【八戸の夜景まとめ】工業地帯の夜景を眺められる、デートでも使えるスポット!

八戸は東北最大の工業地帯と言われているほど、工場の多い場所です。ここ八戸に限らず工場街の夜のイルミネーションは幻想的だったり、未来的だったりと想像力を掻き立てられるだけじゃなく、見ていてウットリしちゃいますよね! そんなきれいな夜景を見れるスポットを紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね!

「グレットタワーみなと」

360度ぐるりと景色を見渡せる屋内展望室のあるタワーで、同じく夜景スポットの1つに挙げられる「館鼻公園」の丘の上にあり、総標高51メートルの高さから眺める景色は見事です。

ぐるりと見渡せば八戸の夜景が「ぐれっと」楽しめます!

多くの夜景スポットは、街並みなら街並みの夜景を…といった具合に特定の夜景が見える場所が多いのに対して、このタワーは珍しく、工場街はもちろん、市街や八戸港と、それぞれ趣の違った夜景を楽しむことができる人気スポットになっています。
これはタワーの名前にもなっている「ぐれっと」にも由来していて、この言葉は八戸の方言で「全部」という意味で、まさに八戸の全部が見れる場所ということ。これも人気の理由の1つですよね!
また、屋内施設なので、寒さに弱い方や冷え性の方には気にせず夜景を楽しめるので、大助かり。これもやっぱり人気の1つではないでしょうか。

【スポット情報とアクセス】

公式サイトへ
【基本情報】
スポット名:グレットタワーみなと
住所:〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字館鼻78-16
電話番号:0178-43-9141(八戸市都市整備部公園緑地課)
営業時間:(4月~9月)9:00~21:00、(10月~3月)9:00~19:00
入館料:無料
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日休み)、12月29日~1月3日
ライトアップ:日没~22:00

【駐車場】
あり 約約33台分

【アクセス】
八戸自動車道「八戸IC」から約25分

現地へのアクセス



「館鼻公園」

「グレットタワーみなと」の建つ公園で、ここもまたオススメ夜景スポットの1つです。タワーは開館時間が定められていますが、この公園は時間に制限がないので、時間を気にせずゆっくりと夜景を眺められますのでオススメです。

タワーで満喫したあと、公園を散歩しながら夜景を見るのがオススメ!

タワーで夜景を満喫したら、今度は公園をのんびり歩きながら夜景を楽しむことをオススメします。公園内には何ヵ所か展望スポットがあって、それぞれ八戸大橋や工場、港町、市街と見ることができます。
タワーから同じ方角の景色を見ても、高さも違えば見え方も変わってきます。当然受ける印象も変わってくることでしょうからぜひ公園からの夜景もチェックしてくださいね!

ちなみに、タワー横に「たてはなの丘」というのがあり、ここにはちょっとした展望デッキがあります。デッキへ行くには階段を登るので、暗い足元には十分気を付けてくださいね。

余談ですが、ここは桜の名所でもありますので、ぜひ春、桜が咲き誇るときにも訪ねてみてください。

スポット情報とアクセス

公式サイトへ
【基本情報】
スポット名:館鼻公園
住所:〒031-0812 青森県八戸市大字湊町字館鼻78-16
電話番号:0178-43-9141(八戸市都市整備部公園緑地課)
入館料:無料

【駐車場】
あり 約33台分

【アクセス】
八戸自動車道「八戸IC」から約25分

現地へのアクセス

「南部山公園」

正式名を「南部山健康運動公園」といい、温水プールやジム、体育館など各種運動ができる総合施設になっています。その敷地内の公園、そこがオススメ夜景スポットになっています。

夜景ポイントは公園内にある「東屋(あずまや)」周辺から

広い敷地内からはどこからでも夜景を見ることができますが、オススメのポイントは、公園南側にある東屋からの景色。ここからは市街が一望できるのでオススメです。他にも公園内には何ヵ所か東屋がありますし、歩きながらでも夜景を楽しめますから、お気に入りのポイントを探してみるのもいいかと思います。
ただ、夜は足元が暗く、階段などもあるので気を付けないと転んじゃいますので、くれぐれもお気を付けてくださいね。懐中電灯があるとベターです。

実はここがオススメなのにはもう1つ理由があります。それはこの公園の立地にも影響しているのですが、この場所、東北本線(青い森鉄道)と東北新幹線の路線の間にあるので、タイミングが合うと、闇夜の中、電車の車窓の灯りが流れていく景色が見れますよ!

スポット情報とアクセス

公式サイトへ
【基本情報】
スポット名:南部山公園
住所:〒039-1161 八戸市大字河原木字蝦夷館3-6
電話番号:0178-20-5403

【駐車場】
あり 計3ヵ所
1:南部山健康運動センター付近:約59台分
2:多目的広場:約52台分
3:遊歩道前:約36台分

【アクセス】
八戸自動車道「八戸北IC」から約10分
八戸自動車道「八戸IC」から約20分

現地へのアクセス



「八戸セメント」

八戸市を流れる新井田川沿いにあるセメント工場で、ここの夜景が近年話題になっているので紹介しちゃいます! 港の工場街の夜景もさることながら、川の対岸から間近に見るこの上場の夜景は見事ですよ!

季節限定のライトアップは要チェック!

この八戸セメントの工場内の1つ「NSPタワー」と呼ばれているプラントが、夏の周辺でのお祭りの時期やクリスマス、年末年始にライトアップされています。普段とはまた違った工場夜景を見る絶好のチャンス。これは見逃せません!

残念ながら、会社サイト上にライトアップに関する情報の記載がないため、シーズンになったら各自で調べるほか、知る手段がないです。
参考までに、過去ライトアップされたときは、八戸七夕祭、小中野新丁夜店、八戸三社大祭、お盆(8月13日~16日)、八戸花火大会、新井田川灯籠流しとクリスマス、年末年始だそうです。

夜景スポットは新井田川の対岸がベター!

八戸セメントの夜景を見るなら新井田川を挟んで対岸にある遊歩道からの眺めがベターです。ただ、駐車場や展望施設はまったくないので、長時間の駐車はオススメできません。夜間であれば短時間の駐停車は大丈夫かと思いますが、あくまで自己責任でお願いします。

スポット情報とアクセス

【基本情報】
スポット名:八戸セメント
住所:〒031-0813 青森県八戸市大字新井田字下鷹待場7-1

【駐車場】
なし

【アクセス】
八戸自動車道「八戸IC」から約15分

現地へのアクセス
※目的地をビュースポット周辺としています。

まとめ

八戸の夜景、いかがでしたか?「これは見たい!」と、思っていただけたらとっても嬉しいです。また、今回紹介したスポットのうち、「八戸セメント」に関しては、本文中にも記載しました通り駐車場がありません。駐停車は自己責任で行っていただくだけでなく、交通量が少ないとはいえ他の車の迷惑になるようなことだけは避けてください。同じドライバーとして、マナーをちゃんと守って楽しいドライブにしていただければと思います。