筋肉痛はプロテインで防げる?筋肉痛のメカニズム&プロテイン効果紹介

GOIN読者の中にも「筋肉痛」になった方々がいらっしゃると思います。運動後、または筋トレと言った体を鍛えた後にやってくる痛みは人によって何日も続く場合もあります。その筋肉痛の時に是非とも活用していただきたいのが「プロテイン」なのです。本日は筋肉痛とプロテインの関係について解説していきます。

筋肉痛はなぜ発生するの?筋肉痛のメカニズム

一般的な筋肉痛のメカニズム

筋肉痛を端的に述べますと運動・筋トレと言ったことにより筋肉の中にある「筋繊維」が傷つくことによって発生します。

筋肉を普段使用する分には傷ついたり炎症を起こすことはほぼありません。ですが、普段されないような運動・筋トレを行う・普段使用していない筋肉を使ってしまう・同じ筋肉を長時間酷使すると言ったように、筋肉に大きな負荷が掛かりますと筋肉は徐々に悲鳴を上げ始めます。そして「もう耐えられません!」と言ったように筋繊維の限界を超えてしまうと傷ついたり炎症を起こしてしまうのです。

ですが私達の体は良くできているため「早く修復するぞ!」と「白血球」「血小板」が駆けつけ、損傷部分の治療を開始します。これだけでしたら痛みが発生しませんが、治療を開始していると「プロスタグランジン」「ヒスタミン」「セロトニン」「ブラジキニン」と言った物質が誕生するのです。これらは「刺激物質」と呼ばれており、「筋肉痛だ…」と言って人間が痛いと感じる原因を作り出すもとになっています。

時間を置いてやってくる筋肉痛とは?

人によっては翌日筋肉痛が出る方、または2~3日後に筋肉痛が出る方がいます。よく「年齢を重ねたから痛みが遅くなったのかな…」のように言われますが、確固たる証拠がないため「これが正解!」とはいきません。現在有力視されているのが「血流」にあると言われています。

そもそも普段から動かしている筋肉であれば、人の体は「A地点の筋肉が良く利用されているから栄養を多く届けましょう」と言ってより大量の栄養を運ぶために血管の流れが良くします。一方、普段使用していない筋肉の場合は優先順位が下がり、栄養も少なく運ぶための血管の流れも悪くなります。

そうなると大量に栄養が運ばれているところれあれば、筋繊維が傷ついた際にすぐ駆けつけることができますので同日、または翌日に痛みがやってくるのです。一方、普段から使用していないところは「あれ? B地点の筋繊維が損傷してる」と言って発見が遅れる・優先順位が低いため白血球や血小板、それに栄養素の到着まで遅れるのです。だから同日や翌日ではなく少し日が経ってから痛みが発症するのです。



筋肉痛の時にプロテインは効果があるの?

超回復時に飲むと効果的です

筋肉も私達同様「休み」が必要です。休みを入れることで損傷した筋肉を回復させるができその結果、以前よりも筋肉がつくようになるのです。これを「超回復」と呼ばれています。プロテインはその休み期間中に飲むことで超回復時に栄養素を体内に送り込み、より効率的に筋肉の修復及び増強を行うことができるのです。筋肉を休ませている時にバランスの取れた栄養素を確保できているのであれば問題ありませんが、もし確保できていないのであれば、プロテインで良質なたんぱく質を補充するようにしましょう。

筋肉痛時はプロテインと一緒にビタミンCも摂取しましょう

とは言え、筋肉を休ませている期間中に「プロテインだけ」ではいけません。と言うのも、プロテインだけ摂取すると効率的に筋肉を修復・増幅させることができないからです。たんぱく質は単体でも体の中に入り筋肉痛が発症している部分に送り届けられることもありますが、残念ながら全てとは言えません。そうなると使用されない分は「脂肪」または「腎臓」を大いに活用して体外へ排出するしかありません。「それならいっぱいとれば良いのでは?」と思いがちですが、そうなると今度は腎臓の他に「肝臓」にも負担がかかり結果、腎臓・肝臓で行われていることの殆どを止め「たんぱく質の分解」を優先させるのです。

そうならないためにも、より効率的にたんぱく質を筋肉に送り届けるには「ビタミンC」が必要不可欠になります。ビタミンCは疲労軽減の効果でしたり、たんぱく質を効率よく筋肉に送り届ける性質を持っています。ですので、オレンジジュースでも良いので筋肉休みをしている時はプロテインの他にオレンジジュース等のビタミンCが入ったアイテムを活用しましょう。

筋肉痛を予防するには?

筋肉痛を予防するには日頃の運動、そしてプロテインを含むバランスの取れた食事が鍵になります。とは言え誰しも筋肉痛は通る道ですので、少しでも軽減されたいのであれば運動・筋トレ前の準備運動・ストレッチを念入りに行うことです。念入りに準備運動・ストレッチを行うことで、筋肉に含まれる毛細血管の通りも良くなり例え運動を行っている時でも容易に栄養素を運ぶことができます。そうすることで筋肉痛を防ぐ・または軽減できますので皆さんも、運動・筋トレ前の準備運動・ストレッチは怠らないようにしましょう。



最後に

最後になりますが、筋肉痛時はプロテイン等を活用した栄養補給も確かに大切ですが、筋肉痛を防ぐのであれば日頃から運動を行う・バランスの取れた食事を行う・準備体操、ストレッチを念入りに行う必要があります。「プロテインを飲んだから大丈夫!」と過信せず、筋肉痛を防ぐ努力を行いましょう。