: 素戔嗚尊、奇稲田姫命、大己貴命、脚摩乳命、手摩乳命
例年の人出:19万人

【駐車場】
無料駐車場(300台)

【アクセス】
首都高埼玉大宮線「与野IC」より約24分

公式サイト

交通安全を祈願したいなら?

【谷保天満宮(国立市)】

谷保天満宮梅林にある「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の石碑は、宮様ご先導による「遠乗会」という日本初のドライブツアーが谷保天満宮を目的地として開催された証です。宮様御一行は拝殿に昇殿参拝の後、ドライブに出発し、故障や事故もなく無事に東京に戻ることができたということから、 谷保天満宮が交通安全発祥の地と言われています。 【基本情報】
スポット名:谷保天満宮
住所:〒186-0011 東京都国立市谷保5209
電話番号:042-576-5123
営業時間:9:00~16:50

【駐車場】
無料駐車場(30台)

【アクセス】
中央道「国立府中IC」より3分

公式サイト
【高尾薬王院(高尾山)】

クルマは限定されることなく、バイクも工事・業務車両・自転車なども御祈祷してもらうことができます。 【基本情報】
スポット名:高尾薬王院
住所:〒193-0844 東京都八王子市高尾町2177
電話番号:042-661-1118(直通)
営業時間:午前 9:00、9:45、10:30、11:15、12:00 午後13:00、13:45、14:30、15:15、16:00
(申込受付は各時間5分前まで)

【駐車場】
無料駐車場(250台)

【アクセス】
圏央道「高尾山IC」より約3分

公式サイト
【高幡山金剛寺(日野市)】

お願い事は、家内安全・商売繁昌・身体安全・厄災除・災難消除・当病平癒・手術成就・負傷平癒・心願成就・社運隆昌・事業繁栄・工事安全・作業安全・交通安全・旅行安全など、幅広く御祈祷して頂けます。クルマの祈祷と一緒に家族そろって御祈祷して頂くといいかもしれません。 【基本情報】
スポット名:高幡山金剛寺
住所:〒191-0031 東京都日野市 高幡733
電話番号:042-591-0032
営業時間:9:00~16:00

【駐車場】
京王高幡SC公共駐車場(197台)

【アクセス】
中央道「国立府中IC」より約10分

公式サイト

おまけ:初詣の屋台で今人気なのは?

番外編で初詣の人気ランキングを調べてみました。
参拝待ちの時に食べるあったかい食べ物や飲み物はちょっとしたキューピッド!一緒にひとつのものを食べることで心もあったかになるはずです。 【東京地区屋台が多い初詣場所ランキング】
1位 浅草寺(台東区)
2位 靖国神社(千代田区)
3位 明治神宮(渋谷区)
4位 神田明神(千代田区)
5位 富岡八幡宮(江東区)

【人気の初詣屋台ランキング】
1位 たこ焼き
2位 焼きそば
3位 いか焼き
4位 焼きとうもろこし
5位 お好み焼き

まとめ

今回の東京おすすめ初詣スポットはいかがでしょうか。
都内にもドライブで訪れることができる初詣スポットがいっぱいあります。
年末年始に初詣に出かけてみてはいかがでしょうか。