ミニバン界の巨神兵!オデッセイシリーズ!

絶好調の売れ行きを誇っているミニバンの中でも、絶大な支持を得てロングセラーとなっているホンダのオデッセイシリーズ。ロングセラーにつながる理由はホンダらしさに秘密があるってご存知ですか?そんな歴代のオデッセイシリーズのスペックと魅力を合わせてご紹介します。

大ヒットシリーズ!オデッセイの魅力に迫る!!

今までのミニバンとは大きく異なる、まるでワゴンを思わせるかのような低床デザインに加えてヒンジドアを採用し、セダンの乗り心地に近いミニバンとして市場で人気を獲得し続けてきたのがオデッセイです。現行モデルではシリーズ初とるスライドドアが採用されたことで、ドアパンチなどを防げるメリットから小さなお子様がいる家庭からも支持を得て人気はさらに加速しています。ハイグレードモデルのアブソリュートにはホンダ車伝統のV-TECが搭載されており力強い加速と走りでドライバーを楽しませてくれ、ミニバンを運転している事を忘れさせてくれる、そんな人気シリーズであるオデッセイを紹介します!

オデッセイシリーズの長い歴史!

1994年にクリエイティブ・ムーバーを提唱していたホンダより、初代オデッセイがアコードのプラットフォームを採用し発売されています。ミニバンといえば背が高く広い室内空間を実現していましたが、オデッセイはセダンベースが採用されセダンベースの為に低床であった事から一気に注目を集めました。今までのミニバンのイメージを大きく変えたオデッセイは大ヒットにつながっています。また、1997年に3,000ccV型6気筒エンジンを搭載しているプレステージが追加され一気に高級ミニバンとして位置を確立しました。特筆するほどの新しい技術は採用されておらず、むしろ従来の技術をそのまま流用したモデルなのですがヒットにつながったケースは非常に珍しいです。初代オデッセイは販売台数が低迷していたホンダの起死回生のモデルになったのです。
1999年に登場した2代目となるRA6型が登場しましたが、初代オデッセイが絶大な指示を得ていたのでキープコンセプトで開発されています。メカニズムは全体的に進化を遂げており、スポーツグレードのアブソリュートもラインナップされています。また、北米市場でも人気を得ていた北米仕様のフルサイズオデッセイが日本でラグレイトと名乗って販売されています。しかし、このラグレイトはボディサイズなどが日本の道路事情にマッチできずに、人気を集める事ができませんでした。2代目オデッセイアブソリュートは、ローダウンサスペンション、アルミホイールの採用によりスポーティーさの追求はもちろん、ルックスも向上して多くのユーザーの指示を得て、オデッセイ人気は加速しました。
3代目のRB1型は2003年に登場しています。今までのデザインを一新するフルモデルチェンジとなっており、低床プラットフォームは新開発となっています。この事により、多くのミニバンは立体駐車場に入る事ができませんでしたが、2WD仕様でしたら入庫可能な1,550mmに全高が抑えられています。他メーカーもRB1型に続いて全高を下げて追従しています。そして、アブソリュートに設定されていた3,000ccV型6気筒エンジンが廃止されており、このエンジンはエリシオンへと採用されています。アブソリュートには直列4気筒エンジンにホンダ独自開発の可変バルブシステムV-TECが装備されています。また、低床が功を奏して低重心を実現しておりハンドリング性能がクイックに仕上がっています。
そして、4代目となるRB3型が2008年に大ヒットとなった先代のキープコンセプトで発表されています。ボディサイズ自体に大きな変更はありませんでしたが、室内空間の拡大が図られています。しかし、4代目はヒットに恵まれずに短期間で姿を消してしまいます。
そして、現行モデルである5代目オデッセイが発表されています。従来のオデッセイは全体的に低いフォルムでしたが、そのイメージを一新するかのごとく、全高は高めに設定され、両側スライドドアが採用されています。アブソリュートモデルは継承されており、ホンダ独自の先進安全装備も搭載されエリシオンの層までもカバーするフラッグシップミニバンとなっています。

まさに巨神兵!広々車内空間!

オデッセイのドアは、お子様やお年寄りでも乗り降りが楽にできるように低めの位置にドアがあります。また、現行モデルではパワースライドドアが採用されていますので、女性の方でも楽にドアを開け閉めすることができます。また、7人乗りと8人乗りの二つの設定がありますし、3列目のシートは床下収納になるのでシートアレンジによっては、高さのある荷物も収納可能になっています。歴代シリーズのRA、RBも車内空間は非常に広く確保されていますし、視界も広く運転しやすいのが魅力的な、まさに名前の通りミニバン界の巨神兵です。

ミニバンらしくない高い走破性!

オデッセイシリーズは低床化から重心が低く設定されているのと、ダブルウィッシュボーン形状のサスペンションの採用によって日常使いでの足回りに不満を抱える事はないと高評価を得ています。全体的にはスポーツショックに近い固めのセッティングとなっていますが、ミニバンのように車重がある車は柔らかいフワフワとした乗り心地ですと車酔いしてしまいますので、街乗り、スポーツ走行時にも使える丁度いいセッティングとなっています。オデッセイの走りの最大の特徴であるのが、その低重心スタイルとホンダらしい回るエンジンセッティングから生み出される独特のトルクを感じながら加速する力強い走りです。

気になるオデッセイのコストパフォーマンス!

オデッセイはアブソリュートなどを除けば基本的にレギュラーガソリンで、ボディサイズの割りに燃費性能がいいのが特徴的です。ランニングコストは同クラスの他車種と比較しますと非常に安く済む傾向にありますが、難点として若干リセールバリューが悪い傾向にあります。ホンダ車全体のリセールバリューが低い傾向にあるので仕方がないのですが、中古車などで安く購入する事ができればトータルで計算した際にランニングコストの低さからお得な事が理解していただけます。



オデッセイの中古車市場!

先代モデルのオデッセイの中古車市場は、特に大きな変動もなく安定を見せています。初代のヒットで多くの台数が市場に出回っている事、都会派のボディサイズからもファンが多く付いている事が安定した相場を実現しています。特にRA、RB1、RB2は値段がかなり落ち着いるので購入しやすくなっています。ご自宅が機械式駐車場などで全高を気にしなければならないユーザーの方にとっては先代オデッセイの中古車はおすすめです。

中古車で狙うならRB1シリーズ!

オデッセイを中古車で購入する事を検討しているならば、RB1シリーズが狙い目です。理由としましては、全高が低くなったモデルという事は勿論ですが、販売から年数が経過していますが、そのルックスと内装デザインは現行モデルに引けを取らないほどの仕上がりです。販売当時は非常に人気でしたので中古車市場にもおおく流通しており、価格も落ち着きをみせています。人気のグレードであるMグレード、アブソリュートが狙い目となっています。

中古車購入時の注意点!

オデッセイを中古車で購入する際は、幾つかの注意点があります。カスタムが施された中古車も流通しているかと思いますが、おすすめはノーマル車です。特に極端なローダウンが施されている車は確かにかっこいいのですが、見えない箇所でダメージを負ってしまっている場合が多いです。もともと、カスタム車でしたが販売の際にノーマルに戻されている場合もありますので幾つかのチェックポイントをご紹介します。まずは、フロントバンパー下部の擦り傷です。車高が落ちていないのに、無数の擦り傷がある場合は元々ローダウン車であった可能性が非常に高いです。また、フェンダーの爪が折られていたりした場合は、極端なローダウンが行われており、ホイールサイズも限界サイズが使われていた可能性が高いです。ボディ側に加工が施してある車体は、どこかにダメージを抱えている可能性がありますので、極力避けることをおすすめします。

RB1の気になる中古車価格!

現在、中古車市場に流通しているRB1シリーズの価格は非常に落ち着きを見せています。中には10万円を切る車体もあります。ある程度の年式と走行距離を条件にしても車両本体価格は50万円前後といったところです。グレードによる価格の差はほとんどありませんので、上位グレードであるアブソリュートを狙う事もできます。

現行モデルのオデッセイについて!

現行オデッセイは今までのコンセプトを大きく変えたモデルですので賛否両論の声がありますが、ユーザーの多くからは現行モデルのオデッセイの方が現在のライフスタイルにマッチしているとの声が多いです。また、独特の流線型のデザインが人気を集めていますし、両側スライドドアの採用は家族連れの方からの支持を集めています。
オデッセイシリーズの初代登場から20年近くがすでに経過していますが、当時と評価基準が大きく変わっています。車両本体価格は275万円からとなっていますが、他メーカーのライバル車種と比較しますと安価に設定されています。

現行オデッセイの特徴!

2013年にオデッセイは現行型となり、走りと利便性を追求したモデルになっています。ホンダ独自技術である低床かつ低重心設計であるセンタータンクレイアウトが採用されています。この事により、高いレベルでの安定性と車内空間が実現されています。オデッセイのスペックは全車種レギュラー仕様車となっており、2,400cc直列4気筒型i-VTEC搭載エンジンが採用されています。これにCVTはもちろんの事、アイドリングストップ、エコアシスト機能が付随しており1Lあたりの走行可能距離が14km/Lというクラストップの低燃費を実現しています。現代の主流である衝突軽減ブレーキ、誤発信抑制機能などといった、安全運転支援システムが採用されています。先代に引き続き、アブソリュートモデルはスポーティーな仕上がりになっており、ホンダらしい回すと気持ちいエンジンに味つけされています。

まるでラウンジVIP

現行オデッセイのドアを開けると、その内装の豪華さに驚くでしょう。オデッセイのインテリアデザインは、ラウンジを意識した上質さを追求されています。上質と機能性を兼ね備えたデザインとなっており柔な感感触が特徴のソフトッパドをいたるところに採用されていますし、インテリアカラーもブラックとアイボリーの2カラーが設定されています。低床と両側パワースライドドアによって乗り降りも楽にできるますし、3列目シートを格納すれば広大なラゲッジルームが確保できます。豪華な内装と使い勝手の良さを両立しています。

サイズ感

現行オデッセイはグレードにもよりますが、7人乗りと8人乗り仕様から選ぶ事ができます。内装はヘッドクリアランスが十分に確保されているので狭く感じる事はないです。3列目シートは3分割にされていてリクライニングが可能になっていますので、3名がストレスを感じる事なく広々と座る事ができています。また、オプションで革シートを選ぶ事も可能です。

現行のここが魅力!

現行モデルのオデッセイは更に進化が加速しており、EARTH DREAMS TECHNOLOGYの搭載により、エンジンやトランスミッションの関係性が効率化されており、走行性能と燃費性能の向上に成功しており、クラストップの燃費性能である14km/Lを達成しています。最近の主流であるアイドリングストップシステムも搭載されており、信号待ちなどでアイドリングストップする事で、無駄な燃費の消費と排気ガスを抑えています。アイドリングストップによるエンジン停止時でもエアコンが作動し続けるように、走行中にエアコンの冷気を貯蓄し続ける、蓄冷型エバポレーターも搭載されています。技術力のホンダらしい、走破性、使い勝手、安全性を追求した高級ミニバンであるオデッセイは魅力たっぷりです!

ここが少し気になる!

名前こそはオデッセイですが、低いミニバンというそれまでのイメージはどこかへ消えてしまい、エリシオンの後継車種という色が非常に強く感じます。先代の最大のセールスポイントであった全高155cmで立体駐車場に入れる事が特徴的だった超低床ミニバンに魅力を感じていた方からは残念という声もあがっています。先代のオデッセイで満足しているユーザーからしてみると、無理に新型オデッセイに乗り換える必要性を感じれませんが、全高を気にする必要がなく、スライドドアが搭載されているミニバンが必要となった際には十分に選択肢に入ります。また、この先ハイブリッドシステムが搭載されたりとマイナーチェンジが行われる予定ですので、魅力は更に加速していきます。

安心のシティーブレーキアシストシステム

現行のオデッセイには、時速30km以下の際にレーダーが前方の障害物を察知した際に自動ブレーキが発動し衝突を回避してくれる低速衝突軽減ブレーキが搭載されています。日々の運転の際の渋滞時に非常に役にたつシステムです。こちらのシステムは仮に衝突してしまった場合でも衝撃を軽減する事で最小限の被害で抑えてくれます。危険を感知した際にシートベルトの引き込みや警告音、ディスプレイで表示してくれるので、安全面もしっかりと気配りが行き届いています。

シート

多人図がゆったりと乗れる車内空間が実現されており、空間のクオリティーを実感する事ができます。そして、ゆりかごをモチーフにして作られている2列目のプレミアムクレードルシートは姿勢をリラックスさせる事を追求した設計になっています。他にもいたるところにドリンクホルダーやトレイなどの快適に過ごすための装備が揃っています。

一番人気は上位グレード!?

このケースは非常に珍しいのですが、現行オデッセイを購入される方の多くが上位グレードであるアブソリュートを選択しています。また、3列目シートは床下に格納する事が可能になっており、格納する事で荷室を以大きく確保する事が可能になっています。デイリーユースからアウトドアユースまで幅広く対応してくれますし、利便性は勿論の事、走りの面でも妥協したくない方におすすめです。今まではアブソリュートはハイオク仕様でしたが、レギュラー仕様へと変わった事と他のグレードと価格の開きが大きくない事と、値引率が高い事が一番人気の理由として考えられています。



マイナーチェンジでハイブリッドへ!

現行モデルが登場してから約2年が経過している現行モデルオデッセイですが、そろそろ販売台数向上へのアップデートを行う事は時間の問題とされています。予想されているアップデート内容ですが、ハイブリッドモデルをラインナップし、ライバル車種であるアルファードやヴェルファイアには既に採用されているエアサスペンションが採用されます。2015年の東京モーターショーではオデッセイハイブリッドが姿を現し、販売開始時期は当初の予定よりは大分もつれこんでしまいましたが2016年の春を予定しているとの事です。

ハイブリッドシステム

アコードハイブリッドにも搭載されいますi-MMDシステムをグレードアップしたものが採用されています。
i-MMDシステムはスポーツハイブリッドモデルとなっており、発電用と走行用の2つのモーターが搭載されており、スポーツ走行も効率よく小気味よくこなしてくれます。また、ドライブモードも3種類搭載されているので効率よく使用する事で優れた燃費性能を実現してくれます。

モーターの役割

車を走行させるために、電力を蓄えタイヤを回転させる走行用のモーターが搭載されています。それに組み合わさるかのようにバッテリーの電力不足時やトルクの太い加速をしたい時に発電用のモーターが作動しますが、その動力として使われるのがエンジンです。このモーターにより、必要な時にだけエンジンを稼働させる事で驚異の低燃費を実現できます。

3つの選べるドライブモード

低燃費を支えつつ、快適なドライブフィールを実現するべく3つのドライブモードが採用されているようです。一つ目のモードとしましてはEVドライブモードで蓄電バッテリーから走行用モーターへ電力を供給し走行するモードとなっています。他メーカーのハイブリッドシステムも同様のモードが搭載されています。
二つ目はハイブリッドドライブモードです。蓄えた電力が少なくなったり、アクセルを踏み込んだ時にエンジンを稼働させますが、使用用途はバッテリー充電用のモーターを作動させアシストさせる程度ですのでガソリンの消費量が非常に少なくて済みます。i-MMDシステムを使うことで街中でのモーター走行率が上昇しているのは、このモードのおかげです。
3つ目のモードはエンジンドライブモードが採用されています。このモードでは一切モーターの力を使わずにガソリンのみでエンジンを作動させて走行させます。大きな特徴であるのは直列であることです。この直列を採用している理由としまして、高速域での燃費性能が関係しています。高速域ではエンジンを使用した走行の方が燃費効率が良いとされています。
これらの3つのモードをコンピューターが瞬時に判断し、効率が良い走行を実現する為にシステムが的確に判断して切り替えを行うのが低燃費の秘訣です。

カスタム

オデッセイは非常に人気を得ていて、市場にも多く流通している車だけあってカスタムの幅も非常に広くなっています。各メーカーから個性を発揮するものから、性能を向上させるものまで幅広いカスタムパーツがラインナップされています。

個性を際立たせる!エアロ

外装カスタムを行って、周りのオデッセイと差をつけて個性を引き出すにはエアロパーツの装着が非常に効果的です。エアロパーツを装着することでイメージは一気に変わるのでスパルタンな印象になったり、まるでスポーツカーのような雰囲気を出すことができます。オデッセイ用のエアロパーツは各メーカーから様々用意されていますので、組み合わせて装着することで一気に個性を発揮できます!

ケンスタイル 3点キット EIK FRP ホンダ オデッセイ RB1/RB2 2003年10月~

V-VISION (ブイビジョン) オデッセイ RC1 アブソルート・Gエアロパッケージ車 リアゲートウイング

足元から決める!アルミ

車をカスタムするうえで、絶対に外すことができないアイテムがアルミホイールです。せっかく、エクステリアにエアロパーツを使用しても純正アルミホイールのままですと、いまいち迫力に欠けてしまいます。アルミホイールは様々な値段の物が用意されており、4本セットで数万円の物から100万円程するものまで様々な種類のホイールがラインナップされています。アルミホイールに交換する際にインチアップを検討される方が多いかと思いますが、極端にインチアップをしてしまいますとタイヤの扁平率が低くなり、走行時に気を使って走行する必要が生じてしまいます。アルミホイールをインチアップすることで、デザイン性やコーナリング性能は向上しますが、実用性と乗り心地が引き換えになってしまいます。

19インチ WORK エモーション T7R_グリミットシルバー 8.5-19 5/114 FALKEN ZIEX ZE914 245/40R19 タイヤ,ホイールセット 適合車種:ニッサン スカイラインクーペ(V36系)2007~

[225/45R19]YOKOHAMA / ice GUARD iG50 5PLUS [RAYS MARUKA / BROCHEN DS25 19インチ (HMS)] スタッドレス&ホイール4本セット アテンザ・アテンザワゴン(GJ系)

スポーティーを加速させる!マフラー

吸排気系のカスタムを行う際の定番とも言えるのがマフラー交換です。オデッセイは特にアブソリュートモデルはスポーツタイプのエンジンですので、マフラー交換によってレスポンスの向上などの効果を発揮することができます。マフラー口径の大きな物が非常に人気のようです。合わせてECUの書き換えや、燃調をセッティングすることで更なるレスポンスの向上を図ることができます。また、排気音も変化しますのでV-TECが作動してバルブが解放された時の官能的な音はミニバンである事を忘れさせてくれます。

RB1/2 オデッセイ マフラー(ダブル)

BLITZ(ブリッツ) NUR-SPEC VS(ニュルスペックVS) マフラー オデッセイ RC2 (アブソルート専用) 62513

スタイリッシュに決める!ローダウン

エアロパーツやアルミホイールの装着でエクステリアは仕上がってきますと、やはり足回りの見直しが必要になってきます。そこで一番気になってしまうのがホイールとフェンダーの間のクリアランスです。このクリアランスを狭めるためにローダウンを行います。ローダウンを行う事で車はかなりスタイリッシュに仕上がりますし、改造している車だと一目でわかりますがインチアップアルミホイール同様に、日常使いでは気をつかう場面が多くなります。駐車場にバックで止める時に輪留めにマフラーをぶつけてしまわないか、段差などでフロントを擦ってしまわないかなど非常に気をつかう場面が増えてしまいます。
車高を落とす手段としましては、ダウンサスペンションの組み込みと、ショック自体を調整式の車高調に交換してしまう方法があります。ダウンサスペンションは部品代は安いですが細かな車高のセッティングができません。車高調の場合は調整は可能ですが、部品代が高くなってしまいます。

RS-R ダウンサス RS-R SUPER DOWN 品番:H685S ホンダ オデッセイ RB3 20/10~ FF K24A 2400 NA H685S RS-R [H685S 自動車 足回り ダウンサス]

TEIN ( テイン ) 車高調【 FLEX Z 】ホンダ オデッセイ 2WD / 4WD RB系 VSA70-C1SS3

視認性は勿論、ファッション性も向上!LEDバルブ

最近ではLEDバルブも安くなってきましたので、ルームランプやポジション、ヘッドライト、フォグランプをLED化する方も多いです。視認性の向上はもちろんですが、ファッション性の向上もはかる事ができます。

RB1/2 オデッセイ LED ルームランプ 64発

RB1/2 オデッセイ LED フォグ H11 50W 2本セット

キャリア装着で無敵の収納力!

マリンスポーツ、ウィンタースポーツ、キャンプに釣り、自転車などアウトドアには様々な種類があります。そんなアウトドアを楽しむ際に便利なのがルーフに装着するキャリアです。勿論、車内の荷室に十分すぎるほどの収納スペースはありますが、キャリアを装着する事で更にスペースは広がりますし、車中泊が可能なスペースを確保する事ができます。各メーカーから様々なキャリアが出ていますので、目的に合わせたキャリアを選んで装着する事をおすすめします。

TERZO(テルッツォ) ベースキャリアセット EF14BLX+EB3+EH305 ホンダ オデッセイ H15.10~H20.9 RB1.2 ルーフレール無車用 TERZO [自動車 ルーフキャリア フット/バー/ホルダー]

テルッツオ(TERZO) システムキャリアセット (フットEF14BL+バーEB3+取付ホルダーEH305) HONDA オデッセイ H15.10~H20.9 RB1.2 ルーフレール無車

スピーカー交換でライブホール感覚!

オデッセイの内装は非常に作り込まれており、重厚感があります。そこでスピーカーを交換する事で、まさにライブホールにいるかのような感覚を作り出せます。純正オーディオでも別でアンプが組み込まれていますので、十分すぎるほど音は鳴るのですがスピーカーを交換する事で更なる音場を作り上げる事ができます。どこの席にいても、目を瞑ればまるで、座り心地のいいシートと相まって目の前で歌っているようなライブホールな感覚を得る事ができます。高級感あふれる車内で、臨場感のある音が鳴るのはドライブを楽しむ上で必須です。合わせてサブウーファーの追加やデッドニング処理を施せば更なる音質向上が期待できます。

ALPINE(アルパイン) 17cmコアキシャル2ウェイスピーカー STE-G170C

carrozzeria カロッツェリア 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-C1720A

まとめ

抜群のスタイリングと、力強い走行性能を発揮するホンダのオデッセイは、使い勝手の良いインテリアデザインが特徴的です。ボディカラーも定番の色からマジョーラカラーまで様々ラインナップされており、高級感ある内装とのマッチングが非常に魅力的です。足回りなども非常にこだわられているのでゆったりとくつろげる乗り心地と車内空間を実現しています。ファミリーユースからスポーツ走行まで幅広く対応してくれ、ドライバー、同乗者を満足させてくれるのがオデッセイです。