走りの快感・五感で体感♪ホンダS2000に絶対乗る!

登場から十数年経つ現在も、色褪せない「S2000」。ホンダ「Sシリーズ」の系譜を受け継ぐピュア・スポーツ。「おしゃれで小粋なオープンカー」というよりは「硬派な」一台です。「乗りこなす」というよりは「向きあう」という言葉が似合います。走りの快感を全身で味わえる、S2000の世界に酔いしれてみませんか?

S2000の魅力にせまる

硬派な仕様、シビアな一面も

1999年4月、ホンダ創立50周年を記念したFRオープンスポーツとしてS2000は誕生しました。開発責任者はNSXやインテグラ タイプRを手掛けた上原繁氏。ホンダ伝統の「S」を冠し、2Lの直列4気筒DOHC VTECエンジン「F20C」は9,000回転という超高回転型で、NAながら250馬力を誇りました。ボディは「ハイXボーンフレーム」構造をとることで、クローズドボディ並みの剛性を実現。ミッションは6速MTのみと硬派な設定でした。多くの自動車ファンを魅了し2009年6月、その歴史に終止符を打ちました。

S2000は走りにおいて厳しい一面をもつクルマでもあります。“オンザレール感覚”を意外と誰でも楽しめるため、乗り手はつい「運転がうまくなった」と錯覚してしまいます。ところが限界は高いもののブレイクはあっという間で、一般ドライバーでは修正が間に合いません。たとえば同じFRスポーツの「S15シルビア」なら滑り出しをジリジリと感じやすいですが、S2000の場合は突然滑り出すのです。その特性から「ドリフトには不向き」ともいわれました。

気持ちよくドライブできても、至らない走りにはダメ出し……そんなキャラクターから、競技志向のドライバーやドラテク向上心の高い人に愛されています。

「わかる人にわかればいい」というスタンス

S2000に乗って落胆・手放した人の声で「下のトルクがスカスカ」「街乗りで楽しくない」としばしば聞かれます。「街乗りでエンストしやすく、長距離ドライブでは疲れてしまう……」との声も。これはエンジンが高回転で高出力を得る特性からくるもので、“暴力的加速感”を好む人にはストレスだったのでしょう。

さらに「車重が重い」との苦言も。幌を開閉する電動機構が重量の原因です。同じオープンスポーツで、より車重の軽い「マツダ・ロードスター」を選ぶ人もいたようです。

「S2000は速い」とメディアで見聞きし、実車とのギャップに落胆した人は少なくなかったと思われますが、結局「乗り手を選ぶ」とはそういうことです。S2000の魅力は「わかる人にわかればいい」のです。



歴代S2000を紹介、モデルによって光る個性

S2000は初期型「AP1」・「AP2」・「タイプS」。加えて特別仕様車「ジオーレ」、北米仕様の「CR」が存在します。モデルチェンジごとに手が加えられ、それぞれかなり個性的なのです。

【AP1】もっともピーキーといわれた前期型(初期型)

1999年から2001年まで生産、新車価格は338万円でした。よく「ピーキー」と呼ばれるのはこの前期型を指します。生産はNSXと同じ高根沢工場。2000年4月には「VGS(可変ギアレシオステアリング)」機構を採用したモデル「タイプV」が追加されました。内装はいたって簡素で、ストイックにさえ感じました。

【AP1】初のマイナーチェンジ、中期型

2001年から2003年まで生産、新車価格は343万円でした。サイドウインカーの色がオレンジからクリアに変更されたほか、ビニール製のリヤウインドウは熱線入りガラスウインドウに変更。ビニール特有の劣化による視界不良が解消されました。足まわりはサスペンションの味付けがしなやかになっています。ボディカラーも「ニューイモラオレンジ・パール」「モンツァレッド・パール」「ライムグリーン・メタリック」「プラチナホワイト・パール」の新色を追加。いずれも中古市場では希少色となっています。

【AP1】2L最終の後期型、外観を大きく変える

2003年から2005年まで生産、新車価格は350万円でした。いわゆる「04モデル」と呼ばれるAP1後期型で、2Lエンジン最終モデルでもあります。標準タイヤを16インチから17インチにアップ。ライトは現代風のクリアタイプになり、前後バンパーも大きくデザインが変更されました。内装の上質感も高められています。

【AP2】排気量アップとエンジンの“進化”で成熟

2005年から2009年まで生産、新車価格は386万円でした。排気量が2.2Lにアップ、「F22C」エンジンはレブリミットを8000回転に落とし、トルクアップさせたことで高回転のパワー感と常用域でのゆとりを両立させています。内装の上質感もより向上し、「選べるカスタムカラープラン」も充実。13色のボディ・5色の内装・2色の幌から好みの組み合わせを楽しめました。

【AP2】専用エアロをまとった最終型「タイプS」

2007年から2009年まで生産、新車価格は399万円でした。AP2がマイナーチェンジをおこない、空力を足まわりを追求した「タイプS」が加わって2グレード構成となりました。「タイプS」は最終型にふさわしく専用エアロをまとい、走りを極めたモデルとなりました。サーキット走行に対応した「VSA(車両挙動安定化制御システム)」も初めて標準装備されました。

VGS搭載モデルと特別仕様車

VGS搭載モデル

VGS専用のD型ステアリング(上) 2000年7月、追加モデルとして登場した「タイプV」は、当時世界初のステアリング機構「VGS(車速応動可変ギアレシオステアリング)」を搭載。ロックトゥロックは、ノーマルモデルの2.4回転と比べて1.4回転と超クイック。まるでフォーミュラカーのようなフィーリングを味わえると話題になりました。

もちろん、高速走行のままステアリングが過敏になることはありません。80km以上の速度でノーマルモデルと同等までステアリングレシオは落とされます。

加えて専用のダンパー・スタビライザー・LSDを備え、ロールを抑えた専用セッティングも注目されました。

気品ある大人のオープンスポーツを演出「ジオーレ」

2002年10月、シックでエレガントな特別仕様車「ジオーレ」が登場。硬派なイメージだったS2000に突然あらわれたこの「おしゃれ仕様」は、当時話題を呼びました。「オートカラーアウォード2003」の「ファッションカラー賞」も受賞しています。

イタリア語で「喜ぶ、楽しむ」の意味をもつこのモデルは、外装・内装を専用色で仕上げた“大人のスポーツカー”に仕上げられています。ボディカラーはゴールドピンストライプ付の「ダークカーディナルレッド・パール」と「ロイヤルネイビーブルー・パール」。専用タン内装とコーディネートされました。足もとはゴールドのBBS鍛造アルミホイールで上質感アップ。速くておしゃれ、ある意味パーフェクトなモデルでした。

日本未発売の北米仕様「CR」はよりサーキット仕様に

日本未発売の「CR(クラブレーサーの略)」は外観こそ「タイプS」と似ていますが、中身はサーキット走行を目的としたストイックな仕様となっています。エンジンはF22Cのままですが、軽量化とボディ補強に絞ってチューニングが施されたモデルです。トランクのスペアタイヤスペースには補強バーを装着。エアコンやオーディオはオプション装備となっています。幌の代わりに軽量のアルミ製ハードトップを装備。オープンの状態で約40kgもの軽量化に成功しています。

さらに足まわりも強化。専用サスペンションは硬めに設定され、コーナリングでのグリップ力を向上させています。タイヤはブリヂストンの「※ポテンザRE070」が標準装着されています。
※サイズ F:215/45R17 R:255/40R17



S2000の中古相場と極上車に出会うコツ

中古相場はどのくらい?

現在の平均価格は188万円、相場は60万円から450万円ほどです。生産終了してから価格は高騰していて、最終型の「タイプS」は修復歴なしで450万円、なかには驚きの500万円以上する個体も。

前期型の極上車もまだまだ狙えます。ガレージ内保管で1オーナー、2,000キロほどしか走行していない個体が出てくることもあるので、中古車サイトや店舗でのこまめなチェックがおすすめです。ちなみに北米仕様の「CR」も、逆輸入車として市場で見かけることもありますよ。

理想のグレードや程度のよいS2000に出会うには「ホンダオートテラス」や、スポーツカーの中古車を扱う「GTネット」のような専門店に問い合わせてみると、チャンスをつかめるかもしれません。

 

中古購入の際は、先の修理を想定して選ぶ

S2000は発売されてから年月が経っているうえ、特有のトラブルも抱える車種です。中古車を探すなら、なるべく高年式車をおすすめしますが「どうしても前期型が魅力的なんだ!」とこだわりたい人もいるはずです。さまざまなパーツが劣化している前期型は、手厚いメンテナンスをしながら永く付き合いたいものですよね。ここでは、この先必要になりそうな修理をシミュレーションしてみましょう。

参考修理記録

たとえば約10年間乗る場合、どんな修理が発生するのかを参考記録で見てみましょう。この記録は、中古購入当時5万キロだった個体(前期型)の整備記録です。 2006年1月29日  納車
2006年2月2日  マフラー社外新品交換
2006年8月5日  クラッチフルード漏れ修理
2007年6月9日  タイヤ交換
2008年3月8日  ラジエターアッパータンク修理
2008年9月13日 幌用クロスと接着剤購入
2008年12月4日 ラジエターロアーホースつなぎ部ラジエター液漏れ
2009年1月30日 ラジエター本体よりラジエター液、圧力上がると洩れる
2009年2月7日  ラジエター液量低下補充
2010年1月9日  タイヤ2本交換
2010年4月25日 クラッチスレーブシリンダー&クラッチマスターシリンダ交換
2010年5月29日 VTR(オイル)補充 オイル漏れが気になりはじめた
2010年6月4日  NUTEC CompBOOST補充
2010年7月20日 マフラー劣化、社外中古品と交換
2010年10月15日 板金・損傷部分交換 サーキットでクラッシュする
2011年3月21日  幌交換 
2011年5月14日 3番4番プラグホール、オイル滲み
2011年5月17日 スロットル開度センサー電圧低い 
2011年5月22日 エンジンチェックランプ点灯 スロットルボディ交換
2011年6月17日 クラッチオーバーホール
2011年9月26日 フロントタイヤ2本交換、
         左フロントロアアーム交換、左フロントナックルロアボールジョイントブーツ裂け交換
2012年6月6日 エンジン本体載せ換え ディーラー紹介のショップでエンジン交換
2012年7月8日 リヤタイヤ2本交換
2013年6月1日 ヘッドカバーからオイル漏れ
2013年7月25日 ギヤミッション交換、リヤデファレンシャルオイルシール交換
2013年9月7日 右前ダンパーオイル漏れチェック
2014年5月28日 スポーツサスペンション交換、四輪アライメント
2014年11月22日 走行中、後方より異音(中古リヤデフ交換)
2014年12月26日 エンジン始動しない、モータースターター(リビルト)交換
2015年5月30日 フロントブレーキパッド交換、ローター交換、タイヤ前後交換、ライセンスバルブ切れ
2015年6月4日 タイヤ4本交換
2015年11月8日 マフラー劣化、社外新品と交換 サーキット走行の回数が増えればもちろん修理の回数も増えていきますし、車体の劣化も早まります。カーライフに応じた愛情メンテナンスは不可欠です。

幌の状態は劣化や擦れを要確認

幌の交換シーン。この作業は、ディーラーも敬遠するほどの重労働。 幌(電動ソフトトップ)は保存環境でコンディションが大きく変わってきます。露天駐車の場合、紫外線と雨ざらしで確実に劣化していますし、オープン頻度が高いと擦れによるほつれが必ず発生します。よって幌の交換は避けられません。中古のS2000を購入するときは、幌交換の費用も含めた予算をおすすめします。目安として、25万円ほどの余裕があると安心ですよ。

前期型はオイル減りに注意

エンジンオイル減りは、前期型によく見られる症状です。
前期型のエンジンはオイル減りする個体が多いです。オーナーの間では「当たりエンジン」「はずれエンジン」と呼ばれていることも。

原因のひとつとして、ピストンリングの劣化が挙げられます。シリンダーとピストンリングの間にできた微妙なすき間からオイルがガソリンと一緒に燃焼してしまうのです。

この症状はエンジン添加剤の投入で改善することもありますが、ショップでのオーバーホールもしくは、エンジン本体の交換がおすすめです。AP1後期型からはほとんど改善されているといわれていますが、日ごろからオイル量のチェックはこまめにしたいものです。

誇りをもって所有できる一台!

S2000を「スペシャル」と感じるか「駄作」と感じるかは魅力にふれた人しかわかりませんが、批判する人を気の毒と思えるほど素晴らしい一台です。誇りをもって所有できる数少ないクルマ、「ホンダ S2000」。いま「乗りたい」と考えているあなたは、どうか絶対に乗ってください!