【モテたい男子必見!】女子が憧れるクルマの車種No.1!憧れのSUVに乗ろう!

利便性、快適性、ルックスというクルマの3大重要項目とも言えるこの3点すべてを兼ね備えたSUV。今回はそんなSUVの中でもトップに君臨する、誰もが欲しくなる高級SUVたちをそのお値段とともに紹介していきます!

なぜ人気?SUVの魅力とは!?

驚きの性能!

SUVの大きな魅力はその利便性とどんな道でも気にせずに走れてしまう走行性能です。SUVは車内の広いスペースやゆったりとした雰囲気のあるシートのおかげでクルマの中でも窮屈感を覚えることなく快適に感じることができます。さらに収納スペースはクルマの車種の中でもトップクラスの広さを持ち、いろいろな場面で役立ちます。大きな買い物をした時もSUVならその収容に困ることもありませんし、レジャーに出かける時のクルマとしても家族サービスをするファミリーカーとしてもSUVはピッタリ! 
さらにSUVはその走りも徹底的に仕上げられており、4輪駆動+ハイパワーのおかげでスポーティな走りをも楽しむことができ、ドライブ好きな方にもとってもオススメ。
そして4輪駆動の利点を活かし、基本的に悪路でも力強い走りができるように設計されているためどんな道でもおかまいなしにスイスイ走っていきます。まさに万能なクルマなのです!

誰もが憧れるカッコいい見た目!

SUVの外観的な特徴は大きくてガッシリしたイメージが強いルックスです。クーペやセダンといった背丈の低いクルマとは一風変わった巨大さで、堂々とした存在感があります。その大きさにみんな圧倒されて、思わず「カッコいい~!」なんて思っちゃうわけなのです!
その背丈のある車体に乗り込んだ時に窓から見える風景も感動モノ! 高いところから景色を見下ろすような感覚を味わうことができ、より遠くの景色も見ることができるのです。

種類や値段は!?

SUVはいろいろなクルマメーカーからたくさん販売されています。気になる車種やそのお値段も含め、SUVの中でも人気も実力もトップに君臨するSUVたちを見てみましょう!



SUVの王様レンジローバー!

これぞ高級SUVの代名詞!

高級SUVの名を欲しいままにするのがこのランドローバー レンジローバー!
街乗りでゆったり安定した快適な走りの実現を重視し、乗り心地は最高の一言。
力強いルックスもこのクルマの人気の1つです。
アルミニウム構造のボディや最軽量サスペンションの導入に加えていろいろな電子制御機能が後押しして、その運転のしやすさはピカイチ!
誰にとっても扱いやすくクセのないプレーンな優しい運転性を持ち、女性や初めてSUVを運転する人にとっても非常に乗りやすいクルマです。
さらにその走行性能も素晴らしく加速性能、旋回性能は共に文句のつけようがありません。さらに悪路だろが物ともせずに走ることができ、90cmの水深までなら水の中だって進んで行けるほどです!

内装も超一級品!

レンジローバーの内装は高級車らしい上質な華やかさがあります。上品なシートは見た目だけでなく、一度座ると包み込まれるようなその座り心地にハマるでしょう。さらに装備されている数々の機能はよりラグジュアリーな空間を生み出すために洗練されており、シートにはマッサージ機能まで付いています。

3つのモデルから選べる!

レンジローバー VOGUE
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V6スーパーチャージド ガソリンエンジン
排気量・最高出力:2,994cc 340馬力、2,994cc 380馬力、4,999cc 540馬力
トランスミッション:8速オートマ

レンジローバー AUTOBIOGRAPHY
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V8スーパーチャージド ガソリンエンジン
排気量・最高出力:4,999cc 510馬力
トランスミッション:8速オートマ

レンジローバー SVAutobiography
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V8スーパーチャージド ガソリンエンジン
排気量・最高出力:4,999cc 550馬力
トランスミッション:8速オートマ

気になるお値段は!?

新車価格は通常モデルのVOGUEで1,400万円~1,600万円、AUTOBIOGRAPHYで1,900万円、最上位グレードのSVAutobiographyで2,900万円となっています。
さすがにSUVの王様だけあって、その価格もSUVの中では最も高価なクルマです。

ドライブ好きな人に最適SUV!スポーツカーの血が流れるカイエン!

ポルシェが繰り出すSUV!

2002年に初めてポルシェが発表したSUVで、今やポルシェの中でもSUVの中でも代表的なクルマになりました。その血筋はスポーツカーというだけのことはあり、スポーツ走行に最も優れたSUVであることは証明済みです。最上位グレードのカイエン ターボSでは0‐100km/hの加速がわずか4秒というSUVとは思えないスポーツカー顔負けの性能を発揮します。さらに走行モードに「ノーマル」、「コンフォート」、「スポーツ」と3つのモードが用意されており、お得意なスポーツ走行だけではなく街乗りや普段の仕事使いの時はモードを使い分けて高級SUVらしい癒しを与えてくれるほどのコンフォタブルな乗り心地を楽しむこともできる仕様になっています。
さらにポルシェらしさはそのスポーティな走りだけでなくルックスにも表れており、一目見たらポルシェとわかるあのカッコいいデザインが取り入れられています!
さらにカイエンはそのモデルの多さも充実しており、ベースモデルとなるカイエンを初めとして、さらにスポーツ要素を追求したカイエンS、ターボチャージャーを搭載したカイエン ターボとカイエン ターボS、ハイブリッドSUVであるカイエンS E-ハイブリッドなど多種多様のラインナップがあります。

見た目に違わぬ内装!

そのインテリアも外観からのイメージを一切壊さないポルシェの伝統がしっかり注ぎ込こまれたものとなっています。ハンドルの後ろには最近のスポーツカーやスーパーカーでお馴染みのパドルシフトなども搭載されています。

カイエンのモデル別パフォーマンス値!

カイエン
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V6エンジン
排気量・最高出力:3,598cc 300馬力
トランスミッション:8速 ティプトロニックS
最高速度:230km/h
0-100km/h:7.7秒

カイエンS
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V6エンジン
排気量・最高出力:3,604cc 420馬力
トランスミッション:8速 ティプトロニックS
最高速度:259km/h
0-100km/h:5.5秒

カイエンS E-ハイブリッド
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V6エンジン
排気量・最高出力:2,994cc 333馬力
電気モーター:95馬力
トランスミッション:8速 ティプトロニックS
最高速度:243km/h
0-100km/h:5.9秒

カイエンGTS
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V6エンジン
排気量・最高出力:3,604cc 440馬力
トランスミッション:8速 ティプトロニックS
最高速度:262km/h
0-100km/h:5.2秒

カイエン ターボS
駆動方式:4輪駆動
エンジン:V8エンジン
排気量・最高出力:4,806cc 570馬力
トランスミッション:8速 ティプトロニックS
最高速度:284km/h
0-100km/h:4.1秒

やっぱり高い?カイエンの値段は?

ぜひともこんなカッコいいSUVを手に入れたいですよね。そんなカイエンの気になる販売価格がこちらです。

カイエン:860万円
カイエンS:1,140万円
カイエンS E-ハイブリッド:1,170万円
カイエンGTS:1,390万円
カイエン ターボS:2,240万円

レンジローバーと比べればベースモデルであるカイエンはお得な印象を受けますし、手の届かない値段ではありません。高い走行性能と利便性を考えると、ドライブ好きで尚且つ実用性を必要とする人にはもってこいの1台です!



2016年大注目のSUV!アウディQ7

アウディを代表する大型SUV

アウディと言えば独特でインテリな外観が好印象な高級車の代表格ですが、そんなアウディのSUVとしてトップに君臨するのがこのQ7です。アウディらしいフロントの印象は残しつつ、SUVに相応しい堂々とした趣のある外観をしています。乗車可能人数も7人で、友達と出かけるにもファミリーカーとしても抜群のSUVです!

2015年から第2世代に突入!フルモデルチェンジ!

2005年に発表された初代Q7、それ以来10年に渡って高級SUVとしての地位を築き上げてきました。そして2015年にアウディはQ7のフルモデルチェンジを実施、さらに進化して最先端を行く次世代SUVとして登場しました! 外観はアウディらしい容姿をそのまま残したものの内部は前世代とは全くの別物。車体には新しくアルミニウムを多用し、前世代のQ7よりも300kg以上もの軽量化に成功。それに伴って車内空間やエンジンなども一新しました。その結果ハンドリングや走行性能、快適性を大幅に向上させることに成功。エンジンは従来のV6とV8のラインナップを取り止め、新たにQ7 2.0として直4ターボチャージャーエンジン搭載のモデルとQ7 3.0としてV6スーパーチャージドエンジン搭載のモデルを導入し燃費の改善や扱いやすさの向上が図られました。
日本では2016年からの販売になりますので、今年SUVの新車をお探しなら新Q7で決まり!

2016年日本発売のQ7の値段は!?

2016年に日本に上陸したQ7その販売価格は直4ターボエンジン搭載のQ7 2.0が804万円で、V6スーパーチャージドエンジン仕様のQ7 3.0が929万円となっています。これはSUVの最上位モデルとしても現実的に手が届く金額に収められていますし、明らかに新Q7はその金額以上の価値を見い出せるSUVであり非常にお買い得です!

SUV界の巨匠!エスカレード

ドデカイ!イカツイ!エスカレード

エスカレードはキャデラックが生産しているSUVで、まさに究極のSUVとも言えるクルマです!
見た目は角ばったフォルムに特徴的な縦に細長いヘッドライトが印象的でSUVの典型的なカッコよさを表しているクルマです。そして何と言ってもこのクルマ、デカイんです。背丈もあって長さもあり、それに加えてタイヤが極太なもんだからそのイカツさがより増します。しかもその中にちゃんと上品な印象もあって、うまくバランスの取られたその見た目に惚れちゃう人も大勢います!
そのデカさは迫力満点で運転席や助手席から見るその景色はまさに圧巻で、その巨大さを思い知らされることになります。6.2L V8エンジンというエスカレードの見た目通りの大きさのエンジンは426馬力ものパワーを生み、エスカレードの巨体を軽々と動かし、少しアクセルを踏み込めば鋭い加速をします。その走りもエレガントそのもので、走りも外観も完璧です!

内装もゴージャスで広々!

エスカレードは初めて見るとその外観ばかりに目を奪われますが、内装は外観以上に素晴らしく、乗り手にクルマとは思えないほどの居住空間を与えてくれるのです。マッサージ付きのシートは誰の身体にも綺麗にフィットするように作られており、そのシートに背中を預けること自体が極楽と言えるほどの心地よさです。さらに車内の装備品や機能も素晴らしく、インテリアそのものが芸術品になってしまうのではないかと錯覚するほど。一度エスカレードに座ったらその魅力にハマること間違いありません!

エスカレードは販売価格も莫大?

ラグジュアリーなSUVとしてこれほどまでに見た目も中身もバッチリ決まっているエスカレードですが、気になるのはそのお値段です。2015年の販売からフルモデルチェンジが施されて発表された販売価格は1,300万円!
お高いように思いますが、一度エスカレードに触れてその完成度の高さを目の当たりにしたら不思議にもその値段にも頷けてしまうもので、それほどまでによくできたSUVなのです。

日本が誇る高級SUV!RX450H

レクサスの最上位SUV RX450H!

高級SUVといえば上記で紹介したように外国車が多いのですが、日本にも世界に誇る高級SUVがあります。それがレクサス RX450H。外観はこれまでのSUVとは少し違った、美しさが強調されるようなフォルムをしています。そのサイズもコンパクト。普通車とSUVのいいとこ取りをしたクロスオーバーSUVとして世界中で人気を博しています。クロスオーバーSUVの名の通り、RX450Hは誰にとっても扱いやすいSUVで軽快に運転できます。その走りにも日本の技術が詰め込まれていて、最新鋭のシステムを駆使して安全性能やクルマの安定性の向上はもちろん、走行中に乗り手がいかに快適に過ごせるかという点も徹底されているSUVです。
さらにこのクルマは262馬力を発揮する3.5LのV6エンジンと共に電気モーターを搭載したハイブリッドモデルでもあります。燃費も18.8km/hを実現しました!
街乗りをクールに決めたいならRX450Hがピッタリ!

ラインナップは3モデル!

RX450Hはベースモデルの他にベースモデルから大型化されたversion L、よりスポーティなモデルであるF スポーツが用意されています。なおエンジンは全て共通です。

RX450Hの価格は!?

RX450Hの価格はこのようになっています。

RX450H 2WD:600万円
RX450H 4WD:630万円
RX450H version L 2WD:700万円
RX450H version L 4WD:730万円
RX450H F スポーツ 4WD:743万円

レクサスの最新技術が詰まったSUVでこの値段ならお買い得でしょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?
絶大の支持を得ている高級SUV。値段はクルマとしては高いものもありますが、ここで挙げたSUVたちはそれ以上の価値を持っています!
乗れば注目を浴びること間違いなし!