カラフルに彩られた明石海峡大橋を眺め尽くす!厳選夜景スポット

明石海峡大橋は、神戸市と淡路市を結ぶ全長3,911m、世界一の長さを誇る吊り橋です。日没後には、別名「パールブリッジ」の愛称にふさわしい、まるで真珠を連ねたような美しいライトアップが楽しめます。その魅力的な姿をすみずみまで眺め尽くしてみたくなる、おすすめの鑑賞スポットをご紹介します。

明石海峡大橋とは

明石海峡大橋は、1988年(昭和63年)5月に着工、潮流が激しく水深が深い明石海峡に当時の橋梁技術の粋が集められ、1998年(平成10年)4月に完成しました。吊橋の規模を示す中央支間長(塔と塔の距離)は1,991mと、世界一の高さを誇ります。さらに主塔の高さは海面上約300mとなり、東京タワー(333m)とほぼ同じ高さになります。

ライトアップは28パターン!

明石海峡大橋のライトアップは、日没後から平日は23時まで、土日祝日は24時まで点灯しています。その色の組み合わせはなんと28パターン! 季節や時間ごとに色が変わります。また、1時間ごとの時報から毎時5分間、虹色の輝きを見ることができます。海の闇間に映えるイルミネーションはとても幻想的で、宝石のように輝く美しい夜景が広がります。 なぜこのような多彩な色が出せるのでしょうか? ライトアップといえば、通常は建造物などに他から照明を当てるものですが、明石海峡大橋の場合は橋そのものに照明が付いています。具体的には、2本のメインケーブルに沿って、赤、緑、青の3原色ランプが1セットになった装飾照明が1,084台設置されています。そして、「光の3原色の原理」を利用して個々の明るさをコンピューターで制御することにより、さまざまな色を出せるようになっています。なお、ライトアップのデザインは照明デザイナーの石井幹子さんが手掛けたものです。



明石海峡大橋を眺め尽くす!厳選夜景スポット

大蔵海岸(カップルに人気のスポット)

大蔵海岸からは、明石海峡大橋全体の姿を見ることができます。広大な海岸公園内の雰囲気も良く、毎日多くのカップルが訪れています。ベンチに座りながら明石海峡大橋がさまざまな色に変わる様子を見ることが出来るので、長い間眺めていても飽きない夜景スポットです。

■詳細情報
住所   兵庫県明石市大蔵海岸通
車内鑑賞 不可
営業時間 終日
料金   無料
駐車場  有 有料

Googleマップ

舞子公園(真下から橋を眺め尽くす!神戸市側)

舞子公園は神戸市側から明石海峡大橋を間近に眺める事ができるスポットです。街灯が整備されているので、夜間でも園内は比較的明るく雰囲気がよい公園です。明石海峡大橋の体験展望施設「舞子海上プロムナード」は夜間営業をしていませんが、公園内からは明石海峡大橋のライトアップはもちろん、対岸の淡路島や明石方面の夜景を眺めることができます。
なお、明石海峡大橋を真下から眺めることができるのは、淡路島側の道の駅「あわじ」と、この舞子公園だけなので、明石海峡大橋のスケールを間近に感じたい方におすすめのスポットです。

■詳細情報
住所   兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
車内観賞 不可
営業時間 終日
料金   無料
駐車場  有 有料

Googleマップ

淡路SA(橋の見える丘と大観覧車)

神戸市側から橋を渡った先にある淡路SAは、明石海峡大橋が一望できるとともに、明石市と神戸市に広がる海岸沿いの光を楽しむことができます。SAの上下線は車での行き来が自由ですので、時間に余裕があれば上下線共にそれぞれ特徴がある夜景スポットを楽しめます。 淡路SA(上り線)には「橋の見える丘」と呼ばれる夜景展望スポットがあります。また、足元を照らすフットライトが、幻想的な雰囲気を演出しています。 淡路SA(下り線)には大きな観覧車が設置されていて、その中から夜景を眺めることができます。観覧車の料金は600円(大人1名)、営業時間は9:00~21:00(チケット販売は20:30迄)です。

■詳細情報
住所   兵庫県淡路市岩屋
車内観賞 不可
営業時間 終日 ※但し、売店等は営業時間あり
料金   高速道路通行料(区間により異なる)
駐車場  有 無料(多数)

Googleマップ

道の駅あわじ(真下から橋を眺め尽くす!淡路島側)

道の駅あわじは、淡路島側から明石海峡大橋を真下から眺め尽くす事ができるスポットです。適度に街灯がありますが、周辺が基本的に暗いので明石海峡大橋のライトアップがより美しく見えることから、デートスポットとしてもおすすめできる場所です。

■詳細情報
住所   兵庫県淡路市岩屋
車内観賞 不可
営業時間 終日 ※但し、売店等は営業時間あり
料金   無料
駐車場  有 無料(多数)

Googleマップ

公式ページはこちら

明石藩舞子台場跡(幕末の砲台跡から橋を眺める)

明石藩舞子台場跡は、幕末に舞子海岸に築造された砲台跡です。砲台は一度も使われずに火災に遭い、現在は石垣などを除いて当時の面影を残していません。視界を遮るものが無く距離も近いため、明石海峡大橋の迫力ある夜景を楽しむことができるオススメの鑑賞スポットになっています。

■詳細情報
住所   兵庫県神戸市垂水区東舞子町
車内観賞 不可
営業時間 終日
料金   無料
駐車場  無(近隣のコインパーキングを利用)

Googleマップ

明石海峡大橋を眺め尽くす!絶景カフェ&レストラン

リストランテ・ミア・アルベルゴ

全席オーシャンビューの開放的な店内は、まるで豪華客船のレストランにいると勘違いしてしまうほど、ダイナミックな明石海峡大橋と海を至近距離で体感することができます。ディナータイムには、淡路島の夜景や明石海峡大橋のライトアップなど、1秒ごとに移り変わる景色を心ゆくまで楽しめます。

住所   兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1 ホテルセトレ1F
電話   078-708-3331
アクセス 第二神明道路高丸ICより車で約10分
駐車場  有
営業時間 昼 11:30~15:00(L.O.14:30)・夜 18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日  火曜
予算   夜8,000円~、昼1,000円~

公式ページはこちら

FIESTA(フィエスタ)

湾岸線・国道2号沿いにある、海に面したレストランバー。眼前には明石海峡大橋が迫り、夜はイルミネーションを眺めながら、食事が楽しめます。オーダーに迷ったときは「明石タコのカルパッチョ」など、明石近海で採れた食材を使ったシーフード料理がおすすめです。

住所   兵庫県神戸市垂水区狩口台7-15
電話   078-785-3723
アクセス 第二神明道路大蔵谷ICから5分
駐車場  有
営業時間
平日 11:30~14:30(L.O)・18:00~22:00(L.O.21:00)
土・日・祝 11:30~14:30(L.O)・14:30~17:00・17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日  火曜
予算   夜3,000円~、昼1,000円~

Googleマップ

ナポレオンフィッシュ

明石港フェリーターミナルのすぐ近くにある本格スペイン風料理店。明石海峡大橋が一望できるカウンター席が人気です。心地よい音楽と共に、港町のディナーを心ゆくまで堪能できます。

住所   兵庫県明石市中崎2-4-1 明石アーバンスクエア2F
電話   078-913-2863
駐車場  有
営業時間 11:30~14:00(L.O.13:30)・18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日  火曜
予算   夜2,000円~

Googleマップ

スターバックスコーヒー神戸西舞子店

2012年夏に山陽電鉄西舞子駅近く、国道2号線沿いにオープンしたスターバックスコーヒー神戸西舞子店は、スタバ好きも夜景好きも大満足できるお店です。2階席は全面ガラス張りで、テラス席も充実しているので、どの席からも季節を問わずに明石海峡大橋の絶景オーシャンビューを一望することができます。

住所   兵庫県神戸市垂水区西舞子1-10-4
電話   078-787-2085
駐車場  有
営業時間 8:00~24:00
定休日  不定休
予算   夜~999円、昼~999円

公式ページはこちら



明石海峡大橋の基本情報

名称:明石海峡大橋
点灯時間:平日 日没~23:00 土・日・祝 日没~24:00
住所:兵庫県神戸市垂水
アクセス:
大阪・神戸方面から…第二神明道路「高丸IC」より南西へ約3km         
淡路島・四国方面から…神戸淡路鳴門自動車道「垂水IC」より南へ約4km
山陽道方面から…神戸淡路鳴門自動 車道「布施畑IC」より南へ約9km
有馬・宝塚方面から…阪神高速7号北神戸線「前開IC」より南約8km

明石海峡大橋ブリッジワールド
明石海峡大橋ブリッジワールドは建設に携わったツアーリーダーが建設、技術、歴史などを説明!普段立ち入れない管理用通路を通り、主塔に上ることのできる体験ツアーです。 本州四国連絡高速道路株式会社が運営するHPです。 その他
2014年4月1日からの高速道路料金の改正で、明石海峡大橋(垂水IC~淡路IC間)の通行料金がETC利用の普通車で900円と大幅値下げになりました。
垂水IC~淡路IC間(片道) ※ETC搭載車料金
普通車:900円 (平日・土日祝日を問わず)
軽自動車:750円 (平日・土日祝日を問わず)

おわりに

いかがでしたでしょうか? 明石海峡大橋のライトアップは、訪れる季節や時間によって景色や雰囲気が変わるため、ずっと見ていても飽きることはなく、何度でも足を運びたくなるスポットです。
みなさまもぜひ、海上に架かるその宝石のような姿を眺めに訪れてみてください。きっと、28パターン全てのライトアップを間近で見てみたくなるはずですよ。 ここだけの話ですが、明石海峡大橋の「上」から眺める市街地の夜景もオススメです。(ただし、運転中の脇見には十分にご注意ください…)