筋トレする方は飲酒に注意!飲酒による筋肉への弊害とは?

GOIN読者の中には筋トレをしていても、ついつい「お酒」が飲みたくなる時はありませんか? お酒を嗜む程度は大人になれば多くの方が行っているので口出しはしませんが、筋力を鍛えているにもかかわらず飲酒をするのはいただけません! 「なんで?」と感じる方もいると思いますので本日は、筋力を鍛えている際の飲酒がなぜいけないのかを紹介していきます。

飲酒によって男性ホルモン「テストステロン」が分泌され辛くなる

写真の男性を見てみましょう。素晴らしい肉体美ですね! この肉体美を手にいれるために「筋トレ」「食生活」等々を管理されていると思いますが、それと一緒に「ホルモンバランス」も管理されていると思います。もともと写真のように「男らしい体格」にするには「男性ホルモン」が不可欠です。その中でも「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンは、筋トレを行い筋力向上に努めている方には無くてはならないホルモンです。

しかし、テストステロンは「飲酒」によって分泌され辛くなるのです。そうなるとせっかく筋トレを行っているにもかかわらず「筋力が一向についてこないな…」と感じるようになるのです。もし筋肉を向上させたいのあれば過度のアルコールは控えるようにしましょう。



飲酒の影響でストレスホルモンこと「コルチゾール」が増えます

私達は生活する上で多数の「ストレス」にさいなまれていると思います。特に会社にお勤めの方々ですと先輩・上司からのキツイご指導、部下をお持ちなら「部下が成長しない…」と感じたり、中間管理職であれば上下の圧迫に常に耐えなければいけません。とは言え、人間の体はよくできていますのでそれらのストレスから人間の体を守るために「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンが生成されるのです。「なんだ…ストレスに対応してくれるなら良いホルモンだ!」と思いがちですが実はこのホルモン、筋トレをしている方にとってよろしくないホルモンなのです。

コルチゾールが増え始めるとまず始まるのが「体を守れ!」と言って、体内から脂肪が抜け出さないようにすることです。そうなるとダイエットを考えている方からすれば、何をやっても痩せられない原因の1つになります。体内から脂肪が取り出せないとなると、エネルギー不足が生じます。そのエネルギー不足をなんと「筋肉」から搾取してしまうのです。

そのためせっかく筋トレを行っていても、コルチゾールが溜まるだけで筋肉がつくどころか無くなっていくのです。アルコールにはコルチゾールを増やす要員がありますので、テストステロンの時同様に過度な飲酒は控えた方が良いのです。

過度の飲酒は肝臓に大きな負担をかけてしまう

筋トレを行った後は「プロテイン」を活用して良質なたんぱく質を補充している方も多いでしょう。その良質なたんぱく質は小腸(ここでたんぱく質がアミノ酸に変化します)を経由して肝臓に運ばれていくのをご存知でしょうか? 肝臓に運ばれますと、体内で使用できる新たなたんぱく質に構成して各部分に運ばれていくのです。もちろん筋肉にも肝臓で構成されたたんぱく質がやってきます。ですが、過度のアルコール摂取を行いますと、肝臓の機能を大きく損ねる可能性があります。

肝臓はたんぱく質の構成以外にも「解毒作用」「胆汁の生成」を行っています。そして「アルコールの分解」も肝臓の働きの1つです。その肝臓に大量のアルコールが入ってきますと肝臓は「今はたんぱく質の構成よりもアルコールの分解をしよう!」と言って方向転換します。するとせっかく摂取したたんぱく質が体内で使用されることもなく、老廃物と一緒に流れてしまうのです。

そして一番怖いのは過度のアルコールによる「脂肪肝」「肝硬変」です。こうなるとたんぱく質どころではなく命にかかわることになりますので皆さんも注意しましょう。



飲酒により筋トレのサイクルが狂うことも…

筋トレをされている皆さんによっては「明日は筋トレを行う日」「明後日から2日間は筋肉を休ませる日」のようにスケジュールを立てていると感じます。スケジュール通りことを進めるには本人の意欲ややる気もありますが、日々の体調管理も大切になります。特に風邪等の病気にかかるとスケジュールが大いに崩れてしまいます。もちろんお酒も同様にスケジュールを狂わせる原因になります。

と言うのも、過度の飲酒により起きる時間帯になっても起きれないまたは最悪の「二日酔い」になることもあります。二日酔いですと経験された方でしたら分かると思いますが、仕事にも行きたくない程の倦怠感と頭痛に襲われます。この状態では仕事や筋トレどころではありません! GOIN読者の方々の多くは立派な大人かと思いますので二日酔いまでいくほどの深酒はないと思います。ですが、筋トレのスケジュールを壊す要因になりますので過度の飲酒は控えましょう。

最後に

最後になりますが、ここまで見ますと筋トレをされる方にとって「アルコール=悪者」と感じてしまいますよね? ですが、筋トレを行う方々が絶対にアルコールを摂取してはいけないというわけではありません。付き合い方が大事なのです。例えばトレーニングを行う日は飲酒を控える・お酒を飲んでも分量はこれぐらいにする等のように付き合い方を考えれば、別段アルコールを摂取してはいけないと言うことはありません。