【凍った窓を簡単に溶かす方法】忙しい朝に凍結した車の窓を素早く溶かす方法と凍結対策をご紹介!

この季節になると朝車に乗るときに窓ガラスが凍っていることがありますよね? ただでさえ時間がない朝に窓ガラスが溶けるのを待ってなんかいれません。そこで今回は忙しい朝でも簡単に凍結した窓ガラスを溶かす方法や凍結防止方法をご紹介いたします。

冬場に車の窓ガラスが凍る理由は?

冬の朝に車に乗ろうと思ったらフロントガラスが凍結していて、溶かすのに時間がかかってしまい仕事に遅れそうになったことはありませんか? 冬も深まってくると毎日のように凍ってしまうので、車で通勤している方には大変な季節ですよね。

朝から凍結したフロントガラスをのんびり溶かしていては仕事などに遅刻してしまいます。だからと言って完全に溶けていない状態で運転するのは視界が悪くて危険です。この記事では時間のない朝でも凍結したガラスを効率良く溶かす方法をご紹介いたします。

そもそも冬の朝に窓ガラスが凍結する理由は?

車の窓ガラスが凍る条件としては、気温が5度以下で風が弱く晴れている早朝になります。この条件が揃った場合に「放射冷却」という現象が発生します。放射冷却とは日中に太陽の熱で暖められた地表面や物体が夜になって熱を放射することで、気温が下がる現象のことです。

放射冷却が発生することによって車の周りの温度が気温よりも低くなります。この時に周囲の水蒸気が凍って結晶になったものが車の窓ガラスやボディに付着して凍り付いてしまいます。特にフロントガラスやボンネットは斜めになっているため、付着した結晶が落ちにくくカチカチに凍ってしまうのです。

気づいている方もいるかもしれませんが、曇っていたり、風のある朝には窓ガラスやボディが凍っていません。それは、曇っていたり、風のある日には放射冷却が発生しないからなのです。また、空気中の水蒸気が凍って結晶になるには0度以下にならなければいけません。放射冷却が発生していても0度以上ある場合には凍結することはありません。

寒冷地帯では内側の窓ガラスも凍ってしまう?

北海道など寒冷地帯では車内側の窓ガラスも凍ってしまうことがあります。車内に残っている水分が水蒸気になってフロントガラスなどに付着します。車内の気温が0度以下になってしまう日には付着した水蒸気が凍ってしまうので、車内側の窓ガラスも凍結してしまうのです。



解氷スプレーでスピーディに溶かす

まず1つ目は解氷スプレーを使って凍結を溶かす方法です。解氷スプレーはカー用品店やホームセンターで500円ほどで購入することができます。凍結した窓ガラス全体にスプレーを吹きかけると、すぐに溶けてきますので、ワイパーをかければ視界は良好になります。

また、解氷スプレーは凍結したガラスを溶かすだけではなく、あらかじめふきかけておくことで凍結予防にもなります。しかし、完璧に予防ができるわけではなく、何もやらないよりはましになる程度だと思っておいてください。

おすすめの冷却スプレー

Holts [ ホルツ ] ディアイサー (300ml) [ スプレー式解氷剤 ] ウインドガラスの氷・霜とかし ( 品番) MH502[HTRC2.1]
(2016/04/19 10:51時点) ホルツ社の解氷スプレーです。カー用品店やホームセンターで絶対に見かける商品です。価格も500円以下で買うことができるので、車1台につき1本あると便利です。また、このスプレーの蓋はスプレーでは溶けなかった分厚い霜や氷を削り落とすことができるようになっています。冬場は車内に常備しておくと大活躍すること間違いなしです。

古河薬品工業(KYK) 解氷スプレートリガー 500ml [HTRC3]
(2016/04/19 10:51時点) ネット上で非常に評判が良いのがこちらの商品です。安い解氷スプレーだと溶けてから少し経つと再凍結してしまうことがあるのですが、この解氷スプレーは再凍結を防止する液体が含まれています。撥水効果もあるので、スプレーを吹きかけて数日間は雨を弾きやすくなります。マイナス40度の気温まで使用できるので、豪雪地帯や寒冷地帯でも安心して使うことができます。

スノーブラシやスクレーパーで削り取る

続いてはスノーブラシやスクレーパーを使って削り取る方法です。解氷スプレーの独特の臭いが嫌な方や液体が漏れて車に付着してしまうのが嫌な方はこちらの方法がおすすめです。スノーブラシもスクレーパーもヘラの部分が「軟質プラスチック」になっているものを使いましょう。これ以外だと窓ガラスが傷ついてしまうことがあります。

また、窓ガラスの凍結を削り取るための道具がない場合は、いらなくなった「クレジットカード」や「キャッシュカード」で簡単に削り取ることができます。いざという時には試してみてください。

おすすめのスノーブラシやスクレーパー

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スノーブラシ STD M-9264
(2016/04/19 10:51時点) 長さの調節ができる伸縮式のスノーブラシなので、軽自動車から大きなミニバンまで幅広い車種に使うことができます。ヘラの部分で凍結を削り取り、ブラシ側で積もった雪を落とし、反対にあるゴムワーパーで窓を綺麗にすることができます。3つの機能を備えているにもかかわらず、重量が380gと軽量なので女性でも楽に使用することができます。

Meltec ( メルテック ) アイススクレーパー ソギヤ 小 SCR-02
(2016/04/19 10:51時点) コンパクトサイズのアイススクレーパーなので、車内に常備しておくことができます。凍結を削りやすいように作られているので、両手でタウ移住をかけなくても片手ですいすい削り取ることができます。幅が少し狭いので、大きなフロントガラスの凍結を取り除くのに時間はかかってしまいますが、ドアミラーの凍結も削り取ることができます。

車のエンジンをかけてエアコンと併用することで、さらに短時間で削り取ることができるようになりますので是非試してみてください。

デフロスターを使って溶かす

続いてはエアコンのデフロスター機能を使って凍結を溶かす方法です。雨の日にフロントガラスが曇ってきた時と同じやり方です。こちらは溶けるまでに時間がかかってしまいますが、外から何かするわけではないので車の中で待っているだけで大丈夫です。

デフロスターを使うと除湿した空気が出て、フロントガラスの凍結を溶かしてくれます。この際のポイントとしては「内気循環」ではなく「外気導入」にすることです。外気導入を使うことによってエンジンの熱を取り込んでフロントガラスを温めるので、早く溶かすことができます。

車内側の凍結を溶かす方法

車内で解氷スプレーを使うことはできません。スノーブラシやスクレーパーも削り取った結晶が落ちてしまうので、こちらも使うことができません。では、車内側の凍結はどうやって溶かせばいいのでしょうか。

車内側の凍結を溶かすには先ほどご紹介したデフロスターを使って溶かす方法を使いましょう。溶けてきたら水滴が付着しますので、乾いたタオルなどで綺麗に拭き取りましょう。付着した水滴をそのままにしておくと窓ガラスが曇ったりしてしまいます。

また、車内側の凍結を防ぐ方法としては、「車に乗るときに足についた雪などを落としてから乗る」や「車を降りるときにドアや窓を開けておいて、外の気温と同じにしておく」などがあります。



厳禁!やってはいけない溶かし方とは?

続いてはやってはいけない窓ガラスの溶かし方をご紹介いたします。「この溶かし方はダメなの?」と思うような方法もあり、知らずにやっている方も多いことなので、必ず読んでください!

お湯で溶かすのはやめましょう!

お湯で凍結を溶かす方法は多くの人がやっているのではないでしょうか? お湯をかければすぐに凍った窓ガラスは溶けてしまいますが、溶けて薄く残った水は凍りやすく、すぐに再凍結していまいます。

また、フロントガラスは事故などで割れた時に破片が飛散しないように特殊な作りになっています。そのため冷えているフロントガラスにお湯をかけてしまうと急激な温度変化によって割れてしまったり、ヒビが入ったりすることがあります。割れてしまったりヒビが入ってしまうと高額な修理費用がかかってしまうので、お湯で溶かすのはやめておきましょう。

金属製のヘラで削り取る

スノーブラシやアイススクレーパーはヘラの部分が軟質プラスチックになっているので問題ありませんが、床の汚れを取るためのスクレーパーはヘラの部分が金属製になっていることが多いです。金属製のヘラで窓ガラスの凍結を削ってしまうと傷がついてしまい、最悪の場合は新品に交換しなければいけなくなってしまうこともあります。

金属製のヘラの方が削りやすいのですが、絶対にやらないようにしましょう。

簡単にできる凍結防止方法

窓ガラスの凍結を簡単に溶かす方法をご紹介してきましたが、続いては簡単にできる凍結防止方法をご紹介いたします。凍結さえしなければ溶かす必要もないので、忙しい朝も時間をかけることなくスムーズに車を運転することができるようになります。

凍結防止カバーをかけておく

雪国に住んでいる方にとっては当たり前かもしれませんが、凍結防止カバーをかけておくのが最も効果的です。フロントガラスにカバーをかけるので、放射冷却によって凍った結晶がカバーに付着します。車に乗る際にシートを取るだけで、すぐに運転することができます。

最近は専用のカバーも比較的安く購入することができます。凍結防止カバーがない場合には、ビニール製のカバーであれば何でも大丈夫です。使わなくなった布団や毛布でも防ぐことができますが、布団や毛布自体が凍ってしまうのでありまりおすすめはしません。

カーフロントカバー 厚手 簡単取り付け 【収納袋付】 年中対応 凍結防止 小型車 中型車 日除け フロントガラスカバー 二重構造 愛車に 凍結防止カバー 凍結防止用 黄砂 粉じん 落葉対策
(2016/04/19 10:51時点) 両端を運転席と助手席のドアで挟む一般的な凍結防止カバーです。とても軽いので1人でも簡単に書けることができます。凍結防止だけではなく、日よけや黄砂対策にも使うことができるので1年中使用することができます。専用のポーチが付属しているので、車内に常備しておくと便利です。

購入の前にはサイズを確認しておきましょう。フロントガラスが大きな車種だと全てが隠れないということもあるようです。

【マグネットで固定】一人でできるもん!内側に傷防止の不織布。こういうのは簡単じゃなきゃね。フロントガラスカバー冬の凍結防止、春の花粉、夏の日除けに年中活躍!
(2016/04/19 10:51時点) こちらは少し大きめの凍結防止カバーです。内側には傷防止の不織布が使われているので、ボディに傷がつくのを心配しなくても大丈夫です。マグネットで固定することができるので、風が強い日でも1人で簡単に取り付けることができます。

撥水コートを塗っておく

凍結防止カバーの次に効果があるのは前日に撥水コートを塗っておくことです。こちらに関してはJAFの実験でも効果が証明されており、何もしていない状態よりも凍結が少なかったり溶けるスピードが早くなります。撥水コートに縛りはないので、ホームセンターやカー用品店で売っている「ガラコ」などで大丈夫です。

SOFT99 ( ソフト99 ) ウィンドウケア 超ガラコ 70ml 04146 [HTRC2.1]
(2016/04/19 10:51時点) 窓ガラスの撥水コートといえば「ガラコ」です。この超ガラコは普通のガラコよりも6倍の耐久力で、1年間の超寿命になっています。凍結防止だけではなく、雨の日もクリアな視界で運転をすることができます。

屋根付きの車庫に車を停めておく

屋根付きの車庫に停めておくことで。窓ガラスの凍結を防ぐことができます。屋根付きの車庫がない場合でも付近の建物に寄せて車を停めることで、凍結防止になります。出先で車を停めておく場合には是非試してみてください。

また、風通しの良いところに停めておくというのも凍結防止になります。放射冷却が発生するのは風の弱い晴れた日の朝なので、風があれば凍結しにくくなります。あまり現実的ではないですが、小さな扇風機などをフロントガラスに向けてつけておくと、凍結しにくくなります。

まとめ

この記事では凍結した窓ガラスを効率良く溶かす方法や凍結防止方法のご紹介をさせていただきました。お湯を使って溶かしていけないというのは知らなかった方も多いのではないでしょうか? これからますます寒くなっていくので、窓ガラスが凍っている日もあると思います。時間がないからといって視界が確保できていない状態で走るのは必ずやめましょう。視界が確保できていない状態で走行して事故を起こしてしまうぐらいなら遅刻してしまった方がマシではないでしょうか。そんな時に今回の記事で紹介いたしました方法を参考にしていただければと思います。