乗り心地が激変する!性能アップが期待できるミニバン専用タイヤ特集!

ミニバンは、絶大な人気を集めており街中には多くのミニバンが走行しています。3列目シートまであり、乗車定員が他の車種と比べて多かったり室内空間が広く確保されていたりと様々メリットがありますが、全高が高く車重がどうしても多い傾向にあるので走行性能や乗り心地の面で劣ってしまう点もあります。しかし、そんな不満の大半はピッタリのタイヤを選ぶ事で改善できます。おすすめのミニバン専用タイヤをご紹介します!

ミニバンのタイヤ選び!

最近は、ミニバンが絶大な人気を得ています。その理由としまして、大人数の乗車が可能で広い室内空間、優れた走行性能と乗り心地が魅力となっており多くのユーザーからの支持を得ています。各メーカーからは多くの人気車種が発売されており、メーカーを代表する車種となっています。そんなミニバンですが、全高が高く車重が重いためにタイヤが乗り心地や走行性能に大きな影響を与えます。ですので、しっかりと用途に合ったタイヤ選びをする必要があります。車の個性を潰さないためにも、しっかりとタイヤを選ぶ必要があり、最近ではタイヤメーカーも車種別にラインナップされており、ミニバン専用タイヤも多く開発されています。

ミニバンタイヤ選びのポイント

ミニバンは背が高く、ボディサイズが他の車種よりも大きいのが特長です。そのために、カーブの際にふらついてしまうロールが発生しやすかったり、タイヤが偏摩耗を起こしやすくブレーキ制動距離も車重がある事から少し気を使う事になります。ミニバンは大人数が乗車可能ですので、フル乗車の際には三列目シートまで埋まってしまう事もあります、その際にロードノイズが小さい方が車内で話しやすいです。また、乗車人数が増えた際に燃費の低下がどうしても発生してしまいます。しかし、これらの事は全てタイヤで解決できるんです。ミニバンにお乗りの方で、既に上記の中で該当する事があるかもしれません。使用用途にあったタイヤを選ぶ事で、車の走行性能や居住性は大幅に変える事ができます。

ミニバンタイヤの用途!

ミニバン専用タイヤとは、いったい何が違うのかと疑問に思う方も多いかと思います。車種別に開発されたといいましても、一見タイヤに大きな違いが見受けられませんのでこの様な疑問を抱くのは当然の事です。ミニバン専用タイヤの特長は、車の特長から考える事ができます。ミニバンは全高が高く、車重も他のセダンなどに比べると非常に重量のある車両です。これらの事は、カーブの際に発生してしまうロール現象や、ふらつき、ブレーキ制動距離の増加の原因につながっています。車が不安定に走ると、運転手はもちろんですが同情している方にとっても非常にストレスを感じてしまう原因につながってしまいます。コーナーの際にかかる力でタイヤの外溝ばかりが減り続けてしまいますと、偏摩耗現象につながりタイヤの寿命が非常に短くなってしまいます。内側の溝は残っているのに外側の溝がなくなりワイヤーが露出してしまう事がミニバンでは起こりやすい様です。これらの事をタイヤから防ぎ、改善する事を目的として開発されたのがミニバン専用タイヤです。



おすすめ!ミニバンタイヤを一挙にご紹介!

ブリジストン ECOPIA EX20 RV 

エコピアシリーズはブリジストンの開発するエコタイヤで、低燃費ラベリングマークに該当する低燃費タイヤになります。このEX20シリーズはエコタイヤでありながらも雨などの過酷な路面状況に強い事をセールスポイントにした商品です。前作のEX10と比較しましてもウェットブレーキ性能試験で約10%の制動距離の短縮に成功しているモデルです。ミニバン専用タイヤとしてサイドウォールが他のタイヤと比較して固く作られており、偏摩耗を防ぎ、フル乗車の際でもふらつきを抑える事ができる設計になっています。ロードノイズの低減も実現しており快適な車内環境を実現してくれるタイヤです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ECOPIA EX20 195/65R15 091H 低燃費タイヤ

ヨコハマタイヤ BluEarth RV-02 

BluEarthシリーズはヨコハマタイヤの低燃費タイヤです。こちらも勿論、低燃費ラベリングマーク制度で認められた低燃費タイヤです。開発コンセプトは、「最高のウェットグレードを。」コンセプト通りに、低燃費ラベリングマーク制度ではウェットグリップの評価aを獲得しています。このウェットグレード性能は同等クラスのタイヤの中でトップレベルの性能を誇っています。このタイヤの他の特長としましては、静粛性をも徹底的に追及し車内で聞こえるロードノイズを排除している事です。運転席は勿論ですが、三列目で会話をする事ができるとカタログに明記されています。ミニバンタイヤに不可欠な偏摩耗対策も独自開発のパターンを開発し採用する事で対策されています。

YOKOHAMA(ヨコハマ) BluEarth RV-02 195/65R15 91H 低燃費タイヤ F9345

ブリジストン REGNO GRV

REGNOはブリジストンの中でも高級ブランドとして位置づけられいてるタイヤです。そのなかでも、GRVは徹底的に静粛性を追及したミニバン専用タイヤです。ミニバン車両の多くが三列目シートまで設定されていますが、三列目の弱点は真下にリアタイヤが来るためにロードノイズがダイレクトに伝わってしまいます。その音を限界まで抑える事で、乗り心地の向上に繋げています。開発の段階で、東京大学の教授達が関わる事で科学的なテクノロジーをフル活用して静粛性を追及しています。他のモデルと比較しますとウェットグレードなどは劣りますが、格別な乗り心地が実現されています。

REGNO(レグノ) GRV 225/55R18 BS(ブリヂストン)

トーヨータイヤ TRANPATH mpZ 

トーヨータイヤは1995年にタイヤ業界でも最速でミニバン専用タイヤを設計、開発、販売をしています。
その6代目モデルとして現在発売されているのがこのトランパスmpZです。開発コンセプトはやはり、大人数乗車を想定してファミリーをターゲットに安心を与えてくれるタイヤとして開発されています。勿論、ロードノイズやふらつき、偏摩耗を防ぐための独自技術が採用されています。他メーカーのように派手な広告を打ち出していませんので、若干インパクトに欠けてしまう点もありますが、トーヨータイヤは長年ミニバン専用タイヤを開発し続けてきた歴史がありますので、この点も購入の際の安心感につながります。また、このトランパスシリーズには軽自動車向けなど様々な車種へ向けたモデルがあります。

TOYO(トーヨー) TRANPATH mpZ 205/65R16 95H 低燃費タイヤ

ダンロップ エナセーブ RV504 

ダンロップが開発した低燃費タイヤシリーズであるのがエナセーブです。モデルチェンジの度に大幅に燃費性能を向上しており、低燃費ラベリングマーク制度では転がり抵抗性能がAAとなっています。他のメーカーのタイヤと比較しても発売サイズのラインナップの豊富さが強みの一つとなっています。サイドウォールの作りを見直すことで偏摩耗対策はしっかりできていますし、ふらつきも抑制されています。

DUNLOP(ダンロップ) エナセーブ RV504 225/55R18 98V

ブリヂストン ECOPIA PRV

ECOPIAはブリジストンが開発しているミニバン専用タイヤの中でも、燃費性能が非常に優れています。ウェットグリップ性能はそこまでよくはありませんが、転がり抵抗AAを獲得しています。長距離を走行したり、高速道路をおおく利用する方にとっては強い味方になりますし、燃料代に直接影響するので重要な選択肢の一つです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン) ECOPIA PRV 235/60R18 103V 低燃費タイヤ

ピッタリのタイヤに出会うために!

不満な点はプロに徹底的に相談する!

一口にタイヤといってもサイズ、用途もまちまちであり多種多様な製品が存在するが、外観は「黒くて丸いゴムの部品」。一般の人にはなにがどう違うのか分かりにくい。個別の製品銘柄やサイズの話になると、専門家やマニアでなければ区別もつかないだろう。

そんなときは「今のタイヤの不満や不備を店員などに相談するとよい」(下阪氏)という。タイヤのスペックなど詳しいことがわからない人でも、音や振動、燃費、安定性など車に対する不満や不安は持っているものだ。車検だから、ガソリンスタンドで言われたから、という理由でタイヤを交換することが多いと思うが、そのときただ「今のと同じで」というのではなく、「ここが不満なのだがどうすればいいか」と相談する形で選ぶわけだ。もちろん予算との相談にもなるが、こうすれば投資に見合った満足度の高い買い物をすることができるという。

車種別専用タイヤで不満を大幅に解消できる!

現在、日本国内で3台に1台はミニバンと呼ばれているほどの人気車種になっているミニバンですが、他車種と比較しても車両重量があり、全高も高いミニバンはどうしても走行時にふらついてしまったり、コーナーに侵入した際に揺れが大きく感じてしまうデメリットがあります。特に、乗車定員フル乗車している場合は余計に感じてしまいます。
ミニバン専用タイヤは、サイドウォール面のブロックを強化したり、形状を従来と変更することで横揺れを抑えて安定性を高めているので、ふらつきや揺れに対して直接的に効果を生み出してくれます。ミニバンは勿論なのですが、同シリーズで軽自動車用のラインナップがあるタイヤもあります。ミニバン専用タイヤでの開発ノウハウを生かしているので、値段が先行しているタイヤよりも、全体的な満足度が高くなります。
タイヤを購入する際は、ショップ店員の方などに現状で車に抱いている不安を伝える事で目的に合ったタイヤ選びをしてくれます。

タイヤだってメンテナンスは必要です!

自動車のメンテナンスを定期的に行う必要があるのはご存知かと思いますが、タイヤも勿論メンテナンスが必要になってきます。タイヤのメンテナンス方法としましてはエアーチェックが基本となっています。基本的には最低でも一ヶ月に一度のエアーチェックが必要になりまう。タイヤのエアーは乗らずに放っておいても減ってしまいます。自分でやるのが面倒な方は、ガソリンスタンドやカー用品店に足を運んだ際に行ってもらってください。多くのお店が無料で行ってくれますので是非、利用しましょう。空気圧が減少してしまう事で、燃費が悪くなるのは勿論ですが、偏摩耗の原因に直接繋がりますし、最悪の場合でバーストしてしまいます。タイヤのエアーチェックですが、空気圧をどのくらいに調整すればいいのか不明といった方も多いかと思います。指定空気圧は、運転席のピラー部分にステッカーが貼り付けたあったり、給油口に書いてある事が多いです。空気圧と合わせて、タイヤの残り溝の確認も重要です。溝のないタイヤは車検に通りませんが、高速走行時にバーストしやすくなるなど非常に危険です。溝が減っていたら早急にタイヤ交換をおすすめします。また、パンクなどをしてしまった場合に一本だけタイヤ交換をする方が多いようですが、基本的には4本同時交換が鉄則です。

寿命を縮める?タイヤワックスには気をつけて!

こちらは番外編になりますが、洗車をした際にタイヤワックスを使用する方は多いと思います。ボディがピカピカになってタイヤも輝いていると車が非常に綺麗に見えますし、締まって見えます。しかし、そのタイヤワックスは実は、タイヤの寿命を縮めてしまう原因になりかねないのです。簡単に説明しいますと、タイヤに対して油を塗って輝きを出しているので表面が劣化してしまう場合があります。最近では、タイヤにダメージを与えないタイヤワックスが発売されていますので、そちらを利用するようにしましょう。



まとめ

タイヤの溝がなくなったり、交換時期が来た際にカー用品店などに足を運ぶと思います。その際に、「今のと同じタイヤで。」「値段が一番安いやつで。」などのタイヤの選び方をしていた方は以外と多いと思います。しかし、タイヤが車に与える影響は以外にもたくさんある事を理解していただけたと思います。グリップ性能や燃費向上など様々な効果を与えてくれます。しかも、全高が高く、車重が重く、乗り心地を求めるミニバンに関してはタイヤはまさに命ともいえる存在です。せっかく、上級グレードのミニバンを買っても合っていないタイヤを装着してしまい、激しいロードノイズなどに悩まされてしまったら元も子もないです。ですので、しっかりと、目的用途に合ったタイヤ選びをして車本来の性能、性質を存分に引き出してあげる必要があります。また、現状で抱いている不満点の多くがタイヤで改善できる場合が多いので、ミニバンタイヤを選ぶ際は、店員さんなどとよく相談してピッタリのタイヤを装着しましょう!