【北区に温泉ってあるの?】東京は意外にも温泉地なんですよ!

東京都北区。荒川を超えると埼玉県という所ですが、ここにも温泉はあるんです。東京に温泉? と思われる方もいるかもしれませんが、意外にも東京は温泉地だったんです。そんな疑問も解説しながら紹介していきますね。

東京に温泉ってあるの?

温泉というと広~い木や石のお風呂にたっぷりとお湯が入っていて、海や山が見える。そんなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。確かに温泉は自然が豊かな山や海に近ければ近いほど豊富に地下水があるので温泉が多いのは確かです。しかし、東京でも掘れば温泉は出てきます。現に北区にも温泉は湧いていて、それを利用した温泉施設があるんです。

意外に思う方が多いかもしれませんが、東京はれっきとした「温泉地」なのです。10キロ平方メートルあたりに幾つの温泉施設があるのかを示した「温泉密度」といものがありますが、この数値によると、東京都は箱根・小田原・湯河原などの温泉がある神奈川県や、別府温泉という大温泉がある大分県、熱海・伊東などの温泉地がある静岡に次いで日本で4番目の密度があるそうです。しかも、これを都内23区だけに絞ると1位の神奈川を越える日本で一番の温泉地となるんです。東京は喧噪やビジネスというイメージがあるので、そこからはイメージしずらいですが、ずいぶんと温泉が多いんですね。

そんな温泉地東京の北区に絞って温泉施設をご紹介しましょう。ちなみに北区には大きな温泉施設がないので、おとなりの板橋区にある温泉施設と北区の再生温泉の銭湯をご紹介します。



【前野原温泉 さやの湯処】お湯にはとことんこだわってます。

※イメージ画像 「前野原温泉 さやの湯処」のこだわりとして、お湯は「源泉掛け流し」のみを使用しています。「加水」「循環ろ過」「薬剤の投入」などは一切行っていないということを徹底しています。敷地内の温泉井戸から直接浴槽へ入る温泉は、浴槽で初めて空気に触れるので、酸化することなく浴槽までたどり着けます。その非酸化の温泉に浸かれるというのも幸せなことですね。ほんのりと白濁しているお湯は浴槽にたまっていくと、だんたんど「うぐいす色」に見えてきます。これが「うぐいすの湯」と呼ばれている由縁です。

そして、温泉というのは、浴槽内清掃でお湯を抜くことはある程度の期間をおいて行うのですが、ここ「前野原温泉 さやの湯処」の清掃は毎日お湯を抜いてきちんと清掃をしているという徹底ぶりです。お客さんが安心して使えるようにとのことですが、あまり聞かないことなので聞くとビックリしますね。

そして岩盤浴が4種類あります。別料金720円を払えば利用することができます。四季に合わせて春・夏・秋・冬と名前が付いていて、それぞれで特徴があります。
北区でも温泉にこだわりにこだわっている「前野原温泉 さやの湯処」へ一度行ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

◆住所/〒174-0063 東京都板橋区前野町3丁目41番1号
◆営業時間/10:00〜25:00(最終入館受付24:00)
◆駐車場/90台(無料)

公式HP

【露天風呂ゆの花】湯の華を再生し、10種類の日替わり風呂がある、昔ながらの温泉です。

※イメージ画像 「露天風呂ゆの花」は福島県産の天然湯の華を使用した再生温泉です。「湯の華」とは温泉成分が固まって温泉が流れる途中で固まったものです。かなり濃い成分の塊で、それを利用して再生した温泉がここ「露天風呂ゆの花」です。湯ノ花は黄色いものですがお湯に溶かすことで、乳白色になります。そのお湯が身体を芯からあたためてくれます。その他に10種類の日替わり薬湯や各種ジャグジー風呂などがあります。また、露天風呂ゆの花は銭湯(公衆浴場)ですので、基本的に洗面用具やタオルは持って行くことをオススメします。忘れてしまっても販売しているので安心ですね。

日替わり風呂は、ハーブ・桃の葉・マリンハーブ・米ぬかオリーブ・ラベンダー&カモミール・温浴素じつこう・ローズ&サンダルウッド・よもぎ・森林浴・ワインの10種類が日替わりとなっています。この日替わり風呂はいつ何があるかはわかりません。実際に行ってみないと何のお風呂かがわからない。といったことも昔ながらでいいですよね。

今では減ってきてしまっている銭湯もこうやっていろいろと試行錯誤を繰り返しています。大きな温泉施設もいいですが、たまには昔ながらの風情を楽しみながら入る銭湯もいいですよね。

基本情報

◆住所/〒115-0051 東京都北区浮間4-6-10
◆営業時間/16:00~24:00(最終受付終了23:40) ※月曜定休
◆駐車場/なし ※近隣にコインパーキングあり

公式HP



まとめ

※イメージ画像 東京都北区の温泉をご紹介しました。「前野原温泉 さやの湯処」はおとなり板橋区ですが、北区には温泉施設がないため、近くの施設をご紹介しました。東京都は温泉が多いのですが、北区では大きな温泉施設がなく、銭湯が中心となっています。北区の北側には荒川が流れていて、その向こうの埼玉県川口市や戸田市といったところには温泉施設があります。最近銭湯も客数が減ってきているようで、いろいろと創意工夫をしているようです。そんな趣のある銭湯に行ってみるのもまたオツですね。