【消えた名車】爆発的なヒットをした「いすゞジェミニ」は何故消えたのか?

今では普通乗用車を作っていない「いすゞ」ですが、かつて「街の遊撃手」のキャッチコピーで「FFジェミニ」が爆発的なヒットを記録したこともあるのです。ところが、その2代目「FFジェミニ」の後、3代目にバトンを渡した後、4代目は日産からのOEMとなり、最終的に輝かしい「ジェミニ」の車名も消えてしまいます。何故、OEMの必要があったのか? 今回、ジェミニの歴史を見ながら、秘密に迫りたいと思います。

GMの意向を受けて生産された「初代ジェミニ」

1971年、いすゞはGMと資本提携しています。この資本提携の中で、1974年にそれまで生産していた小型乗用車ベレットの後継車開発として、GMのドイツ子会社オペルが製造していたカデットベースでの車両開発を行います。これはGMの「グローバルカー(世界戦略車)構想」に基いたもので、GM「Tカー」として作成されたカデットは世界各国で姉妹車として生産されていたのです。カデットのフォルムはヨーロッパ市場を意識したシンプルなスタイリングで高い居住性と収納スペースを持っていることが特長です。

いすゞは、このGM「Tカー」カデットのボディとサスペンションに対していすゞの1.6リットルエンジンを搭載し、インテリアやエクステリアを日本市場と法規制に合わせて変更して発売することにしました。この手法は、前年に発売された「いすゞステーツマンデビル」と似た手法ですが、ステーツマンデビルが車体を輸入した上でエンジンなどを換装していたのと違い、いすゞでボディ製作を行ったことや、燃費性能など日本の市場に対する適正が高かったことなど、ステーツマンデビルとは全く違う結果を生み出しました。

ちなみに、「ジェミニ」という名称は「双子座」を意味していて、カデットとの双子と言う意味からつけられています。

いすゞ「ベレット・ジェミニ」として初代発売開始

1974年、外観はオペル・カデットそのままに逆スラントノーズを採用し、直線を基調にし、PF50型(1,600ccシングルキャブSOHCエンジン)を搭載した4ドアセダンと2ドアクーペの2つのボディタイプでジェミニが発表されます。この時の正式な車名はモータースポーツシーンで活躍した先代車両「ベレット」の後継としての意識づけをつけるため「いすゞベレット・ジェミニ」としていました。また、カデットはシンプルかつ軽量なボディによるスポーティーな走りがセールスポイントとなっていて、それまでの日本における自動車の傾向が日本の高度成長期や差別化のためにデラックス化や大きなボディサイズの拡大というトレンドに対して真逆の方向性を持っていました。国内スポーツの中で活躍したベレットのイメージ、そしてヨーロピアンスポーツの薫りが強いカデットの設計を引き継いだことが大きな差別化にも繋がり、特に都市部の若者層を中心に高い評価を受けます。ちなみに、カデットのボディサイズは、それでもベレットに比べれば格段に大きく、ジェミニは決して窮屈なクルマとはなっていません。

ホットモデル登場で、スポーティーなイメージを強化

発売されたジェミニは、マイナーチェンジを繰り返し販売実績を伸ばしていきます。1977年にはヘッドランプが、オリジナルの丸目2灯から角目2灯へ変更され、1979年にカデットから離れてジェミニ独自でフェイスリフトが行われ逆スラントノーズがスラントノーズに変更されています。また、ヘッドランプはスポーティー系グレード限定で丸目2灯に戻されていますが、1981年、異型角目2灯に変更されています。

1979年には、大幅なボディデザインの変更が行われ、いすゞ伝統のディーゼルエンジン搭載車が登場し、同時に1,800ccDOHCガソリンエンジン搭載のホットモデル「ZZ」(ダブルズィー)シリーズが追加されました。この中には極めて固いサスペンションセッティングを行った「走り」に特化したモデル、1981年発売の「ZZ/R」も追加されています。 ディーゼルモデルはおりからの第二次オイルショックにタイミングがぶつかり、低燃費車両として注目を集めます。そして1982年には世界初の電子制御式ディーゼルエンジン搭載のモデルもラインナップされ、初代ジェミニ後期型は「80年代のディーゼル車」とも呼ばれるなど、ディーゼル乗用車のフラッグシップ的な存在になっていきます。

ただ、その後のジェミニは他のいすゞ製乗用車と同じように、基本設計への変更もないまま1980年代に突入し、フェイスリフトやマイナーチェンジだけで長期生産体制に入ってしまいます。また、1985年に2代目登場後も、2代目が1,500ccガソリンエンジンのグレードしか発売されなかったこともあり、初代ジェミニも併売されます。特にディーゼルエンジンが2代目初期には搭載されなかったことが大きかったようです。ただ、その頃になるとラインナップの整理は行われていて、クーペが廃止された一方で、ZZ/Rや1,600、1,800ccのガソリンエンジン搭載モデルも残されています。それでも、2代目ジェミニのラインナップ拡充伴い発売13年、1987年2月に総生産台数768,537台をもって生産終了となりました。 【基本情報】(初期型セダン)
販売期間:1974年11月〜1987年2月(生産終了)
乗車定員:5人
ボディタイプ:2ドアスポーツクーペ、4ドアセダン
エンジン:キャブレター式 G180型直列4気筒SOHC
最高出力:100ps/6,000rpm
駆動方式:FR
サスペンション:フロント ダブルウィッシュボーン、リア 3リンク式
全長:4,135mm
全幅:1,570mm
全高:1,365mm
ホイールベース:2,405mm
車両重量:930kg



街の遊撃手「2代目FFジェミニ」大ヒットに繋がった基本コンセプトと宣伝戦略

2代目ジェミニはFFとして大きくモデルチェンジをして発売されますが、その開発の狙いは、
・クリーンでシンプルなデザイン
・ヨーロッパ感覚の快適なインテリアスペース
・しなやかで俊敏な走り
・すみずみまで気を配った品質
とされています。初代ジェミニがカデットから受け継いだヨーロピアンスタイルが復活したことになるでしょう。そして、この開発の狙いにそって、2代目のキャラクターには、スモールサイズでヨーロピアンテイストのおしゃれさや、キビキビとした走りを表現するため、キャッチコピーが考えられます。その発想にあったのが野球の「ショート(遊撃手)」でした。このポジションのイメージは俊敏なプレースタイルと的確な頭脳が求められます。これが2代目に求めた走りのイメージにされたのです。ただ、ヨーロピアンテイストに対してアメリカ・日本のイメージが強い「野球」のポジションというのは、少し「おしゃれさ」にかけています。そのため、2代目が想定している走行シーン、つまり「街」という言葉を合わせて、「街の遊撃手」というキャッチコピーが生まれます。このことで街をきびきびと走り回るクルマを表現し、ビジュアルとしてポスターやカタログに使うスチール撮影には背景をヨーロッパの街角として、そこににジェミニを置いてリアリティにあふれた表現を狙いました。今と違ってCG合成ができる時代ではありませんでしたから、質感を伝えるためには本当に現地でのロケ撮影が必要でしたから、パリに実車を持ち込んで撮影が行われています。また、発売時のテレビCMも新聞広告やカタログと連動する形で、「パリの街中や郊外に溶け込むヨーロピアンなジェミニ」と表現していました。

売るために目立たせる。パリで撮影された「踊るジェミニ」

チョロQ スタンダード No.19 FFジェミニ イエロー
そして1985年5月に2代目がジェミニは「FFジェミニ」として発売されます。この2代目に与えられたキャラクターやパッケジは、自動車評論家からの高い評価やメインターゲットであった20代後半の年齢層にも人気を得て予想通りの好調な売れ行きを示します。しかし、いすゞは更に強い売上を狙って、宣伝攻勢を仕掛けます。「いくら良いクルマでも、目立たなければ認知されない」と考え、とにかく目立つテレビCMを作ろうとしたのです。既に発売がされたとは言え、3ヶ月目に宣伝計画が見直されたのは、通常は1年単位で計画をし、その反響分析を半年後に行うという通例から考えると常識外の判断でした。

その常識外のテレビCM計画のコンセプトは
・ユニークで目立つこと
・タレントを使わず、ジェミニが主役になるものであること
・ヨーロピアン感覚をはじめ、ジェミニのキャラクターから乖離しないこと
・シリーズ展開が可能なこと
・高品質で完成度が高いこと
というものであり、この総てを満足するCM作りというのは場数を踏んだ広告代理店にとっても難題となります。しかし、そんな中で広告代理店のプロデューサーに、たまたま目にした中古車店で色違いのスポーツカーが2台並んでいる光景から、色違いのクルマが街なかを踊るように走り抜けるシーンが頭のなかに思い浮かんだと言います。これをきっかけに、新CMのイメージが固まり、ジェミニをペアにしてパリの中で踊るように走り回り、そして最後はフィニッシュを決めるように止まるという構想が決められます。
いうものが構想された。

イメージは固まります、が、重ねて言いますが当時は今のようにCGで作り出すことができる時代ではありません。ですから、実現性については半信半疑と言う状況でした。しかし、映画007シリーズでカースタントを担当していたレミー・ジュリアンアクションチームと出会うことで、疑心は確信に変わります。このチームに新CMのプランを打診すると翌週、彼らがもつトレーニンググラウンドで2台の小型自動車がプラン以上に踊りまわるシーンが映しだされたビデオが送られてくるのです。このビデオによってCM撮影が実現することになります。

充実した足まわりの「イルムシャー」モデル

さて2代目の中身の話に移りましょう。型式名は1985年に登場した1,500ccガソリン車がJT150型、1988年登場の1,600ccDOHCガソリン車がJT190型、1,500ccディーゼル・1,500cc ディーゼルターボがJT600型と3つの型式からなっています。このモデルの機構に対する基本コンセプトは、当時のアスカと共通で、アスカのサイズダウン版という内容ですが、大きな違いはFF式を採用している点にあります。

足まわりはフロントがマクファーソンストラットコイル式を、リアにはコンパウンドクランクコイルが採用されていますが、スポーツモデルの「イルムシャー」については、メーカーオプション扱いでビスカス式LSDを装備することもできます。また、ブレーキに全車にサーボが標準装備されています。また、ステアリングはラック・アンド・ピニオン式で、パワーステアリング仕様も選択可能としています。

隠された「ジウジアーロ」デザイン

ジェミニのベースだったカデットも1979年にフルモデルチェンジによりFF化されていますが、このジェミニのフルモデルチェンジは直接は関係していておらず、いすゞの独自開発です。ただ、GMのグローバルカー戦略の中で「Rカー」として1984年11月よりGM向けに供給されています。言わば逆転現象が起きたわけです。2代目は初代ジェミニに比べてボディ、エンジンとも小型化しており、大衆車クラスに位置づけられています。実は、いすゞオリジナルの設計乗用車は、名車「117クーペ」以来で17年ぶりですが、初代と同じサイズでは、先行していた「アスカ」と競合する可能性が高かったことや米国市場をターゲットにする上で、小型化が図られたと言います。そして、小型化による居住性の低下を避けきびきちとしたハンドリングを実現するためFF化を図り、パワーステアリングやサーボブレーキなどの操縦性を重要視した設計、装備が行われています。実は宣伝戦略の一環かもしれませんが、テストはテストコースにとどまらず、一般道を使ってもいたため、自動車雑誌にスッパ抜きの形で堂々とした写真が掲載されてもいました。

デザインは、117クーペやピアッツァなどのいすゞ車両を手がけてきたジウジアーロによるものですが、フロント部分をいすゞ社内で再デザインしたことにジウジアーロが難色を示したことで、通常なら大々的にアピールされる「ジウジアーロのデザイン」ということは発表時に伏せられています。発売当初のボディタイプは4ドアセダン、そして先代にあった2ドアクーペの代わりに3ドアハッチバックがラインナップされています。

このラインナップには、1986年にモデル専用の電子制御式ターボ付き1,500ccの2バルブSOHCの4XC1-T型ガソリンエンジンを搭載した上で、足回りをドイツのイルムシャーがチューニングした「1.5 イルムシャー」を追加してます。

ホットモデルもラインナップ!充実した後期型2代目ジェミニ

1987年2月に2代目になって最初のマイナーチェンジが行われます。目立つのはフロントマスクの変更で、「ツリ目」と言われるサイドマーカーをサイドに回りこませたフォグランプ一体の異型ヘッドランプを採用しています。また、同時にグリル形状や室内インテリア(インパネ、クラスタースイッチの形状)などが変更されています。またこの時、初代ジェミニの生産が終了し、区別のため2代目につけられいた「FFジェミニ」という名前が「ジェミニ」へと変更されています。

1988年に「ZZハンドリング・バイ・ロータス」が発売され、1,600ccの4バルブDOHCの4XE1型エンジンが搭載されました。この時には、足回りの強化を英国のロータス社が担当し、BBS製のホイールがオプション設定(ZZ-SEでは標準装備)した仕様を追加しています。なお、のちには同じ4XE1型エンジンを搭載した「1.6 イルムシャー」も追加されています。この2つの仕様はそれぞれが特徴づけされていて「イルムシャー」には高い走行性能を持つヨーロピアン・スポーツ車というキャラクターを、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」には高性能で落ち着いた操縦性を有するラグジュアリ・アダルトスポーツ車というキャラクターが与えられています。そして、標準グレードとの差別化のため両方の仕様には、フロントシートにレカロのセミバケットシートを標準装備しています。

1989年2月には2度目のマイナーチェンジを行い、サイドマーカーの位置がフェンダー部分に移動し、セダンはリヤナンバープレートをトランクリッドからバンパー中央部分に移動しています。2代目の総生産台数は 748,216台の販売を記録し、アメリカでの販売数はいすゞ名義で150,873台、GM名義で363,171台となっています。 【基本情報】
販売期間:1985年5月〜1987年2月
デザイン:イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員:5人
ボディタイプ:3ドアハッチバック、4ドアセダン
エンジン: キャブレター式 4XC1型1,500cc直列4気筒SOHC、分配型燃料噴射ポンプ式 4EC1-T型1,500cc直列4気筒SOHCディーゼルターボ
変速機:NAVi5、3速オートマチック、5速マニュアル
駆動方式:FF
サスペンション:フロント マクファーソンストラット式、リア コンパウンドクランク式
全長:3,995mm〜4,070mm
全幅:1,615mm
全高:1,370mm〜1,405mm
ホイールベース:2,400mm
車両重量:880kg〜980kg
最低回転半径:4.8m
燃費:13.8km/リットル〜16.0 km/リットル(10モード)

GMの意向で方針転換した「3代目ジェミニ」登場。そして乗用車生産終了へ

宣伝戦略も功を奏した2代目を引き継いだ3代目ジェミニはボディサイズを拡大させて1990年3月に登場しました。1,500ccガソリン車のJT151F型、1,600ccDOHCガソリン車のJT191F型、そして1,600ccDOHCガソリンインタークーラー付きターボ(ホンダ・シビックタイプRのB16Bエンジンが登場するまで1,600ccクラス最強のエンジン)4WD車のJT191S型と1,700ccディーゼルターボ車のJT641F型、1,700ccディーゼルターボ搭載の4WD車がJT641S型というラインナップでした。そして、先代と同様に「イルムシャー」、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」仕様もラインナップされています。特に、ハイパワーエンジン+フルタイム4WDを搭載したJT191S型は「イルムシャーR」を名乗る最上位ホットモデルとなっていました。

3代目の初期は4ドアセダンのみ、そして1990年9月にクーペ、1991年3月に3ドアハッチバックと順次ボディタイプが追加されています。ちなみに、アメリカGMのGEOブランドでフロントフェイスを変えた2ドアクーペ「ジオ・ストーム(日本ではヤナセが販売したPAネロ)が販売され、ジェミニクーペ、ハッチバックは「ジオ・ストーム」のフェイスリフトモデルでした。また、ストームは2代目ピアッツァのベースにもなっています。

デザインは後にゴーン日産に移籍した中村史郎が中心になっていすゞ社内で進められたものですが、GMの意向も強く影響しいていて、2代目が強く意識したヨーロピアンテイストから一気にアメリカ風のデザインに切り替わっています。

足まわりには4WS「ニシボリック・サスペンション」を搭載

3代目ジェミニは、ラリー参戦を意識した設計となっており、1,500ccガソリン車のパワーアップを図り、「カプセルシェイプ」と呼んだ一体型ボディ構造に、強度を重視した厚い鉄板を使用しています。そのため、当時の1,600ccクラス車としては車重が重くなっています。駆動方式は基本がFF、イルムシャーRと一部のターボディーゼル車は4WDとしています。また、イルムシャーRの4WDにはLSDも装備され、フロント・リアのトルク配分可変機構が備わっています。サスペンションは四輪独立操架、フロントはマクファーソンストラットコイル、リアはパラレルリンク・ロアアームのストラット形式をベースにニシボリック・サスペンションを装備しています。ブレーキはサーボが標準装備され、このクラスではめずらしく全グレード前後輪ともディスクブレーキ装備となっています。

さて、上に書いた「ニシボリック・サスペンション」の採用ですが、これは多くの評論家に酷評されました。いすゞが開発した、パッシブ4WS作用のあるサスペンション機構「ニシボリック・サスペンション」は、国内ラリーシーンではFF車ベースの4WDでもFR車のようなドリフトができるというプラスの評価もあったものの、サーキットでのモータースポーツでは、これが操作性の低下を招く不確実要素になり、「トーコン(トロール)キャンセラー」、「ニシボリ殺し」などといったアフターマーケットパーツで動作をキャンセルすることが一般的になっていました。

好調な販売開始後の売上が…そしてジェミニ生産終了へ

販売面は、旧型モデルからの買い替えが順調に進み、またCMの効果もあって日本国内では月販目標5千台に対して1990年4月21日時点で受注台数が6,602台と目標を突破していましたが、販売可能台数が4,300台と品不足状態陥ります。また、GMグループとして重要視していたアメリカ市場では、月間販売台数が10,000台を超え、非常に好調なスタートを切ります。しかし、1991年4月には「乗用車販売の不振に苦しむいすゞ」と新聞報道をされてしまうなど、自動車不況とも併せて、一気に販売不振に陥ります。

しかも、この販売不振は1991年10月期の決算でいすゞの大幅な経常赤字の要因になり、次期ジェミニの開発延期など再建計画を実施します。しかし、これも焼け石に水。翌1992年10月期の決算でも大幅な経常赤字は収まらず、乗用車部門での資金回収は目処が立たないと判断されました。この判断から乗用車生産から撤退する決定がくだされます。その結果、ジェミニの自社生産も1993年7月限りで終了してしまいました。

この3代目の総生産台数は 406,625台、米国販売数は17,754台に留まっていて、4代目、5代目はホンダからOEMとなり、最終的に2000年9月に「ジェミニ」の看板を降ろしています。 【基本情報】
販売期間:1990年3月〜1993年7月
乗車定員:5人
ボディタイプ:3ドアクーペ、3ドアハッチバック、4ドアセダン
エンジン:電子制御燃料噴射式ECGI 4XC1型1,500cc直列4気筒SOHC12バルブ
変速機:4速オートマチック、5速マニュアル
駆動方式:FF、4WD
サスペンション:フロント マクファーソンストラット式、リア マクファーソンストラット式
全長:4,185mm〜4,195mm
全幅:1,680mm〜1,695mm
全高:1,325mm〜1,390mm
ホイールベース:2,450mm
車両重量:970kg〜1,030kg
最低回転半径:4.8m
燃費:13.6km/リットル〜14.8km/リットル(10モード)



まとめ

いすゞの普通乗用車は、117クーペからピアッツァへと受け継がれたカルトカー的なフラッグシップ路線に対して、若年層や若いファミリー向けのラインをジェミニ、特に2代目ジェミニによって確立しています。2代目が大ヒットした理由の一つには、抜群のCM攻勢も大きく影響していますが、3代目の先細り感に見られるように、宣伝だけで売れる訳ではないのです。

やはり、コンセプトや車名に持たれるイメージ、そして品質やタイミングも大きく影響しているのですね。それが、2代目と3代目の販売実績に現れているのではないでしょうか。つまり、GMの影響を強く受けたことで、ジェミニが持っていた「ヨーロピアンテイストの走り」が消されてしまったことは、結果としていすゞが乗用車生産を終了する引き金になっていまったのですから、とても皮肉な印象があります。

いずれまた、いすゞが個性的な乗用車に乗り出してくれることを心から期待しています。