【板橋→川越】川越街道沿いのラーメン屋厳選17店【しょうゆ、塩、みそ、さらには独自の創作系まで!】

国道254号の川越街道と呼ばれる道中は、新旧ラーメン店が立ち並ぶラーメン街道としても有名です。今回は江戸時代の「平尾の追分」(東京都板橋区板橋4丁目)から出発し、川越駅までの30kmちょっとをドライブしてラーメン店を探してみました。しょうゆ、塩、みその他、独自の創作系ラーメンも発見!注目のラーメン街道を走ってみませんか。

喜多方屋 本店|はじまりはここから。創業45年の老舗

まだ知名度の薄かった「喜多方ラーメン」を全国区に広めたとして、たびたびメディアにも取り上げられている老舗店。鶏ガラベースのしょうゆスープとちぢれた平打ち麺を合わせた、どこか懐かしくもあるラーメンがいただけます。品数は豊富で、基本の喜多方しょうゆをおさえたら、次回は塩あるいはみそ、中辛や担々麺なども食べてみてはいかがでしょうか。 ●喜多方屋 本店(きたかたやほんてん)
住所:東京都板橋区板橋3-27-3
営業時間:11:30~14:00/昼 18:00~21:50/夜
定休日:月曜、第1火曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:620円~



板橋大勝軒なりたや|3種類のスープから好みの味が選べる!

麺は大勝軒系の黄色っぽいつるんとしたのどごしのいい太麺。合わせるスープは王道の「しょうゆ味」、とんこつと魚介を煮込んだ「濃厚味」、そしてなりたやオリジナルのこだわり「塩味」から選べます。味はもちろん、ボリュームたっぷりの麺に大満足すること間違いなしの一品です。プラス50円で背脂トッピングができます。 ●板橋大勝軒なりたや(いたばしたいしょうけんなりたや)
住所:東京都板橋区板橋2-60-1
定休日:火曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:750円~

つけそば周|店主の気配りとこだわりが評判の人気店

どろりと濃厚なつけ汁に合わせた中太のストレート麺の上にはレモンが乗っていたり、お通しのように野菜の小鉢を出してくれたりと、店主の気遣いが感じられるつけそば周。化学調味料不使用のスープと保存料無添加のしょうゆを使っていることもお店のこだわりで、地元のママやOLにも人気です。とはいっても量は並みで300gと多いので、女子には200gの「小」(650円)をおすすめします。 ●つけそば周(つけそばしゅう)
住所:東京都板橋区板橋2-63-4
営業時間:11:00~14:30/昼 17:30~21:00/夜
定休日:日曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:650円~



丸鶴|普通盛りでめいっぱいのボリュームに大満足!

大山駅北口ハッピーロードを抜けた場所にある中華料理店。最近はテレビでチャーハンが取り上げられて有名になっていますが、麺類もしょうゆ味にみそ味、ちゃんぽんと充実しています。なかでもしょうゆ味のラーメンは、昔ながらの中華そばといった味わい深いスープと麺の量が多いことで人気があります。 ●丸鶴(まるつる)
住所:東京都板橋区大山西町2-2
営業時間:11:00~15:00/昼(月、火)・11:00~15:00/昼、17:00~22:00/夜(水~土)
定休日:日曜、祝日
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:500円~

清六家 東京大山アジト | 旨味が凝縮したスープは一度食べたらやみつき

ランチから朝方まで営業しているドライバーにうれしいラーメン店。とんこつしょうゆに太麺を合わせた横浜家系ラーメンオンリーかと思いきや、鶏のうま味を効かせた塩味に、細麺の中華そば、担々麺、そして激辛好きには堪らない「特攻陽辛」と、豊富なメニューを用意しています。鶏スープに生レモンを絞っていただく「極み鶏」は、まさに目からウロコな一品です。 ●清六家 東京大山アジト(せいろくやとうきょうおおやまあじと)
住所:東京都板橋区大山西町55-3
営業時間:11:00~4:00
定休日:不定休 ※日曜営業
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:630円~

時ちゃんラーメン|辛さが選べる【担々麺】推しの店

駅から離れていようとも、飲みの後に通う熱烈なファン層を抱える地元でも評判のラーメン店です。一番人気はつけ麺(四川風担々麺)で、辛さは0の「辛なし」から3の「激辛」まで用意し、麺の種類も細、太、平打ちから選べます。独特の辛みそのトロミと濃さがやみつきになる中毒性のあるラーメンです。また常連からの推薦は「塩バターラーメン」。シメラー(シメのラーメン)には最高とのこと。 ●時ちゃんラーメン
住所:東京都板橋区大谷口上町8-6
営業時間:19:00~翌2:00
定休日:月曜
価格:650円~
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)

愚直|とんこつと魚介をミックスした濃厚スープが味わえる!

メニューはとてもシンプルで、「とんこつらーめん」と「つけ麺」に、メンマとチャーシュー、味玉子のトッピングを提供しています。白濁したスープは、とんこつ独特のけものっぽさが感じられないもののコクがあり、かすかに魚の味も感じられます。組み合わせる麺はストレートの細いタイプで、替え玉を100円で頼むことができます。食べごたえのある炙りとレギュラーの2種類のチャーシュー、岩のり、白髪ねぎが具材として麺の上に乗ります。 ●愚直(ぐちょく)
住所:東京都板橋区大谷口北町12-7
営業時間:12:00~15:00/昼 20:00~22:00/夜
※売り切れ次第終了
定休日:月曜、木曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:650円~

太麺太郎|インパクトのある見た目でも味はマイルド

普通の「みそラーメン」を期待して入ると、予想と違ってちょっととまどうかもしれません。太麺太郎で食べられるのは麻婆豆腐とニンニク、背脂が合わさったトロミのある濃厚スープが麺によく絡む、ボリュームのあるみそラーメンです。メニューはみそラーメン、みそつけ麺、辛みそラーメンを基本に、玉子とチャーシューがセットになった「特製」や「もやし」などをトッピングできます。 ●太麺太郎
住所:東京都板橋区東山町49-10
営業時間:11:45~14:30/昼 18:00~23:00/夜
[日曜、祝祭日] 11:45~14:30/昼 18:00~21:00/夜
定休日:月曜
価格:650円~
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)

じょっぱりラーメン|遠方からもラーメン好きが集う

ラーメン屋というよりも、居酒屋といった雰囲気の「じょっぱりラーメン」では、あっさりしょうゆ味のラーメンも食べられますが、推しは背脂ギットギトのしょうゆとんこつスープのラーメン。というのもここの店主は、今は伝説の名店「環七土佐っ子」で修行した経験を持ち、その味を受け継ぐ一人なのです。土佐っ子ゆずりの『醤油だれ』と背脂の濃厚さは、夜中に食べるにはなかなか背徳感のあるものですが、ぜひ一度味わってみてください。また、鶏のうま味を最大限に引き出した白湯スープの「塩ラーメン」も人気があります。 ●じょっぱりラーメン
住所:東京都板橋区赤塚新町1-24-8
営業時間:19:00~翌4:00
定休日:日曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:600円~

究極Y'sラーメン|おひとりさま女子でも気軽に行けるジモトの有名店

昼間はラーメン屋、夜はおしゃれなBARの装いに一変し、居酒屋メニューも提供する究極Y'sラーメンは、昔から地元の常連に愛されています。しょうゆとんこつ系の濃厚スープに合わせる麺は「中太麺」あるいは、細く縮れた「博多麺」の選択が可能。ラーメンやチャーシューの味はもちろん、気さくなスタッフの接客と、女性でも一人で気軽に入れるお店の雰囲気も人気の理由です。 ●究極Y'sラーメン (きゅうきょくわいずらーめん)
住所:東京都練馬区北町8-37-20
営業時間:11:00~翌1:00
[金・土・祝前日 11:00~翌2:00]定休日:無休
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:600円~

一笑ラーメン|麺のかたさも油の量もお好みに応じて調整してくれる

白濁したスープはコクのある塩とんこつ味。舌ざわりはクリーミーで、全部飲み干せそうなほどスッキリしています。人によってはもの足りなさも感じるようですが、そんな方は卓上の調味料と入れ放題のネギ、辛子高菜でアレンジして召しあがってください。塩とんこつの他にもしょうゆとんこつ「黒一笑」と、特製唐辛子だれの「赤一笑」、みそとんこつと、それぞれのつけ麺もあり、何度も通ってみたくなるお店です。 ●一笑ラーメン
住所:東京都板橋区赤塚新町2-6-4
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:無休
駐車場:有
価格:650円~

ラーメンみちのく|ボリュームたっぷり、ツウ好みの味と雰囲気

ほぼ飲み屋の雰囲気と居酒屋的なメニューが並ぶ「ラーメンみちのく」のおすすめは、塩タンメン。おなかいっぱい食べたい人、野菜が足りないと感じていたらぜひトライしてみてください。また塩スープベースのしょうゆ味「納豆ラーメン」もあります。メニューのおつまみ欄を見ると、豚足やガツ、モツ煮込み、ホルモン焼きなどがあり、肉系一品料理も魅力的です。 ●ラーメンみちのく
住所:埼玉県朝霞市栄町5-7-14
営業時間:17:30~23:00
定休日:日曜日
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:600円~

道頓堀|魚介が香るスープがおいしい

メニューはしょうゆと塩、つけ麺の3つですが、成増の地でオープンから31年を経た今もラーメン好きから支持されている「道頓堀」。毎日でも食べたくなるラーメンを目指し、素材選びにもこだわっています。動物系ベースに煮干しをはじめとする和風味のだしを加えたバランスのいいスープに中太ストレート麺を合わせたラーメンは、老若男女問わず好きになる味ではないでしょうか。 ●中華めん処 道頓堀(ちゅうかめんどころどうとんぼり)
住所:東京都板橋区成増2-17-2
営業時間:11:00~14:30/昼 17:00~/夜(スープがなくなり次第終了)
定休日:水曜、木曜
駐車場:無(近くのコインパーキングをご利用ください)
価格:650円~

ぜんや|澄み切ったスープは絶品、1時間並んでも食べたい!

川越街道から左折して、100mほど奥まった場所にあるぜんやは、近県や都内からもお客さんの集う行列必至の地元の名店です。コシのある太麺と塩味のスープが絶妙にからみ合った、何度でも食べたくなるラーメンを提供しています。後味のすっきりしたスープにマッチするよう、チャーシューはやや濃いめに味つけされ、食べ進めるほどに全体の味に変化をもたらします。カウンターのみの小さなお店なので、1時間待ちは覚悟して訪れてください。 ●ぜんや
住所:埼玉県新座市野火止4-10-5
営業時間:11:30~スープ、麺がなくなり次第次第終了
※売り切れ時間は15:00~16:00と予測されます
定休日:火曜、水曜
駐車場:有(4台)
価格:750円~

こがね屋|独自の和風だしが香るしょうゆ味

豚や牛、鶏などの動物系にアナゴ、ホタテ、アサリを合わせた独自の魚介系ダブルスープへ自家製麺を合わせた味わい深いラーメンは、しょうゆと塩を展開し、それぞれつけ麺も用意。トッピングにワンタンをプラスするのもオススメです。店主のこだわりはテーブルの上にも見いだすことができ、しょうゆには「きざみ山葵(わさび)」、塩には「柚子胡椒(ゆずこしょう)」が供されています。 ●こがね屋
住所:埼玉県川越市砂新田80-14
営業時間:11:00~15:00/昼、17:00~22:00/夜
定休日:無休
駐車場:有(10台)
価格:700円~

一指禅 ふじみ野店|気血同源・医食同源を掲げたとんこつラーメン

体に良さげな「五行湯」スープにこだわった埼玉県内で5店舗を運営する「一指禅」のふじみ野店が、街道沿いで朝4時まで営業しています。スタンダードな「一指禅らーめん」はコクがあるのに濃厚。後味すっきりの塩とんこつスープとぶりっとした食感の中太の縮れ麺の組み合わせが相性ばっちりです!ガツンとパンチのある味がお好みなら、揚げにんにくラーメンをオスススメします。 ●一指禅 ふじみ野店(いっしぜんふじみのてん)
住所:埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡3-15-40
営業時間:11:00~翌4:00
定休日:月曜
駐車場:有(5台~9台)
価格:670円~

麺匠 清兵衛|奥深い鶏塩味スープを堪能

川越駅の目の前という立地で、飲みの後のシメラー(シメのラーメン)に利用する客層が多いという清兵衛の特長は、名古屋コーチン鶏と魚のアラ、帆立、昆布を使ったこだわりのスープです。塩にも沖縄産を使い、澄み切った塩スープと平打ち縮れ麺のコラボレーションが堪能できます。あっさり「淡麗とりそば」とこってり「濃厚とりそば」に、それぞれのつけ麺があり、常連はラーメンスープに「焼きおにぎり」を浸して食べるそうです。 ●麺匠 清兵衛(めんしょうせいべえ)
住所:埼玉県川越市脇田本町1-7
営業時間:11:00~24:00(麺、スープがなくなり次第終了)
定休日:無休
駐車場:無(近くの有料駐車場をご利用ください)
価格:700円~

ラーメン14選、いかがでしたか?

地元密着型の中華そばから有名店のラーメンまで紹介してきました。関越道路を使う代わりに、たまにはラーメンを食べに下道を走ってみませんか。スープがなくなったら閉店するお店もあるので、食べに行くのなら余裕をもって出かけたいですね。